三遊亭白鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三遊亭 白鳥さんゆうてい はくちょう
三遊亭 白鳥
三ツ組橘は六代目圓生一門の定紋であり三代目円丈一門(圓生一門)の定紋でもある。但し公式写真で見る機会は少ない。なお、白鳥自身は独自の「白鳥紋」を用いることが多い。
本名 藤田英明(ふじたひであき)
生年月日 (1963-05-21) 1963年5月21日(54歳)
出身地 日本の旗 日本新潟県上越市
師匠 三遊亭圓丈
名跡 1. 三遊亭にいがた(1987年 - 1990年)
2. 三遊亭新潟(1990年 - 2001年)
3. 三遊亭白鳥(2001年 - )
出囃子 白鳥の湖
活動期間 1987年 -
活動内容 落語家
所属 落語協会
公式サイト 三遊亭白鳥の湖
受賞歴
1992年 ニッポン放送主催「第7回お笑いゴールドラッシュ」優勝
2005年 彩の国落語大賞受賞

三遊亭 白鳥(さんゆうてい はくちょう、1963年5月21日 - )は、落語協会所属の落語家出囃子は『白鳥の湖』。本名は藤田英明(ふじたひであき)、新潟県上越市出身で自転車店(後に模型店)の二男。新潟県立高田高等学校を経て日本大学藝術学部文芸学科卒業。主に新作落語を中心に活動している。

春風亭昇太を始めとする「SWA(創作話芸アソシエーション)」の一員。背番号は『2』。

最近は新作落語の他に「火焔太鼓」を元にした「火炎太鼓」や、「寿限無」を元にした「スーパー寿限無」、「初天神」を元にした「ハイパー初天神」といった自称『白鳥古典』を展開している。

他にもホラー落語、紙芝居を使った落語も演じる。

経歴[編集]

来歴・人物[編集]

高校時代から趣味で怪談などを書いていたが、高校ではラグビー部、大学では剛柔流空手部と童話絵本研究会に所属し、落語との接点はなかった。空手部時代の理不尽なシゴキや上下関係のエピソードを枕やエッセイでしばしば披露している。古今亭志ん生の著書を読んで落語に興味を持ち、三遊亭圓丈がテレビで新作落語を演じているのを見たことがきっかけとなり、圓丈に入門した。

今でこそ個性的な新作落語で受け入れられているが、落語をあまり知らずに入門したこともあり(もっとも三遊亭圓丈の弟子は白鳥に限らず、入門前に「落語研究会」に属した経験がなく落語をよく知らなかった者が多い)、最初のうちは苦労した。ネタは構成をいきなりパソコンで打ち、1ページほど書き出してからストップし、喋り、口に出しながら修正していく。手書きでないことで客観的に見られるという。

独特の着物を愛用している。派手な赤や青の色合いで肩から袖口までラインが入っており、着物というよりジャージのデザインを模したものである。

弟子に三遊亭あひる(後に廃業)、三遊亭あおもりがいる。

エピソード[編集]

若い頃の逸話として以下のようなものがある。

  • 前座時代に新作落語をやって客を怒らせ、「神はお前を許さない」などと多くの投書を貰った。
  • 前座時代、兄弟子の「三遊亭らん丈」とともに師匠の家を「白い悪魔の家」と呼んでいた。
  • 円丈の家に飾られていた三遊亭圓生(師匠の師匠。落語界では名人として知られている)の写真を見て「師匠の親」だと勘違いした。
  • 古今亭志ん朝の顔を知らず、志ん朝に向かって「桂春團治師匠」と呼びかけた。
  • 上下の切り方を間違えているのに気付かず、見かねた志ん朝に直接指導された。
  • 二つ目昇進のとき、「三遊亭なまはげ」という名を師匠・円丈に薦められたが断った。
  • 新作落語に意見をする席亭と喧嘩をしてしまい、鈴本演芸場末廣亭は出入り差し止めとなった。
  • 高座の後ろのをイタズラで開け閉めし、楽屋に「襖の開け閉めをしないように」という張り紙が貼られた。
  • 立川談志のテレビ落語番組「落語のピン」にゲストで呼ばれ、新作落語を演じた。客には受けたが、聞いていた談志が激怒して収録途中で帰ってしまった。
  • 上記の件について談志に詫びを入れたところ、「お前は悪くない。あの落語で笑う客が悪い」と言われた。
  • 「新潟」時代はがなく、セイタカアワダチソウ主食としていたり、冬場にはテレビで暖を取る、Tシャツを重ね着するなどしていた(『VOW6』での高田文夫コラムより)。
  • 二つ目時代に志ん朝小三治の二人会の前座に呼ばれて新作落語を披露したが、新宿厚生年金会館を埋め尽くした客が完全に引いてしまい、志ん朝に「新潟君、ここで潮干狩りができるねぇ」と言われてしまった。

主な出演番組(地方ローカル含む)[編集]

主な新作落語[編集]

  • 『マキシム・ド・呑兵衛』
  • 『給水塔の怪談~ラブラブ幽霊大作戦~』(『給水塔の幽霊』改題)
  • 『ラーメン千本桜』
  • 『はらぺこ奇談』
  • 『真夜中の襲名』
  • 『青春残酷物語』
  • 『戦え!おばさん部隊』(『戦え!軍人くん』の後半部だけを独立させ改題)
  • 『天使がバスで降りた寄席』
  • 『明日に向かって開け』
  • 『牛丼晴れ舞台』
  • 『子羊物語』
  • 任侠流山動物園
  • 『シンデレラ伝説』 - 師匠・円丈も演じている
  • 『落語の仮面』第1話〜第5話- 漫画『ガラスの仮面』をモチーフにした新作。三遊亭月影の弟子三遊亭花の活躍を描く。美内すずえ公認。2016年7月上席、鈴本演芸場夜席において「落語の仮面祭り」と称した興行が催された。

CD[編集]

1.マキシム・ド・のん兵衛 2.青春残酷物語
  • 『三遊亭白鳥 2』(ワザオギ)WZCR-10002
1.戦え!おばさん部隊 2.給水塔の怪談~ラブラブ幽霊大作戦~
  • 『三遊亭白鳥 3』(ワザオギ)WZCR-10003
1.仁侠流山動物園 2.シンデレラ伝説
  • 『三遊亭白鳥 4』(ワザオギ)WZCR-10004
1.ナースコール 2.死神
  • 『三遊亭白鳥 5』(ワザオギ)WZCR-10005
1.掛け取り上野動物園 2.雨のベルサイユ
  • 『三遊亭白鳥 6』(ワザオギ)WZCR-10006
1..隣の町は戦場だった 2.台所の隅
  • 『新宿亭砥寄席その参 春風亭傳枝「浮世床」/三遊亭白鳥「ギンギラボーイ」』(キングレコード)KICH2603
  • 『新潮落語倶楽部その2 三遊亭白鳥』(ポニーキャニオン)PCCG-01204
1.地下鉄親子 2.し返し
  • 『白鳥の古典<冬>』(来福)MHCL1913
1.夢金 2.初天神
  • 『毎日新聞落語会 三遊亭白鳥』(来福)MHCL-2181
1.富Q 2.豊志賀ちゃん

DVD[編集]

  • 『ワザオギ落語会VOL.2』(WZBR-0002)
「脳ミソ一家」を収録
  • 『ワザオギ落語会VOL.6』(WZBR-0006)
「はらぺこ奇談」を収録
  • 『白鳥大全集 DVD-BOX~三遊亭白鳥落語独演会~』(竹書房 ASIN: B000S1L7BW)
「幸せの黄色いほし芋」「ラーメン千本桜」「サーカス小象」「ふたつ蝶々~長吉とメルヘンの森~」を収録
  • 『三遊亭白鳥落語集 河童の手/鬼ころ沢』(日本コロムビア COBA-6008)
  • 『三遊亭白鳥落語集 山奥寿司/聖橋』(日本コロムビア COBA-6009)

単行本[編集]

  • 『砂漠のバー止まり木 三遊亭白鳥創作落語集』(講談社)ISBN-13:978-4062144995
  • 『ギンギラ★落語ボーイ』(論創社)ISBN-13:978-4062144995

関連人物[編集]

  • 桃月庵白酒 - 名前に「白」がある同士で、2010年より「Wホワイト落語会」という二人会を定期的に開催している。

外部リンク[編集]