桂宗助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桂 宗助かつら そうすけ
桂 宗助
結三柏は、桂米朝一門定紋である。
本名 谷本 隆(たにもと たかし)
生年月日 (1964-01-04) 1964年1月4日(55歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県尼崎市
活動期間 1989年 -
活動内容 1988年3代目桂米朝に入門

桂 宗助(かつら そうすけ、1964年1月4日 - )は、兵庫県尼崎市出身の落語家。本名は谷本 隆(たにもと たかし)。出囃子は『月の巻』。

中学卒業後板前修業を積んだのち、1988年10月に3代目桂米朝に入門。最後の直弟子。高座名は「二番煎じ」の登場人物「宗助」から。翌1989年2月の京都東山安井金比羅会館での「桂米朝落語研究会」にて初舞台。昭和63年の同期入門の落語家で1993年から開いている「はやかぶの会」メンバー。

エピソード[編集]

  • 板前修業中の10代に一旦弟子入りを断られるも、24歳で再度志願し入門を許された。
  • 師匠・米朝が京都南座に出演する際、羽織を裏返しに着せてしまったことがある。
  • 師匠・米朝や初代桂春團治物真似が得意。他には美空ひばりの物真似も得意でお酒の席で米朝本人の前で披露したら気に入られた。
    • 茶屋町MBS劇場』(MBSラジオ)2016年11月26日放送分で流されたラジオドラマ「上方落語四天王 さえずり噺〜ああ、青春の上方落語〜」では米朝を演じた。

受賞歴[編集]

出典[編集]

  • 桂宗助 - 米朝事務所公式プロフィール

関連項目[編集]