魚戸おさむ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

魚戸 おさむ(うおと おさむ、本名:魚戸 修[1]1957年5月9日[1] - )は、日本漫画家北海道函館市出身[1][2][3]

来歴[編集]

北海道札幌北高等学校定時制卒業[4]。上京後、星野之宣・村上もとかのアシスタントを経て[2][3]1985年に『わんぱっくコミック』(徳間書店)にて、『忍者じゃじゃ丸くん』でデビュー[2][3]。代表作にテレビドラマ化された『家栽の人』(原作:毛利甚八[3]、『イリヤッド-入矢堂見聞録-』(原作:東周斎雅楽)など。

他に生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(通称:生活クラブ)の組合員であり、生活クラブの情報誌の生活クラブと提携している特産品の紹介のコーナーのイラストを書いている。

ビッグコミック」2017年1月10日号から、終末医療をテーマにした作品『はっぴーえんど』の連載を開始[5]。魚戸は数年前から同作品の構想を練っており、在宅医療に携わる医師らから取材を重ね、現場を歩いてきたという[5]。また、同作品は魚戸が生まれ育った函館市が舞台となっており、「都会過ぎず、田舎過ぎない場所」としての函館の街の風景も描かれている[5]

作品[編集]

  • 家栽の人 (原作:毛利甚八、監修:山崎司平)
  • イリヤッド-入矢堂見聞録-(原作:東周斎雅楽
  • がんばるな!!! 家康
  • ケントの方舟(作:毛利甚八)
  • ナイショのひみこさん
  • ニコパチ堂主人 大津次郎
  • 斗馬
  • 熱拳カンフークラブ
  • 玄米せんせいの弁当箱(脚本:北原雅紀)
  • ひよっこ料理人
  • はっぴーえんど
絵本
  • いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日(原作:内田美智子、講談社
  • はなちゃんのみそ汁(原作:安武信吾、千恵、はな共著、講談社)
  • 「弁当の日」がやってきた!!(原作:竹下和男、講談社)
ゲームコミカライズ

関連人物[編集]

村上もとか
師匠。魚戸が19歳の頃(1976年)にアシスタントとして村上の元に入るが、その7か月後に脱走する様な形で辞める。その2年後に再びアシスタントとして村上に師事。魚戸は11歳の時に父を亡くしていることもあり、「先生というよりも父さんみたいな感じがする」として慕っている[6]六三四の剣では「魚戸オサム」がレギュラー出演している。詳細はリンク先を参照。
星野之宣
師匠。短期間アシスタントを務めた後、共通の担当編集者の紹介で、村上のアシスタントとなる[7]
花沢健吾
元アシスタント[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、60頁
  2. ^ a b c 魚戸おさむ公式ブログ プロフィール
  3. ^ a b c d 「まんが家 魚戸おさむです」北海道新聞、2015年12月26日夕刊。
  4. ^ 平成25年度第45回北海道高等学校給食研究協議会を開催しました
  5. ^ a b c 北海道新聞社 (2016年12月27日). “魚戸おさむさん新連載は函館舞台 「看取り」主題の漫画”. どうしんウェブ/電子版(文化・芸能). 2017年1月12日閲覧。
  6. ^ この段落は「1983年のぼくらより 村上もとか先生へ 魚戸おさむ」『少年サンデー1983』(『週刊少年サンデー』8月15日増刊号、第51巻第38号) 小学館、2009年8月15日発行、70頁 を参照。
  7. ^ 『日本漫画学院・漫画家リレー訪問紀(2002年12月号)より』
  8. ^ コミダスによる花沢健吾へのインタビュー(2006年7月20日掲載)より。『コミダス「花沢健吾インタビューその3」』

外部リンク[編集]