COWCOW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
COWCOW
メンバー 多田健二
善し
結成年 1993年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1993年 -
出身 NSC大阪校12期
出会い 中学校時代
旧コンビ名 横綱
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才コント
ネタ作成者 両者
現在の代表番組 COWCOWのスイスイ水曜日
過去の代表番組 COWCOWの牛牛ブー
COWCOWの横綱ライオット
べえぇす!
同期 2丁拳銃
小籔千豊
土肥ポン太
テンダラー(浜本)など
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
1998年 ABCお笑い新人グランプリ 最優秀新人賞
1999年 NHK新人演芸大賞 大賞
2001年 上方漫才大賞 優秀新人賞
2015年 歌ネタ王決定戦2015 優勝
テンプレートを表示

COWCOW(カウカウ)はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ。共に大阪NSC12期生。1993年結成。中学・高校の同級生で組んだコンビ。

baseよしもとを中心に活動していたが、2001年に東京進出。

メンバー[編集]

多田健二(ただ けんじ、1974年8月8日 - )

ボケ担当。立ち位置は客席から見て左。
大阪府枚方市出身。身長173cm、体重52kg、B型。
大阪府立磯島高等学校出身。

善し(よし、本名:山田 與志(やまだ よし)、1974年10月19日 - )

ツッコミ担当。立ち位置は客席から見て右。
大阪府枚方市出身。身長174cm、体重80kg、O型。
大阪府立磯島高等学校出身。
旧芸名は本名の「山田與志」。一部「山田よし」名義を用いている(2008年のR-1ぐらんぷりなど)。

概要[編集]

  • 中学・高校の同級生で組んだコンビ。同じ中学の後輩はV6の岡田准一。「嵐にしやがれ」で共演を果たした。
  • コンビ名は、COW COWCOBRAのYO-SUKOとLAUGHIN' NOSEのPONが結成したハウスユニット)から採ったという。しかし、そのCOW COW側から一度待ったがかかり、一時期コンビ名を『横綱』としていたことがあった(この「横綱」は、当時山田が好きだった「GARLIC BOYS」の代表的な楽曲「YOKOZUNA」に由来している。尚、GARLIC BOYSのギタリストLARRYは元(前述の)COBRAである)。その後、COW COWが活動を停止する際に「この名前あげるよ」と言われ、コンビ名を『COWCOW』に戻した[1]
  • まだ、大阪NSCの研修生だった素人時代に、毎回厳しい予選をクリアした10組程度の素人しか出場できず「スターへの登竜門」と言われていた、西川きよし司会の「素人名人会」に出場を果たし、名人賞を受賞したことがある。
  • 1995年、同期のおはよう。等6組の芸人によるユニット「フルーツ大統領」を結成。CDをリリースするなどの活動を行ったが、ブレイクには至らなかった。当時の参加メンバーの中で、現在もコンビ解散せず活動している唯一のコンビ。
  • 主に漫才をこなすが、コントもできる。定期的に東京吉本の代表的な劇場であるルミネtheよしもとで、「カウチック・トーク」という大阪baseよしもと時代から行っているトークライブを開催しているので、トークも得意としている。多田は独特のキャラクターを駆使して、更にギャグも得意としている。従って、先輩芸人の東野幸治からは「漫才もうまくてコントもトークも出来てギャグも面白いのに、COWCOWはいつになったら売れるんや!」といつも不思議がられている。
  • それぞれピンでもネタを行っており、そちらもコンビのネタ同様に力を入れている。ここ数年は毎年、『R-1ぐらんぷり』(フジテレビ)に向けて、「RR(ダブルアール)〜R-1のRとレッドカーペットのRだよ〜」というピンネタライブを予選が始まる頃に何度か自分達が主催で開催し、本選が始まるまでに調整したりと熱心に活動しているので、善しは得意のフリップをめくる「めくり芸」で2008年から4年連続決勝進出しており、多田は2012年の大会において優勝している。
  • ナインティナインと仲が良い事で知られている。一時期『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』(TBS系列、毎日放送制作)に準レギュラー出演していた。また、2002年の年末にルミネtheよしもとナインティナインとライブを行った事がある。『めちゃ²イケてるッ!』等では、プライベートのエピソードで名前や写真だけが出てくる事が多い。かま騒ぎでの岡村ネタの発信源はCOWCOWである。こうして、放送開始当初から岡村の暴露ネタ提供で協力していた甲斐あって、“よし子(山田與志)農業”・“多田子(多田健二)農業”として、「中かま騒ぎ」本編の放送に過去に3回出演したこともある。また、全国的に有名ではない頃に岡村が頻繁に多田のネタである「帰れ〜!」を使い、(ただし、岡村はやや怒り気味で言う。どちらかと言えば西川のりおの「ばかぁー」に近い。)そのたびに矢部が「COWCOWな。」と視聴者にわかるようにしていた。
  • 漫才の終わり等に多田が山田の右肩の上に左肘を乗せ、右手を腰に付けながら二人揃ってゆっくりお辞儀するのが恒例となっている。このポーズはCOWCOWポーズと呼ばれ、彼らが大阪時代にイベントのポスターを作るとなった時、「70年代の古い格好してポーズを決めよう」となり、インターネットで調べた所外人が7人位で横1列になっている写真を発見し、コレだと思って決めた。
  • 現在定期的にギャグのイベント「秒殺」を主催で開催。数秒間の中で殺るか殺られるか、道具など一切に使用せず身体1つで表現する「一発ギャグ」に命を賭けた芸人達の決死の祭典。

主な持ちネタ[編集]

あたりまえ体操[編集]

2011年より披露されている持ちネタ。お揃いのカツラと白シャツ・黒ズボンといった体操のお兄さん風の格好になり、ピアノの伴奏と歌にのせて、日常において当たり前の事柄を体操にして表現する(例:右足を出して左足出すと…歩ける、(前略)…引く!、(前略)…だから何!?[2]、など)。

DVDとCDも発売され、歌詞を英訳してエアロビクス風の曲調にアレンジした「No Surprise exercise」など、数バージョンの歌と体操が収録されている。作詞はCOWCOW、作曲と歌は樋口太陽が担当している[3]。 英語版である「No Surprise exercise」は本来アメリカでウケる事を狙っていたのだが、何故かサウジアラビアで流行っていた。

大橋巨泉は自身が出演したしゃべくり007でCOWCOWと共演している。その際にあたりまえ体操を披露された時、「お笑いのネタはどんどん高度化していった結果、バカバカしいものに戻ったというのが21世紀1つのトレンドだと俺は思ってるんだけど、ピッタリだな!コイツらは」と評価している。

アイアン・メイシン[編集]

2013年より披露されている持ちネタ。アイアン・メイデン風の格好をした2人がロック調のリズムに乗せて、日本古来から伝わる様々な迷信を読み解くネタで、後ろのスクリーンにイラストと歌詞が映し出される。迷信の大半は独自解釈で、後になればなるほどいい加減なものとなっていく。

出囃子[編集]

Danger Danger の「Crazy Nites

  • 既に絶版になっているCDなので本人達も持ち合わせておらず、最早ルミネtheよしもとに音源が1つ残るだけで、その音源をあちこちで使いまわしている。
  • トークライブ等で、「CDを見つけたら教えて下さい」とファンに呼びかけている。

受賞歴[編集]

出演[編集]

※コンビでの出演を記載。単独での出演は善し多田健二を参照。

テレビ番組[編集]

過去[編集]

ほか多数

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

  • H.I.S - 「秋旅ビッグセール」、「いい旅カウ!買う!セール」(2012年)

映画[編集]

DVD[編集]

  • COWCOW CONTE LIVE 1 (2008年) 「第6回R-1ぐらんぷり決勝進出」/ 山田ネタ “北の国からパロディ”あり
  • COWCOW CONTE LIVE 2 (2009年) 「第7回R-1ぐらんぷり決勝進出」/ 山田ネタ “テニスの得点係ジョン(ゴルゴ)”あり
  • COWCOW CONTE LIVE 3 (2010年) 「第8回R-1ぐらんぷり決勝進出」/ 山田ネタ “DJのボブ”あり
  • COWCOW CONTE LIVE 4 (2011年) 「第9回R-1ぐらんぷり決勝進出」/ 山田ネタ “アナウンサー学院・カシパン”、「おはスタ645(テレビ東京)」にて毎月・水曜レギュラー放送中 / “あたりまえ体操”あり
  • COWCOW あたりまえ体操 (2012年)
  • COWCOW あたりまえ体操 ゴールド (2012年)

※以上、単独Live DVDだが、ブリッジ(ライブの幕間)映像のバックの音楽は、山田の弾き語り鼻歌などをピアニスト松田光弘が編曲、演奏したもの。

CD[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 改名したことを知らなかったお笑いタレントランキング”. gooランキング (2009年6月17日). 2014年6月22日閲覧。
  2. ^ カンテレバージョンにて多用。局公式ページにて確認
  3. ^ 2013年2月11日 フジテレビジョン森田一義アワー 笑っていいとも!内でワケあり人間カジノどっちベガスで「この男性(樋口)は何をしているでしょうか?」というクイズが出題された(選択肢は「ゴールデンボンバーの楽曲をすべて演奏している人」と「“あたりまえ体操”の声の人」であった)。
  4. ^ テレビアニメでの映画情報では「あたりまえワンちゃん」(あたりまえ体操のドラえもんバージョン)を披露した。

外部リンク[編集]