この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

ゴールデンボンバー (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴールデンボンバー
GB IMG 7645.PNG
全国ツアー「オールゲイズ 二丁目のユウジ」にて
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ヴィジュアル系ロックJ-POP
活動期間 2004年 -
レーベル ユークリッド・ミュージックエンターテイメント / Zany Zap(2008年 - )
事務所 ユークリッド・エージェンシー
共同作業者 tatsuoeverset
公式サイト Official WebSite
有料オフィシャルモバイル
メンバー ※担当パートは公式表記に基づく
鬼龍院翔 (Vo-karu)
喜矢武豊 (Gita-)
歌広場淳 (Be-su)
樽美酒研二 (Doramu)
旧メンバー 天空城 団吉 (Doramu)
血祭鉄兵 (Drums)
鶏和酢 里紅(Doramu兼スタッフ)
hideGLAYMALICE MIZERDIR EN GREY

ゴールデンボンバーは、鬼龍院翔、喜矢武豊、歌広場淳、樽美酒研二の4人からなる日本ヴィジュアル系エアーバンド[1][2]。愛称は金爆(きんばく)[3]。全楽曲の作詞、作曲、編曲はヴォーカルの鬼龍院翔が手掛け[3][4]、編曲は所属事務所の先輩でありバンドeversetギタリストtatsuoと共同で行っている[5]

2013年「女々しくて」で、カラオケランキング49週連続通算50週連続1位を獲得し、新記録を樹立した[6]。また2014年にはJASRAC賞金賞をインディーズ作品として初めて受賞した[7][8]

概要

2004年に鬼龍院翔(ヴォーカル)と、喜矢武豊(ギター)を中心に結成された[2]。エアーバンドのため、基本的にボーカル以外のメンバーは、楽曲に合わせ楽器を演奏するフリをしている。それ以外にも、メンバーによる様々なパフォーマンスが行われている。その一方で音楽に興味がない[9]、あるいは演奏できないという発言を鬼龍院以外のメンバーはしている。しかし稀にライブで実際に楽器を演奏することもある[10]

音源楽曲の演奏は、メンバーではなくゴールデンボンバーの中の人とされるeversettatsuoによるものである[5]。事務所に所属する前はライブで鬼龍院が作成した音源をCD-Rに録音、再生していた[11]。事務所に所属してからは鬼龍院の提供するMIDI音源に基づいて[12]、tatsuoが楽器を演奏して音質を上げている[11]。様々なミュージシャンがレコーディングに参加しており、LedaDELUHI[13]shujiJanne Da Arc[14]IkuoHIROKI、SHUSE(La'cryma Christi[15]などが挙げられる。

使用しているロゴはフジテレビの『ゴールデン洋画劇場』のロゴと酷似しており、鬼龍院自身もブログで言及している[16]。キャッチコピーは「笑撃のライブパフォーマンスと、奇才・鬼龍院翔の創り出すクオリティーの高い楽曲で注目の究極のエアーバンド」[17]。コンセプトは「ハイパー・ギガ・ハイブリッド・スーパー・サブカル・ビジュアル・ロック」[18]。楽曲のミュージックビデオは「女々しくて」を初め今村繁が担当している[19][20]

過去のヴィジュアル系バンドと大きく異なるそのスタイルをして、音楽評論家の市川哲史からは「最後のV系後継者」と評されている[21]。過去にヴィジュアル系音楽のラジオ番組などを担当したDJ浅井博章は、当時見られたヴィジュアル系の自虐的な雰囲気をヒットの理由の一つに挙げている[22]。ゴールデンボンバーのメンバー全員がファンであるGLAYとは、ギタリストのHISASHIにパフォーマンスについて肯定的な評価をされている[23]。鬼龍院はゴールデンボンバーを音楽業界衰退の原因とする意見に対して、慣習を続けることで音楽を殺すことになっているとし、音楽に対する偏見を壊すことに自身の一つのゴールがある可能性を示唆している[24]。音楽プロデューサーの伊藤涼はヒットの背景に、新しく音楽を聴く世代にとっての音楽のゲーム化を指摘している[25]

来歴

黎明期

2004年に鬼龍院と喜矢武がベース、キーボード、ドラムを担当していた高校時代の友人たちと共に後のゴールデンボンバーの前身となるバンド「ニャーん」を結成する[26]。ニャーんはTEENS' MUSIC FESTIVALに出演し、奨励賞を受賞したが、それ以降活動することはなかった[26]

2004年末に、鬼龍院と喜矢武を中心に3名でパンクバンド「ゴールデンボンバー」を結成する[26]。バンド名の由来は、考えていた時に喜矢武がテーブル上にあった缶コーヒー「ゴールドラッシュ」から着想を得たもので、これが鬼龍院のツボに入り決定する[27][28]。結成当初は楽器を演奏している[2]。2005年2月に初めてライブを開催するものの、鬼龍院とベースを担当したメンバーとの間で音楽の好みから溝が生じ[29]、4月に解散する[26]。喜矢武からの申し出で2005年の初夏に鬼龍院と喜矢武の二名で再始動し[30][注釈 1]、同年のクリスマスイヴに二人の知り合いの主催するライブに参加する[26]。この時鬼龍院の知り合いであった血祭鉄兵もショルダーキーボードで出演し、それ以降キーボード、ドラムを担当するようになる[26]。 この頃パフォーマンスは主に鬼龍院と血祭が担当し、喜矢武による演奏の下手さが目立ったことが後のエアーバンドというスタイルに繋がる[32][2]。2005年にライブハウスでtatsuoと出会ったことを切っ掛けに、彼の紹介でユークリッド・エージェンシーに所属することになる[11]。2006年の10月までは2か月に一度かそれ以下の頻度で知り合いのライブにおいてのみ活動していた[26]。同時期に鬼龍院が掛け持ちでヴィジュアル系バンドで活動したいと考えていることを喜矢武に話したところ、喜矢武が鬼龍院の予想に反して自分もやりたいと言い出し[32]、ゴールデンボンバーはヴィジュアル系のバンドへと変容する[32]。喜矢武の提案で2006年11月22日に目黒鹿鳴館のライブイベントに出演し、そこでインディーズヴィジュアル系バンドであるVagu*Projectのパフォーマンスに衝撃を受けた二人は[33][34]、ヴィジュアル系の世界で活動を決める[26]。これ以降演奏の当て振りや演奏前の前フリという、後のパフォーマンスの基礎となる部分が確立する[35]。それ以降ライブの回数を増やし、多い時は月に9本のライブをこなす[36]。後に鬼龍院は、この頃は客席を巻き込んだパフォーマンスを行っていたことや、雑誌に掲載されていたつんく♂のインタビューを参照して友人をライブに呼ばなかったことを述懐している[37]

確立期

2008年には5月から9月に掛けて5ヶ月連続で「抱きしめてシュヴァルツ」「元カレ殺ス」「トラウマキャバ嬢」などのシングルリリースを行い、3000枚を超えるセールスを記録する[38][要高次出典]。若い世代を中心に楽しさを求める傾向の強いYouTubeニコニコ動画などの動画サイトで人気を博す[39]。2009年にシングル「女々しくて」をリリースし、その時点でオリコンランキング77位は獲得していたものの、当時ゴールデンボンバーの認知度自体が低くCDの売り上げも振るわなかった[40]。2011年9月2日にテレビ朝日ミュージックステーション」にて初の地上波生出演を果たす[41]。2012年からゴールデンボンバーを担当することとなった石森洋は、認知度の上昇を目指しテレビ番組への出演やメディアリリースを通して世間に訴え、結果「女々しくて」がレコチョクのデイリーランキングやカラオケランキングで首位を獲得する[40][42]。同年の大晦日には当初の目標であった第63回NHK紅白歌合戦に出演を果たす[42][43]。それ以降4年連続「女々しくて」で出場し、夏川りみ「涙そうそう」に並び紅白市場最高記録タイとなる[43]。また2012年10月20日から2013年3月28日に掛けて、初の冠番組となる『金爆一家』(フジテレビ)が放送される[44]。また石森の発案により2014年1月にリリースの「101回目の呪い」まではCDの販売数獲得のため[40]、同じ曲のCDを複数のパターンで販売、あるいはイベントへの参加特典を付属している[45]。しかしその販売方法に疑問を持った鬼龍院の発案により[46]、同年8月リリースの「ローラの傷だらけ」ではパターンや特典などを廃止し、シンプルなジャケットで販売した[45]。その後他のメンバーの要素がないとの意見に対して2015年リリースの「死 ん だ 妻 に 似 て い る」では、各メンバーが歌唱したCDを体臭付きカードの付属として販売するという取り組みを行った[45][注釈 2]。2014年12月から2015年3月にかけて『ゴールデン名曲劇場~木曜に金爆~』が放映される[48][49]

メンバー

個々の出演や作品、受賞歴は本項を参照。バンドとしては各項を参照。

鬼龍院 翔

鬼龍院 翔
きりゅういん しょう
生誕 (1984-06-20) 1984年6月20日(32歳)
出身地 日本の旗 日本東京都浅草
学歴 東京都立向丘高等学校
担当楽器 Vo-karu
活動期間 2004年 -
共同作業者 ゴールデンボンバー、tatsuo森友嵐士T-BOLAN
公式サイト 「キリショー☆ブログ」

鬼龍院 翔(きりゅういん しょう)。Vo-karu。 血液型はB型[50]、身長は164cm[51]。東京都出身[52]。愛称はキリショーキリちゃんなどが挙げられる[53]。翔は本名から来ている[54]

担当

全楽曲の作詞作曲編曲を手掛ける[55][注釈 3]。ギター[57]、ベース、ドラム[58]、ピアノやバイオリンなど一通りの楽器は演奏することが出来る[59]。ワンマンライブの演出、演劇の脚本、ステージ構成も手掛けている[60]。作詞はマクドナルドの店内で行っており、無料で提供されているお手拭きに書いている[61]

バンド内のキャラクターでは、鉄腕アトヌ[62]夜魔堕さんGocktヤワラちゃん翔也などを担当している[63]

経歴

小学6年生の初恋を切っ掛けに音楽に関心を持ち、アコースティックギターを購入する[64]。中学生の頃は音楽とお笑いを好み、MALICE MIZERを切っ掛けにヴィジュアル系の音楽にのめり込み、GACKTDIR EN GREYから影響を受ける[65]。中学2年生の頃、非行で塞ぎ込むようになったとき、母親からキーボードをクリスマスプレゼントとしてもらう[52]。また同時期にギターを本格的に演奏するようになる[52]

後に東京都立向丘高等学校へ進学する。クラスの中で自己紹介した時「好きな食べ物はチョコです」と発言したことから、あだ名が「チョコ」だった[66]。歌手の木村カエラと同じクラスに所属したことがあったが、会話を交わしたことは少ない[66]。高校では軽音楽部に所属し、バンドを組んだ[67]。しかしシンセサイザーが2人必要なMALICE MIZERができる状況ではなく、JUDY AND MARYコピーバンドとして活動する[67]

高校卒業後は東京NSCに在籍し、ハリセンボンライスと同じ9期生として[68]池田一真(現しずる)と「チョコサラミ」というコンビを組んで活動する[69]。コンビを続ける内に二人の間に溝ができ、池田から言い出された解散を受け入れることとなる[70]。NSC卒業後はお笑いの世界では成功できないと感じ、「やっと笑えたね」でコンビを組んでいた当時の相方へ解散を言い渡し[71][72]、芸人から方向転換してバンドを始める。同時期に音楽学校に通い、小川悦司にアレンジの方法などを学ぶ[73]

2012年8月に上咽頭炎を患い、歌い方に癖がついてしまい、完治した後も元のように歌えなくなった[74][75]。同年11月21日、高音域の声を出そうとすると、首周りの筋肉が異常に硬直してしまう発声障害(発声時頸部ジストニア)のため予定していたソロ公演の延期を発表する[76]。その折にサザンオールスターズの「C調言葉に御用心」を聞き、歌い方のヒントを得たと述べている[77]。1年後に無事振替公演を成功させている[78]2016年5月11日、声帯にできたポリープの除去手術を受ける[79]

人物

ビジュアル系の中でもGACKTは鬼龍院が15歳の時にラジオ番組「喰われた羊羹と齧られた蜜柑」のリスナー参加コーナーに電話出演したことがあるなど関心が強く、著名になってからもGACKTを尊敬している[80]クラシックも嗜み、中でもヨハン・ゼバスティアン・バッハの影響があったことを語っている[81]

タミヤのTシャツを長年愛用しており、彼の愛用によりタミヤのTシャツの売り上げが伸びたとして、タミヤ本社からお礼とともに彼が希望した『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』の限定ミニ四駆がプレゼントされるというやり取りがあった[82]。タミヤやプラモデル、ミニ四駆などにはそれほど興味はなく、あくまでデザインに惚れてTシャツを愛用したと語っている。2013年にはオリコンのTシャツが似合うアーティストランキングで9位にランクインしている[83]

年末年始(2013年以降は元日)は、日雇いのアルバイトをすることが恒例となっている。2011年末(クリスマス)はコンサートスタッフ、2013年はローソンの店員、2014年はフジテレビ系のお笑い番組観覧[84]、2015年は秋葉原の女装カフェ店員[85]、2016年はデザート工場でアルバイトをしている[86]。この理由について鬼龍院自身が現実的な生活感を忘れないためと述べている[87]。なお、2017年はどこのバイトも不採用となったため行っていない[88]

個人での活動

2011年1月5日から2015年6月29日まで『ゴールデンボンバー鬼龍院翔のオールナイトニッポン』にてラジオのパーソナリティを務め、2014年9月15日には番組をまとめた書籍が刊行された[89]。2012年6月20日には自伝本『ゴールデンボンバーのボーカルだけどなんか質問ある?』を発売し[90]、東京NSCへ通っていた過去などを公表した[90]。広報にはブログの他ツイッターを使用していたが、2014年1月16日、ブログ上でツイッターを退会したことと今後はブログに専念することを発表する[91]。なお、鬼龍院が使っていたツイッタ-のアカウントは現在は無関係の一般人が取得している[91]

ゴールデンボンバー以外でも音楽活動を行っており、2012年には9月2日から放映開始された特撮ドラマ『仮面ライダーウィザード』ではソロ名義で同作主題歌「Life is SHOW TIME」を発売した[3]。また2015年には森友嵐士T-BOLAN)と共にmorioni名義で「サヨナラは歩き出す」をリリースした[92]

ソロライブ

2011年からバラード曲を中心に展開するソロライブ『ひとりよがり』を、2016年からはJ-POPをカバーするソロライブを、どちらも不定期に開催している。

タイトル 月日 - 会場 出典 備考
2011年 ひとりよがり 12月23日 - 品川プリンスホテル ステラボール
2012年 ひとりよがり2 7月8日、29日 - 東京国際フォーラム ホールC [93]
2013年 ひとりよがり3 12月5日 - 札幌市民ホール
12月10日 - 東京国際フォーラム
12月19日 - 福岡市民会館
12月23日 - 愛知県芸術劇場
12月25日 - オリックス劇場
[94] 前述の通り、発声障害のため1年公演を延期。
2014年 ひとりよがり4 12月4日 - 東京国際フォーラム
12月10日 - 札幌市民ホール
12月16日 - 福岡サンパレス
12月22日 - 東京エレクトロンホール宮城
12月24日 - センチュリーホール
12月25日 - オリックス劇場
[95]
2015年 ひとりよがり5 -ひとり武道館- 12月15日 - 日本武道館 [96]
2016年 太った太ったと言われるので会員制ジムに行こうとしたら入会金が高かったのでそんならチケット代安めでライブやって見たい人だけ見に来て歌って暴れて痩せたら僕もお客さんもウィンウィンフィットネスライブ 4月26日 - TSUTAYA O-WEST [97][98]
2017年 太った太ったとファンに言われたからダイエットして成功したけど徐々に体重が戻りつつあるからライブやって良い歌歌って汗かいてもう一回痩せたら僕もお客さんもウィンウィンライブ! ~チケットキャンプで転売禁止の巻~ 3月21日 - Zepp Nagoya
3月24日 - BLUE LIVE 広島
3月26日 - 仙台 PIT
3月28日 - Zepp Sapporo
3月30日 - Zepp Osaka Bayside
4月4日 - Zepp DiverCity TOKYO
4月7日 - 福岡市民会館
4月8日 - 熊本B.9 V1
4月23日 - Zepp DiverCity TOKYO
[99]

作品

シングル
名義 タイトル 発売日 備考
鬼龍院翔 from ゴールデンボンバー Life is SHOW TIME 2012年10月24日
morioni(森友嵐士とのユニット) 「サヨナラは歩き出す」 2015年2月18日
アルバム
タイトル 発売日 備考
「オニカバー90’s」 2017年5月24日 J-POPをカバーしたソロアルバム[100]
DVD
タイトル 発売日 備考
鬼龍院翔 単独公演 「ひとりよがり5 "ひとり武道館" at 日本武道館」[101] 2016年3月30日
楽曲提供
書籍
  • 『ゴールデンボンバーのボーカルだけどなんか質問ある?』ユークリッドエージェンシー、2012年6月20日。
  • 『ゴールデンボンバー鬼龍院翔のオールナイトニッポン まとめ本』扶桑社、2014年9月21日。
参加作品
発売日 収録先 収録曲 出典
2014年9月10日 livetuneaddingアルバム「と」 10.大好きなヒトだカラ
2014年12月24日 大竹しのぶ「歌心 恋心」 5.男と女のお話 [105]
2015年12月23日 スピッツトリビュートアルバム「JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜」 4.ルナルナ [106]

受賞歴

喜矢武 豊

喜矢武 豊
きゃん ゆたか
生誕 (1985-03-15) 1985年3月15日(32歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
担当楽器 Gita-
活動期間 2004年 -
共同作業者 ゴールデンボンバー、tatsuo
公式サイト 「Canキャン」
喜矢武豊 (@yutakya_n) - Twitter

喜矢武 豊(キャン ユタカ)。Gita-。血液型はB型、身長は166cm、東京都出身[107]。愛称はキャン様キャンさんハゲ様などが挙げられる。芸名の由来は、沖縄出身の友人の名字をカッコいいと感じたから。

経歴

高校2年生の頃まで野球をやっており、同時期に共通の友人を介して鬼龍院と知り合う[108]。その後大学へ進学するも両親の反対を押し切り[109][110]、就職活動を止めてゴールデンボンバーを鬼龍院と共に再結成する[111]。その後しばらくは演奏に徹していたものの[112]、前述したVagu*Projectとの邂逅を切っ掛けにギターソロではパフォーマンスを披露するようになった[35]。この頃は鬼龍院と共に経済的に厳しい生活を送っていたことを後に語っており、マネージャーから30万円を借りて生活費に充てていたことなどを明かしている[113]

担当

ライブやテレビ出演時には、楽曲のギターソロと称して、後述の様々なパフォーマンスを行っている。ギターソロのパフォーマンスのために溶接の免許を取得したり[114]、自らの毛髪に墨汁を付けて書初めの筆に扮したり[114]、熱湯風呂に入浴、スイカかき氷早食いなどを行ったりする[115][116]

バンド内のキャラクターでは、ガチュピン[117]実輪さん[118]クリスティーネ・ゆた子モーゼス・ケバブなどを担当している。動画「ガチュピンチャレンジ」シリーズではガチュピンとムックーの吹き替えを一人二役で担当している[119]

ライブ時に使用される段ボール製の小道具大道具は喜矢武の手作りであり、段ボールでサックスピアノ風のアート制作を行ってライブで披露したこともある[120]。これらの作品は展示会での出展も果たしており、2015年11月5日から2016年1月11日まで東京・ダイバーシティ東京 プラザとのコラボレーションで開催された企画「SHINING STAR ILLUMINATION ゴールデンボンバー with ダイバーシティ東京」や[121]、2016年6月4日から12日まで開催された「アリスと時間のアート展」にて展示された[122]。またマスコットキャラクターの金爆くんをデザインしたのも彼である[123]。他にも告知動画などの動画編集を担当している[124]

人物

中学、高校の時は野球部に所属していた。運動神経が良く、野球が好きで樽美酒研二と野球をすることがある[125]。一方でギターの演奏に関しては、後にゴールデンボンバーがエアーバンドという様式になる切っ掛けを作った[126]

hideに憧れており[127]X JAPANを大学の卒業論文のテーマにした[128]。バンドの結成当初はB'zのようなバンドがやりたいと思っていたが、それを聞いた鬼龍院に呆れられている[129]

個人での活動

パフォーマンス以外では俳優業をに力を入れている。2012年8月公開の映画『死ガ二人ヲワカツマデ…』の二部構成の一部「色ノナイ青」で俳優デビューし、初主演を務めた[130]無口な役柄のため、セリフは7行ほどしかなかったと言われている。2015年3月に初舞台『ふしぎ遊戯』で主演の鬼宿(たまほめ)を演じ[131]、翌年2月16日から28日、手塚治虫の漫画『ぼくの孫悟空』を原作とした舞台『GOKÛ』で主演の孫悟空を演じた[132]。このことに関して、メンバーからは「バンドに向いていなかった」と度々述べられており[133]、本人も俳優活動に意欲を見せている[134]。その一方で『GOKÛ』でのインタビューではゴールデンボンバーの活動の一環であると述べている[135]。2017年4月6日から15日、高橋留美子の漫画を原作とした舞台『犬夜叉』にて主演の犬夜叉を演じた[136][137]。また15日の千秋楽公演は、同年6月2日フジテレビTWOにて放送される予定[138][139]

出演

映画
ドラマ
舞台
  • 『ふしぎ遊戯』 - 鬼宿役[131]
  • 『GOKÛ』 - 孫悟空役[132]
  • 『犬夜叉』- 犬夜叉役[136]

歌広場 淳

歌広場 淳
うたひろば じゅん
出生名 高山 淳
生誕 (1985-08-30) 1985年8月30日(31歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県
学歴 日本大学芸術学部
担当楽器 Be-su
活動期間 2007年 -
共同作業者 ゴールデンボンバー、tatsuo
公式サイト 「セクシーガール ミク◯ーボーイ」
歌広場淳 (@junjunmjgirly) - Twitter

歌広場 淳(ウタヒロバ ジュン)。 本名:高山 淳(タカヤマ ジュン)。Be-su。血液型はO型、身長は174cm、千葉県出身[143]既婚。2007年4月22日加入。愛称はうぱじゅんじゅんうたひろさんなどが挙げられる。芸名の由来は、鬼龍院、喜矢武の2人が漢字3文字の名字を使用していたことから3文字の名字を考えたところ、「女性に親しまれる芸名がいい、女性はカラオケが好き。みんなに覚えてもらえる名字が良い」という発想から、カラオケボックスの店名「歌広場」から命名した[144]

担当

ライブで使うベースギターの弦は3本や2本しか張っておらず、タコ糸などを使用している[145]。ゴールデンボンバーの楽曲の振り付けと煽りを主に担当している。ゴールデンボンバー加入以前に別のバンドでベーシストとして活動していた。

経歴

中学・高校時代から学業が優秀だったが、その一方で中学生の時にヴィジュアル系の世界に没頭する[146]。保守的な気風だった地元に馴染めず、前衛的なことをしたいと考え、進路相談で提示された日本大学芸術学部文芸学科に進学する[143][147]。大学でも普通を嫌った歌広場は、同大学の教授である佐藤洋二郎からの助言もあり、自分のやりたいことを突き詰めることを決意する[143]。学生時代に池袋サイバーで2度ゴールデンボンバーのライブを見たことで関心を持ち[148]、ホームページ上にあったベーシスト募集要項の「ベースが弾けなくてもいい ベース引けない人大歓迎!」という条件に惹かれ加入希望メールを送った。面接では喜矢武に鬼龍院の弟と誤解されるほど鬼龍院と意気投合し、加入が決定した[149]。2016年6月に一般女性と入籍し[150]、メンバー初の既婚者となった[151]

人物

メンバーで唯一本名を明かしているのは、大学在学中、ホームページに宣伝を載せてくれると言われ承諾したところ、本名も書かれてしまったから。その後、インターネットラジオ内でうっかり自分から本名を明かしてしまい、それ以降ブログなどでも「テンション高山」と自らネタにするようになった[152]

元々ヴィジュアル系への造詣が深く、当時のインディーズのヴィジュアル系バンドに詳しかったことが、ゴールデンボンバーに影響を及ぼしている[153]。ギタリストの涼平に対しては彩冷えるに所属していた頃からのファンで、大学の卒業論文のテーマにも選んだ[154]The GazettEのれいたファンのバンギャルという設定のバンギャル代表・淳子@れいたの嫁というキャラクターでステージに上がることがあり、The GazettE側もそれを認めている[155]

大学の専攻が文芸学科だったこともあり文芸に明るく、ミュージカルへの造詣も深い。小説では学生時代から島田雅彦を敬愛しており、発売前の作品『傾国子女』を本人から贈呈された[156]。また幼少期から宝塚に憧れがあったと公言している[157]。その一方で運動は苦手とされているが[158]、YoutubeのZanyZap公式チャンネルで楽曲の振り付け講座を担当している[159]

テレビ番組などでの出演は主に私服であるとしており[160]、元々ユーザーであったアパレルブランド「MINTNeKO」でコラボ商品が発売されているほか、同ブランドでモデル活動も行っている[161]

個人での活動

イケメンが大好きと公言しており[162]、2011年8月以降『月刊TVnavi』にて「イケメンがなきゃ生きていけない!」を連載している。特に松本潤のファンであることを公言しており、松本も歌広場のツイッターを見ていると述べている[163]。あまりに熱弁を振るうためメンバーにからかわれているが、本人はオネエであることを否定している[164]。2013年3月14日、自身プロデュースによるイケメン店員を集めたフルーツパーラー&バー「オータムリーフ」を秋葉原にオープンさせた[165]。しかし、翌年の2014年3月3日、飲食店レビューサイトの評価が良くないという理由で閉店し[166]、10日間の臨時休業に入った。同年3月14日、前店舗の隣のテナントで新たに「オータムリーフII(ツー)」としてリニューアルオープンした[167]。しかし本来の活動に配慮した結果、2016年3月末をもって閉店した[168]

出演

アニメ
映画
  • 『サイドライン』 - フラワー様役[170]
ミュージックビデオ
  • Block B 「HER (Japanese ver)」 (2015年)

樽美酒 研二

樽美酒 研二
だるびっしゅ けんじ
生誕 (1980-11-28) 1980年11月28日(36歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県うきは市(旧吉井町
担当楽器 Doramu
活動期間 2009年 -
共同作業者 ゴールデンボンバー、tatsuo
公式サイト 「オバマブログ」

樽美酒 研二(ダルビッシュ ケンジ)。Doramu。血液型はA型、身長181cm。福岡県うきは市(旧吉井町)出身[171]。2009年4月10日加入。愛称は研二研二さんなどが挙げられる。

担当

白塗りに歌舞伎役者のようなメイクをしていることが多い[172]。白塗りの理由を「先代のドラマーが白塗りだったから」「恥ずかしくて赤面しやすいから」としており[172]、「メイクをするとスイッチが入る」と語っている。メイクは形取りではなく、筆で描いている[173]

ライブで曲を流すためにドラムセットの陰でiPodを操作しており[174]、ライブ中のMCでたびたび呼ばれる「PAさん」の役目もしている。

正式なメンバーとして活動する現在も(暫定)の文字が消えないのは、単に「タイミングを逃したから」とのこと。ライブで実際にドラムを叩くことはなく完全なエアドラムで[174]ドラムセットの後ろで踊る際に「邪魔だから」との理由により、スネアドラムがセットから外されている[175]。ドラムスティックはスポンジ製で、2012年時点では東急ハンズで購入した発泡スチロールを切り分けて使用していたが[174]、現在は円柱状のスポンジ素材を使用[176]

バンド内のキャラクターではムックー[117]ダル隊長などを担当している。ライブではゴールデンボンバー加入前から活動していた、eversetのコピーバンド「レバーセット」のボーカルとして出演することがある[177]。その際は普通のヴィジュアル系メイクをしており、ナルシス研二と呼ばれる。

経歴

幼少時よりプロ野球選手を目指して野球に打ち込む生活をしており[178]、野球推薦で高校に入学する頃までは本気で野球に取り組んでいた(ポジションは4番ショート)。高校に入ると野球部に所属しながらバンド活動を始め、ボーカル&ギターを担当していた。

ゴールデンボンバー加入前はMissing Tearローディーをしており[179]、自身も「青春パンク系」のバンド活動をしていた。当時作詞作曲し、ボーカル&ギターとして録音したオリジナル楽曲はブログ本2・3の初回限定版特典としてCD化されている。Missing Tearのtatsuoから勧められ、ゴールデンボンバー加入を志す。鬼龍院によると、加入のための面接で「裸になれますか?」との問いに「自信があります」と答えるなど[180]、受験者たちの中で飛びぬけてバカだったことから採用となった[179]

人物

鬼龍院によると性格がとびきりポップで、彼が参加したことによりバンドの雰囲気が明るくなったと述べている[179]。また一方で甘えがないところが鬼龍院から好感を持たれている[181]。素顔に関しては参加当初、喜矢武のブログでやる気があり過ぎるイケメンとされ[182]、友人で俳優綾野剛からは彫りが深く、ローマ風であると言及されている[183]。その一方で、化粧を施した後の姿は子供に怖がられることが多いと本人は嘆いており[184]Eテレニャンちゅうワールド放送局」のニャルビッシュ役で2013年5月からレギュラー出演することになった際には[185]、「すてきなものができあがったと思いますが、キャラクター性には問題がございます。簡単に言いますと“怖い”です」と述べている[186]

メンバーの中でも肉体派と評され[187]、TBS系「SASUKE」には、2012年大会から出場しており2015年大会ではファーストステージをクリアした[188]。また2013年には同局の「炎の体育会TV」のアームレスリング対決に出演、関西テレビ「関西スポーツ大感謝祭2013〜藤浪豪速球トーク&樽美酒vs古田&関西駅伝No.1決定戦SP〜」、2017年にはTBS系「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子元日頂上決戦!」など[189]、野球をはじめとした運動神経を競うテレビ番組に数多く出演している。 また自身のバースデーグッズなどでは、鍛えた身体をネタにしたグッズも多く販売される[190]。中でも臀部はクローズアップされ、2017年の元旦には「だるびっしゅけんじのケツかるた」を発売し[191]、1月29日には発売記念イベント"ケツタッチ会"を開催した[192][193]

個人での活動

加入時からほぼ毎日ブログを更新し続けている。2012年2月2日にはブログを書籍化した『ベスト オブ オバマブログ』を発売[174]。同年11月28日の自身の誕生日には5万件を超えるコメントが寄せられ、11月29日付のアメーバブログランキングで初の総合1位を獲得する[194]。2013年1月以降は「ブログ休戦宣言」[195]をするまで連続で月間総合1位を獲得した。ブログでは裸の写真を掲載することが多く、運営によって写真が削除されるなど規制がかかったことが何度もある[174]。ブログ本の売上は2013年5月に10万部を突破し[196]、2013年3月には第2弾、2014年2月には第3弾を発売。その印税により、2013年8月に『とんねるずのみなさんのおかげでした』の企画でメルセデス・ベンツ・ML350を購入している[197]。2015年、Amebaが最も注目されたブログに対して贈るBLOG of the yearにて、優秀賞に選出された[198]

2012年7月11日に明治神宮野球場で開催された東京ヤクルトスワローズ横浜DeNAベイスターズ戦の始球式に登板した。「樽美酒研二プロ野球入団テスト」と銘打ち、球団(ヤクルト)側から出された「ピッチングで140km/h以上を出すこと」という条件に対し、142km/hを出して見事クリアするものの、投球直後に右腕を痛めて倒れ込み即引退というパフォーマンスを行った[199]。ただし、実際にはどんな球を投げてもあの表示が出るようにしており、実際は120km/hしか出ていなかったことを後に告白している[200]。なお、この模様を収めた動画は「Yahoo!映像トピックスアワード2012」の爆笑部門で1位に選ばれた[201]。また2013年3月29日には福岡ドームにて福岡ソフトバンクホークス東北楽天ゴールデンイーグルス戦の開幕戦始球式を務めた[202]

出演

作品

書籍
  • 『ベスト オブ オバマブログ』扶桑社、2012年2月3日。
  • 『ベスト オブ オバマブログ2』ユークリッドエージェンシー、2013年3月29日
20歳の頃に作詞作曲した楽曲「夏物語」(2013年4月13日)が初回特典として付属している。
  • 『ベスト オブ オバマブログ3』ユークリッドエージェンシー、2014年2月20日
同上「タンポポ」が初回特典として付属している。

受賞歴

  • Ameba BLOG of the year 2015 優秀賞

元メンバー

  • 血祭 鉄兵(チマツリ テッペイ) drums(初代ドラム)。生年月日は (1974-03-15) 1974年3月15日(43歳)で、喜矢武豊の誕生日と同じ。長崎県出身。
    • 2005年12月加入。脱退日は2007年3月[205]。鬼龍院翔とはローソンのアルバイトでの先輩だった[206]。ステージ上ではキーボードを弾くこともあった。
    • 現在「YOUNG JAPAN」というサブカルミニコミ誌を不定期発行している。
  • 天空城 団吉(テンクウジョウ ダンキチ) Doramu(ドラム)。生年月日は (1984-08-13) 1984年8月13日(32歳)。
    • 2007年3月後半サポートとして加入。2007年8月30日脱退。2007年11月後半再び加入。2009年4月5日高田馬場CLUB PHASEワンマンライヴで脱退。愛称は天さん天さま団吉くん団吉など。
    • 黒髪短髪にテニスウェアというヴィジュアル系らしからぬ格好をしている。樽美酒研二と同じ白塗りだが、歌舞伎役者のようなメイクではなく白塗りに黒い線をかいている。
    • 元々は演劇志望で、バンド活動にはあまり興味がなかったが、ライブを重ねるたび人気が出てしまい、辞め辛くなったという。二度目の脱退理由は、就職の資格試験の勉強に専念するため。
  • 鶏和酢 里紅(トリアエズ リク) Doramu兼スタッフ。
    • ドラムがいない間はサポートドラムをやっており、天空城 団吉が戻って来た時に万能スタッフとして裏方をしていた(ドラム担当として2007年9月7日加入 - 2007年11月17日脱退 その後に裏方)。
    • バーを経営し、閉店後はオータムリーフでも数ヶ月働いていた[207]。祖父は漫画家古谷三敏

年表

2004年
  • 鬼龍院翔と喜矢武豊を中心に結成。
  • 2月に初ライブを行い、4月に解散。
2005年
  • 初夏に鬼龍院と喜矢武の2人で再始動。
  • 年末に解散後初めて、知り合いが主催するライブに、初代ドラム血祭鉄平と共に出演。
2007年
  • 3月15日 - バイトに専念するため、初代ドラムの血祭鉄平が脱退。
  • 4月22日 - 現ベース歌広場淳が加入[208]
  • 11月29日 - 前ドラム天空城団吉が正式加入。
2009年
2010年
  • dwango.jpにて楽曲の12ケ月連続独占配信を行い、12ヶ月連続で1位を獲得。
  • 12ケ月連続ワンマンを大阪・名古屋・東京を1クールとして敢行。
  • ニコニコ動画で、喜矢武によるキャラクター、ガチュピンの動画やシングルPV「女々しくて」が240万回再生を突破。
  • ワンマンライブを生中継。
  • 4月 - ゴールデンボンバー初となる全国ワンマンツアー「"ワンマンこわい"」を敢行。
  • 10月6日 - シングル「また君に番号を聞けなかった」をリリース。
  • メジャー7社からオファーを受けたが「メジャー行きま宣言」として留まることを宣言[210][211]
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
  • 12月12日 - タワーレコードが企画する「V-ROCK TOWER」の第一弾アーティストに起用[250]
  • 12月21日 - アルバム『フェスベスト』をリリース[251]
  • 12月31日 - 20:00 - 21:00に、ニコニコ生放送で「第1回 金爆裏紅白歌合戦」を配信。ネット配信及び全国4都市6会場の街頭ビジョンで前半の30分間同時配信[252]
2017年

ニコニコ生放送

ゴールデンボンバーのニコラジ
月刊ゴールデンボンバー
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 2011年1月14日 - 2011年4月12日
2011年5月27日 - 現在
放送時間 22:00 - 23:00
放送局 ニコニコ生放送
パーソナリティ ゴールデンボンバー
テーマ曲 開演前「また君に番号を聞けなかった」ED「僕クエスト
企画 飛び出せ!実験くんZ など
テンプレートを表示

月刊ゴールデンボンバー』(げっかんゴールデンボンバー)は、2011年5月27日からニコニコ生放送で放送されている生放送バラエティー番組。毎月一回不定期の放送で、時間は基本的に22:00 - 23:00。2011年1月14日から同年4月12日までは『ゴールデンボンバーのニコラジ』というタイトルで毎週金曜日に放送され、最終回は4月12日に2時間スペシャルとして放送された。また、2015年4月26日の放送は「超月刊ゴールデンボンバー」と題して、ニコニコ超会議2015の会場となった幕張メッセから公開生放送された。

おもな企画

  • 月刊ゴルボンNo.1決定戦
    • 毎月テーマを決め、そのテーマに沿った話をメンバーが語っていくコーナー。もっともインパクトのあった話を視聴者からアンケートを取り、その月のNo.1を決定する[257]
  • 飛び出せ!実験くんZ
    • 視聴者が気になっている疑問や謎をメンバーが体を張って検証するコーナー。
  • 金爆ヌーボー
    • 乙女の恋のお悩み相談室。このコーナーでは歌広場淳以外のメンバーはオネェ風キャラクターを演じ、同時にお悩み解決に挑む。2015年5月26日の放送では、VAMPSHYDEK.A.Zが、同コーナーにゲスト出演した[258][259]

DVD

2013年から、ユークリッド・ミュージックエンターテイメントとドワンゴジェイピーの制作で『月刊ゴールデンボンバー』のDVDを発売している[260]

No. タイトル 発売日
01 月刊ゴールデンボンバー1 2013年9月28日
02 月刊ゴールデンボンバー2 2013年9月28日
03 月刊ゴールデンボンバー3 2013年9月28日
04 月刊ゴールデンボンバー4 2013年9月28日
05 月刊ゴールデンボンバー5 2013年9月28日
06 月刊ゴールデンボンバー6 2013年9月28日
07 月刊ゴールデンボンバー7 2014年1月27日
08 月刊ゴールデンボンバー8 2014年1月27日
09 月刊ゴールデンボンバー9 2014年1月27日
10 月刊ゴールデンボンバー10 2014年1月27日
11 月刊ゴールデンボンバー11 2014年1月27日
12 月刊ゴールデンボンバー12 2014年1月27日
13 月刊ゴールデンボンバー13 2014年5月30日
14 月刊ゴールデンボンバー14 2014年5月30日
15 月刊ゴールデンボンバー15 2014年5月30日
16 月刊ゴールデンボンバー16 2014年5月30日
17 月刊ゴールデンボンバー17 2014年5月30日
18 月刊ゴールデンボンバー18 2014年5月30日
19 月刊ゴールデンボンバー19 2015年11月4日
20 月刊ゴールデンボンバー20 2015年11月4日
21 月刊ゴールデンボンバー21 2015年11月4日
22 月刊ゴールデンボンバー22 2015年11月4日
23 月刊ゴールデンボンバー23 2015年11月4日
24 月刊ゴールデンボンバー24 2015年11月4日

作品

シングル

タイトル 発売日 収録 リリース形態 規格品番 備考
01 抱きしめてシュヴァルツ/童貞が! 2008年05月1日
  • 抱きしめてシュヴァルツ
  • 童貞が!
ワンコインシングル、流通盤 EAZZ-0002 会場限定盤、全国流通盤同時発売。
会場限定盤はワンコインシングル、全国流通盤は特典付き。
02 咲いて咲いて切り裂いて/まさし 2008年06月1日
  • 咲いて咲いて切り裂いて
  • まさし
ワンコインシングル、流通盤 EAZZ-0004 会場限定盤、全国流通盤同時発売。
会場限定盤はワンコインシングル、全国流通盤は特典付き。
03 ごめんね、愛してる/亀パワー 2008年07月1日
  • ごめんね、愛してる
  • 亀パワー
  • ごめんね、愛してる(オリジナル・カラオケ)
  • 亀パワー(オリジナル・カラオケ)
ワンコインシングル、流通盤 EAZZ-0006 会場限定盤、全国流通盤同時発売。
会場限定盤はワンコインシングル、全国流通盤は特典付き。
04 トラウマキャバ嬢/元カレ殺ス 2008年08月1日
  • トラウマキャバ嬢
  • 元カレ殺ス
  • トラウマキャバ嬢(オリジナル・カラオケ)
  • 元カレ殺ス(オリジナル・カラオケ)
ワンコインシングル、流通盤 EAZZ-0008 会場限定盤、全国流通盤同時発売。
会場限定盤はワンコインシングル、全国流通盤は特典付き。
05 ホテルラブ/いつもと同じ夜 2008年09月01日
  • ホテルラブ
  • いつもと同じ夜
  • ホテルラブ(オリジナル・カラオケ)
  • いつもと同じ夜(オリジナル・カラオケ)
ワンコインシングル、流通盤 EAZZ-0010 会場限定盤、全国流通盤同時発売。
会場限定盤はワンコインシングル、全国流通盤は特典付き。
N/A Blow Wind/タイムマシンが欲しいよ 2009年06月17日
  • Blow Wind(SMILY☆SPIKYの楽曲)
  • タイムマシンが欲しいよ(ゴールデンボンバーの楽曲)
  • Blow Wind(オリジナル・カラオケ)
  • タイムマシンが欲しいよ(オリジナル・カラオケ)
CD PCCG-90034 『タイムマシンが欲しいよ』- 5pb.

ソフト『スキップ・ビート!』エンデイングテーマ
宮野真守髙木俊によるユニットSMILY☆SPIKYとのスプリットシングル
『Blow Wind』- SMILY☆SPIKYの曲であり、ゲーム『スキップ・ビート!』オープニングテーマ。
オリコン週間チャート初登場168位

07 女々しくて 2009年10月21日
  • 女々しくて
  • かっこいいな英語って
  • 君がいない間に
  • 女々しくて(オリジナル・カラオケ)
  • かっこいいな英語って(オリジナル・カラオケ)
  • 君がいない間に(オリジナル・カラオケ)
CD
CD+DVD
EAZZ-0024
EAZZ-0025
EAZZ-0026
3タイプ同時発売。3タイプ全購入者への特典付き。
オリコン週間チャート初登場77位、2013年01月14日付オリコン週間チャート4位(最高位)
インディーズチャート初登場4位、2012年06月11日付インディーズチャート2位(最高位)
08 もうバンドマンに恋なんてしない 2009年11月25日
  • もうバンドマンに恋なんてしない
  • ギーガー!
  • 毒グモ女(萌え燃え編)
  • もうバンドマンに恋なんてしない(オリジナル・カラオケ)
  • ギーガー!(オリジナル・カラオケ)
  • 毒グモ女(萌え燃え編)(オリジナル・カラオケ)
CD EAZZ-0032 2タイプ同時発売。応募者特典あり。
09 また君に番号を聞けなかった 2010年10月06日
  • また君に番号を聞けなかった
  • Neeeeeee!
  • †ザ・V系っぽい曲†(生)
  • また君に番号を聞けなかった(オリジナルカラオケ)
  • Neeeeeee!(オリジナルカラオケ)
  • ザ・V系っぽい曲(生)(オリジナルカラオケ)
CD
CD+DVD
EAZZ-0059 3タイプ同時発売。応募者特典あり。
オリコン週間チャート初登場4位、インディーズチャート1位。
このシングルがオリコン上位にランクインされたことによりさらに注目を集め、フジテレビ系列『とくダネ!』にて特集を組まれ放送された。(2010年10月19日放送)
10 僕クエスト 2011年06月1日
  • 僕クエスト
  • らふぃおら
  • 今夜はトゥナイト
  • 僕クエスト(オリジナルカラオケ)
  • らふぃおら(オリジナルカラオケ)
  • 今夜はトゥナイト(オリジナルカラオケ)
CD
CD+DVD
EAZZ-0070 4タイプ同時発売。
オリコン週間チャート初登場5位、インディーズチャート1位
『僕クエスト』-テレビ東京系アニメ『遊☆戯☆王ZEXAL』エンディングテーマ
11 女々しくて/眠たくて 2011年08月24日
  • 女々しくて
  • 眠たくて
  • 女々しくて -韓国語バージョン-
  • 今夜も眠れない(病的な意味で)
CD
CD+DVD
3タイプ同時発売。
2011年いっぱいの期間限定発売。
オリコン週間チャート初登場4位、インディーズチャート1位。
『眠たくて』-ハウス食品「メガシャキ」CMソング
12 酔わせてモヒート 2011年11月23日
  • 酔わせてモヒート
  • いいひと
  • さよなら冬美
CD
CD+DVD
EAZZ-0082 3タイプ同時発売。応募者特典あり。
オリコン週間チャート初登場3位、インディーズチャート1位[261]
N/A DT捨テル/レッツゴーED 2012年11月04日
  • DT捨テル(TVサイズ)
  • レッツゴーED(TVサイズ)
  • DT捨テル
  • レッツゴーED
  • DT捨テル(紺×喜×歌×樽Ver.)
  • レッツゴーED(エレク×喜×歌×樽Ver.)
  • DT捨テル(Instrumental)
  • レッツゴーED(Instrumental)
CD 「ゴールデン・イクシオン・ボンバー DT」として発売。
4タイプ同時発売。
オリコン週間チャート初登場5位
『DT捨テル』-テレビ東京系アニメ『イクシオン サーガ DT』オープニングテーマ
『レッツゴーED』-テレビ東京系アニメ『イクシオン サーガ DT』エンディングテーマ
13 Dance My Generation 2013年01月01日
  • Dance My Generation
  • 煙草
  • ウジ虫
  • Dance My Generation(オリジナルカラオケ)
  • 煙草(オリジナルカラオケ)
  • ウジ虫(オリジナルカラオケ)
CD
8cmcd
EAZZ-0101
EAZZ-0099
3タイプ同時発売。オリコン週間チャート初登場1位
14 101回目の呪い 2014年01月01日
  • 101回目の呪い
  • あの素晴しい朝をもう一度
  • It's a gay world
CD
CD+DVD
EAZZ-0107
EAZZ-0108
EAZZ-0109
4タイプ同時発売。オリコン週間チャート初登場1位
15 ローラの傷だらけ 2014年08月20日
  • ローラの傷だらけ
  • 片想いでいい
  • 愛について
CD EAZZ-0126 真っ白ジャケット、特典なし。オリコン週間チャート初登場2位
16 死 ん だ 妻 に 似 て い る 2015年05月29日
  • 死 ん だ 妻 に 似 て い る
  • 愛してると言ってくれ
  • Oh My Love!
  • 死 ん だ 妻 に 似 て い る(オリジナル・カラオケ)
  • 愛してると言ってくれ(オリジナル・カラオケ)
  • Oh My Love!(オリジナル・カラオケ)
ボディースメルフレグランス(体臭付きカード)+CD EMMD-0001
EMMD-0002
EMMD-0003
EMMD-0004
ボディースメルフレグランス(体臭付きカード)+CDという形態で、CDではなくフレグランス(雑貨)として流通され、オリコンなどでの販売枚数の集計はされていない。表題曲は文字と文字の間に1文字分の空白が入る。4パターンで発売され、タイプ別に各メンバーが歌唱している音源を収録。
17 水商売をやめてくれないか 2016年04月27日
  • 水商売をやめてくれないか
  • GLORY LOVE(完全版)
  • GLORY LOVE(茶版)
  • 同じ日記
  • 水商売をやめてくれないか(オリジナル・カラオケ)
  • GLORY LOVE(オリジナル・カラオケ)
  • 同じ日記(オリジナル・カラオケ)
CD
CD+オリジナルVRビューワー+コンテンツ視聴用QRコード
EAZZ-0163
EAZZ-0162
CDのみの通常盤、CD+オリジナルVRビューワ+コンテンツ視聴用QRコードの2タイプでの発売[262]
オリコン週間チャート初登場4位
18 おどるポンポコリン 2016年11月09日
  • おどるポンポコリン
  • ゆめいっぱい
  • おどるポンポコリン(オリジナル・カラオケ)
  • ゆめいっぱい(オリジナル・カラオケ)
CD EAZZ-0171 おどるポンポコリンはアニメと同様、メンバー(喜矢武豊、歌広場淳、樽美酒研二)の声も収録。
カップリング「ゆめいっぱい」は鬼龍院翔歌唱バージョンを収録。
19 #CDが売れないこんな世の中じゃ 2017年4月05日
  • #CDが売れないこんな世の中じゃ
  • アモーレ
  • あったかいよ、ユウジ
  • さよならも言わずに
  • #CDが売れないこんな世の中じゃ(オリジナル・カラオケ)
  • アモーレ(オリジナル・カラオケ)
  • あったかいよ、ユウジ(オリジナル・カラオケ)
  • さよならも言わずに(オリジナル・カラオケ)
CD EAZZ-0176

アルバム

オリジナルアルバム

No. タイトル 発売日 収録曲 備考
01 ゴールデン・アルバム 2012年01月04日
  • パトス
  • デスメンタル
  • 僕クエスト
  • 夜汽車
  • 酔わせてモヒート
  • 成龙很酷(チェンロンヘンクー)
  • さよなら冬美 -Euro Mix-
  • 今夜はトゥナイト
  • もう会えなくなるなんて
  • 今夜も眠れない(病的な意味で)
  • 女々しくて -K-POPバージョン-
  • 愛なんていらねいよ
  • 広がる世界
  • 4タイプ同時発売。
  • オリコンデイリーチャート初登場1位
  • オリコン週間チャート初登場2位
02 ノーミュージック・ノーウエポン 2015年06月17日
  • ブッコロ
  • SHINE
  • 欲望の歌
  • ローラの傷だらけ
  • 愛を止めないで 〜I Love Me Don't Stop〜
  • 101回目の呪い
  • 片思いでいい
  • おはよ
  • Please!×3
  • 死 ん だ 妻 に 似 て い る
  • 好きだけじゃ足りなくて
  • 世界平和
  • さよなら、さよなら、さよなら
  • 『ゴールデン・アルバム』以来、約3年5か月ぶりのオリジナルアルバム
  • CDのみ、CD+DVDの2形態での発売
  • オリコン週間チャート初登場1位

ベストアルバム

No. タイトル 発売日 収録曲 備考
01 ゴールデンベスト〜Pressure〜 2010年01月06日
  • 抱きしめてシュヴァルツ
  • 女々しくて
  • Sick Lady…たぶん
  • ごめんね、愛してる
  • TSUNAMIのジョニー
  • ultra PHANTOM
  • Tomorrow never world
  • もうバンドマンに恋なんてしない
  • 愛してると言えなくて
  • タイムマシンが欲しいよ
  • トラウマキャバ嬢
  • 春が来る前に
  • 3タイプ同時発売。
  • ベストアルバム。
  • オリコン週間チャート初登場150位、2013年01月14日付オリコン週間チャート28位(最高位)、2013年01月21日付オリコンインディーズチャート1位(最高位)
02 ゴールデンベスト〜Brassiere〜 2010年01月06日
  • ワンマン不安
  • 毒グモ女(萌え燃え編)
  • 元カレ殺ス
  • ドスケベ
  • 恋人は教祖様
  • 綺麗になりたくて
  • ホテルラブ
  • かっこいいな英語って
  • 告っchao!
  • 亀パワー
  • まさし
  • 童貞が!
  • 3タイプ同時発売。
  • ベストアルバム。
  • オリコン週間チャート初登場193位、2013年01月14日付オリコン週間チャート74位(最高位)、2013年01月21日付オリコンインディーズチャート5位(最高位)
03 ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜 2010年07月21日
  • レッツゴーKY
  • †ザ・V系っぽい曲†
  • じれったい
  • 忙しくてよかった
  • デートプラン
  • だからバイバイ
  • あしたのショー
  • 3タイプ同時発売。封入特典及び応募者特典あり。
  • オリコンデイリーチャート最高6位
  • オリコン週間チャート最高14位
  • オリコンインディーズチャート最高1位
04 ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜 2011年01月06日
  • イヤホン
  • また君に番号を聞けなかった
  • 男心と秋の空
  • HEN
  • 腐男子
  • 君といつまでも
  • Reue(ロイエ)[新録]
  • 3タイプ同時発売。
  • オリコンデイリーチャート初登場1位
  • オリコン週間チャート初登場3位
05 ザ・パスト・マスターズ Vol.1 2013年04月24日
  • 咲いて咲いて切り裂いて
  • いつもと同じ夜
  • 君がいない間に
  • ギーガー!
  • †ザ・V系っぽい曲†(生)
  • Neeeeeee!
  • らふぃおら
  • 眠たくて
  • いいひと
  • さよなら冬美
  • ICE BOX
  • 泣かないで
  • Dance My Generation
  • 煙草
  • ウジ虫
  • 切ないほど
  • これまでの国内盤アルバムに収録されていない楽曲に加え、ニューシングル「Dance My Generation」や新曲「切ないほど」を収録したベストアルバム。
  • 4タイプ同時発売。
  • オリコン週間チャート初登場1位

その他アルバム

No. タイトル 発売日 収録曲 備考
01 音楽が僕らを駄目にする 2006年12月24日
  • ウィンナー&Beer
  • Rockが僕らを駄目にする
  • 「a」
  • ドスケベ
  • いつもと同じ夜
  • スッピン(MAMのカバー曲)
  • 悲愴
  • 初ライブでの会場限定販売。廃盤
02 The Golden J-POPS 2007年12月24日 「初回盤」
  • Nostalgie
  • オスを巡るメスの闘い
  • 喪失
  • 君にイン・ザ・ブルー
  • 君が居ない間に
  • ギーガー!
  • 恋人は韓国人
  • かっこいいな英語って
  • 幸せな歌
  • 告っchao!
  • HEN

「通常盤」

  • ウィンナー&Beer
  • かっこいいな英語って
  • ドスケベ
  • ギーガー!
  • 「a」
  • いつもと同じ夜
  • 恋人は韓国人
  • HEN
  • 君が居ない間に
  • 幸せな歌
  • 悲愴
  • 会場限定。廃盤
03 恋愛宗教論 2007年12月24日
  • 恋人は教祖様
  • 抱きしめてシュヴァルツ
  • ホテルラブ
  • ごめんね、愛してる
  • 咲いて咲いて切り裂いて
  • まさし
  • 告っchao!
  • 亀パワー
  • 元カレ殺ス
  • Reue
  • 童貞が!
  • 会場限定。廃盤
04 イミテイション・ゴールド〜金爆の名曲二番搾り〜 2009年01月01日
  • 大物アーティストの過去のヒットナンバーのパロディ楽曲集。
  • それぞれGACKTサザンオールスターズCHAGE and ASKAB'zAqua Timezの楽曲のパロディ。
  • 2013年01月14日付オリコン週間チャート152位(最高位)、2013年01月21日付オリコンインディーズチャート14位(最高位)
05 剃り残した夏 2009年07月29日
  • TAKUROさんの夏
  • 綺麗になりたくて
  • 愛してると言えなくて
  • 恋人は韓国人
  • 君がいない間に (Piano inst)
  • 恋人は教祖様
  • 春が来る前に
  • 幸せな歌
  • 映画「剃り残した夏」のサウンドトラックCD
  • 2013年01月14日付オリコン週間チャート176位(最高位)
06 フェスベスト 2016年012月21日
  • 女々しくて
  • 元カレ殺ス
  • 抱きしめてシュヴァルツ
  • 酔わせてモヒート
  • トラウマキャバ嬢
  • ローラの傷だらけ
  • Dance My Generation
  • また君に番号を聞けなかった
  • ICE BOX
  • じれったい
  • ultra PHANTOM
  • 毒グモ女(萌え燃え編)
  • 欲望の歌
  • †ザ・V系っぽい曲
  • まさし
  • フェスで盛り上がる楽曲を収録したアルバム
  • 全曲オリジナル音源(既にリリースされている音源)を収録
  • 1形態のみのリリース

DVD

No. タイトル 発売日 備考
01 ギャルパンチDEバタンQ 2007年12月24日 廃盤
02 "金爆ねんごろツアー ファイナル 初ワンマン
「愛は地球を巣喰う」〜美輪さん100kmマラソン〜"
2009年02月01日 廃盤
03 剃り残した夏 2009年07月29日 ゴールデンボンバー出演・脚本・演出による映画
04 ゴールデンボンバー 2009年ワンマンライブDVD 1月 2009年12月24日 廃盤
05 ゴールデンボンバー 2009年ワンマンライブDVD 2月 2009年12月24日 廃盤
06 ゴールデンボンバー 2009年ワンマンライブDVD 3月 2009年12月24日 廃盤
07 ゴールデンボンバー 2009年ワンマンライブDVD 4月 2009年12月24日 廃盤
08 ゴールデンボンバー 2009年ワンマンライブDVD 5月 2009年12月24日 廃盤
09 ゴールデンボンバー 2009年ワンマンライブDVD 6月 2009年12月24日 廃盤
10 ゴールデンボンバー 2009年ワンマンライブDVD 7月 2010年01月01日 廃盤
11 ゴールデンボンバー 2009年ワンマンライブDVD 8月 2010年01月01日 廃盤
12 ゴールデンボンバー 2009年ワンマンライブDVD 9月 2010年01月01日 廃盤
13 ゴールデンボンバー 2009年ワンマンライブDVD 10月 2009年01月01日 廃盤
14 ゴールデンボンバー 2009年ワンマンライブDVD 11月 2010年01月01日 廃盤
15 ゴールデンボンバー 2009年ワンマンライブDVD 12月 2010年01月01日 廃盤
16 第一夜 リクエスト・オン・ザ・ベスト〜Pressure night〜 2010年03月10日
17 第二夜 リクエスト・オン・ザ・ベスト〜Brassiere night〜 2010年03月10日
18 "STYLISH WEAPON'10〜春のそよ風〜おまけの乱" 2010年04月27日 初回盤は廃盤、通常盤のみ
19 「ゴールデンボンバー 初 恐怖の全国ワンマンツアー
-ワンマンこわい-追加公演(2010/6/25@渋谷O-WEST)」
2010年07月30日 初回盤は廃盤、通常盤のみ
20 ゴールデンボンバー パンツ大作戦ツアーファイナル
(2010/9/24恵比寿LIQUIDROOM)
2010年11月24日
21 「全力バカ」(2010/12/27@SHIBUYA-AX) 2011年02月25日 初回盤は廃盤、通常盤のみ
22 SoCcer 24 2011年03月15日
23 "Life is all right"追加公演(2011/5/17@TOKYO DOME CITY HALL) 2011年07月27日 初回盤は廃盤、通常盤のみ
24 ゴールデンボンバー Zepp全通ツアー 2011 "やればできる子" 2011.10.7 at Zepp Tokyo 2011年12月21日 初回盤は廃盤、通常盤のみ
25 ゴールデンボンバーワンマンライブ特大号「一生バカ」公演、1月14日(土)日本武道館 2012年03月16日 初回盤は廃盤、通常盤のみ
26 ゴールデンボンバーワンマンライブ特大号「一生バカ」公演、1月15日(日)日本武道館 2012年03月18日 初回盤は廃盤、通常盤のみ
27 ゴールデンボンバーワンマンライブ特大号「一生バカ」公演、1月21日(日)大阪城ホール 2012年03月30日 初回盤は廃盤、通常盤のみ
28 Oh!金爆ピック〜愛の聖火リレー〜"大阪城ホール2012.6.10 2012年08月08日 初回盤は廃盤、通常盤のみ
29 Oh!金爆ピック〜愛の聖火リレー〜"横浜アリーナ2012.6.18 2012年08月08日 初回盤は廃盤、通常盤のみ
30 金爆オールスター祭 2012 2012年12月22日 FC会員限定発売、廃盤
31 ゴールデンボンバー ホントに全国ツアー2013〜裸の王様〜 追加公演 at 大阪城ホール 2013.9.10-11 2013年11月30日 初回盤は廃盤、通常盤のみ
32 ゴールデンボンバー ホントに全国ツアー2013〜裸の王様〜 追加公演 at 国立代々木競技場第一体育館 2013.10.8 2013年12月25日 初回盤は廃盤、通常盤のみ
33 ゴールデンボンバー 全国ツアー2014「キャンハゲ」at 横浜アリーナ 2014.07.16 2014年10月31日 初回盤は廃盤、通常盤のみ
34 ゴールデンボンバー 全国ツアー2014「キャンハゲ」at 大阪城ホール 2014.07.20 2014年10月31日 初回盤は廃盤、通常盤のみ
35 ゴールデンボンバー 全国ツアー2014「キャンハゲ」at さいたまスーパーアリーナ 2014.10.22 2014年12月26日 初回盤は廃盤、通常盤のみ
36 ゴールデンボンバー PV集「GOLDEN CLIPS」 2015年3月30日 初回盤は廃盤、通常盤のみ
37 ゴールデンボンバー全国ツアー2015「歌広、金爆やめるってよ」at 大阪城ホール 2015.09.13 2015年12月25日 初回盤は廃盤、通常盤のみ
38 ゴールデンボンバー全国ツアー2015「歌広、金爆やめるってよ "ノーミュージック・ノーウエポン"」at 国立代々木競技場第一体育館 2015.11.12 2016年2月29日 初回盤は廃盤、通常盤のみ
39 ゴールデンボンバー全国ツアー2015「歌広、金爆やめるってよ」at 国立代々木競技場第一体育館 2015.11.13 2016年2月29日 初回盤は廃盤、通常盤のみ
40 ゴールデンボンバーファンクラブツアー2016「ファンクラブ入っててくれてありがと祭」at 豊洲PIT 2016.10.02 2016年12月25日 FC会員限定販売
41 ゴールデンボンバー全国ツアー2016-2017「オールゲイズ 二丁目のユウジ」at 大阪城ホール 2017.1.17 2017年4月28日
42 ゴールデンボンバー全国ツアー2016-2017「オールゲイズ 二丁目のユウジ」at さいたまスーパーアリーナ 2017.2.5 2017年5月31日 Blu-ray Discも同時発売。

配信限定

No. タイトル 発売日 備考
01 レッツゴーKY 2010年01月27日
  • 着うたフルランキングでデイリー1位。
02 あしたのショー 2010年02月19日
  • 着うたフルランキングでデイリー1位。
03 だからバイバイ 2010年03月19日
  • 着うたフルランキングでデイリー1位。
04 †ザ・V系っぽい曲† 2010年04月23日
  • 着うたフルランキングでデイリー1位。
05 デートプラン 2010年05月21日
  • 着うたフルランキングでデイリー1位。
06 忙しくてよかった 2010年06月25日
  • 着うたフルランキングでデイリー1位。
07 君といつまでも 2010年07月23日
  • 着うたフルランキングでデイリー1位。
08 また君に番号を聞けなかった 2010年08月26日
  • 着うたフルランキングでデイリー1位。
  • 2010年10月06日シングルとして発売された。
09 男心と秋の空 2010年09月14日
  • 着うたフルランキングでデイリー1位。
10 イヤホン 2010年10月12日
  • 着うたフルランキングでデイリー1位。
11 腐男子 2010年11月09日
  • 着うたフルランキングでデイリー1位。
12 HEN 2010年12月17日
  • 着うたフルランキングでデイリー1位。
13 ICE BOX 2012年08月01日
  • 着うたフルランキングでデイリー1位。
14 泣かないで 2012年08月18日
15 春が来る前に -リマスターバージョン- 2012年08月18日
  • 着うたフルランキングでデイリー1位。
  • 『死ガ二人ヲワカツマデ…』第2章「南瓜花 -nananka-」主題歌
16 おどるポンポコリン
ゆめいっぱい
2016年010月19日
2016年011月2日

配布限定

No. タイトル 発売日 収録曲 備考
01 J-POPカバー集 2007年10月31日
02 「脱・インディーズカバー集」 2008年06月07日
  • メテオの日(遺伝子組換こども会のカバー)
03 美輪さん100kmマラソンドキュメント 2008年07月21日
04 美輪さん大阪⇒東京横断ヒッチハイク 2008年11月22日
05 伝説の妖怪は実在した!!大都会東京に現れた河童を追え!!!! 2009年01月04日
06 真冬にアトヌは寒い 2009年02月01日
07 ゴールデンバスターズ、さっそく最終回!環境汚染が引き起こした突然変異か?!
ついに我々は謎の生物、ケンタウロスを見た!! 〜ケンタウロスドキドキドキュメントDVD〜 特典DVD-R
2009年03月01日
08 〜Rock魂見せてやれ! 全21曲! 金金がギンギンライブ!〜
[特典DVD]激レアほのぼのDVD
2009年04月05日
09 告っchao! 2009年05月03日
10 Tomorrow never world 2009年05月03日
11 ギーガー! 2009年05月03日
12 密着ドキュメント! いつまでも続く大不況! 都会を生き抜くフルメイクシンガー
〜ホームレスビジュアル系〜
2009年05月03日
13 20日じゃないよ7日だよ! Vo.鬼龍院翔バースデーワンマンライブ! 特典DVD
鬼龍院翔の華麗なる生い立ち
2009年06月07日
14 汗かきゲッソリ激ヤセワンマンライブ! 特典DVD 美輪さんができるまで 2009年07月05日
15 春が来る前に(夜魔堕さんVer.) 2009年07月29日
  • 春が来る前に(夜魔堕さんVer.)
16 夏真っ盛り!日焼け大嫌いフェイズに隠れて金爆夏祭り! 特典DVD
ギターソロ喜矢武豊! 〜7月ツアー名産品食べまくりの乱〜
2009年08月02日
17 祝34歳!ヤワラチャンバースデーワンマンライブ!「最高で金、最低でも爆」 特典DVD
〜ヤワラチャン誕生日スペシャル〜 Legend of YAWARA
2009年09月06日
18 ケツ出せ愛の伝道師!美輪さん男尻祭り! 2009年10月04日
19 ガチュピン チャレンジシリーズ!第一弾! 2009年11月01日
20 ぶらり途中着陸の旅-GLORY 北海道帰郷編- 2009年12月06日
21 もうバンドマンに恋なんてしない(喜矢武 豊Ver.) 2009年12月15日
  • もうバンドマンに恋なんてしない(喜矢武 豊Ver.)
22 告っchao!(喜矢武 豊Ver.) 2009年12月16日
  • 告っchao!(喜矢武 豊Ver.)

その他作品

  1. Dolce 〜from Diva & Dude〜(2006年10月4日)
    • 収録曲:ドスケベ
  2. トリビュート to 村上(2007年)オムニバス
    • 収録曲:生きていた村上
  3. Zany Zap Complex(2009年7月22日)オムニバス
    • 収録曲:Sick Lady たぶん.../TSUNAMIのジョニー/元カレ殺ス
  4. NEO VOLTAGE(2010年5月26日)オムニバス オリコン週間ランキング初登場116位
    • 収録曲:†ザ・V系っぽい曲†

ドラマCD

未発売曲

No. タイトル 備考
01 Love for「M」 2ndワンマンのアンコールで披露。
02 こんにちは孤独 武道館で披露した楽曲。
03 タモリ 2007年10月31日のライブで披露。
04 アメリカ 2013年の全国ツアーにて披露。
05 君のスカートが短くて 2014年3月14日ニコニコ動画にて公開。
06 作詞の曲 2016年のファンクラブツアーにて披露。1コーラスずつ各メンバーが作詞を手掛けた。

タイアップ

起用年 曲名 タイアップ 収録作品
2009年 タイムマシンが欲しいよ 5pb.社ゲームソフト「スキップ・ビート!」エンデイングテーマ シングル『Blow Wind/タイムマシンが欲しいよ』
2011年 眠たくて ハウスウェルネスフーズ「メガシャキ」CMソング シングル『女々しくて/眠たくて
2011年 僕クエスト テレビ東京系アニメ『遊☆戯☆王ZEXAL』エンディングテーマ シングル『僕クエスト
2012年 泣かないで 映画『死ガ二人ヲワカツマデ…』第1章「色ノナイ青」主題歌 アルバム『ザ・パスト・マスターズ Vol.1
2012年 春が来る前に -リマスターバージョン- 映画『死ガ二人ヲワカツマデ…』第2章「南瓜花 -nananka-」主題歌 配信限定
2012年 Life is SHOW TIME テレビ朝日系ドラマ『仮面ライダーウィザード』主題歌(「鬼龍院翔 from ゴールデンボンバー」名義) シングル『Life is SHOW TIME
2012年 DT捨テル テレビ東京系アニメ『イクシオン サーガ DT』オープニングテーマ(「ゴールデン・イクシオン・ボンバー DT」名義) シングル『DT捨テル/レッツゴーED
2012年 レッツゴーED テレビ東京系アニメ『イクシオン サーガ DT』エンディングテーマ(「ゴールデン・イクシオン・ボンバー DT」名義) シングル『DT捨テル/レッツゴーED
2013年 あの素晴しい朝をもう一度 フジテレビ系『めざましどようび』テーマソング シングル『101回目の呪い
2013年 片想いでいい 三和酒類いいちこ日田全麹」CMソング シングル『ローラの傷だらけ
2014年 ローラの傷だらけ 業務用通信カラオケ『JOYSOUND』CMソング シングル『ローラの傷だらけ
2015年 好きだけじゃ足りなくて 本田技研工業 二輪車CM CMソング アルバム『ノーミュージック・ノーウエポン[263]
2016年 おどるポンポコリン フジテレビ系アニメ『ちびまる子ちゃん』オープニングテーマ(2016年4月10日 - )[242] シングル『おどるポンポコリン[264]
2017年 アモーレ ラウンドワン CMソング シングル『#CDが売れないこんな世の中じゃ

出演

テレビ

  • 金爆一家(2012年10月20日 - 2013年3月28日、フジテレビ、毎週土曜25:35 - 25:40)
  • ゴールデン名曲劇場〜木曜に金爆〜(2014年12月4日-、TOKYO MX1)毎週木曜20:30 - 20:45

ラジオ

動画サイト

  • ゴールデンボンバーのニコラジ(2011年1月 - 同年4月12日)
  • 月刊ゴールデンボンバー(2011年5月27日 - )

ドラマ

体操のお兄さん役[266]
鬼龍院翔(AIZAWA/愛沢 類人役)
喜矢武豊(BITO/美藤 聖也役)
歌広場淳(ENARI/江名利 翼役)
樽美酒研二(SHIMURA/志村 春比役)

NHK紅白歌合戦出場歴

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
2012年(平成24年)/第63回 女々しくて 02/25 SKE48
2013年(平成25年)/第64回 2 女々しくて(2回目) 14/26 aiko
2014年(平成26年)/第65回 3 女々しくて(3回目) 14/23 Perfume
2015年(平成27年)/第66回 4 女々しくて(4回目) 18/26 Superfly
* 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
* 出演順は「出演順/出場者数」を表す。

広告

ゲーム

  • リズムヒーローRPG「オトレンジャー」(2013年9月19日 - 、カプコン)- 精力戦隊オサセンジャー[270]

受賞歴

イベント

ワンマンライブ

タイトル 月日・会場 備考 出典
2008年 金爆ねんごろツアーファイナル初ワンマン
「愛は地球を巣喰う」~美輪さん100kmマラソン~
7月20日 池袋CYBER [271][272]
2009年 12ケ月連続ワンマン 1月4日
2月1日
3月1日
4月5日
5月3日
6月7日 全会場・高田馬場CLUB PHASE
7月5日
8月2日
9月6日
10月4日
11月1日
12月6日
9月以降は全てソールドアウト [273]
2009年 金爆4649ツアー
2009年 「ケツ出せ 愛の伝道師! 美輪さん男尻(だんじり)祭り!」 10月4日 高田馬場CLUB PHASE [274]
2010年 ゴールデンボンバー
12か月連続 -東名阪- ワンマンライブ
「パンツ大作戦」
2010年 STYLISH WEAPON’10~春のそよ風~大阪の乱 1月31日 LIVE SQUARE 2nd LINE [275]
2010年 STYLISH WEAPON’10~春のそよ風~おまけの乱 3月19日 Shibuya O-WEST
2010年 ゴールデンボンバー
初! 恐怖の全国ワンマンツアー
〜ワンマンこわい〜
4月29日 ESAKA MUSE
5月1日 久留米GEILS
5月2日 CRAZY MAMA 2nd Room
5月4日 豊橋 ell KNOT
5月5日 松本aC
5月9日 高崎CLUB FLEEZ
5月16日 HEAVEN'S ROCK 宇都宮 VJ-2
5月21日 水戸ライトハウス
5月29日 CLUB CHAOS
5月30日 ell.FITS ALL
6月5日 札幌SOUND CREW
6月11日 Shibuya O-WEST
6月12日 仙台MACANA
6月20日 金沢AZ
6月21日 新潟 JUNKBOXmini
[276]
2010年 ゴールデンボンバー 全国ツアー2010 其の4
〜全力バカ〜
10月9日 梅田AKASO
10月11日 DRUM Be-1
10月12日 B.9
10月14日 ナミキジャンクション(現・セカンドクラッチ)
10月16日 IMAGE
10月17日 GRINDHOUSE
10月29日 CLUB #9
10月30日 SENDAI CLUB JUNK BOX
11月2日 CLUB CHANGE WAVE
11月3日 秋田クラブスウィンドル
11月7日 BESSIE HALL
11月14日 KAZOO HALL
11月20日 CLUB JUNK BOX
11月21日 松本aC
11月23日 金沢AZ
11月25日 KYOTO MUSE
11月26日 ボトムライン
12月4日 サウンドシャワーアーク
12月11日 Shibuya O-WEST
2011年 ゴールデンボンバー 全国ツアー2011
"Life is all right"
3月31日 X-pt.
4月2日 松山サロンキティ
4月3日 CRAZYMAMA KINGDOM
4月5日 EIGHT HALL
4月9日 NIIGATA LOTS
4月10日 長野CLUB JUNK BOX
4月14日 CAPARVO HALL
4月16日 Be-9 V1
4月17日 福岡DRUM LUGOS
4月21日 DIAMOND HALL
4月22日 なんばHatch
4月24日 広島CLUB QUATTRO
4月26日 仙台darwin
4月27日 仙台darwin
4月29日 青森Quarter
5月1日 PENNY LANE 24
5月2日 PENNY LANE 24
5月4日 C.C.Lemonホール
5月8日 C.C.Lemonホール
5月17日 TOKYO DOME CITY HALL
6月22日 SHIBUYA-AX
2011年 ゴールデンボンバー Zepp全通ツアー 2011
"やればできる子"
9月23日 Zepp Sendai
9月25日 Zepp Sapporo
10月7日 Zepp Tokyo
10月8日 Zepp Tokyo
10月10日 Zepp Nagoya
11月3日 Zepp Fukuoka
11月5日 Zepp Osaka
2012年 ゴールデンボンバーワンマンライブ特大号
一生バカ
1月3日 池袋CYBER
1月14日 日本武道館
1月15日 日本武道館
1月21日 大阪城ホール
タイトルは番組で共演した友近が、「一生バカやってろ!」という発言をし、その言葉に感激した鬼龍院が借用した[277]
2012年 ゴールデンボンバー全国ツアー2012
Oh! 金爆ピック〜愛の聖火リレー~
3月20日 大宮ソニックシティ
3月22日 岡山市民会館
3月23日 高知市文化プラザかるぽーと
3月29日 本多の森ホール
3月30日 新潟県民会館
4月1日 オリンパスホール八王子
4月4日 静岡市民文化会館
4月6日 鹿児島県文化センター 宝山ホール
4月8日 長崎市公会堂
4月13日 神戸国際会館こくさいホール
4月14日 ALSOKホール
4月20日 ホクト文化ホール 中ホール
4月21日 富山県民会館
4月28日 青森市文化会館
4月29日 仙台サンプラザホール
5月2日 松山市総合コミュニティセンター キャメリアホール
5月4日 スターピアくだまつ
5月11日 千葉県文化会館
5月13日 神奈川県民ホール
5月18日 福岡サンパレス
5月19日 熊本県立劇場
5月24日 センチュリーホール
5月25日 センチュリーホール
5月31日 ニトリ文化ホール
6月2日 秋田県民文化会館 大ホール
6月9日 大阪城ホール
6月10日 大阪城ホール
6月17日 横浜アリーナ
6月18日 横浜アリーナ
6月26日 郡山市民文化センター
7月28日 宜野湾海浜公園 屋外劇場
2012年 金爆オールスター祭 2012 9月1日 Zepp Namba
9月2日 Zepp Namba
9月9日 Zepp Tokyo
9月10日 Zepp Tokyo
9月14日 Zepp Nagoya
9月15日 Zepp Nagoya
9月22日 仙台Rensa
9月23日 仙台Rensa
9月27日 新潟LOTS
9月28日 新潟LOTS
9月30日 Zepp Sapporo
10月6日 BLUE LIVE 広島
10月7日 Zepp Fukuoka
10月13日 Zepp DiverCity TOKYO
10月14日 Zepp DiverCity TOKYO
2013年 ゴールデンボンバー ホントに全国ツアー2013
裸の王様
5月1日 郡山市民文化センター 大ホール
5月3日 仙台サンプラザホール
5月4日 山形県県民会館
5月6日 新潟県民会館 大ホール
5月10日 ひめぎんホール メインホール
5月11日 鳴門市文化会館
5月13日 神奈川県立県民ホール 大ホール
5月17日 アルファあなぶきホール 大ホール
5月19日 周南市文化会館
5月23日 市民会館崇城大学ホール
5月25日 鹿児島市民文化ホール 第一ホール
5月28日 沖縄コンベンション劇場
5月29日 沖縄コンベンション劇場
6月1日 佐賀市文化会館 大ホール
6月2日 長崎ブリックホール 大ホール
6月5日 千葉県文化会館
6月8日 オーバード・ホール
6月9日 金沢歌劇座
6月15日 ニトリ文化ホール
6月16日 ニトリ文化ホール
6月18日 旭川市民文化会館 大ホール
6月20日 北見市民会館
6月24日 リンクステーションホール青森
6月25日 盛岡市民文化ホール 大ホール
6月28日 神戸国際会館こくさいホール
6月30日 なら100年会館
7月3日 静岡市民文化会館 大ホール
7月6日 熊谷会館
7月9日 秋田県民会館
7月11日 函館市民会館
7月15日 とりぎん文化会館 梨花ホール
7月16日 島根県民会館 大ホール
7月19日 コラニー文化ホール
7月21日 栃木県総合文化センター
7月26日 長良川国際会議場 メインホール
7月28日 舞鶴市総合文化会館
8月1日 日本武道館
8月2日 日本武道館
8月9日 インテックス大阪
8月10日 インテックス大阪
8月14日 日本ガイシホール
8月17日 福岡国際センター
8月18日 福岡国際センター
8月23日 ベイシア文化ホール 大ホール
8月29日 iichikoグランシアタ
8月30日 宮崎市民文化ホール
9月1日 倉敷市民会館
9月6日 ホクト文化ホール
9月8日 福井フェニックス・プラザ
9月10日 大阪城ホール
9月11日 大阪城ホール
9月13日 高知県立県民文化ホール オレンジホール
9月15日 広島文化学園HBGホール
9月18日 茨城県立県民文化センター
9月25日 三重県文化会館 大ホール
9月27日 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
9月28日 和歌山県民文化会館 大ホール
10月7日 国立代々木競技場第一体育館
10月8日 国立代々木競技場第一体育館
[278]
2014年 ゴールデンボンバー全国ツアー2014
キャンハゲ
4月26日 市原市市民会館
4月29日 栃木県総合文化センター
5月3日 鳴門市文化会館
5月5日 なら100年会館
5月6日 和歌山県民文化会館
5月9日 郡山市民文化センター 大ホール
5月10日 やまぎんホール
5月14日 コラニー文化ホール
5月16日 三重県文化会館 大ホール
5月18日 フェニックス・プラザ
5月20日 舞鶴市総合文化会館
5月23日 とりぎん文化会館 梨花ホール
5月24日 島根県民会館
5月31日 アルカスSASEBO
6月1日 佐賀市文化会館
6月4日 市民会館崇城大学ホール
6月7日 沖縄コンベンションセンター展示棟
6月8日 沖縄コンベンションセンター展示棟
6月13日 周南市文化会館
6月15日 倉敷市民会館
6月19日 金沢歌劇座
6月22日 朱鷺メッセ
6月25日 茨城県立県民文化センター
6月28日 ホクト文化ホール
6月29日 ベイシア文化ホール
7月2日 リンクステーションホール青森
7月4日 函館市民会館
7月7日 帯広市民文化ホール
7月9日 旭川市民文化会館
7月11日 苫小牧市民会館
7月15日 横浜アリーナ
7月16日 横浜アリーナ
7月20日 大阪城ホール
7月21日 大阪城ホール
7月24日 岩手県民会館
7月26日 秋田県民会館
7月30日 熊谷会館
8月7日 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
8月9日 宮崎市民文化ホール
8月10日 鹿児島市民文化ホール第一
8月13日 静岡市民文化会館 大ホール
8月15日 オーバード・ホール
8月16日 長良川国際会議場メインホール
8月21日 東京国際フォーラムホールA
8月27日 月寒グリーンドーム
8月28日 月寒グリーンドーム
9月2日 iichikoグランシアタ
9月4日 高知県立県民文化ホール オレンジホール
9月6日 ひめぎんホール メインホール
9月7日 アルファあなぶきホール
9月13日 神戸ワールド記念ホール
9月14日 神戸ワールド記念ホール
9月27日 広島グリーンアリーナ
9月28日 広島グリーンアリーナ
10月5日 マリンメッセ福岡
10月11日 セキスイハイムスーパーアリーナ
10月15日 日本ガイシホール
10月16日 日本ガイシホール
ファイナル 追加公演
10月22日 さいたまスーパーアリーナ
振替公演
10月24日 宮崎市民文化ホール
2015年 ゴールデンボンバー LIVE 2015 at
UNIVERSAL STUDIOS JAPAN
5月16日
大阪府・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
グラマシーパーク特設ステージ
[279][280]
2015年 ゴールデンボンバー 全国ツアー2015
歌広、金爆やめるってよ
7月4日 市原市市民会館
7月7日 鹿児島市民文化ホール
7月15日 岩手県民会館
7月17日 リンクステーションホール青森
7月24日 長崎ブリックホール
8月2日 栃木県総合文化センター
8月14日 米子コンベンションセンター BiG SHiP
8月16日 ひめぎんホール
8月22日 静岡エコパアリーナ
9月5日 サンドーム福井
9月12日 大阪城ホール
9月13日 大阪城ホール
9月20日 朱鷺メッセ
9月23日 アスティとくしま
9月29日 横浜アリーナ
9月30日 横浜アリーナ
10月3日 セキスイハイムスーパーアリーナ
10月10日 神戸ワールド記念ホール
10月11日 神戸ワールド記念ホール
10月14日 日本ガイシホール
10月15日 日本ガイシホール
10月18日 広島グリーンアリーナ
10月21日 マリンメッセ福岡
10月31日 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
11月1日 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
11月12日 国立代々木競技場第一体育館
("ノーミュージック・ノーウエポン")
11月13日 国立代々木競技場第一体育館
11月22日 沖縄コンベンションセンター
11月23日 沖縄コンベンションセンター
11月12日の国立代々木競技場第一体育館での公演は、演出一切なしのライブ『ノーミュージック・ノーウエポン』を決行した[281]
2016年 ゴールデンボンバー 喜矢武豊ハッピーバースデーパーティー 3月15日
東京・豊洲PIT
全国120劇場でライブビューイング
2016年 - 2017年 ゴールデンボンバー 全国ツアー2016-2017
オールゲイズ 二丁目のユウジ
ホール公演
6月17日 市原市市民会館
6月20日 ひめぎんホール メインホール
6月22日 高知県立県民文化ホール オレンジホール
6月26日 秋田県民会館
6月28日 郡山市民文化センター 大ホール
7月1日 倉敷市民会館
7月3日 米子コンベンションセンターBiG SHiP
7月8日 本多の森ホール
7月12日 コラニー文化ホール
7月14日 ロームシアター京都 メインホール
7月16日 松本キッセイ文化ホール
7月18日 新潟県民会館 大ホール
7月21日 仙台サンプラザホール
7月23日 リンクステーションホール青森
7月26日 釧路市民文化会館 大ホール
7月28日 旭川市民文化会館 大ホール
10月30日 沖縄コンベンション劇場
10月31日 沖縄コンベンション劇場
11月3日 鹿児島市民文化ホール 第一
11月5日 アルモニーサンク北九州ソレイユホール
11月6日 iichikoグランシアタ
11月8日 広島文化学園HBGホール
アリーナ公演
11月12日 静岡エコパアリーナ
11月23日 日本ガイシホール
11月29日 神戸ワールド記念ホール
11月30日 神戸ワールド記念ホール
12月5日 横浜アリーナ
12月6日 横浜アリーナ
12月25日 北海きたえーる
2017年1月7日 福岡国際センター
1月8日 福岡国際センター
1月17日 大阪城ホール
1月18日 大阪城ホール
2月4日 さいたまスーパーアリーナ
2月5日 さいたまスーパーアリーナ
[282][283]
2016年 ゴールデンボンバー ファンクラブツアー2016
ファンクラブ入っててくれてありがと祭
7月31日 Zepp札幌
8月6日 なんばHatch
8月7日 なんばHatch
8月19日 豊洲PIT
8月20日 豊洲PIT
8月27日 広島文化学園HBGホール
9月3日 なんばHatch
9月4日 なんばHatch
9月10日 豊洲PIT
9月11日 豊洲PIT
9月18日 Zepp名古屋
9月19日 Zepp名古屋
9月22日 仙台サンプラザホール
9月25日 福岡サンパレス ホテル&ホール
10月1日 豊洲PIT
10月2日 豊洲PIT
10月9日 なんばHatch
10月10日 なんばHatch
10月14日 Zepp名古屋
10月15日 Zepp名古屋
10月22日 新潟県民会館 大ホール
2017年 昔は金爆はこうだったのに…
昔の金爆はよかった…
昔の金爆を見てみたかった…
と嘆くコアファンへ贈る、
昔のゴールデンボンバーがやっていた
クソみたいなパフォーマンスを余すことなくお見せする、
ファンしか楽しくない、ファンでも時折楽しくない、
ファンクラブ限定ライブ
MUKASHINO KINBAKU」(昔の金爆)
6月17日 市原市市民会館
6月20日 フェスティバルホール
6月23日 新潟県民会館
6月27日 仙台サンプラザホール
6月30日 名古屋国際会議場センチュリーホール
7月09日 ニトリ文化ホール
7月15日 広島文化学園 HBGホール
7月21日 福岡サンパレス ホテル&ホール
7月25日 横浜アリーナ
7月26日 横浜アリーナ
昔行っていた数々のパフォーマンスを余すことなく届けるファンクラブ限定のライブツアー [284]

出演イベント

月日、タイトル、会場
2010年 10月24日 Bands Shock REVOLUTION '10 〜びじゅある祭2010〜[285]
2011年 6月18日 V-Love★Live Vol.1[286]
07月23日 SETSTOCK'11[287]
10月23日 V-ROCK FESTIVAL '11[288][289]
11月10日 氣志團 極東ROCK'N'ROLL HIGH SCHOOL 「3年B組金爆先生」[290]
11月20日 HMV THE 2MAN 〜金爆に貪欲編〜ツꀀ『しょこたんとゴールデンボンバー』[291]
2012年 2月18日 - オールナイトニッポン45周年感謝祭 ALL LIVE NIPPON〜このさい for LOVE笙。ホールA〜[292]
6月3日 レコメンダー創刊8周年記念ライブ 春日組魂2012[293]
7月15日 Coca・Cola presents UMK SEAGAIA JamNight 2012[294]
8月3日 musicJAPANplus GIG vol.5×世界コスプレサミット2012 SPECIAL LIVE[295]
8月12日 a-nation musicweek FACTORY LIVE 0812[296]
8月12日 お台場合衆国2012 〜ここから始まる! NIPPON応援団!〜 めざましライブ2012[297]
8月25日 音楽と髭達 2012 -rainbow-[298]
9月16日 イナズマロックフェス 2012[299]
9月17日 氣志團万博2012 〜房総ロックンロール・オリンピック〜[300]
10月20日 IMU FESTIVAL 2012[301]
10月27日 白鴎大学 第39回白鴎祭[301]
10月28日 東北福祉大学 国見祭[301]
10月31日上智大学学園祭前夜祭[302]
11月1日 明治大学 第128回明大祭[303]
11月2日明海大学学園祭[301]
11月4日 追手門学院大学 第46回 将軍山祭[304]
11月17日 慶應義塾大学 ゴールデンボンバー × KEIO 金魂爆発大合戦 〜2012 秋の陣〜[305]
11月23日 松山大学大学祭 第24回熟田津祭[306]
11月25日 岡山大学祭2012[301]
11月27日 第137回同志社大学 大学祭[307]
12月8日 oricon Sound Blowin' 10th Anniversary supported by NTT西日本"つながるプロジェクト"[308]
12月15日 オールナイトニッポン45周年感謝祭 ALL LIVE NIPPON[309]
12月22日 MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE 2012[310]
2013年 10月26日 - めざまし LIVE ISLAND TOUR 2013 in 日本武道館[311]
10月27日 HALLOWEEN PARTY 2013[312]
11月2日 Aoyama Festival Live 2013[313]
11月3日 ロックの学園2013[314]
11月9日 ミュージックドラゴン LIVE 2013[315]
11月23日 Livejack Special III Stories - Songs make you smile -(大阪市中央体育館 メインアリーナ)[316][317]
2014年 1月18日 ニッポン放送開局60周年記念イベント LIVE EXPO TOKYO 2014 ALL LIVE NIPPON Vol.2[318]
3月28日 マキシマム ザ ホルモン"予襲復讐"ツアー[319]
8月2日 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014[320]
8月4日 お台場新大陸2014 めざましライブ[321]
8月23日 WILD BUNCH FEST. 2014[322]
8月24日 ALMAGEDDON[323]
8月30日 音楽と髭達 2014 -Rock'n Roll Stadium-[324]
9月15日 氣志團万博2014 〜房総大パニック ! 超激突!![325]
10月13日 テレビ朝日ドリームフェスティバル 2014[326]
10月26日 HALLOWEEN PARTY 2014[327]
2015年 5月4日 JAPAN JAM BEACH 2015[328]
5月16日 ゴールデンボンバー LIVE 2015 at UNIVERSAL STUDIOS JAPAN(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン グラマシーパーク特設ステージ)[329][330]
7月26日 UMK SEAGAIA JamNight 2015[331]
8月1日 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015[332]
8月15日 SUMMER SONIC 2015 (大阪[333]
8月29日 anation stadium fes.[334]
9月19日 氣志團万博2015 ~房総 ! 抗争 ! 天下無双 ! 妄想 ! 狂騒 ! 大暴走 ! ~[335]
11月7日 MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 in TOKYO[336]
12月28日 COUNTDOWN JAPAN 15/16[337]
2016年 5月3日 JAPAN JAM BEACH 2016[338]
7月10日 DEAD POP FESTiVAL 2016[339]
8月13日 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016[340]
8月21日 SUMMER SONIC 2016(東京[341]
8月29日 お台場夢大陸2016 めざましライブ[342]
9月17日 氣志團万博2016 ~房総ロックンロール・チャンピオン・カーニバル~ Presented by シミズオクト[343]
10月8日 MBS音祭 開局65周年記念スペシャル supported by uP!!![344]
10月16日 VISUAL JAPAN SUMMIT2016 Powered by Rakuten[345]
10月28日 HALLOWEEN PARTY 2016[346]
12月28日 COUNTDOWN JAPAN 16/17[347]
2017年 2月6日 オールゲイズ二丁目のユウジ をメンバーと一緒にやんややんや振り返るネタバレNight(オリンパスホール八王子[348]
4月10日 AbemaTV 1st ANNIVERSARY LIVE(EX THEATER ROPPONGI[349][350]
4月16日 「BREAKERZ 10周年 10番勝負 -VS-」 -VS- ゴールデンボンバー(ZeppTokyo[351][352]
4月25日 キュウソネコカミ対バンツアー『試練のTAIMAN TOUR 2017』(Zepp Osaka Bayside[353]
4月30日 ニコニコ超会議2017 超音楽祭2017幕張メッセ
5月4日 rockin'on presents JAPAN JAM 2017(千葉市蘇我スポーツ公園[354]
5月7日 POP HILL 2017 in 金沢(石川県産業展示館4号館[355]
8月26日 音楽と髭達2017 -No border-(HARD OFF ECOスタジアム新潟

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ なお、過去のホームページで見られた結成時のやり取りはかつてふざけて書いたものであることを鬼龍院は述べている[31]
  2. ^ オリコンのインターネット調査によると、音楽の評価自体は2015年の時点でファンにとってCDの売り上げが音楽の評価に繋がっているという結果が出ており、特典商法の賛否は反対派が約57%と賛成派をやや上回る結果となった[47]
  3. ^ その分ギャラの配分については、著作権印税は全て鬼龍院の取り分となっており、他の利益は四等分となっている[56]

出典

  1. ^ ゴールデンボンバー”. ドワンゴ. 2010年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月27日閲覧。
  2. ^ a b c d “鬼龍院翔、エアーバンドの成功を確信した日「意外とみんな音楽聴いてない」”. マイナビニュース. (2015年7月). オリジナル2016年12月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161203032942/http://s.news.mynavi.jp/news/2015/07/04/161/index.html 2016年11月閲覧。 
  3. ^ a b c “金爆・鬼龍院翔がソロデビュー! 『仮面ライダーウィザード』主題歌に起用”. ORICON STYLE. (2012年6月). オリジナル2016年12月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161210004520/http://www.oricon.co.jp/news/2013544/full/ 2016年6月閲覧。 
  4. ^ 鬼龍院 2012, p. 213.
  5. ^ a b “tatsuo氏インタビュー”. クリプトン. オリジナル2016年12月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161204005557/http://www.crypton.co.jp/tatsuo01 2016年12月4日閲覧。 
  6. ^ “【オリコン】金爆「女々しくて」カラオケ新記録の49週連続1位”. ORICON STYLE. (2013年8月). オリジナル2016年12月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161227063421/http://www.oricon.co.jp/news/2027419/full/ 2013年8月閲覧。 
  7. ^ ゴールデンボンバー「女々しくて」がインディーズ作品として初の金賞受賞”. Barks Japan Music Network (2014年5月21日). 2016年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月27日閲覧。
  8. ^ a b c “2014年JASRAC賞 「女々しくて」が金賞を受賞”. JASRAC 一般社団法人日本音楽著作権協会. (2014年5月21日). オリジナル2017年1月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170101063920/http://www.jasrac.or.jp/profile/prize/2014.html 2016年12月20日閲覧。 
  9. ^ 築島渉 (2016年11月8日). “ゴールデンボンバー・歌広場淳、アーティストなのに「音楽は好きじゃない」!?”. RBB Today. IID, Inc.. 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月10日閲覧。
  10. ^ ゴールデンボンバーが女子高生のリクエストに応えて生演奏を披露”. livedoor News. ライブドア (2014年12月18日). 2016年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月27日閲覧。
  11. ^ a b c エアバンドが武道館満杯に 批判覆した金爆の「誠実」”. 週刊朝日. 朝日新聞出版社 (2013年9月10日). 2016年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月7日閲覧。
  12. ^ 大橋美貴子 (2012年4月6日). “『SKET DANCE』、『仮面ライダーメテオ』、ゴールデンボンバーを手掛けるサウンドプロデューサーtatsuo(everset)を大解明”. Barks. 2016年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月7日閲覧。
  13. ^ AOLニュース編集部 捜査二課 (2014年11月13日). “世界も認めたBABYMETAL「恐ろしく上手い」バックバンドの中の人とは?”. AOL News. AOL Online Japan, Ltd.. 2016年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月25日閲覧。
  14. ^ shuji (2010年12月18日). “渋谷AXにて・・・”. まっぱでブログ。. 2016年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月31日閲覧。
  15. ^ SHUSE (2011年2月28日). “ゴールデンボンバーLIVEDVD発売したよ〜”. SHUSEの無修正. 2017年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月8日閲覧。
  16. ^ 鬼龍院翔 (2009年10月23日). “ロゴ”. キリショー☆ブログ. 2016年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月24日閲覧。
  17. ^ ゴールデンボンバー (バンド)”. euclid agency. 2016年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月8日閲覧。
  18. ^ H14+HEW (2012年3月22日). “"ロック界のダルビッシュ"にも要注目! V系エアーバンド「ゴールデンボンバー」とは何者だ!?”. トレンドニュース. GYAO!. 2016年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月10日閲覧。
  19. ^ 今村繁. “MV”. かろみスタジオ. 2016年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月27日閲覧。
  20. ^ ブリーフ&トランクス、「ケータイ依存症」「パチンコ」のMVを期間限定フル解禁”. PONY CANYON NEWS. PONY CANYON INC. (2016年2月8日). 2016年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月27日閲覧。
  21. ^ 藤谷千明 (2013年6月28日). “金爆は「最後のV系後継者」!? "V系の父"市川哲史ロングインタビュー”. ウレぴあ総研. PIA Corporation.. p. 4. 2017年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月2日閲覧。
  22. ^ 藤谷千明 (2013年10月4日). “金爆との出会いは麻雀!? 人気DJ浅井博章さんが語る“V系シーン今昔””. ウレぴあ総研. PIA Corporation. p. 3. 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  23. ^ YOSHIKI、金爆エア演奏は“アリ” 鬼龍院「きょうは革命の日」”. ORICON STYLE. oricon ME inc. (2016年3月1日). 2017年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月8日閲覧。
  24. ^ 鬼龍院 2012, pp. 201-202.
  25. ^ 山口哲一、伊藤涼 (2014年8月12日). “販促ゼロでCDは売れるのか?ゴールデンボンバーの壮大な実験”. CREA WEB. Bungeishunju Ltd.. p. 1. 2017年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月1日閲覧。
  26. ^ a b c d e f g h 〜ゴールデンボンバーの黒歴史年表〜”. euclid agency. 2010年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月4日閲覧。
  27. ^ 中桐基善 (2013年10月21日). “きゃりーにボンバーにサカナ…人気50組「名前の由来」”. 日経エンタテインメント!. 日本経済新聞社、日経BP社. p. 3. 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  28. ^ 鬼龍院 2012, p. 114.
  29. ^ 鬼龍院 2012, p. 141.
  30. ^ 鬼龍院 2012, p. 142.
  31. ^ 鬼龍院 2012, p. 143.
  32. ^ a b c 鬼龍院 2012, p. 146.
  33. ^ 姫野ケイ (2013年3月16日). “ネクストゴールデンボンバー!? 次に来る超個性派V系バンド”. GOW!Magazine. 株式会社デジタルクエスト. 2016年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月15日閲覧。
  34. ^ 鬼龍院 2012, p. 147、163.
  35. ^ a b 鬼龍院 2012, p. 148.
  36. ^ 鬼龍院 2012, p. 163.
  37. ^ ニッポン放送、扶桑社 2014、p 185.
  38. ^ ゴールデンボンバー (バンド)”. euclid agency. 2016年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月8日閲覧。
  39. ^ 押切孝雄; 上田大輔 『はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義』 マイナビ出版、2014年4月18日、238頁。ISBN 978-4839950682https://books.google.co.jp/books?id=jW7fBwAAQBAJ&pg=PA240&lpg=PA240&dq=%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%A7%E3%82%82%E3%82%88%E3%81%8F%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B+web%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E9%9B%86%E4%B8%AD%E8%AC%9B%E7%BE%A9+%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC&source=bl&ots=YvJBmp-F8w&sig=zxoOVPc-DdIOZpBUC4QeWehmeRw&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwi6-cTYusbQAhXCfLwKHZERCqAQ6AEIMTAD#v=onepage&q=%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%A7%E3%82%82%E3%82%88%E3%81%8F%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%20web%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E9%9B%86%E4%B8%AD%E8%AC%9B%E7%BE%A9%20%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC&f=false 
  40. ^ a b c 【2014年ヒットを読む! 第二回】「ゴールデンボンバー」1週だけCD売上1位が取れてもヒットしたことにはならない時代”. 日経トレンディネット. Nikkei Business Publications. p. 1 (2014年1月10日). 2017年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月31日閲覧。
  41. ^ TOWER RECORDS ONLINE ゴールデンボンバーが<Mステ>に初出演!”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社 (2011年8月25日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月1日閲覧。
  42. ^ a b 【2014年ヒットを読む! 第二回】「ゴールデンボンバー」1週だけCD売上1位が取れてもヒットしたことにはならない時代”. 日経トレンディネット. Nikkei Business Publications. p. 2 (2014年1月10日). 2017年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月31日閲覧。
  43. ^ a b “金爆、紅白4年連続同じ曲で重圧「僕らもビックリ」”. ORICON NEWS. (2015年12月). オリジナル2016年12月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161231111453/http://www.oricon.co.jp/news/2064189/full/ 2015年12月閲覧。 
  44. ^ 金爆一家 - フジテレビ”. フジテレビジョン (2013年3月28日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月1日閲覧。
  45. ^ a b c 佐藤由紀奈 (2016年3月4日). “ゴールデンボンバー新曲『水商売をやめてくれないか』に込められた斜め上の愛”. Social Trend News. 2016年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月6日閲覧。
  46. ^ 鬼龍院翔. シングル「ローラの傷だらけ」鬼龍院翔インタビュー. euclid agency.. 該当時間: 3:44. https://www.youtube.com/watch?list=PL67F45D5DF814B531&v=zmbfgG6uwCM 2016年12月6日閲覧。 
  47. ^ 児玉澄子 (2015年5月23日). “実験的な試みを続けるゴールデンボンバーに見る、新たな「CDの価値」”. Oricon Style. oricon ME inc.. 2016年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月7日閲覧。
  48. ^ ゴールデンボンバー、冠レギュラー番組「ゴールデン名曲劇場~木曜に金爆~」明日スタート”. MUSICman-NET. F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd. (2014年12月3日). 2017年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月14日閲覧。
  49. ^ ゴールデン名曲劇場~木曜に金爆~”. Tokyo Metropolitan Television Broadcasting Corp. (2015年). 2017年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月14日閲覧。
  50. ^ キリショー☆ブログ”. Ameba. 2016年12月4日閲覧。
  51. ^ 鬼龍院翔 身長と体重公開「ビジュアル系とは言えないな…」”. Ameba News. Ameba (2016年4月28日). 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  52. ^ a b c 金爆・鬼龍院翔 補導からの更生に”母がくれたキーボード””. 女性自身. 光文社 (2013年3月28日). 2016年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月10日閲覧。
  53. ^ “「JAPAN JAM BEACH」グドモ×キリショーほか新セッション発表”. 音楽ナタリー. (2016年4月21日). オリジナル2016年12月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161227063712/http://natalie.mu/music/news/184511 2016年12月26日閲覧。 
  54. ^ ニッポン放送、扶桑社 2014、p 134.
  55. ^ ゴールデンボンバー 『僕クエスト』インタビュー”. Billboard. p. 1. 2016年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月25日閲覧。
  56. ^ AOL News Staff (2016年4月9日). “ゴールデンボンバーに視聴者から直球すぎる質問が続々 「ギャラの配分」「楽器の練習をしていないのなら普段何してますか?」”. AOL News. AOL Online Japan, Ltd.. 2016年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月13日閲覧。
  57. ^ 鬼龍院 2012, p. 46.
  58. ^ 鬼龍院 2012, p. 57.
  59. ^ 鬼龍院 2012, pp. 48-50.
  60. ^ 鬼龍院 2012, p. 178.
  61. ^ 福岡元啓 (2014年11月21日). “第2回 鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)”. MY J:COM. Jupiter Telecommunications Co.,Ltd.. p. 3. 2017年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月8日閲覧。
  62. ^ ゴールデンボンバー 『僕クエスト』インタビュー”. Billboard. p. 2. 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  63. ^ 鬼龍院翔 (2012年10月14日). “翔さん、バブルは何度でも蘇るのよ”. キリショー☆ブログ. 2016年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月25日閲覧。
  64. ^ 鬼龍院 2012, p. 19.
  65. ^ 市川哲史 (2016年7月18日). “鬼龍院翔が語る、V系への目覚め「中2の頃に“音楽性の高さ”でハマった」”. Real Sound. p. 1. 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  66. ^ a b 木村カエラ、金爆・鬼龍院翔と同級生だった アダ名は「チョコ」と暴露”. ORICON STYLE (2014年7月2日). 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月3日閲覧。
  67. ^ a b 市川哲史 (2016年7月18日). “鬼龍院翔が語る、V系への目覚め「中2の頃に“音楽性の高さ”でハマった」”. Real Sound. p. 2. 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  68. ^ 鬼龍院 2012, p. 82.
  69. ^ 鬼龍院翔が芸人時代の相方を徹底拒否「関わりたくない」”. Livedoor News. ライブドア (2016年11月25日). 2016年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月26日閲覧。
  70. ^ 鬼龍院 2012, p. 89、84.
  71. ^ 真紀和泉 (2012年10月25日). “【エンタがビタミン♪】「江頭のマネして骨折」「白塗りで牛丼屋に」。ゴールデンボンバーの徹底ぶりに芸人も驚き。”. Techinsight. 株式会社メディアプロダクツジャパン. 2017年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月2日閲覧。
  72. ^ 鬼龍院 2012, p. 97.
  73. ^ 鬼龍院 2012, p. 144.
  74. ^ 発声不安の鬼龍院翔、桑田からヒント”. デイリースポーツ. p. 2 (2013年8月1日). 2016年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月1日閲覧。
  75. ^ 鬼龍院翔 (2012年11月22日). “歌について”. キリショー☆ブログ. 2016年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月1日閲覧。
  76. ^ 鬼龍院翔 (2012年11月21日). “ひとりよがり3延期のお知らせ”. キリショー☆ブログ. 2016年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月1日閲覧。
  77. ^ 発声不安の鬼龍院翔、桑田からヒント”. 発声不安の鬼龍院翔、桑田からヒント. p. 3 (2013年8月1日). 2016年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月1日閲覧。
  78. ^ 鬼龍院翔 (2013年12月26日). “翔さん、ひとりは楽しい?”. キリショー☆ブログ. 2016年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月1日閲覧。
  79. ^ “金爆・鬼龍院翔、ポリープ除去手術が無事終了したことを報告”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年5月11日). オリジナル2016年11月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161127004151/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160511-OHT1T50111.html 2016年5月23日閲覧。 
  80. ^ ゴールデンボンバーをGACKTが一蹴「スーパーゆとり世代」”. モデルプレス (2013年4月27日). 2016年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月25日閲覧。
  81. ^ 鬼龍院 2012, p. 22.
  82. ^ 鬼龍院翔 (2010年8月24日). “翔さん、タミヤTシャツが似合ってるわよ”. キリショー☆ブログ. 2016年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月25日閲覧。
  83. ^ 「Tシャツが似合うアーティストランキング」の1位は、男性が相葉雅紀(嵐)、女性はaiko! - ウェイバックマシン(2013年9月15日アーカイブ分)
  84. ^ “金爆・鬼龍院翔、元日の番組観覧バイトで気づかれず「知名度はまだまだ」”. マイナビニュース. (2014年1月1日). オリジナル2016年12月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161204003844/http://news.mynavi.jp/news/2014/01/01/093/ 2016年1月2日閲覧。 
  85. ^ “金爆・鬼龍院 今年も元日バイト!秋葉原の女装カフェで接客”. スポーツニッポン. (2015年1月2日). オリジナル2016年12月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161204003435/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/01/02/kiji/K20150102009560710.html 2016年1月2日閲覧。 
  86. ^ “金爆・鬼龍院、今年も元日バイト 「めちゃ疲れた」引退?宣言も”. スポーツニッポン. (2016年2月2日). オリジナル2016年12月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161204003602/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/02/kiji/K20160102011792760.html 2016年1月2日閲覧。 
  87. ^ ゴールデンボンバーの鬼龍院翔 正月にバイトする理由を明かす”. スポニチアネックス. スポニチ (2016年1月3日). 2016年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月7日閲覧。
  88. ^ MusicVoice編集部 (2017年1月3日). “金爆・鬼龍院翔、紅白に続いてバイトも落選「今年は諦めました」”. MusicVoice. 2017年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月6日閲覧。
  89. ^ キリショー「ANN」まとめ本にグラビアも”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2014年7月29日). 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  90. ^ a b 藤谷千明 (2012年6月19日). “【V系】金爆ボーカル・鬼龍院翔の自伝がヤバイ!”. ウレぴあ総研. PIA Corporation. p. 2. 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  91. ^ a b 金爆・鬼龍院翔がツイッター退会 今後はブログに専念”. ORICON STYLE. オリコン (2014年1月16日). 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  92. ^ 謎の新人ユニットmorioni、正体は森友嵐士と鬼龍院翔だった”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2015年2月17日). 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  93. ^ イベントカレンダー”. 東京国際フォーラム. 2016年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月29日閲覧。
  94. ^ “金爆鬼龍院翔ソロ公演「ひとりよがり3」5都市で開催”. 音楽ナタリー. (2012年10月23日). オリジナル2016年12月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161218094216/http://natalie.mu/music/news/78677 2012年10月23日閲覧。 
  95. ^ 鬼龍院翔 (2014年9月5日). “よがよが”. キリショー☆ブログ. 2016年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月30日閲覧。
  96. ^ “ゴールデンボンバー鬼龍院翔、1人よがりまくった満員「ひとり武道館」”. 音楽ナタリー. (2015年12月). オリジナル2016年12月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161218094438/http://natalie.mu/music/news/170045 2015年12月閲覧。 
  97. ^ 鬼龍院翔 (2016年4月15日). “4/26チケットについて”. キリショー☆ブログ. 2017年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月8日閲覧。
  98. ^ 鬼龍院翔 (2016年4月26日). “セトリ”. キリショー☆ブログ. 2017年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月26日閲覧。
  99. ^ 鬼龍院翔 (2017年2月6日). “ソロライブ詳細、それと今夜はトークイベント”. キリショー☆ブログ. 2017年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月9日閲覧。
  100. ^ 鬼龍院翔が90年代J-POPカバー集で「渋谷で5時」をベッド・インと”. 音楽ナタリー (ナターシャ). 2017年4月23日閲覧。
  101. ^ “ゴールデンボンバー鬼龍院翔「ひとり武道館」がMC入りで映像化”. 音楽ナタリー. (2016年3月29日). オリジナル2016年12月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161227064229/http://natalie.mu/music/news/181582 2016年3月29日閲覧。 
  102. ^ ゴールデンボンバーの鬼龍院翔、大国男児のニュー・シングルに楽曲提供”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社 (2011年11月10日). 2017年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月3日閲覧。
  103. ^ ゴールデンボンバー鬼龍院翔、Dancing DollsJKパワーにメロメロバッキュン”. BARKS. JAPAN MUSIC NETWORK,INC. (2012年9月11日). 2017年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月3日閲覧。
  104. ^ HAKUEI「ハムレット」【OFFICIAL MUSIC VIDEO [Short ver. 】]”. Youtube. TAMULALABEL (2016年7月5日). 2017年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月2日閲覧。
  105. ^ 大竹しのぶコラボ盤に鬼龍院翔ら参加、曲目も”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2014年10月23日). 2017年4月24日閲覧。
  106. ^ スピッツ「ハチミツ」トリビュート、参加アーティストの演奏曲発表”. 音楽ナタリー (2015年12月1日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月1日閲覧。
  107. ^ 喜矢武豊のプロフィール”. Oricon Style. オリコン (2016年7月26日). 2016年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月27日閲覧。
  108. ^ 鬼龍院 2012, p. 62.
  109. ^ 金多賀歩美 (2016年4月25日). “祝CDデビュー5周年! 記念作品『ザ・パスト・マスターズ vol.1』をリリースするゴールデンボンバーに迫る!”. Vif. ROCKの総合情報サイトVif. 2016年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月18日閲覧。
  110. ^ ゴールデンボンバーの喜矢武豊、二宮和也を勝手にライバル視!母との感涙エピソードも告白”. クランクイン!. HOLLYWOOD CHANNEL INC. (2012年8月31日). 2016年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月17日閲覧。
  111. ^ 鬼龍院 2012, pp. 142-143.
  112. ^ 鬼龍院 2012, pp. 145、146、148.
  113. ^ 真紀和泉 (2015年9月9日). “ゴールデンボンバー・鬼龍院と喜矢武の下積み時代「家賃払えず○○万借りた」”. エンタがビタミン. 株式会社メディアプロダクツジャパン. 2017年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月1日閲覧。
  114. ^ a b 溶接!書き初め!全裸!? ゴールデンボンバー衝撃の初武道館”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2012年1月24日). 2016年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月27日閲覧。
  115. ^ スイカ早食いにTバック対決!? グドモ×金爆、相性抜群の爆笑コラボ”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2016年7月26日). 2016年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月27日閲覧。
  116. ^ 喜矢武豊 (2011年1月29日). “ゴルボンニコラジ”. ゴールデンボンバー 喜矢武豊. Ameba. 2016年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月27日閲覧。
  117. ^ a b ゴールデンボンバー 「チャレンジシリーズ-人間ローションカーリング-」Part2【GOLDEN BOMBER】”. Zany Zap. euclid agency (2012年8月8日). 2016年12月13日閲覧。
  118. ^ 鬼龍院 2012, p. 170.
  119. ^ Yomerumo編集部 (2014年3月26日). “金爆のガチュピンチャレンジシリーズって何?”. Yomerumo News. GMO AD MARKETING Inc.. 2016年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月27日閲覧。
  120. ^ ゴールデンボンバーがダイバーシティとのコラボ イルミネーション点灯式に登場!”. WWS channel. WWS (2015年11月5日). 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  121. ^ 金爆がお台場イルミネーションとコラボ、ダンボール工作展も開催”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2015年10月29日). 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  122. ^ 「アリスと時間のアート展」日テレで開催、映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の世界を体感”. Fashion Press. 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  123. ^ 喜矢武豊 (2009年10月3日). “あたしと寝ませんか?”. ゴールデンボンバー Gt.喜矢武 豊のブログ. 2016年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月26日閲覧。
  124. ^ ゴールデンボンバー「ゴールデン・アルバム」告知動画【GOLDEN BOMBER】”. euclid official channel. euclid agency (2012年1月27日). 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  125. ^ 喜矢武vs樽美酒!秋の浜スタで野球大会”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2014年9月12日). 2016年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月27日閲覧。
  126. ^ 福岡元啓 (2014年11月21日). “第2回 鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)”. MY J:COM. Jupiter Telecommunications Co.,Ltd.. 2017年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月8日閲覧。
  127. ^ 喜矢武豊 (2016年5月9日). “VAMPS福岡( ´ ▽ ` )ノ”. Canキャン. 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  128. ^ YOSHIKI ゴールデンボンバーとの対談実現!「学ぶところいっぱいある」”. Dwango.JP News. ドワンゴ. p. 1 (2016年3月1日). 2016年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月27日閲覧。
  129. ^ 金爆・鬼龍院翔が喜矢武豊の「コイツ、ダメだな」と思った瞬間を告白。”. マイナビニュース. マイナビ (2016年4月1日). 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  130. ^ [今週のナタリー]俳優業もこなすエアーバンドマン”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2013年9月21日). 2016年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月27日閲覧。
  131. ^ a b ふしぎ遊戯”. ネルケプランニング/ユークリッド・エージェンシー. 2016年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月29日閲覧。
  132. ^ a b 佐藤由紀奈 (2016年2月6日). “ゴールデンボンバー喜矢武・エアバンドで培ったライブ力が主演舞台『GOKÛ』で光る”. Social Trend News. 2016年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月29日閲覧。
  133. ^ 田中沙織 (2015年3月27日). “金爆・鬼龍院、ギター喜矢武へ改めて「バンド向いてなかったんだな」”. RBB TODAY. IID, Inc.. 2016年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月27日閲覧。
  134. ^ 喜矢武豊、ハリウッドからオファー来たら「ゴールデンボンバー去ります」”. マイナビニュース エンタメ. マイナビ (2015年4月9日). 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  135. ^ 黒豆直樹 (2016年2月15日). “金爆・喜矢武豊、俳優としての目標は三谷作品、ジブリ声優…そして『スター・ウォーズ 』!?”. livedoor NEWS. ライブドア. p. 2. 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  136. ^ a b 「犬夜叉」舞台化!犬夜叉役は金爆の喜矢武豊、かごめ役は乃木坂46若月佑美”. コミックナタリー (ナターシャ) (2017年2月6日). 2017年2月6日閲覧。
  137. ^ 金爆・喜矢武豊が「犬夜叉」に!「ビジュアルはひとつの水準をクリアできたかな」”. ステージナタリー (ナターシャ) (2017年2月6日). 2017年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月6日閲覧。
  138. ^ 舞台「犬夜叉」テレビ放送決定 主演・喜矢武豊「ゴールデンボンバーを一回忘れて…」”. モデルプレス (2017年4月18日). 2017年4月24日閲覧。
  139. ^ 金爆・喜矢武豊、2.5次元舞台『犬夜叉』CSフジテレビTWOで放送”. ORICON NEWS (2017年4月18日). 2017年4月24日閲覧。
  140. ^ 金爆・喜矢武豊、“月9”でドラマ初出演 本人は「初主演」と勘違い”. ORICON STYLE (2013年3月7日). 2016年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月7日閲覧。
  141. ^ 金爆、『49』でメンバー総出演! 鬼龍院翔「喜矢武君が馴染めてなくて安心」”. マイナビニュース. マイナビ (2013年11月17日). 2016年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月29日閲覧。
  142. ^ 金爆・喜矢武豊、鈴木梨央の父親役に起用 『お兄ちゃん、ガチャ』でキーパーソンに”. ORICON NEWS. oricon ME inc. (2015年3月18日). 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  143. ^ a b c 中嶋あおい (2014年4月8日). “ゴールデンボンバー 歌広場 淳さん 新入生へのメッセージ”. 日本大学新聞 (東京: 日本大学新聞社) 
  144. ^ 念願達成!ゴールデンボンバー歌広場が“本家”とコラボ”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2014年6月24日). 2016年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月5日閲覧。
  145. ^ ゴールデンボンバー歌広場淳が結婚 相手はこけし似”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2016年7月22日). 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月29日閲覧。
  146. ^ 武村貴世子. 金多賀歩美: “PIERROT RESPECT Vol.4:歌広場淳(ゴールデンボンバー)”. ROCKの総合情報サイトVif. 2016年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月14日閲覧。
  147. ^ 卒業生の活躍”. 日本大学. 2016年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月13日閲覧。
  148. ^ 鬼龍院 2012, pp. 170-171.
  149. ^ 鬼龍院 2012, pp. 171-172.
  150. ^ “金爆・歌広場淳が結婚報告 報道先行でファンに「お詫び」連発”. スポニチアネックス. (2016年7月22日). オリジナル2016年12月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161225150041/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/22/kiji/K20160722013014520.html 2016年7月22日閲覧。 
  151. ^ 金爆・全員で歌広場結婚を祝福 鬼龍院翔ファンに「見守って」”. ORICON NEWS (オリコン) (2016年7月22日). 2017年2月27日閲覧。
  152. ^ 歌広場淳 (2012年8月23日). “そのお陰で一日テンション高山でした”. セクシーガール ミク○ーボーイ. Ameba. 2016年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月27日閲覧。
  153. ^ 鬼龍院 2012, p. 173.
  154. ^ 歌広場淳 (2013年1月9日). “去年の今頃はとにかく秋葉原で遊んでいたというのに……☆”. セクシーガール ミク○ーボーイ. 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  155. ^ 歌広場淳 (2012年9月19日). “ギャ男ブログとも呼べないと思う”. セクシーガール ミク◯ーボーイ. 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  156. ^ 歌広場淳 (2012年12月31日). “好色女一代トゥデイ”. セクシーガール ミク○ーボーイ. 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  157. ^ 金爆・歌広場淳の宝塚“ガチファン”っぷりが話題に。「歌広場わかってるー!」「ガチやん」”. E-TALENTBANK (2016年12月2日). 2016年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月5日閲覧。
  158. ^ 真紀和泉 (2016年1月6日). “金爆・歌広場淳が“運動神経悪い芸人”に参戦 新風吹き込む”. TechinsightJapan. p. 1. 2016年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月5日閲覧。
  159. ^ ゴールデンボンバー歌広場淳の公式振付け講座1「成犮很酷」. https://www.youtube.com/watch?v=6Vhlrv-LfYM&list=PL2QtgY1HzIfJ2_4rVkWOx_paHf2YthsuD 2016年12月6日閲覧。 
  160. ^ 金爆・歌広場が明かした意外な事実に、ファンもびっくり!”. 日刊大衆. 双葉社 (2016年3月30日). 2016年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月29日閲覧。
  161. ^ 「MINT NeKO×歌広場淳(ゴールデンボンバー)」ねこじろうコラボ第9弾発売決定”. MINT NeKO (2015年11月28日). 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  162. ^ イケメン大好き歌広場淳、イケメンが苦手な志田未来とバトル勃発”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2015年6月2日). 2016年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月26日閲覧。
  163. ^ modelpress編集部 (2016年6月16日). “嵐・松本潤「いつもTwitterありがとう」にゴールデンボンバー歌広場淳が歓喜「今日来てよかった!」”. modelpress. 2016年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月27日閲覧。
  164. ^ 金爆・歌広場淳にオネエ疑惑? 「スパイダーマン2」敵役デイン・デハーンにメロメロ”. 映画.com (2014年4月20日). 2016年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月27日閲覧。
  165. ^ トップページ - ウェイバックマシン(2013年3月15日アーカイブ分)
  166. ^ 藤谷千明 (2014年3月28日). “金爆・歌広場淳に直撃! 「オータムリーフII」“低評価”からの新装開店レポ”. ウレぴあ総研. PIA Corporation.. p. 3. 2017年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月8日閲覧。
  167. ^ 花 (2014年3月14日). “金爆・歌広場、“酷評”で閉店した店をリニューアルオープン! 「期待しないように!」”. RBB TODAY. IID, Inc.. 2016年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月5日閲覧。
  168. ^ 金爆・歌広場プロデュースのパーラー閉店へ「店舗に顔出せず…」”. スポニチアネックス (2015年12月13日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月14日閲覧。
  169. ^ 歌広場淳、ゴールデンボンバー主題歌アニメで声優初挑戦”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2012年10月4日). 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  170. ^ 歌広場淳、映画で俳優デビュー!ももクロ弟分と共演”. シネマトゥデイ (2015年7月18日). 2016年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月22日閲覧。
  171. ^ 樽美酒研二 (2010年8月5日). “本日のすけじゅーる”. オバマブログ. 2016年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月30日閲覧。
  172. ^ a b 藤谷千明 (2013年12月2日). “金爆が昼の生放送に出演! NHKで堂々と披露した“裸面接”エピソードとは”. Real Sound. p. 1. 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  173. ^ 竹内みちまろ (2016年2月8日). “金爆・樽美酒研二、市川海老蔵からメイクを絶賛され感激!”. RBB Today. IID. 2016年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月7日閲覧。
  174. ^ a b c d e 藤谷千明 (2012年2月4日). “「″気持ち悪い″って言われるのは大歓迎」ゴールデンボンバー・樽美酒はサービス精神旺盛?”. 日刊サイゾー. cyzo inc.. 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  175. ^ 「有名になりたいの?」SMAPから問われたゴールデンボンバーが真面目に答える。”. エンタがビタミン♪ (2012年10月30日). 2016年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月3日閲覧。
  176. ^ ゴールデンボンバーの武道館“金爆現象”を追う”. ウレぴあ総研(ぴあ). p. 2 (2012年2月8日). 2016年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月3日閲覧。
  177. ^ 樽美酒 研二 (2009年6月12日). “レバーセット。”. Doramu研修日記. 2016年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月5日閲覧。
  178. ^ 樽美酒研二 (2009年4月18日). “オヤジ…ありがとう。”. Doramu研修日記. ライブドア. 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  179. ^ a b c 鬼龍院 2012, p. 175.
  180. ^ 藤谷千明 (2013年12月2日). “金爆が昼の生放送に出演! NHKで堂々と披露した“裸面接”エピソードとは”. Real Sound. p. 2. 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  181. ^ 鬼龍院 2012, p. 176.
  182. ^ 喜矢武豊 (2009年4月11日). “サイバー終え”. ゴールデンボンバー Gt.喜矢武 豊のブログ. 2016年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月25日閲覧。
  183. ^ 綾野剛、樽美酒研二の素顔を「イケメン」と絶賛! 周囲の視線は「彼の方」”. マイナビニュース. マイナビ (2015年6月8日). 2016年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月25日閲覧。
  184. ^ 樽美酒研二 (2016年4月18日). “甥っ子はどうやら研二を好きらしい”. オバマブログ. 2016年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月25日閲覧。
  185. ^ Eテレで話題 金爆・樽美酒研二の猫キャラの暴走ぶりを解説”. NEWSポストセブン. 小学館 (2015年5月13日). 2016年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月13日閲覧。
  186. ^ “金爆・樽美酒、NHKにレギュラー出演”. デイリースポーツ. (2013年5月2日). オリジナル2016年12月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161225143832/http://www.daily.co.jp/gossip/2013/05/02/0005947305.shtml 2016年12月18日閲覧。 
  187. ^ 真紀和泉 (2016年4月30日). “ゴールデンボンバー 『Mステ』での“土下座”にコメント「何か物足りない」”. TechinsightJapan. 株式会社メディアプロダクツジャパン. p. 2. 2016年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月25日閲覧。
  188. ^ “樽美酒研二「またSASUKE出ます」リベンジ誓う”. 日刊スポーツ. (2016年7月5日). オリジナル2016年12月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161225142925/http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1673610.html 2016年7月5日閲覧。 
  189. ^ 樽美酒研二、佐野岳&メンディーらと『最強スポーツ男子』で肉体バトル”. マイナビニュース. マイナビ (2017年1月1日). 2017年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月27日閲覧。
  190. ^ ゴールデンボンバー 樽美酒研二バースデーグッズの販売を開始いたします!”. silkroad store. Scuderia Euclid. (2016年10月4日). 2016年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月25日閲覧。
  191. ^ “樽美酒“ケツタッチ会”開催へ「好き放題…とは」”. ORICON STYLE. (2016年12月17日). オリジナル2016年12月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161225141947/http://www.oricon.co.jp/article/72935/ 2016年12月18日閲覧。 
  192. ^ 樽美酒 研二 (2016年12月17日). “最初で最後の”ケツタッチ会”開催!”. オバマブログ. Ameba. 2016年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月17日閲覧。
  193. ^ 「皆さん変態ですから!」金爆・樽美酒研二、ふんどし姿で笑顔の初“ケツタッチ会””. 音楽ナタリー. 2017年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月29日閲覧。
  194. ^ 樽美酒 研二 (2012年11月29日). “念願”. オバマブログ. Ameba. 2016年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月27日閲覧。
  195. ^ 樽美酒研二 (2013年7月27日). “終戦”. オバマブログ. 2016年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月29日閲覧。
  196. ^ 金爆・樽美酒の第一弾ブログ本が発売1年で10万部達成”. 新刊JP. 株式会社オトバンク (2013年5月1日). 2016年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月30日閲覧。
  197. ^ とんねるずに乗せられた金爆・樽美酒 “ベンツ購入”発言を後悔”. スポーツニッポン (2013年6月21日). 2016年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月3日閲覧。
  198. ^ 「Ameba」が最も注目されたブログに贈られる「BLOG of the year 2015」の受賞者を発表 最優秀賞は、佐々木健介さん・北斗晶さん、優秀賞6名と一般ブロガー部門も発表”. CyberAgent (2013年9月21日). 2016年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月27日閲覧。
  199. ^ つば九郎 (2012年7月12日). “じんぐうに、だるびっしゅ。”. つば九郎オフィシャルブログ「つば九郎ひと言日記」. 2016年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月30日閲覧。
  200. ^ ゴールデンボンバー樽美酒研二がプロ野球入団?”. YomerumoNEWS(GMO) (2014年3月24日). 2016年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月3日閲覧。
  201. ^ 樽美酒研二 (2012年12月17日). “Yahoo!映像トピックスアワード2012爆笑部門”. Yahoo!. 2012年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月31日閲覧。
  202. ^ 樽美酒研二 (2013年3月25日). “開幕戦始球式決定ッッッ!!!”. オバマブログ. 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月1日閲覧。
  203. ^ “「新堂本兄弟」新メンバーに樽美酒研二、TOKIE、シシド・カフカら決定”. タワレコオンラインニュース. (2013年3月12日). オリジナル2016年12月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161228233320/http://tower.jp/article/news/2013/03/12/n09 2016年12月18日閲覧。 
  204. ^ “「堂本兄弟」新メンバーに樽美酒、シシド・カフカ、TOKIEら”. 音楽ナタリー. (2013年3月17日). オリジナル2016年12月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161225145307/http://natalie.mu/music/news/86833 2013年3月17日閲覧。 
  205. ^ 喜矢武豊 (2007年3月17日). “お疲れ様でした。”. 2016年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月29日閲覧。
  206. ^ 鬼龍院 2012, p. 72.
  207. ^ FOOD DIRECTOR - ウェイバックマシン(2013年3月15日アーカイブ分)
  208. ^ 歌広場淳 (2007年4月16日). “ブログって書くの初めてだー!”. 歌広場淳のブログ. 2016年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月31日閲覧。
  209. ^ 天空城団吉 (2009年4月7日). “最高に素晴らしいバンドです!”. ゴールデンボンバーDr.天空城団吉のブログ. 2016年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月31日閲覧。
  210. ^ finalおぶファイナル”. キリショー☆ブログ (2010年12月27日). 2016年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月10日閲覧。
  211. ^ 翔さん、寝てんじゃないわよ”. キリショー☆ブログ (2010年12月29日). 2016年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月10日閲覧。
  212. ^ ゴールデンボンバー、『ゴールデン・アワー~下半期ベスト2010~』発売決定”. TOWER RECORD ONLINE. タワーレコード株式会社 (2010年11月22日). 2016年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月31日閲覧。
  213. ^ ゴールデンボンバー新曲は「遊☆戯☆王」EDテーマ”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2011年4月11日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月1日閲覧。
  214. ^ アフターMステ”. ミュージックステーション. テレビ朝日 (2011年9月2日). 2011年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  215. ^ 溶接!書き初め!全裸!? ゴールデンボンバー衝撃の初武道館”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2012年1月24日). 2017年4月13日閲覧。
  216. ^ 金粉!生キス!リレー!ゴールデンボンバー抱腹絶倒3時間半”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2012年6月21日). 2017年4月13日閲覧。
  217. ^ ゴールデンボンバー、下ネタだらけ紅白リハ爆笑会見”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2012年12月29日). 2017年4月13日閲覧。
  218. ^ ゴールデンボンバー新作シングルは浅倉大介アレンジ参加”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2012年12月3日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月1日閲覧。
  219. ^ ゴールデンボンバー『ザ・パスト・マスターズ vol.1』収録内容&ジャケ解禁”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社 (2013年3月30日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月1日閲覧。
  220. ^ ゴールデンボンバー、前田敦子が「白戸家」新CMに登場”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2013年2月1日). 2017年4月13日閲覧。
  221. ^ ゴールデンボンバー樽美酒がハローキティに変身 「ミスド」新CM完成”. モデルプレス (2013年3月29日). 2017年4月13日閲覧。
  222. ^ ゴールデンボンバー樽美酒の“奇行”をメンバーが制止「脱ぐなって」”. モデルプレス (2013年9月25日). 2017年4月13日閲覧。
  223. ^ ゴールデンボンバー全国ツアー再追加は10月代々木2DAYS”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2013年8月2日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月1日閲覧。
  224. ^ 【オリコン】金爆「女々しくて」カラオケ新記録の49週連続1位”. ORICON STYLE. oricon ME inc. (2013年8月9日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月1日閲覧。
  225. ^ “金爆特別賞で遂に演奏!?/レコード大賞”. 日刊スポーツ. (2013年12月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20131230-1238023.html 
  226. ^ “ゴールデンボンバー 今年は“エアメンバー”で驚きパフォ”. スポニチアネックス. (2013年12月31日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/31/kiji/K20131231007302380.html 
  227. ^ ゴールデンボンバー、元日発売シングル“101回目の呪い”詳細発表! わら人形付き限定盤も”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社 (2013年11月13日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月1日閲覧。
  228. ^ “Perfume、ゴールデンボンバーが「めちゃイケSP」出演”. 音楽ナタリー. (2013年12月26日). オリジナル2017年1月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170101054755/http://natalie.mu/music/news/106622 2016年12月20日閲覧。 
  229. ^ “波田陽区に“喜矢武三郎”!?金爆たまアリ大騒ぎ”. 音楽ナタリー. (2014年10月28日). オリジナル2017年1月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170101063748/http://natalie.mu/music/news/129790 2014年10月28日閲覧。 
  230. ^ 金爆、CD販売で新たな挑戦……「音楽だけを売る。写真とかも一切ありません」”. RBB Today. IID, Inc. (2014年6月27日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月1日閲覧。
  231. ^ “鬼龍院、レコ大作曲賞「佐村河内さんに”. 日刊スポーツ. (2014年11月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20141120-1398594.html 
  232. ^ ゴールデンボンバー、“ゴーストライター騒動”新垣隆氏と「レコ大」でまさかのコラボ”. モデルプレス (2014年12月30日). 2017年4月13日閲覧。
  233. ^ 金爆、3度目の紅白は“大人になったゴールデンボンバー””. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2014年12月29日). 2017年4月13日閲覧。
  234. ^ ゴールデンボンバー樽美酒、紅白演出の裏話を明かす”. モデルプレス (2015年1月4日). 2017年4月13日閲覧。
  235. ^ “ゴールデンボンバー、ユニバーサルスタジオで特別ライブ”. 音楽ナタリー. (2015年4月20日). オリジナル2017年1月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170101063646/http://natalie.mu/music/news/144740 2015年4月20日閲覧。 
  236. ^ ゴールデンボンバー、新曲にメンバーの体臭カードを封入”. MUSICMAN-NET. F.B.Communications Inc.& Magnet Co.,Ltd. (2015年5月14日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月1日閲覧。
  237. ^ “【オリコン】ゴールデンボンバー、アルバム2作連続首位 インディーズ2組目”. ORICON STYLE. (2015年6月23日). オリジナル2017年1月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170101063605/http://www.oricon.co.jp/news/2054730/full/ 2015年6月23日閲覧。 
  238. ^ ゴールデンボンバー「歌広、金爆やめるってよ」終幕、城ホ&代々木ライブDVD化”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2015年11月24日). 2017年4月13日閲覧。
  239. ^ ゴールデンボンバー、4年連続紅白出場へ「僕たちも今日知りました」”. モデルプレス (2015年11月29日). 2017年4月13日閲覧。
  240. ^ “ゴールデンボンバー、曲中にピース又吉と相撲/紅白”. 日刊スポーツ. (2015年1月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1586708.html 
  241. ^ “『ちびまる子ちゃん』の主題歌を歌うのはゴールデンボンバー!”. フジテレビ系列アニメーション「ちびまる子ちゃん」公式サイト. (2016年4月). オリジナル2017年1月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160915051845/http://chibimaru.tv/news/entry/2016/002774.html 2016年4月閲覧。 
  242. ^ a b “金爆「おどるポンポコリン」カバー 『ちびまる子』新OP担当「すごい人に認められた!」”. ORICON STYLE. (2016年4月10日). オリジナル2017年1月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170101045319/http://www.oricon.co.jp/news/2069942/full/ 2016年4月10日閲覧。 
  243. ^ ゴールデンボンバー「水商売をやめてくれないか」がオリコン週間4位獲得、8作連続のシングルTOP5入り”. music.jp. エムティーアイ (2016年5月3日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月1日閲覧。
  244. ^ “ゴールデンボンバー、全国ツアー「オールゲイズ 二丁目のユウジ」開幕”. アーティストニュース・レポート. (2016年6月17日). オリジナル2017年1月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170101063407/http://www.musicman-net.com/sp/artist/58158.html 2016年6月17日閲覧。 
  245. ^ a b “ゴールデンボンバー、6月より全国ツアー&FCイベントツアー開催”. 音楽ナタリー. (2016年2月26日). オリジナル2017年1月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170101063322/http://natalie.mu/music/news/177710 2016年2月26日閲覧。 
  246. ^ “金爆・歌広場淳が結婚報告 報道先行でファンに「お詫び」連発”. スポニチアネックス. (2016年7月22日). オリジナル2016年12月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161203021157/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/22/kiji/K20160722013014520.html 2016年7月22日閲覧。 
  247. ^ “金爆・X JAPANなりきり熱唱 本物YOSHIKI参戦で「女々しくて」コラボ”. ORICON STYLE. (2016年10月). オリジナル2017年1月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170101064948/http://www.oricon.co.jp/news/2080036/full/ 2016年10月16日閲覧。 
  248. ^ “ゴールデンボンバー、公式サイトリニューアルにファン困惑「どう見てもあのサイト…」”. モデルプレス. (2016年11月). オリジナル2017年1月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170101063108/https://mdpr.jp/news/detail/1633818 2016年11月閲覧。 
  249. ^ “「金爆」サイト刷新「ウィキペディア」風のデザインに!ファン騒然”. Yahoo!ニュース. (2016年11月). オリジナル2016年11月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161124091424/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161110-00000145-spnannex-ent 2016年11月閲覧。 
  250. ^ “タワレコがV系強化企画 コラボ第1弾はゴールデンボンバー”. ORICON STYLE. (2016年1月12日). オリジナル2017年1月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170101062918/http://www.oricon.co.jp/news/2082920/full/ 2016年12月12日閲覧。 
  251. ^ “ゴールデンボンバー、鬼龍院発案でフェス帰り専用ベスト盤リリース”. 音楽ナタリー. (2016年11月8日). オリジナル2017年1月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170101062845/http://natalie.mu/music/news/208510 2016年12月15日閲覧。 
  252. ^ “紅白落選のゴールデンボンバー、大晦日は暇なのでニコ生「裏紅白」”. 音楽ナタリー. (2016年12月28日). オリジナル2017年1月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170102110944/http://natalie.mu/music/news/215122 2016年12月29日閲覧。 
  253. ^ 避妊推奨バンド・ゴールデンボンバー、女装して性の正しい知識広める”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2017年3月16日). 2017年4月12日閲覧。
  254. ^ 鬼龍院翔 (2017年3月28日). “ウィンウィン札幌でした”. キリショー☆ブログ. 2017年4月12日閲覧。
  255. ^ 金爆の新作は「#CDが売れないこんな世の中じゃ」、初夏に“昔の金爆”再現FCツアー”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2017年2月5日). 2017年4月12日閲覧。
  256. ^ 樽美酒のイカ飯に舌鼓!ゴールデンボンバー、鬼龍院バラード熱唱中に料理大会”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2017年4月11日). 2017年4月12日閲覧。
  257. ^ 小林千絵 (2014年8月19日). “Power Push ニコナタ音楽 ゴールデンボンバー 市庁舎巻き込みやりたい放題「月間ゴールデンボンバー☆」”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc.. p. 1. 2017年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月8日閲覧。
  258. ^ “VAMPS、明日「月刊ゴールデンボンバー」で悩み相談にお答え”. 音楽ナタリー. (2015年5月25日). オリジナル2017年1月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170101062737/http://natalie.mu/music/news/148386 2016年12月21日閲覧。 
  259. ^ “ゴールデンボンバーのニコ生レギュラー番組にVAMPSが降臨”. musicman-net. (2015年5月26日). オリジナル2017年1月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170101062701/http://www.musicman-net.com/sp/artist/47153.html 2016年12月21日閲覧。 
  260. ^ “爆笑映像だらけ「月刊ゴールデンボンバー」ついにDVD化”. (2013年8月20日). オリジナル2016年12月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161227064536/http://natalie.mu/music/news/97631 2013年8月20日閲覧。 
  261. ^ ゴールデンボンバー、「酔わせてモヒート」が初登場5位”. ビルボード・デイリーニュース. ビルボード (2011年12月1日). 2016年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  262. ^ ゴールデンボンバー 他に類を見ない試み! 最新シングルにVR(仮想現実)コンテンツを収録”. billboard. Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd., Prometheus Global Media, LLC. (2016年4月26日). 2016年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月7日閲覧。
  263. ^ a b 金爆ホンダCM会見、撮影時の思い出は釣り堀と「歌広場の雑音」”. 音楽ナタリー (2015年4月24日). 2016年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月24日閲覧。
  264. ^ ゴールデンボンバー「おどるポンポコリン」CD発売決定!”. ちびまる子ちゃん. 日本アニメーション (2016年9月16日). 2016年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月31日閲覧。
  265. ^ In Store Music 店内放送”. FamilyMart. 2016年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月31日閲覧。
  266. ^ 金爆が“体操のお兄さん”に 松下奈緒もやっている「ボンバー体操」”. ORICON STYLE. オリコン (2013年4月5日). 2016年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月5日閲覧。
  267. ^ ゴールデンボンバー夢のコラボ、全貌が明らかに!!"イタ車"お披露目式イベントレポート!”. 映画ファン (2013年6月4日). 2016年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月31日閲覧。
  268. ^ いいちこCMシアター”. 三和酒類株式会社 (2014年12月1日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月1日閲覧。
  269. ^ Dai (2016年9月13日). “樽美酒が転ぶ波乱の幕開け。ゴールデンボンバーが『シャドバ』CMでプロレス&陸上勝負”. 電撃App. KADOKAWA CORPORATION. 2016年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月31日閲覧。
  270. ^ キャナ☆メン (2013年10月8日). “カプコンとゴールデンボンバーが和解。『オトレンジャー』での正式コラボが10月9日にスタート――楽曲とメンバーがゲーム内に登場”. 電撃オンライン. KADOKAWA CORPORATION. 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月1日閲覧。
  271. ^ ワンマン終え(2008/07/21)”. ゴールデンボンバー Gt.喜矢武 豊のブログ(blog.livedoor.jp). 2017年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月29日閲覧。
  272. ^ ワンマンを振り返って(2008/07/22)”. 歌広場 淳のブログ(blog.livedoor.jp). 2017年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月29日閲覧。
  273. ^ 鬼龍院翔 (2009年11月4日). “私、翔さんの腸内洗浄したい”. キリショー☆ブログ. 2017年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月8日閲覧。
  274. ^ 喜矢武豊 (2009年10月5日). “美輪さんワンマン”. ゴールデンボンバー Gt.喜矢武 豊のブログ. 2017年3月27日閲覧。
  275. ^ 大阪初でした(2010-01-31)”. 鬼龍院翔オフィシャルブログ「キリショー☆ブログ」. 2017年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月30日閲覧。
  276. ^ 鬼龍院翔 (2010年4月14日). “働け翔さん、この豚野郎。”. キリショー☆ブログ. 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月8日閲覧。
  277. ^ 鬼龍院翔 (2011年1月24日). “翔さん、朝からケバいわよ”. キリショー☆ブログ. 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月1日閲覧。
  278. ^ ゴールデンボンバー (バンド)よてい - ウェイバックマシン(2013年4月26日アーカイブ分)
  279. ^ 樽美酒研二 (2015年5月16日). “USJライブ”. オバマブログ. 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月16日閲覧。
  280. ^ ゴールデンボンバー、ユニバーサルスタジオで特別ライブ”. 音楽ナタリー. Natasha Inc. (2015年4月20日). 2016年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月20日閲覧。
  281. ^ 鬼龍院翔 (2015年11月12日). “おわたよ”. キリショー☆ブログ. 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月1日閲覧。
  282. ^ ゴールデンボンバー (バンド)よてい - ウェイバックマシン(2016年3月20日アーカイブ分)
  283. ^ ゴールデンボンバー、全国ツアー「オールゲイズ 二丁目のユウジ」開幕”. MUSIC-man.NET. F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd. (2016年6月17日). 2017年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月15日閲覧。
  284. ^ 金爆の新作は「#CDが売れないこんな世の中じゃ」、初夏に“昔の金爆”再現FCツアー”. 音楽ナタリー. 2017年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月5日閲覧。
  285. ^ イベント&アフターレポート 「Bands Shock REVOLUTION'10〜びじゅある祭2010〜」スタッフ参加しました!!”. ESP ENTERTAINMENT (2010年10月28日). 2016年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月27日閲覧。
  286. ^ イベント情報!!★★★V-Love☆Live Vol.1~Suported by V-ROCK FESTIVAL~★★★@新木場STUDIO COAST!!”. びじゅなび. VISUNAVI.COM (2011年4月17日). 2017年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月8日閲覧。
  287. ^ 7月23日(土)タイムテーブル”. SETSTOCK'11. RCC BROADCASTING CO.,LTD. (2011年7月23日). 2017年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月8日閲覧。
  288. ^ LINEUP - ウェイバックマシン(2016年4月19日アーカイブ分)
  289. ^ V-ROCK FESでムック、SOPHIAら32組が華麗なる競演”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2011年10月24日). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月8日閲覧。
  290. ^ フジジュン. “「3年B組金爆先生」”. 極東ROCK'N'ROLL HIGHSCHOOL GIG ARCHIVES. OFFICE OTOKO-JUKU Entertainment.. 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月1日閲覧。
  291. ^ マミタス!バク宙!しょこたん×金爆カオス対バン大成功”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2011年11月21日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月1日閲覧。
  292. ^ オールナイトニッポン45周年感謝祭イベント、チケット5分で完売”. BARKS. JAPAN MUSIC NETWORK,INC. (2012年1月17日). 2017年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月8日閲覧。
  293. ^ ゴールデンボンバー&イガグリ千葉出演ライブをYouTube生中継”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2012年5月31日). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  294. ^ EVENT”. On-u,Inc.. 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  295. ^ musicJAPANplus GIG vol.5×世界コスプレサミット2012 SPECIAL LIVE”. KYODO TOKAI (2012年8月3日). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  296. ^ a-nation musicweek ROCK NATION”. フジテレビジョン (2012年). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  297. ^ お台場合衆国「めざましライブ2012」が第1弾出演アーティストを発表”. music.jpニュース. エムティーアイ (2012年6月23日). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  298. ^ 歌広場淳 (2012年8月25日). “音楽と髭達2012”. セクシーガールミク○ーボーイ. 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  299. ^ イナズマロックフェス2012『西川貴教を筆頭に豪華アーティストが競演! “過去最高”4年目のロックフェスをレポート』”. ORICON STYLE. オリコン. p. 1 (2012年9月26日). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  300. ^ タイムテーブル”. 気志團万博2012. KISHIDANBANPAKU.COM (2012年). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  301. ^ a b c d e 樽美酒研二 (2012年7月25日). “大学荒らし”. オバマブログ. 2017年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月6日閲覧。
  302. ^ 樽美酒研二 (2012年10月31日). “上智大学学園祭”. オバマブログ. 2017年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月6日閲覧。
  303. ^ 駿台企画研究会 (教室企画)『ゴールデンボンバー in 明大祭~4限「怨我苦」講師 金爆先生~』”. 第128回明大祭. 第128回明大祭実行委員会 (2012年). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  304. ^ ゲストコンサート”. 第50回将軍山祭実行委員会. yamasai (2016年). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  305. ^ ゴールデンボンバー学園祭の秋!慶応日吉キャンパス上陸”. 音楽ナタリー. Natasha Inc. (2012年10月1日). 2017年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月6日閲覧。
  306. ^ 「Canvas・・・」~第24回熟田津祭開催~”. 松山大学 (2012年11月28日). 2017年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月6日閲覧。
  307. ^ 同志社学生新聞局 (2012年12月3日). “第137回同志社EVE開催”. 同志社学生新聞局オンライン. 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  308. ^ oricon Sound Blowin' 10th Anniversary supported by NTT西日本"つながるプロジェクト"”. ORICON STYLE. オリコン (2012年12月12日). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  309. ^ 「オールナイトニッポン」45周年感謝祭にももクロ追加”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2012年9月18日). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  310. ^ MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE”. MTV. Viacom International Inc.. 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  311. ^ めざましLIVE ISLAND TOUR FINAL in 日本武道館”. フジテレビ 音楽. FujiTelevision Network,Inc.. 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  312. ^ Line up”. VAMPROSE (2013年). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  313. ^ 歌広場淳 (2013年10月11日). “天井の青”. セクシーガールミク○ーボーイ. 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  314. ^ ★ ゴールデンボンバー 教諭”. 職員室. NHK ENTERPRISES (2013年). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  315. ^ 出演アーティスト”. ミュージックドラゴン2013. Nippon Television Network Corporation (2013年). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  316. ^ 中島ヒロト (2013年11月29日). “「Livejack Special 3 Stories~Songs make you smile~」”. Yahoo!Japan ニュース. Yahoo!. 2017年1月9日閲覧。
  317. ^ 「ミュージャック」スペシャルライブで豪華アーティストが競演”. ザ・テレビジョン. KADOKAWA CORPORATION (2013年12月7日). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  318. ^ LIVE EXPO 2014 ALL LIVE NIPPON Vol.2 @ 国立代々木競技場第一体育館”. rockin'on RO69. rockin'on holdings inc. (2014年1月18日). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  319. ^ マキシマム ザ ホルモン、「予襲復讐ツアー」大阪公演の対バンにDragon Ashが決定”. rockin'on RO69. rockin'on holdings inc. (2014年3月14日). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  320. ^ ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 クイックレポート”. rockin'on RO69. rockin'on holdings inc. (2014年3月14日). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  321. ^ めざましライブ第3弾発表で郷ひろみ、しゃち、一青窈ら”. 音楽ナタリー. Natasha,Inc. (2014年7月4日). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  322. ^ 「WILD BUNCH FEST. 2014」、第4弾出演アーティスト&タイムテーブルを発表”. rock'in Ro69. rockin'on holdings inc. (2014年7月25日). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  323. ^ 【ライヴレポート】MUCC、ゴールデンボンバーを迎えた<ARMAGEDDON>に真っ赤な“ムック”現る”. BARKS. JAPAN MUSIC NETWORK,INC. (2014年8月26日). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  324. ^ 新潟フェス「音楽と髭達2014」、タイムテーブルを発表”. rock'in on ro69. rockin'on holdings inc. (2014年8月20日). 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  325. ^ ARTIST”. 氣志團万博2014 〜房総大パニック ! 超激突!!. KISHIDANBANPAKU.COM (2014年). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  326. ^ ARTIST”. テレビ朝日ドリームフェスティバル2014. tv asahi (2014年). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  327. ^ LINEUP”. HALLOWEEN PARTY 2014. VAMPROSE (2014年). 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月9日閲覧。
  328. ^ JAPAN JAM BEACH 2015 クイックレポート”. rockin'on RO69. rockin'on holdings inc. (2015年). 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  329. ^ 樽美酒研二 (2015年5月16日). “USJライブ”. オバマブログ. 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月16日閲覧。
  330. ^ “ゴールデンボンバー、ユニバーサルスタジオで特別ライブ”. 音楽ナタリー. (2015年4月20日). オリジナル2016年1月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170109091851/http://natalie.mu/music/news/144740 2015年4月20日閲覧。 
  331. ^ UMK SEAGAIA JamNight 2015”. PHOENIX RESORT CO.,LTD. (2015年). 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  332. ^ ARTIST”. rockin'on holdings inc. (2015年). 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  333. ^ サマーソニック、出演者第21弾ラインナップを発表”. rockin'on RO69. rockin'on holdings inc. (2015年7月23日). 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  334. ^ a-nation stadium fes.東京公演、VAMPSら出演者13組が5万人を魅了”. MUSICman-NET. F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd. (2015年8月31日). 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  335. ^ TIMETABLE”. 氣志團万博2015 ~房総 ! 抗争 ! 天下無双 ! 妄想 ! 狂騒 ! 大暴走 ! ~. KISHIDANBANPAKU.COM (2015年). 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  336. ^ 「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015」東京体育館にて3日間開催決定”. NEWS. アソビシステム株式会社 (2015年8月6日). 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  337. ^ ARTIST”. COUNTDOWN JAPAN 16/17. rockin'on holdings inc. (2015年). 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  338. ^ セッション・ゲスト追加発表!!”. ARTIST. rockin'on holdings inc. (2016年). 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  339. ^ ARTISTS”. DEAD POP FESTiVAL 2016. DEAD POP FESTiVAL (2016年). 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  340. ^ ARTIST”. ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016. rockin'on holdings inc. (2016年). 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  341. ^ ARTIST”. SUMMER SONIC 2016. CREATIVEMAN PRODUCTIONS CO.,LTD. (2016年). 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  342. ^ 鬼龍院翔 (2016年8月29日). “めざましライブでしたよ”. キリショーブログ. 2017年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月29日閲覧。
  343. ^ ARTIST”. 氣志團万博2016 ~房総ロックンロール・チャンピオン・カーニバル~ Presented by シミズオクト. KISHIDANBANPAKU.COM (2016年). 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  344. ^ “「MBS音祭」第2弾でE-girls、きゃりー、金爆、超特急”. 音楽ナタリー. (2016年8月19日). オリジナル2017年1月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170109092200/http://natalie.mu/music/news/198819 2016年8月19日閲覧。 
  345. ^ ARTISTS”. VISUAL JAPAN SUMMIT 2016. VISUAL JAPAN SUMMIT 2016実行委員会・Rakuten VISUAL JAPAN合同会社 (2016年). 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  346. ^ “ゴールデンボンバーのハロウィン仮装が今年もヤバイと話題「期待を裏切らない」「夢に出そう」”. モデルプレス. (2016年10月29日). オリジナル2017年1月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170109092255/https://mdpr.jp/news/detail/1629274 2017年1月9日閲覧。 
  347. ^ ARTIST”. COUNTDOWN JAPAN 16/17. rockin'on holdings inc. (2016年). 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  348. ^ 鬼龍院翔 (2016年11月27日). “肉と告知”. キリショーブログ. 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月27日閲覧。
  349. ^ 金爆、ももクロ、山本彩、大知、SECONDらがAbemaTVの1周年記念ライブ”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2017年2月9日). 2017年2月9日閲覧。
  350. ^ ももクロ、金爆ら出演、AbemaTV開局1周年ライブが7夜連続開催”. BARKS(Japan Music Network lnc.) (2017年2月9日). 2017年2月9日閲覧。
  351. ^ “「BREAKERZ 10周年 10番勝負 -VS-」第二弾発表!”. BREAKERZ 10周年 10番勝負 -VS- -BREAKERZ Official Website. (2016年11月). オリジナル2017年2月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170201000116/http://breakerz-web.net/special/10th/-vs-.html 2017年2月1日閲覧。 
  352. ^ BREAKERZの10周年対バン第1弾ゲストはGRANRODEO、マイファス、金爆” (2016年11月1日). 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月10日閲覧。
  353. ^ キュウソネコカミ、ツアーの対バンにテナー、ユニゾン、MWAM、レキシ、金爆”. rockin'onRO69. rockin'on holdings inc. (2017年1月16日). 2017年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月27日閲覧。
  354. ^ 「JAPAN JAM」第3弾で魂、KREVA、Ken Yokoyama、金爆、NICOら”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2017年2月3日). 2017年2月9日閲覧。
  355. ^ 15年ぶり「POP HILL」に金爆、ユニコーン、WANIMA、SPYAIR、Nulbarich”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2017年2月20日). 2017年2月20日閲覧。

参考文献

  • 鬼龍院翔 『ゴールデンボンバーのボーカルだけどなんか質問ある?』 (初版) ユークリッド・ミュージックエンターテイメント、2012年6月20日ASIN B007ZTPOT6 
  • 『ゴールデンボンバー鬼龍院翔のオールナイトニッポンまとめ本』 (初版) ニッポン放送、扶桑社、2014年9月21日ISBN 978-4-594-07100-4 

外部リンク