コント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コントconte)とは、笑いを目的とする寸劇のことを指す。フランス語の『conte』(短い物語・童話・寸劇)が語源となっている。

日本においては、20世紀半ばより演芸とされる分野の中で演じられるものが多い。

コントの形態[ソースを編集]

ショートコント[ソースを編集]

数秒 - 数十秒程度のかなり短いコントで基本的に道具を用いない。準備も必要なくすぐに演じることができるのが利点である。道具を利用しないことを逆手にとって現実的に起こりえない状況を演じるものもある。

ショートコントの起源は、1983年頃に松竹芸能所属のパート2(2000年解散)が編み出した、4コマ漫画形式で短いコントを連続的に披露する『4コマ漫才』にある。1986年後期には、ラ・ママ新人コント大会などで活躍していたウッチャンナンチャンがショートコントのジャンルを作り出したとされる[1]。当時ウッチャンナンチャンは、ショートコントを「スケッチコント」と呼んでいた。1990年代にはジャドーズを筆頭に「ショートコント、○○(コントタイトルが入る)」とタイトルを言ってからコントに入るスタイルが生まれた。

ちなみに『ショートコント』は和製外来語である。(そもそも『conte』という語自体に『寸劇』『短い劇』という意味がある。)

コント[ソースを編集]

演芸場やお笑いライブで演じられるもののうち、上記に当てはまらない、比較的長時間演じられる内容のもの。衣装や化粧が施されたり、道具やセットなどが予め用意されている場合もある。大抵は15 - 25分程度であるが、これよりも長い内容も存在し、中には喜劇・軽演劇と区別の付かない物も存在する。

主に軽演劇の役者が戦後ストリップ劇場のショーの幕間に演じた物や、キャバレーなどの営業のために持ちネタを短縮して演じた芝居が広まったものをコントと呼んでいたためか、長編になればなるほど芝居がかってくる傾向にある。中にはメッセージ性の高いコントもある。例としては、自殺しようとする人を止めようと説得する『自殺コント』など。

コントの役割については、漫才で使われるボケツッコミの概念がしばしば転用される。しかし、コントにおける役割の基本はフリとコナシである。フリが無理難題を押し付け、コナシがその課題をこなしていく。初めてコンビ名に『コント』を冠したコント55号を例にとれば、フリは萩本欽一、コナシは坂上二郎である。

近年ではおぎやはぎサンドウィッチマンのように本来はコントとして作ったネタを漫才に作り替え、コント漫才として演じる芸人も増えている(ただし、小道具を用いないものがほとんどである)。逆に漫才のネタをコントとして演じる芸人もいる。

最近では笑いの要素の無いテレビドラマでも、演出が単純、あるいは役者の芝居が下手なことを比喩して「コント」と呼ぶ人も居る。

テレビのコント番組[ソースを編集]

テレビのコント番組には強烈な個性を持ったキャラクターが主人公のコントが多い。また、そのキャラクターコントをシリーズ化することによってストーリーに深みを持たせたり、知名度や人気を上げてキャラクターグッズ製作に乗り出すことも多い。また、番組中にコミックソングのコーナーを設けるなどしてCD販売も重視することもある。

1970年代のザ・ドリフターズの多数の番組では、公開録画でコントが行われていた。特に『8時だョ!全員集合』は生放送で公開コントを行っていた。

ドリフ大爆笑』や『志村けんのだいじょうぶだぁ』などの70年代後半以降のザ・ドリフターズ及びそのメンバーによるコント番組では、何年経っても飽きさせないようにマンネリズムの美学を追求していて、同じ内容や結末のコントを新規撮影の際に細かな演出により変化させている。

80年代 - 90年代前半には、『オレたちひょうきん族』内の『タケちゃんマン』や『とんねるずのみなさんのおかげです』内の『仮面ノリダー』をはじめとするヒーローもののパロディコント(コーナードラマ)が流行した。

90年代中期では、『ダウンタウンのごっつええ感じ』がそれまでのショートコントからストーリー重視の内容へと徐々に変化し、以後のコント番組への橋渡し的存在となった。

90年代後半から2000年代初頭では、『笑う犬』シリーズで、『てるとたいぞう』や『小須田部長』などといったストーリー重視の連続ものコントが展開されていた。

現在は『エンタの神様』をはじめとするセットをできるだけ簡略化あるいは通常セットのまま使用し、キャラクターのネタを重視したコントが主流になっている。また、M-1グランプリ創設の影響からコントではなく、漫才を中心に活躍する芸人が増えており、お笑い芸人の数は増加傾向にあるが、コントの人気は下がりつつあると言える(これは、コントのセットなどで予算がかかることが多いのに対して、漫才は道具の持ち込みが基本的にしなくてもよいという理由もある。)。

めちゃ×2イケてるッ!』や『はねるのトびら』などコント主体だった番組がゲームコーナーやトークなどの別企画増加により、コントコーナーがほぼ皆無になったり、コント番組で無くなっていく例も増えている。

2008年からコントNo.1決定戦『キングオブコント』が放送開始し、第1回優勝者にバッファロー吾郎が選ばれた。

主なコント番組[ソースを編集]

終了したものも含めると、コント番組には以下のようなものがある。

NHK[ソースを編集]

TBS[ソースを編集]

日本テレビ[ソースを編集]

フジテレビ[ソースを編集]

BSフジ[ソースを編集]

テレビ朝日[ソースを編集]

テレビ東京[ソースを編集]

地方放送局[ソースを編集]

毎日放送

朝日放送

読売テレビ

関西テレビ

東海テレビ

福島放送

ネット配信[ソースを編集]

コントコーナーが存在していた番組[ソースを編集]

ここではコント番組以外の番組や、番組リニューアルなどでコントコーナーが追加あるいは番組の途中までにコントコーナーがあった番組を紹介する。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Quick Japan Vol.88』 太田出版2010年2月ISBN 978-4-77-831207-7「求むウンナン!」より。

関連項目[ソースを編集]