元犬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

元犬(もといぬ)は、落語の演目の一つ。原話は、文化年間に出版された笑話本「写本落噺桂の花」の一編である「白犬の祈誓」。

あらすじ[編集]

白犬は人間に近く、信心すれば来世には人間に生まれ変われる。

近くに住む(人間の)ご隠居からそんな話を聞き、一念発起して目黒不動にお百度を踏みに来た白い

「できれば、今生のうちに人間になりたいと思います」

満願の日、一心不乱に祈っているとにわかに毛が抜け、あっという間に人間の姿になった。

大喜びした犬は、たまたま通りかかった件の隠居に事情を話し、『四郎』という名前を付けてもらって仕事の世話をしてもらう。

片岡さんという人のところで奉公をすることになった彼だが、つい犬の習性が出て失敗ばかり。

焙炉(ほいろ)を火にかけてくれ」と言われ、『吼えろ』と聞きちがえて「ワンワン!」。

そのうち、女中のお元さんに用事ができ、片岡さんが「お元はいぬか?」と声をあげると四郎が勘違いして

「元は犬でございましたが、今朝がた人間になりました」

概要[編集]

サゲは、「お元はいぬ(いる)か」と「元は犬か」を引っ掛けた地口落ち。

『白犬は人間に近い』という俗信をもとにしたもので、説教などにも似たような内容の噺が存在する。

その他[編集]

飯野文彦『白い犬』はこの落語を底辺としている。

犬がお参りする場所が「蔵前の八幡様」としている場合もあり、これに因み東京都台東区蔵前の蔵前神社(元は八幡宮)には元犬像が建てられている。

出典・参考[編集]

  • 武藤禎夫「定本 落語三百題」解説