NHK新人演芸大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
NHK新人演芸大賞
受賞対象 落語家お笑い芸人
開催日 毎年10月中旬
会場 NHK大阪ホール2001年より奇数年)
みんなの広場ふれあいホール2006年より偶数年)
堺市立美原文化会館(2015年
日本の旗 日本
授与者 日本放送協会(NHK)
報酬 記念トロフィー、賞金50万円
初回 1956年(NHK新人漫才コンクールとして)
最新回 2017年(NHK新人お笑い大賞・NHK新人落語大賞として)
最新受賞者 アキナ(新人お笑い大賞)
三遊亭歌太郎(新人落語大賞)
テレビ/ラジオ放送
放送局 NHK総合テレビジョン
放送時間 新人お笑い大賞:12月(基本生放送、2017年は10月収録)
新人落語大賞:11月(2017年は10月収録)

NHK新人演芸大賞(エヌエイチケーしんじんえんげいたいしょう)は、NHK主催で行われる、若手お笑い芸人の登竜門的コンクールの名称。

概要[編集]

当初は別に行われていた「NHK新人漫才コンクール」と「NHK新人落語コンクール」が「NHK新人演芸コンクール」として統合され、のちに「NHK新人演芸大賞」に名称が変更された。2014年より演芸部門を「NHK新人お笑い大賞」、落語部門を「NHK新人落語大賞」と改称して行われている[1]

開催会場[編集]

本選の会場は毎年異なっており、奇数年がNHK大阪ホール(2001年より)、偶数年がイイノホール(2004年まで)、みんなの広場ふれあいホール(2006年より)で行われている。大阪府立上方演芸資料館ホール[注釈 1](1997・1999年)で開催されたこともある。2015年は堺市立美原文化会館で行われた。

出場資格[編集]

※2017年時点

NHK新人お笑い大賞

結成10年未満のプロの芸人。

NHK新人落語大賞

プロの落語家で、入門15年未満、東京では二ツ目、大阪では二ツ目または同程度の芸歴。

出演者[編集]

新人お笑い大賞
司会 ナレーション 審査員
2014 フットボールアワー
久保田祐佳(NHKアナウンサー)
大江戸よし々 西川きよしタージン渡辺正行中村ゆうじ井筒和幸大池晶
2015 フットボールアワー
片山千恵子(NHKアナウンサー)
藤田勇児 西川きよし、渡辺正行、久本雅美モロ師岡篠原ともえ、大池晶
2016 フットボールアワー
三輪秀香(NHKアナウンサー)
- 西川きよし、渡辺正行、戸田恵子、久本雅美、水道橋博士倉本美津留井上啓輔
2017 フットボールアワー
岡本玲
酒井博司(NHKアナウンサー) 西川きよし、渡辺正行、久本雅美、内藤剛志、戸田恵子、大池晶、井上勝弘
2018 フットボールアワー
雨宮萌果(NHKアナウンサー)
西川きよし、渡辺正行、久本雅美、立川志らく壇蜜倉本美津留二谷裕真
新人落語大賞
司会 語り 審査員
2014 林家たい平
藤井彩子(NHKアナウンサー)
- 桂米丸桂文珍松倉久幸恩田雅和山本一力神津友好
2015 林家たい平
田代杏子(NHKアナウンサー)
藤田勇児 桂文珍、柳家権太楼、恩田雅和、松倉久幸、片岡鶴太郎やまだりよこ
2016 林家たい平
雨宮萌果(NHKアナウンサー)
- 桂文珍、柳家権太楼、近藤正臣、松倉久幸、恩田雅和、神津友好、井上啓輔
2017 林家たい平
南沢奈央
桂文珍、柳家権太楼、近藤正臣、やまだりよこ、井上勝弘
2018 林家たい平
南沢奈央

NHK新人漫才コンクール[編集]

優勝
1 1956年 獅子てんや・瀬戸わんや
2 1957年(前期) 木田鶴夫・亀夫[注釈 2]
3 1957年(後期) リーガル天才・秀才
4 1958年(前期) 内海桂子・好江
5 1958年(後期) 大空平路・橘凡路[注釈 3]
6 1959年(前期) 晴乃ピーチク・パーチク
7 1959年(後期) 青空千夜・一夜
8 1960年 美田朝かん・夕かん[注釈 4]
  優勝 特別賞
9 1961年 大和わかば・東まゆみ 春日淳子・照代[注釈 5]
  優勝
10 1962年 クリトモ一休・三休[注釈 6]
  優勝 特別賞
11 1963年 Wけんじ 都上竜夫・東竜子
  優勝
12 1964年 大空なんだ・かんだ[注釈 7]
13 1965年 新山ノリロー・トリロー[注釈 8]
14 1966年 晴乃チック・タック[注釈 9]
15[注釈 10] 1967年 青空はるおあきお[注釈 11]
  優勝 特別賞
16 1968年 桂高丸・菊丸[注釈 12] 丸の内権三・助十
  優勝
17[注釈 13] 1969年 東京二・京太[注釈 14]
18 1970年 大空みつる・ひろし[注釈 15]
19[注釈 16] 1971年 大瀬しのぶ・こいじ[注釈 17]
  優勝 敢闘賞 努力賞
20[注釈 18] 1972年 Wエース 月見おぼん・こぼん あした順子・ひろし
21[注釈 19] 1973年 青空球児・好児 榎本晴夫・志賀あきら[注釈 20] 大瀬ゆめじ・うたじ
  最優秀賞 優秀賞
22 1974年 新山えつや・ひでや[注釈 21] 春風こう太・ふく太
  最優秀賞 優秀賞
23 1975年 Wモアモア 大瀬ゆめじ・うたじ 大空あきら・たかし
  最優秀賞
24 1976年 昭和のいる・こいる
25[注釈 22] 1977年 星セント・ルイス
26 1978年 東京丸・京平[注釈 23]
27 1979年 青空ピン児・ポン児[注釈 24]
28 1980年 青空ヒッチ・ハイク[注釈 25]
29[注釈 26] 1981年 大瀬ゆめじ・うたじ
30[注釈 27] 1982年 大空あきら・たかし
31[注釈 28] 1983年 青空一歩・三歩
32[注釈 29] 1984年 高峰和才・洋才[注釈 30]
33[注釈 31] 1985年 桂光一・光二[注釈 32]
34[注釈 33] 1986年 新山絵理・真理[注釈 34]

NHK新人落語コンクール[編集]

1972年に設立された若手落語家を対象にしたコンクール。

最優秀賞 優秀賞
1 1972年 柳家小三太時そば 桂南笑権助魚
2 1973年 桂小勇出来心 桂欣治馬の田楽
3 1974年 古今亭志ん駒 春風亭橋之助うどんや
4 1975年 柳家小丸たがや 三遊亭歌司あくび指南
5 1976年 三遊亭栄馬青菜 5代目柳亭小痴楽鮑のし
6 1977年 三遊亭楽松掛取り風景 春風亭鶏昇野ざらし
7 1978年 春風亭小朝稽古屋 柳家さん光反対俥
8 1979年 林家正雀七段目 三遊亭夢二湯屋番
9 1980年 雷門助三「権助魚」 立川談四楼大工調べ
10 1981年 朝寝坊のらく蔵前駕籠 立川談生たいこ腹
11 1982年 柳家小蝠富士の雪 林家時蔵権助芝居
12 1983年 春風亭愛橋粗忽の使者 入船亭扇遊浮世床
13 1984年 春風亭正朝祇園祭 10代目 柳家小きん湯屋番
14 1985年 古今亭志ん八片棒 金原亭駒平辰巳の辻占

NHK新人演芸コンクール[編集]

1986年に上記2つのコンクールが統合され、演芸部門と落語部門を設定。1989年には部門別選考を廃止。

演芸部門・最優秀賞 演芸部門・優秀賞 落語部門・最優秀賞 落語部門・優秀賞
1 1987年(前期) キャラバン[注釈 35] 笑パーティー[注釈 36] 桂文太いらちの愛宕詣り 古今亭菊乃助「時そば」
2 1987年(後期) コントふらみんご 螢雪次朗一座 桂雀々手水廻し 古今亭菊乃助「たが屋」
  演芸部門・最優秀賞 演芸部門・優秀賞 落語部門・最優秀賞 落語部門・優秀賞
3 1988年 螢雪次朗一座 ライム・ライト 古今亭志ん上「湯屋番」 桂雀松「マキシム・ド・ゼンザイ」 桂吉朝「おごろ餅盗人」
  大賞 優秀賞
4 1989年 桂雀松「片棒」 ベイブルース[注釈 37] 春風亭昇太「ストレスの海」
5 1990年 金原亭駒平お菊の皿 桂九雀延陽伯 未来世紀01・02(解散後は桂珍念

NHK新人演芸大賞[編集]

1991年に「NHK新人演芸コンクール」から名称変更された。1994年からは部門別に選考。

大賞 優秀賞
6 1991年 桂竹丸「五稜郭ロマン」 桂雀司浮かれの屑より AKIKO[注釈 38]
7 1992年 林家染八尻餅 バラライカ ジョーク・アベニュー
8 1993年 爆笑問題 林家たい平松竹梅 林家染吉「湯屋番」
  演芸部門・大賞 演芸部門・優秀賞 落語部門・大賞 落語部門・優秀賞
9 1994年 プリンプリン 立花あさり・土佐かつお 桂平治「平林」 三遊亭窓里桃太郎
  演芸部門・大賞 落語部門・大賞
10 1995年 海原やすよ・ともこ 柳家三太楼「反対俥」
11 1996年 こん松・せんべい[注釈 39] 古今亭志ん次宮戸川
12 1997年 2丁拳銃 桂宗助くっしゃみ講釈
13 1998年 003MANIA[注釈 40] 柳家喬太郎「午後の保健室」
14 1999年 COWCOW 桂都んぼ掛取り
15 2000年 エレキコミック 林家彦いち「睨み合い」
16 2001年 せんたくばさみ[注釈 41] 桂三若「ひとり静」
  演芸部門・大賞 演芸部門・審査員特別賞 落語部門・大賞 落語部門・審査員特別賞
17 2002年 ブラックマヨネーズ おぎやはぎ 古今亭菊之丞たいこ腹 立川笑志「反対俥」
  演芸部門・大賞 落語部門・大賞
18 2003年 友近 古今亭菊朗紙入れ
19 2004年 麒麟 桂かい枝「ハル子とカズ子」
20 2005年 ストリーク[注釈 42] 立川志ら乃火焔太鼓
21 2006年 NON STYLE 笑福亭風喬平の陰
22 2007年 ジャルジャル 桂よね吉「七段目」
23 2008年 ナイツ 三遊亭王楽鼓ヶ滝(つづみがたき)」
24 2009年 スマイル 古今亭菊六豊竹屋
25 2010年 アームストロング[注釈 43] 春風亭一之輔初天神
26 2011年 ニッチェ 桂まん我三十石
27 2012年 うしろシティ 桂宮治元犬
28 2013年 学天即 鈴々舎馬るこ「平林」

NHK新人お笑い大賞[編集]

2014年にNHK新人演芸大賞の演芸部門が名称変更。

大賞 決勝進出 本選出場者(A / B) 予選会参加数(東京・大阪)
1 2014年 アイロンヘッド[2] 巨匠 ジグザグジギー
エル・カブキ
藤崎マーケット
Yes-man
タナからイケダ
チョコレートプラネット
313(192・121)
2 2015年 チョコレートプラネット[3] アキナ スーパーニュウニュウ
ロビンソンズ
アインシュタイン
ザンゼンジ
和牛
インディアンス
316(194・122)
3 2016年 トット[4] ラフレクラン アインシュタイン
だーりんず
勝又:
スーパーニュウニュウ
大自然
アキナ
359
4 2017年 アキナ[5] ネルソンズ Aマッソ
ハナコ
ミキ
パーマ大佐
てんしとあくま
濱田祐太郎
322(192・130)
5 2018年 Gパンパンダ ネルソンズ パーパー
インディアンス
ヒガシ逢ウサカ
ミキ
からし蓮根
アインシュタイン
322

NHK新人落語大賞[編集]

2014年にNHK新人演芸大賞の落語部門が名称変更。

大賞 本選出場者 予選会参加数(東京・大阪)
1 2014年 春風亭朝也やかんなめ[6] 春風亭昇吉
笑福亭べ瓶
桂三度
三遊亭歌太郎
104(58・46)
2 2015年 桂佐ん吉愛宕山[7] 笑福亭べ瓶
瀧川鯉八
柳亭小痴楽
春風亭昇々
106(62・44)
3 2016年 桂雀太代書[8][9] 春風亭ぴっかり☆[10]
桂三度
柳亭小痴楽[11]
春風亭昇々[11]
122
4 2017年 三遊亭歌太郎磯の鮑[5] 立川こはる
桂三度
古今亭志ん吉
笑福亭喬介
125(77・48)
5 2018年 入船亭小辰
桂三四郎
桂三度
三遊亭わん丈
笑福亭呂好
柳亭市弥

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現在のよしもと漫才劇場(旧・5upよしもと)。
  2. ^ 並木一路宮田洋容門下
  3. ^ 大空ヒット・三空ますみ門下
  4. ^ 解散後朝かんは宮島一茶とコンビを結成、夕かんは「拝啓介」の芸名でピン芸人として活動。
  5. ^ 照代はその後クリトモ三休と「春日三球・照代」を結成。
  6. ^ 一休は同年三河島事故で急逝、三休は後の春日三球。注意:×クリモト→○クリトモ
  7. ^ 1970年解散、2002年2代目再結成。
  8. ^ 役者としても活躍したが不仲で1983年解散。
  9. ^ 1969年解散、タックは高松しげお
  10. ^ 本選出場者には東京二・京太青井しんご・赤井しんごなど。
  11. ^ はるおは以前ケーシー高峰大空はるか・かなた1971年解散。
  12. ^ 解散後桂菊丸はレポーター兼噺家 。
  13. ^ 本選出場者には笹一平・八平大空みつる・ひろしなど。
  14. ^ 1985年解散。京二は元・さえずり姉妹の妻と東京二・笑子を組み、東京二・たかしの後、現在は漫談。京太は妻と東京太・ゆめ子で活動中。他出場者に笹一平・八平
  15. ^ 大空ヒット・三空ますみ門下
  16. ^ 本選出場者には丘エース・谷エース高峰祝夫・高峰祭夫獅子のびる・瀬戸こえる榎本晴夫・志賀あきら松鶴家千とせ・宮田羊かん月見おぼん・こぼんロマンス由美・清美
  17. ^ しのぶは後漫談で2004年に死去。
  18. ^ 本選出場者には青空球児・好児榎本晴夫・志賀あきら永尾ぼんじ・東ぼんじ
  19. ^ 本選出場者にはWモアモア木田P太・Q太星セント・ルイス
  20. ^ 「サラリーマントリオ」の残党コンビ、志賀あきらは現在、漫談の志賀晶
  21. ^ 以前えつやはローカル岡新山セイノー・サイノー。えつやが病気引退、ひでやは妻と新山ひでや・やすこで活動。
  22. ^ 本選出場者にはツービート日高やすお・たかお桂光一・光二東京丸・京平高峰愛天・東天高峰和才・洋才など。
  23. ^ ツービートは、第24〜26回に出場し、最優秀賞を逃している。
  24. ^ 1982年解散、ピン児は笑福亭小松
  25. ^ ハイクは青空遊歩
  26. ^ 本選出場者には東京助・玉助大空あきら・たかし大空ネット・ワーク高峰和才・洋才高峰凡才・宮城英才桂光一・光二
  27. ^ 本選出場者には大空ネット・ワーク青空一歩・三歩東京助・玉助高峰和才・洋才桂光一・光二
  28. ^ 本選出場者には東京助・玉助大空ネット・ワーク高峰和才・洋才ピックルス桂光一・光二
  29. ^ 本選出場者には東京助・玉助大空ネット・ワーク大空遊平・大海かほり新山真理・絵理ピックルス
  30. ^ 一時リーガル和才・洋才
  31. ^ 本選出場者には青空きんし・ぎんし東洸介・玉助大空ネット・ワーク大空遊平・大海かほり新山絵理・真理
  32. ^ 兄弟コンビ。現凸凹一番・二番
  33. ^ 本選出場者には東洸介・玉助大空ネット・ワーク春風こうた・ふくたてきさすコンビコントペコちゃん
  34. ^ 新山ノリロー・トリロー門下。1988年解散。新山真理はびいどうしを経てピンで活動。
  35. ^ 渡部又兵衛松崎菊也は元キモサベ社中、後にザ・ニュースペーパーを旗揚げ。
  36. ^ 解散後松元ヒロザ・ニュースペーパーを経てピンで活動。
  37. ^ 河本栄得の病没後、高山トモヒロ和泉修ケツカッチンを結成。
  38. ^ 1993年に奈津あつしが脱退し、BOOMERを結成。
  39. ^ 2001年解散。せんべいは笑福亭扇平
  40. ^ 2006年解散。
  41. ^ その後吉本が引退脱退しコンビ「うなぎ」を経て、中屋を加え「ビーグル38」を結成。その後ビーグル38も解散、能勢と中屋はピン芸人、加藤は引退。
  42. ^ 2012年解散。山田はピン芸人、吉本は廃業。
  43. ^ 2014年解散。安村はピン芸人「とにかく明るい安村」として、栗山はパチスロライター兼タレント「くり」として活動中。

出典[編集]

  1. ^ 「NHK新人お笑い大賞」本選出場者8組が決定”. お笑いナタリー (2014年9月11日). 2014年10月24日閲覧。
  2. ^ 優勝はアイロンヘッド、NHK新人お笑い大賞”. お笑いナタリー (2014年10月26日). 2014年10月28日閲覧。
  3. ^ 「NHK新人お笑い大賞」はチョコレートプラネット 満票に「いやー圧勝ですね」”. ORICON STYLE (2015年10月25日). 2015年10月25日閲覧。
  4. ^ やっと“漫才師”になれた、トットが「NHK新人お笑い大賞」でラフレクとの接戦制す - お笑いナタリー 2016年10月23日
  5. ^ a b “アキナ、史上初NHKで2冠!山名母の激励メールに「獲りましたよ!」って返したい(コメントあり)”. お笑いナタリー. (2017年10月24日). http://natalie.mu/owarai/news/253913 2017年11月4日閲覧。 
  6. ^ 春風亭朝也が「NHK新人落語大賞」受賞”. お笑いナタリー (2014年10月28日). 2014年10月28日閲覧。
  7. ^ NHK新人落語大賞は桂佐ん吉、チョコプラの公約に便乗し「朝ドラ出たい」”. お笑いナタリー (2015年10月27日). 2015年10月27日閲覧。
  8. ^ “「NHK新人落語大賞」大賞は桂雀太「こんなにうれしいことはない」”. お笑いナタリー. (2016年10月25日). http://natalie.mu/owarai/news/206716 2016年10月25日閲覧。 
  9. ^ この年の新人落語大賞の舞台裏は取材され、おはよう日本(2016.11.23)、BS1スペシャル(2016.12.17)で放送された。
  10. ^ 11/23 NHK「おはよう日本」にて落語特集”. ぴっかり☆倶楽部. 2018年8月11日閲覧。
  11. ^ a b 斉藤佑香: “舞台裏に密着!~悩んで もがいて 笑わせて 若手落語家No. 1決定戦~”. NHK BSトピックス スペシャルコラム. NHK (2016年12月6日). 2018年8月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]