他人丼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
他人丼

他人丼(たにんどん、たにんどんぶり)とは、鶏肉以外の肉をタマネギなどと一緒に割り下で煮て、鶏卵でとじて丼飯の上に乗せた、丼物の一種である[1]

呼称[編集]

「他人丼」と呼ぶ料理は、鶏卵の親である「鶏」以外の肉(牛肉豚肉など)を使用した卵とじの丼ものを指す。牛肉・豚肉を使用したものを「開化丼」と(主に関東地域では)呼称することがあり、これは明治初年に始まった文明開化の象徴となる畜肉料理であったからといわれている[2]なか卯では2015年頃から取り扱われているが、豚生姜丼という名で呼ばれている[3]

脚注[編集]

  1. ^ 広辞苑 第六版【他人丼】
  2. ^ 広辞苑 第六版【開化丼】
  3. ^ 親子丼のように卵がふわとろな「豚生姜丼」をなか卯で食べてみました”. GIGAZINE (2015年1月21日). 2018年5月24日閲覧。

関連項目[編集]

  • 親子丼 - 同様の方法で鶏肉を用いて調理した料理
  • 玉子丼 - 同様の方法で肉を用いずに調理した料理