スマイル (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スマイル
メンバー 瀬戸洋祐
ウーイェイよしたか
結成年 2003年4月
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2003年 -
出身 オーディション
出会い 中学時代の同級生同士
現在の活動状況 テレビ・ライブ
芸種 漫才
ネタ作成者 瀬戸洋祐
同期 span!
モンスターエンジン大林
イシバシハザマ
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2007年 笑いの超新星 新人賞
2008年 第29回ABCお笑い新人グランプリ 審査員特別賞
2008年 第38回NHK上方漫才コンテスト 決勝進出
2009年 第24回NHK新人演芸大賞 演芸部門大賞
2010年 第45回上方漫才大賞 新人賞
2010年 第8回MBS新世代漫才アワード 優勝
テンプレートを表示

スマイルは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー吉本興業)大阪本社所属のお笑いコンビ2003年4月コンビ結成。

メンバー[編集]

大阪府大阪市生野区出身。大阪産業大学経営学部流通学科卒業。血液型A型。身長176cm、体重57kg。4歳上の兄がいる。
アゴがしゃくれている。
高校時代は野球部で4番ファースト。3年生の夏の予選では本塁打を打ったらしい。
エアバンド「FIASS(U)」をやっている。
「SETO」と呼ばれる。
家族揃って同じ寿司屋でアルバイトをしていた。
初キスは高校2年。2008年のバレンタインデーではチョコレートを40個以上もらった。
ナルシストのきれい好きで美意識が高く、エステに行ったり爪もピカピカで手入れをしているらしい。いつも巻いているストールセトールと言っている(『ザテレビジョン2008年12月26日2009年1月2日1月9日合併号、関西版より)。
セトールはプライベートでも着用している。夏でも巻いているためあせもができたりする(よしもとオンライン「NON STYLEのトークスタイル」2010年2月26日放送より)。
東京の舞台では普段よりも髪を盛るため、西森洋一モンスターエンジン)から「盛りマサコ」と言われる。
銀シャリのbaseベイベー』の企画で「四面楚歌」の意味を理解してなかったり、「食物連鎖」を「やりくり」と書くなどの珍解答から「やりくりの楚歌」というあだ名がついた。橋本直(銀シャリ)曰く「中途半端なアホ」。
学生時代に男に痴漢されたことがあるらしい。
下記のよしたかとは対照的に、約5年禁煙している。
ハンドレッドレディオの番組の中で学生時代走るのが速かったこと自慢をしている。
大の巨人ファン。
  • ウーイェイよしたか(本名:仲村 吉高(なかむら よしたか)、1982年8月7日 - )ボケ担当。立ち位置は向かって右。
大阪府大阪市生野区出身。血液型A型。身長168cm、体重60kg。喫煙者。9歳上の兄と8歳上の姉がいる。
名前の通り「ウーイェイ!」とハイテンションで親指を立てて叫ぶのがお馴染みのギャグ。
中学時代は成績優秀で生徒会長をしていた。
高校時代は野球部で7番レフト
辻調理師専門学校に1年間通い、調理師免許を取得。在学当時はフードファイターのジャイアント白田こと白田信幸と同級生であった。
NSC出身者ではないため、芸人の先輩後輩の区別がつかずに、先輩芸人に対してよく失礼なことを言うことがある。
2016年5月28日、一般女性と6月19日に入籍することを発表[1][2][3]、12月26日に第1子女児が誕生[4]
「タウーイェイ!」という田植えをするギャグもある。
サルのキャラクター(通称「ウーイェイサル」)のシャツを着て舞台やテレビに出ている。以前はA BATHING APEのシャツを着ていたこともある。
高校に入り急に勉強ができなくなり、「あの優等生のよしたかが、こんなことになるとは!」と周囲が驚いた。
大学を全部落ちて、代々木ゼミナールに行ってまた全部落ちる。
実家は食堂「仲村食堂」を営んでいる。よしたかお勧めのメニューは「他人丼」。
事務所の大先輩の前田五郎に挨拶代わりにウーイェイをしたところ、こっぴどく怒られたらしい。
彼女とラブホテルにて頻繁にデートをしていたが、2008年に入ってから振られた。頻繁にラブホテルに通っていたため、ブランドバッグと交換出来るほどのポイントが貯まっていたが、彼女に振られた挙げ句にポイントカードを入れたバッグを電車に置き忘れてしまったらしい。
ウーイェイにとってお笑いとは「みんなを幸福にすること」。baseよしもと芸人カウントダウン「座長ドッキリ!芸に熱いランキング」で5位になった。
月亭八方から「(吉本に)今後10年はこのキャラは要りません」と言われたらしい。
高橋茂雄サバンナ)率いるシゲオボーイズの一員。高橋曰くランクがあり、街中で顔を指差されるAランク。
『八光・スマイルのおしゃべり親分』2012年1月12日放送分で禁煙を命じられたが、その収録後に無意識に吸ってしまい、一週間後の放送で和田美枝と番組ディレクター、プロデューサーが罰ゲームを受けた。さらにその一週間後の放送で、22年間禁煙している先輩、大平サブローがゲスト出演すると、「男と男の約束交わした仲間…裏切れるか?」と言われ、男の約束を交わした。
できる人(麒麟川島、笑い飯西田、千鳥ノブ)の指示は受けるが、できない人(天津木村、ファミリーレストランハラダしもばやし)の指示は受けない。お笑い能力、売れているか、信頼があるか、を見極めているらしい。
天津の木村が千鳥の大悟よりうけた時に言うギャグ「ネズミがドラゴンに勝ったぞー」をギャグ帳に書いているが、まだ1回も使ったことはない。
スーパーマラドーナ田中と同居していた。もう中学生と気が合う。モンスターエンジン西森のことが好きで、何かと理由をつけキスをする。
おっぱいパブに通っている。

エピソード[編集]

  • 2人は小さい頃から仲が良く同じ中学・高校で、共に野球部出身である。また瀬戸は別の同級生と「ポルンガ」(ドラゴンボールのキャラクターに由来)というコンビで活動していた。
  • 瀬戸とよしたかに離れた場所で同じ質問をして、嫌いな食べ物を聞いたら、お互いに「なすび」と答え、今の相方以外はパートナーとしては考えられないと発言(ABCお笑い新人グランプリより)。唯一ケンカしたのは、瀬戸が漫才の練習を誘ったがよしたかが料理学校での「かつら剥きの練習がしたい」と断った時のみである。
  • よしたかは瀬戸と食事をした際「自分、何食う?」と聞かれて「僕、生野区」と返した。瀬戸は「幼なじみなのに、今更どこに住んでいるのか聞くわけがない」と呆れられていた。(『鉄筋base』より)
  • 瀬戸が「メグの女王様」と言い出し、他の芸人達が訳がわからず首を傾げるなか、よしたかだけが「オズの魔法使いやろ」と、言い間違いを一人だけ理解した(『鉄筋base』より)。
  • 高橋茂雄サバンナ)と宇治原史規ロザン)にスパでナンパでもしようと誘われた。そのスパに今女の子が大勢いるか確認するため、そのスパの番号を電報局に尋ねるように言われて電報局にかけて、「○○(スパの名前)に今女の子はいますか?」と尋ねた。電報局の職員は「分りかねます…」ときちんと返答した。
  • 2009年のよしたかの誕生日には、瀬戸から「これからもずっと横で笑っています」というブログ記事を通じてのお祝いメッセージに対し、よしたかも「僕はずっとそばで瀬戸君を笑かします!」とブログ内記事を使い、返答した。
  • 2012年11月25日、『もってる!? モテるくん』のレギュラー出演者を代表して、第2回大阪マラソンにコンビで出場。番組の企画で「フォトを撮る時いつもモテ顔の瀬戸はフルマラソン中でもカメラを向けられるとモテ顔をするのか!?」を検証するため、途中で藤崎マーケットの度重なる足止めに遭いながらも、6時間9分10秒で二人揃って完走した。

芸風[編集]

主に漫才を行う。 2008年頃からは、非常にテンポの速い漫才を行うようになった。瀬戸は賞レースに出場した際「自分たちのスタイルが見えた」とコメントしている。

出囃子[編集]

Hi-STANDARDMy First Kiss

賞レースなどでの戦績[編集]

現在の出演番組[編集]

テレビ[編集]

過去の出演番組[編集]

レギュラー[編集]

瀬戸のみ[編集]

よしたかのみ[編集]

コンビでの出演[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

Web[編集]

雑誌[編集]

単独ライブ[編集]

  • 2005年
    • 09月16日 - 「笑顔100%」(baseよしもと/大阪)
  • 2006年
    • 07月02日 - 「元気100倍」(baseよしもと/大阪)
    • 12月18日 - 「勇気100倍」(baseよしもと/大阪)
  • 2007年
    • 06月15日 - 「スマイル漫」(baseよしもと/大阪)
    • 07月02日 - 2Hユニットライブ 「テンジャルマイル」(baseよしもと/大阪)
    • 09月03日 - ユニットライブ「Happy Night」(baseよしもと/大阪)
    • 09月26日 - 2Hユニットライブ 「テンジャルマイル」(baseよしもと/大阪)
    • 12月22日 - 「スマイル漫」(baseよしもと/大阪)
  • 2009年
    • 03月15日- 「スマイル漫」(baseよしもと/大阪)

脚注[編集]

外部リンク[編集]