スパイシーガーリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スパイシーガーリック
メンバー 片山智勝
ジョン
結成年 2020年
事務所 プロダクション人力舎
活動時期 2020年10月7日[1] -
出身 スクールJCA25期
出会い スクールJCA
旧コンビ名 片山
ねじまきシアター
ピッポ
旧トリオ名 ジョン
あまからひやし
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 コント
ネタ作成者 片山智勝
同期 ネギゴリラ
田口優斗(大仰天
さきぽんなど
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2022年 あらびき団 2夜連続!真夏の最強パフォーマー決定戦・第1夜 優勝
2022年 第9回NHK新人お笑い大賞 優勝
テンプレートを表示

スパイシーガーリックは、プロダクション人力舎に所属する日本のお笑いコンビスクールJCA25期生。

メンバー[編集]

片山 智勝(かたやま ともかつ、1990年10月28日 - (32歳))
ネタ作り担当。
静岡県菊川市出身。静岡県立掛川東高等学校オーストラリアニューカッスル大学卒業[2]
身長170 cm、体重63 kg。BWHはそれぞれ91・77・91、足の大きさ27 cm。血液型A型。
趣味はクラブミュージックを聴く(調子のいい時は踊る)、1人BAR。特技はタイ語ピアノ送りバント(一塁側への)、部屋探しの手伝い、ロボットダンス
結成前は「ねじまきシアター」「ピッポ」というコンビで活動[3][4]
ジョン(1996年4月18日 - (26歳))
東京都西多摩郡日の出町出身。本名及び旧芸名、村木 侑平(むらき ゆうへい)。
身長169 cm、体重60 kg。BWHはそれぞれ80・70・91。足の大きさ27 cm、頭の大きさ58 cm。
趣味はレゴブロックレゴランド年間パスポート所持、20万円ほど使用)、イタズラ妄想、銭湯巡り、貯金節約(年間150万円)・わたなべ麻衣(会いに行くほどファン)。
特技は部屋を見ただけで家具の一番いい配置が分かること、貧乏ゆすりがめちゃくちゃ速い。
結成前は「あまからひやし」というトリオで活動[5]2018年、あまからひやしとして第3回白黒-1グランプリで優勝を飾っている[6]
2023年1月26日より、現在の芸名に改名した[7][8][9]

略歴[編集]

片山は大学での就活の時期、芸人になりたいと思い立つ。親には「いったん就職してほしい」と言われ、卒業後3年間は不動産(アパマン)の営業マンとして働いた[2][10]

ジョンは人を笑わせること自体は昔から好きで、小・中学時代はクラスの人気者的存在だった。高校は知り合いのいないところへ入学することになり、この状態から人気者になれたらお笑いへの道も考えていたところ最終的には「レジェンド」と呼ばれるほどの人気者となり、高校3年時には芸人になるのを決めた[10]

2016年スクールJCA25期の同期として2人は出会う。片山は出会った初日からジョンの顔について「割とキレイな顔をしているのにも拘らず面白い顔で、コントをやる上ですごい武器になるんじゃないか」と思っていた[10]

2020年4月、ジョンが当時組んでいたトリオ「あまからひやし」を解散。そのタイミングで「芸人を辞める」と言い始め、別のコンビを組んでいた片山はあんな面白い顔のヤツと組めるなんて人生で二度と無いチャンスだと思い、当時の相方とは揉めながらも解散。ジョンに対して威圧的に「辞めたら殺す」くらいのことを言い放って引き留め[10]10月7日に現在のコンビを結成[1]

2022年8月2日放送『あらびき団 2夜連続!真夏の最強パフォーマー決定戦・第1夜』にて優勝し、その際に披露したコント「ゾンビ」はMCのライト東野こと東野幸治から絶賛された[11]

その後、キングオブコント2022にて「ゾンビ」のネタでノーシードながら準決勝まで進出[12][13]。同年に開催された第9回NHK新人お笑い大賞の決勝でも演じ、優勝を果たした[13][14][15][16]

芸風[編集]

主にコントだが、漫才を演じることもある[1]

メンバー内でのボケツッコミの役割はネタ毎で変わり、固定されていない。動きがメインのネタが多く、これはガッテン森枝(元・エレファントジョン)からのアドバイスによるもの[10]

賞レース成績[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d スパイシーガーリック | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2022年8月9日閲覧。
  2. ^ a b 片山 智勝” (日本語). www.facebook.com. 2022年12月7日閲覧。
  3. ^ ねじまきシアター | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2022年8月10日閲覧。
  4. ^ ピッポ | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2022年8月10日閲覧。
  5. ^ あまからひやし | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2022年8月10日閲覧。
  6. ^ あまからひやし「白黒アンジャッシュ」登場、食レポやリアクションを学ぶ”. お笑いナタリー (2019年5月20日). 2022年8月11日閲覧。
  7. ^ https://twitter.com/jinrikisha_PR/status/1618437335305318400” (日本語). Twitter. 2023年1月26日閲覧。
  8. ^ スパイシーガーリック、自信たっぷりなジョンの表情に注目!?”. 文化放送 (2023年1月26日). 2023年1月27日閲覧。
  9. ^ スパイシーガーリック村木が「ジョン」に改名、日本一おもしろい大崎が名付ける”. お笑いナタリー (2023年1月26日). 2023年1月27日閲覧。
  10. ^ a b c d e 若手コント界のダークホース!「こんなに面白い顔のヤツと組むチャンス、人生で二度と無い」〈GEININ DATABASE file.4 スパイシーガーリック〉” (日本語). WLUCK PARK (2022年10月29日). 2022年11月8日閲覧。
  11. ^ a b 東野幸治、ゾンビとエスカレーター芸の融合を絶賛「なんでトップにせえへん」” (日本語). plus.tver.jp. 2022年8月9日閲覧。
  12. ^ a b 【準々決勝】合格者発表”. キングオブコント2022 (2022年8月19日). 2022年9月6日閲覧。
  13. ^ a b スパイシーガーリック「全部今日に向けて」KOCネタでリベンジ、自分信じた“2本目””. お笑いナタリー (2022年10月30日). 2022年11月8日閲覧。
  14. ^ a b 「NHK新人お笑い大賞」本選にオダウエダ、スパイシーガーリック、フースーヤら8組進出”. お笑いナタリー (2022年9月20日). 2022年9月20日閲覧。
  15. ^ a b スパイシーガーリックが優勝「NHK新人お笑い大賞」”. お笑いナタリー (2022年10月30日). 2022年10月30日閲覧。
  16. ^ 【🥇🏆優勝🏆🥇】スパイシーガーリックが、NHK新人お笑い大賞を優勝しました👏👏👏最高のコンビです!!今後もご声援を宜しくお願いします🌶🧄🌶🧄”. プロダクション人力舎 公式Twitter (2022年10月30日). 2022年10月30日閲覧。
  17. ^ a b 1夜目優勝のスパイシーガーリック『あらびき団』2夜目の今夜、大波乱が起きる…!?|TBSテレビ” (日本語). TBS Topics. 2022年8月9日閲覧。
  18. ^ 「あらびき団」2夜連続、ハイツ友の会、ガクヅケ、スルメらパフォーマー発表(コメントあり)”. お笑いナタリー. 2022年8月9日閲覧。
  19. ^ 「THE CONTE」事前番組MCのあべこうじ「コントの魅力を楽しめる時間」(コメントあり)”. お笑いナタリー. 2022年8月9日閲覧。
  20. ^ 過去のパレード 2022年09月30日放送分”. ネタパレ 公式ホームページ (2022年9月). 2022年10月2日閲覧。
  21. ^ 【🌶スパイシーガーリック情報🧄】本日TBSラヴィットに出演しました!”. プロダクション人力舎 公式Twitter (2022年11月30日). 2022年12月5日閲覧。
  22. ^ 2022年09月23日(金)放送”. TBSラジオ. 2022年12月25日閲覧。
  23. ^ 2022年11月18日(金)放送”. TBSラジオ. 2022年12月25日閲覧。
  24. ^ 2023年01月20日(金)放送”. TBSラジオ. 2023年1月28日閲覧。

外部リンク[編集]