笑福亭仁鶴 (3代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
3代目 笑福亭 仁鶴しょうふくてい にかく
3代目 笑福亭 仁鶴
五枚笹は、笑福亭一門の定紋である。
本名 岡本 武士
生年月日 (1937-01-28) 1937年1月28日(80歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市生野区
師匠 6代目笑福亭松鶴
出囃子 猩々くずし[1]
だんじり
活動期間 1962年 -
活動内容 上方落語
配偶者 岡本隆子
所属 よしもとクリエイティブ・エージェンシー[2]
受賞歴
第3回上方お笑い大賞大賞(1974年)など
備考
上方落語協会相談役

3代目笑福亭 仁鶴(しょうふくてい にかく、1937年昭和12年〉1月28日[1][2] - )は、日本の上方落語を演じる落語家である。本名、岡本 武士(おかもと たけし)[1][3][4]

出囃子は「猩々くずし[1]」または「だんじり」。深夜ラジオ番組の出演で当時の若者層から絶大な人気を博し、番組中に発した「どんなんかな~」が当たりギャグとなった[5]

所属事務所吉本興業よしもとクリエイティブ・エージェンシー(1964年 - )[1][2]上方落語協会会員、吉本興業特別顧問。身長165cm、体重58kg[2]血液型はO型[1]。妻は吉本新喜劇に在籍した永隆子大阪府豊中市在住。

来歴[編集]

大阪府大阪市[2]生野区出身(後に同府交野市へ転居した)。生家は鉄工所を経営[5]大阪市立生野工業高等学校卒業[5]後、友人らと訪れた古道具屋のワゴンセールで、浪曲安来節SPレコードに混じって売られていた初代桂春団治SPレコードを購入。自宅にあった父の蓄音器でその落語を聴いたのがきっかけで芸界に魅せられ、前田達(のちの2代目桂枝雀)ら演芸好きの仲間と天狗連を結成する。朝日放送ABCラジオ)『東西お笑い他流試合』、毎日放送素人名人会』などの素人参加番組に出演。『東西お笑い他流試合』のプロデューサーだった狛林利男から「出演者が足らんかったり、おもろなさそうやったら、わざわざ彼に出演を依頼したほど」と言わしめるほど才能を買われていた[5]。前田が3代目桂米朝に弟子入りした翌年の1961年3月中旬、素人参加番組の審査員だった6代目笑福亭松鶴に入門を懇願、4月1日に正式に弟子入りした。「仁鶴」という芸名は、師匠の6代目松鶴が車で角を2回曲がった際、「2つの角→二角→仁鶴」から思い付いたものとされる。

1962年4月、高島屋で行われた若手の落語会で初舞台を踏む。本来は新世界新花月で初舞台を踏むことが決まっていたが、周囲から「笑福亭花丸と組んで(ステレオ落語のようなことを)やれ」と言われるも、師匠の6代目松鶴が反対したという。

師匠である6代目松鶴やその弟子の大部分が松竹芸能に所属しているのに対し、仁鶴は活動初期から吉本興業に所属している。これは、3代目林家染丸が「吉本でやってみぃひんか」と仁鶴を誘い、6代目松鶴も賛成したためである。仁鶴に吉本を薦めた理由は、染丸、松鶴共に「吉本向きだから」だったという[6]京都花月で吉本デビュー。ネタは「くっしゃみ講釈」であった。この高座に関してはウケず失敗したという苦いエピソードがある。1967年4月、吉本新喜劇女優永隆子と結婚する。

1960年代後半以降、落語ブームも相まって、月亭可朝桂三枝(現:6代桂文枝)とともに、吉本興業の顔として花月劇場チェーンへの出演のかたわら、テレビ、ラジオ、映画、レコードに多数出演。お笑いタレントの宝庫としての吉本の基礎を築いた。戦後の吉本に対する仁鶴の功績について、漫才作家足立克己は「今日の吉本の基は仁鶴が作った」「吉本中興の祖」と評した[要出典]。吉本の総帥と呼ばれた林正之助でさえ、仁鶴には頭が上がらなかったという(初代桂春團治などの大物芸人ですら呼び捨てにしていた正之助が、仁鶴だけは「さん」付けで呼んでいたと後輩の前田五郎は著書に記している[要出典])。正之助は生前、「仁鶴の面倒は一生吉本で見るようにせい」と言い残している。

ラジオの深夜放送『オーサカ・オールナイト 夜明けまでご一緒に!』(ラジオ大阪、火曜日担当)や『ABCヤングリクエスト』(ABCラジオ)内の内包番組「仁鶴・頭のマッサージ」で若者層から絶大な支持を得た。後に仁鶴を代表するギャグとなった「どんなんかな~」は仁鶴がはがきを紹介する際「どんなはがきでしょうか」という意味で絶叫していたものであった[5]。また同番組では、架空の「掃除のおばちゃん」が放送中にスタジオブースに入って来て仁鶴のまわりをうろつく、という設定をたびたび演じて評判を取り、のちに自身の歌『おばちゃんのブルース』の元になった[5]

やがて仁鶴は、『ヤングおー!おー!』(MBSテレビ)を通じて全国区のタレントとなった。『ヤングおー!おー!』では、放送開始直後に「ごきげんよう! ごきげんよう!」とがなり立て、裏番組の『てなもんや一本槍』(ABCテレビ)にチャンネルを変えさせないポジションを担った[7]。仁鶴は「視聴率を5%上げる男」との異名を取り、当時のテレビ関係者はキャスティングするため奔走したという。1972年には『NHK紅白歌合戦』に応援ゲストとして出演している。1973年に放映された「ボンカレー」(大塚食品)のCM時代劇子連れ狼』のパロディとして拝一刀に扮し、「3分間待つのだぞ[3]」のフレーズで一世を風靡した。この時期、仁鶴の写真がプリントされた大塚食品の自動販売機の筐体が多数製作・設置された[8]

落語会や寄席でも人気が上昇し、めくりが仁鶴の名に変わるだけで笑いと拍手が起こり、登場すると同時に歓声が沸いて、落語を始めるのに10分近くかかったという。そのため、当時漫談滝あきらからは「笑いの爆弾男」とのあだ名を付けられる。

「四角い仁鶴がまぁーるくおさめまっせぇ」のフレーズで有名な法律バラエティ番組の元祖『バラエティー生活笑百科』(NHK大阪[3][4]や、『大阪ほんわかテレビ[4]ytv)などのレギュラー番組を長らく受け持つ。

仁鶴は6代文枝・西川きよしとともに吉本興業の三巨頭と称され[誰によって?]、吉本のみならず上方落語界の重鎮として、独演会や一門会などの落語会で活躍する一方、吉本の本拠地・なんばグランド花月(NGK)にも月1回のペースで出演している。

2005年2月1日には吉本興業特別顧問に就任。タレント活動を続けながらご意見番を担うことになった。これは仁鶴の常日頃の人柄、吉本興業に対する過去からの貢献によるものである。

受賞歴[編集]

[2][4]

弟子[編集]

いずれも吉本興業所属。兄弟弟子、孫弟子などについては「松鶴一門」のページを参照のこと。

廃業した元弟子
  • 笑福亭仁燕
  • 笑福亭仁雀(1972年7月入門、1988年廃業)
  • 笑福亭仁碌
  • 笑福亭仁助

人物・エピソード[編集]

芸風・評価[編集]

  • 天狗連で売り出した当時は、初代桂春團治ばりのあくの強いスピーディーな語り口であったが、6代目笑福亭松鶴に入門直後は、「教えてもうた通りきっちりとやらなあかん時期」だったため、「地味で硬い語り口」に転じた[5]。そこで基礎から落語を学び直し、やがて本来の「機関銃のような[5]」スピードと強さを取り戻していった。1970年代後半に喉を痛めてからは芸風を変更し、的確な描写力を持ってじっくりと聴かせる正統派の落語家となった。バリトンの声調を持つ特徴的な声色と口調は、シンデレラエキスプレス松井成行やモンスターエンジン大林健二など、多くの後輩芸人にものまねされている。

持ちネタ[編集]

その他[編集]

  • 尊敬する人物として、映画やドラマで何度か共演した森繁久彌の名を度々挙げており、自宅には森繁から直接貰った書が飾られている。ちなみに仁鶴が売れっ子だった頃の吉本の社長八田竹男は森繁とは旧制北野中学校時代からの同級生。
  • 1994年1月3日には、豊中市にある自宅が半焼した。その際、長年かけて収集してきた落語関連の資料も被災している。
  • 上方落語界の重鎮でありながらもあまり独演会を開催していなかったが、2009年11月3日には5度目の独演会をなんばグランド花月で開催している。

出演作品[編集]

テレビ[編集]

現在出演中のバラエティ番組[編集]

過去に出演したバラエティ番組[編集]

過去に出演したテレビドラマ番組[編集]

ラジオ[編集]

現在[編集]

※20年続いた長寿番組として2006年3月に一旦放送を終了したが、2014年4月に再開された。

過去[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

イメージポスター[編集]

CM[編集]

レコード・CD・DVD[編集]

シングルレコード

  • どんなんかなァ/おばちゃんのブルース(1969年12月)
  • 大発見やァ!/仔犬のラメント(1970年3月)
  • 大阪は第二の故郷/へちゃむくれ讃歌(1970年11月)
  • 男・赤壁周庵先生/夜店のオペレッタ(1971年11月)
  • 花の定期便/どうせ人生まっ裸(1972年4月)
  • 仁鶴の娘江州音頭/仁鶴の河内アホダラ音頭(1973年7月)

LPレコード

  • 仁鶴古典独演会(1979年、LPレコード)
  • 続・仁鶴古典独演会(LPレコード)

CD

書籍[編集]

笑福亭仁鶴を演じた俳優[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 上方落語会名鑑:笑福亭仁鶴 - 上方落語協会公式プロフィール
  2. ^ a b c d e f 吉本興業 芸人プロフィール:笑福亭仁鶴 - 吉本興業公式プロフィール
  3. ^ a b c d e f g h i j 笑福亭仁鶴(3世) コトバンク - 典拠は『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』
  4. ^ a b c d e f g h i j k 笑福亭仁鶴 コトバンク - 典拠は講談社『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』、『タレントデータバンク
  5. ^ a b c d e f g h i j k 読売新聞大阪本社文化部(編)『上方放送お笑い史』 読売新聞社、1999年 pp.268-273「仁鶴時代の幕開け」
  6. ^ 笑福亭仁鶴著 『仁鶴湯』(主婦と生活社)
  7. ^ 『上方放送お笑い史』、p.279
  8. ^ logc_nt「日本で唯一の「ボンカレーライス自動販売機」がまだ稼働しているところを見てきたGIGAZINE、2016年3月26日
  9. ^ 弟弟子の笑福亭鶴瓶との対談[要出典]で仁鶴本人が証言した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]