広瀬和生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

広瀬 和生(ひろせ かずお、1960年5月1日 - )は、日本の雑誌編集者音楽評論家落語評論家プロデューサー

音楽雑誌BURRN![1]の2代目編集長である。

人物[編集]

  • 埼玉県生まれ。埼玉県立川越高等学校[2]東京大学工学部都市工学科卒。1987年ビクターからシンコー・ミュージックBURRN!編集部に移籍、1994年1月号より編集長に就任。
  • 基本的に誌名の由来ともなったディープ・パープルレインボーイングヴェイ・マルムスティーンといったバンドや、彼らに影響を受けた日本のバンドたち(ダブル・ディーラーゴールドブリック等)を積極的に応援している。特にレインボーへの心酔ぶりは有名で、バンドの来歴を細かなエピソードに至るまで時系列的に研究している。
  • 概して、独自の地位を築いたバンドは受け入れる傾向にあり、例えばボン・ジョヴィモトリー・クルーメタリカなどに対しては好意的である。
  • 模倣的、あるいは没個性的であることに敏感で、そうした傾向を持つ作品やバンドには冷淡である。アルバムレビューなどではっきり指摘することも少なくない。したがって編集長に就任後、グランジガレージロックメタルコアといった新興のムーブメントに対しては一貫して冷ややかな視線を送っている。また、落語評論家としても、落語芸術協会所属の落語家には概して冷淡な傾向がある(評価対象として取り上げることが少ない)。
  • インタビュアーとしては特定のアーティスト(イングヴェイ・マルムスティーン等)が相手である場合を除き、妥協せず踏み込んだ質問をするタイプであり、ミスター・ビッグ(当時)のビリー・シーンクイーンズライクジェフ・テイトなど、数々のミュージシャンたちの気分を害した。特にドリーム・シアターに加入して日が浅いながら高い評価を受けていたジェイムズ・ラブリエに対して「貴方は雇われヴォーカリストであるという見方もある」という趣旨の質問をしたことは、後にラブリエが同誌の他のインタビューで蒸し返すなどして物議を醸した。ストラトヴァリウスの作風を揶揄してティモ・トルキとトラブルになったことがある。レビューを曲解してフィンランド語に訳したティモ側の関係者が原因。ティモの抗議ファックスはほぼ全文日本語に訳されコラムで公開された。後にティモ側が謝罪し編集部と和解に至る。
  • BURRN!の前編集長である酒井康がDJを務めるラジオ番組『Heavy Metal Syndicate』に2005年末までゲストDJとして出演していた。
  • 「音楽生活」第3号「特集、さよなら音楽雑誌」のアンケート記事によると、2ちゃんねるなどの匿名掲示板に強い不快感を持っており、匿名掲示板利用者を「インターネットで王様になってる人達」と批判した。
  • 「音楽に限らず好きなものをピンポイントで愛好する性格なので色々なものがごった煮になっているロック・フェスティバルみたいなものは肌に合わない」と語っている。
  • 無類の落語好きであり、BURRN!のコラムや編集後記でも度々話題として取り上げていたが、2008年頃からは落語関係の著作の出版が相次ぎ、音楽業界を超えて広く名を知られるようになった。「新ニッポンの話芸」をはじめ落語会のプロデューサーとしても活躍している[3]
  • 近年は「落語評論家」という肩書でテレビに登場することも多く、音楽雑誌の編集長としてのみ知っている層と、世間が一般的に抱く「落語評論家」のイメージとはかけ離れた姿(茶髪のロングヘアにボタンシャツなど)とのギャップに、驚かれることも多い[4]
  • アニメ好きでもある。特に『うる星やつら』の大ファン。

メディア出演[編集]

ラジオ[編集]

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト[編集]

また、この落語会の裏話や落語の魅力などについて参加メンバーと広瀬で語ったものをまとめ、「新ニッポンの話芸 ポッドキャスト」として2012年7月より毎週金曜日に定期的に配信している[5]。落語家三人は必ず全員が参加するわけではなく、スケジュールなどで登場できないメンバーがいる時には、広瀬+1-2人でのトークとなっている。
当初はタイトル通りポッドキャストを利用しての配信であったが、トーク内容に人気が出てアクセスが集中、聴取しづらくなったため、中途からyoutubeでも同時に更新・配信するようになった。現在では、第一回からさかのぼってyoutubeで聴くことができるようになっている。

レギュラーメンバー[編集]

これまでに参加したゲスト[編集]

関連人物[編集]

  • 立川キウイ(100万ダウンロードを越えた第2回配信をはじめ、たびたび話題に登場する)

著書[編集]

  • 『この落語家を聴け! いま、観ておきたい噺家51人』(2008年 アスペクト)のち集英社文庫 
  • 『この落語家に訊け! いま、噺家が語る新しい落語のかたち』(2010年 アスペクト)
  • 『現代落語の基礎知識』(2010年 集英社)
  • 『この落語家をよろしく――いま聴きたい噺家イラスト&ガイド2010』(講談社 2010年)  
  • 『落語評論はなぜ役に立たないのか』(光文社新書 2011年) 
  • 『落語手帳』(2012年 東京書籍)ISBN 978-4487806591 [7] 
  • 『噺家のはなし』(小学館 2012年)ISBN 978-4093882514
  • 『談志の十八番: 必聴! 名演・名盤ガイド 』(2013年 光文社)ISBN 978-4334037734
  • 『なぜ「小三治」の落語は面白いのか?』 (2014年 講談社) ISBN 978-4062190428
  • 柳家三三春風亭一之輔桃月庵白酒三遊亭兼好三遊亭白鳥 「落語家」という生き方』(2015年 講談社) ISBN 978-4062197960
  • 『僕らの落語: 本音を語る! 噺家×噺家の対談集』(2016年 淡交社)
  • 『噺は生きている 名作落語進化論』(2017年 毎日新聞出版)ISBN 978-4620324593

翻訳[編集]

  • クイーンズライク詩集(1998年 シンコー・ミュージック・エンタテイメント)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ かつて編集・販売は「バーン・コーポレーション」であったが、現在は「シンコー・ミュージック・エンタテイメント」となっている。
  2. ^ 『週刊朝日』1980年東大合格者高校別一覧
  3. ^ a b c (評・舞台)新ニッポンの話芸 個性派3人、やんちゃに笑わす(篠崎弘)・朝日新聞2016年3月10日”. 2016年4月7日閲覧。
  4. ^ 茶髪のヘビメタ誌編集長が「歌丸さん」解説 実は落語評論家の「別の顔」”. jcastニュース (2018年7月4日). 2018年8月14日閲覧。
  5. ^ 新ニッポンの話芸 ポッドキャスト”. 2015年12月11日閲覧。
  6. ^ 新ニッポンの話芸 ポッドキャスト 第265回 ゲスト: 月亭遊方師匠-1”. 2017年11月25日閲覧。
  7. ^ 実際の手帳形式の装丁、前半の落語入門の解説部分を担当。後半は日記帳形式で落語会の記録ができる。

関連人物、バンド[編集]

外部リンク[編集]