NHK新人演芸大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NHK新人演芸大賞
受賞対象 落語家お笑い芸人
開催日 毎年10月中旬
会場 NHK大阪ホール2001年より奇数年)
みんなの広場ふれあいホール2006年より偶数年)
堺市立美原文化会館(2015年
日本の旗 日本
授与者 日本放送協会(NHK)
報酬 記念トロフィー、賞金50万円
初回 1956年(NHK新人漫才コンクールとして)
最新回 2016年(NHK新人お笑い大賞・NHK新人落語大賞として)
最新受賞者 トット(新人お笑い大賞)
桂雀太(新人落語大賞)
テレビ/ラジオ放送
放送局 NHK総合テレビジョン
放送時間 新人お笑い大賞:10月第4日曜16:00 - 17:18(生放送)
新人落語大賞:土曜 15:05 - 16:18(2013年11月1日・2014年10月27日・2015年10月26日収録)
16:10 - 17:23(2016年10月24日収録)

NHK新人演芸大賞(エヌエイチケーしんじんえんげいたいしょう)は、NHK主催で行われる、若手お笑い芸人の登竜門的コンクールの名称。

概要[編集]

当初は別に行われていた「NHK新人漫才コンクール」と「NHK新人落語コンクール」が「NHK新人演芸コンクール」として統合され、のちに「NHK新人演芸大賞」に名称が変更された。2014年より演芸部門を「NHK新人お笑い大賞」、落語部門を「NHK新人落語大賞」と改称して行われている[1]

開催会場[編集]

本選の会場は毎年異なっており、奇数年がNHK大阪ホール(2001年より)、偶数年がイイノホール(2004年まで)、みんなの広場ふれあいホール(2006年より)で行われている。大阪府立上方演芸資料館ホール[2](1997・1999年)で開催されたこともある。2015年は堺市立美原文化会館で行われた。

出演者[編集]

NHK新人漫才コンクール[編集]

NHK新人落語コンクール[編集]

NHK新人演芸コンクール[編集]

NHK新人演芸大賞[編集]

NHK新人お笑い大賞[編集]

NHK新人落語大賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「NHK新人お笑い大賞」本選出場者8組が決定”. お笑いナタリー (2014年9月11日). 2014年10月24日閲覧。
  2. ^ 現在のよしもと漫才劇場(旧・5upよしもと)。
  3. ^ 並木一路宮田洋容門下
  4. ^ 大空ヒット・三空ますみ門下
  5. ^ 解散後朝かんは宮島一茶とコンビを結成、夕かんは「拝啓介」の芸名でピン芸人として活動。
  6. ^ 照代はその後クリトモ三休と「春日三球・照代」を結成。
  7. ^ 一休は同年三河島事故で急逝、三休は後の春日三球。注意:×クリモト→○クリトモ
  8. ^ 1970年解散、2002年2代目再結成。
  9. ^ 役者としても活躍したが不仲で1983年解散。
  10. ^ 1969年解散、タックは高松しげお
  11. ^ はるおは以前ケーシー高峰大空はるか・かなた1971年解散。
  12. ^ 解散後桂菊丸はレポーター兼噺家 。
  13. ^ 本選出場者には笹一平・八平など。
  14. ^ 1985年解散。京二は元・さえずり姉妹の妻と東京二・笑子を組み、東京二・たかしの後、現在は漫談。京太は妻と東京太・ゆめ子で活動中。他出場者に笹一平・八平
  15. ^ 大空ヒット・三空ますみ門下
  16. ^ しのぶは後漫談で2004年に死去。
  17. ^ 「サラリーマントリオ」の残党コンビ、志賀あきらは現在、漫談の志賀晶
  18. ^ 以前えつやはローカル岡新山セイノー・サイノー。えつやが病気引退、ひでやは妻と新山ひでや・やすこで活動。
  19. ^ 本選出場者にはツービート日高やすお・たかお桂光一・光二東京丸・京平高峰愛天・東天高峰和才・洋才など。
  20. ^ ツービートは、第24〜26回に出場し、最優秀賞を逃している。
  21. ^ 1982年解散、ピン児は笑福亭小松
  22. ^ ハイクは青空遊歩
  23. ^ 一時リーガル和才・洋才
  24. ^ 兄弟コンビ。現凸凹一番・二番
  25. ^ 新山ノリロー・トリロー門下。1988年解散。新山真理はびいどうしを経てピンで活動。
  26. ^ 渡部又兵衛松崎菊也は元キモサベ社中、後にザ・ニュースペーパーを旗揚げ。
  27. ^ 解散後松元ヒロザ・ニュースペーパーを経てピンで活動。
  28. ^ 河本栄得の病没後、高山トモヒロ和泉修ケツカッチンを結成。
  29. ^ 1993年に奈津あつしが脱退し、BOOMERを結成。
  30. ^ 2001年解散。せんべいは笑福亭扇平
  31. ^ 2006年解散。
  32. ^ その後1名脱退しコンビ「うなぎ」を経て、1名を加え「ビーグル38」を結成。
  33. ^ 2012年解散。山田はピン芸人、吉本は廃業。
  34. ^ 優勝はアイロンヘッド、NHK新人お笑い大賞”. お笑いナタリー (2014年10月26日). 2014年10月28日閲覧。
  35. ^ 「NHK新人お笑い大賞」はチョコレートプラネット 満票に「いやー圧勝ですね」”. ORICON STYLE (2015年10月25日). 2015年10月25日閲覧。
  36. ^ やっと“漫才師”になれた、トットが「NHK新人お笑い大賞」でラフレクとの接戦制す - お笑いナタリー 2016年10月23日
  37. ^ 春風亭朝也が「NHK新人落語大賞」受賞”. お笑いナタリー (2014年10月28日). 2014年10月28日閲覧。
  38. ^ NHK新人落語大賞は桂佐ん吉、チョコプラの公約に便乗し「朝ドラ出たい」”. お笑いナタリー (2015年10月27日). 2015年10月27日閲覧。
  39. ^ “「NHK新人落語大賞」大賞は桂雀太「こんなにうれしいことはない」”. お笑いナタリー. (2016年10月25日). http://natalie.mu/owarai/news/206716 2016年10月25日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]