金原亭馬治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金原亭 馬治(きんげんてい うまじ)は、落語家の名。

  • 初代。現・11代目金原亭馬生。二つ目から真打昇進後、馬生襲名まで名乗る。
  • 2代目。初代の弟子。本項にて詳述。

2代目 金原亭きんげんてい 馬治うまじ
本名 上西うえにし 辰延たつのぶ
生年月日 (1977-05-27) 1977年5月27日(42歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県千葉市
師匠 十一代目金原亭馬生
名跡 1. 金原亭駒丸(2000年 - 2003年)
2. 金原亭馬治(2003年 - )
出囃子 どんどん節
活動期間 2000年 -
活動内容 落語家
所属 落語協会
受賞歴
2011年 第5回若手落語家グランプリ 優勝 

2代目 金原亭 馬治(きんげんてい うまじ、1977年5月27日 - 、本名:上西辰延)は、日本の落語家である[1][2]落語協会所属の真打[1]。紋は、鬼蔦。出囃子は、どんどん節[2]

来歴[編集]

1977年5月27日千葉県千葉市出身[1]千葉日本大学第一高校を経て、日本大学生物資源科学部を卒業する[3]

2000年4月、11代目金原亭馬生に入門する[1]。同年7月、前座となり前座名「駒丸」。2003年11月、二ツ目に昇進し、「馬治」と改名する。 2015年3月、真打に昇進した[1][2]

2011年5月、第5回若手落語家グランプリで優勝[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]