三遊亭歌武蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三遊亭 歌武蔵さんゆうてい うたむさし
本名 若森 正英
生年月日 (1968-03-15) 1968年3月15日(50歳)
出身地 日本の旗 日本岐阜県
師匠 三代目三遊亭圓歌
名跡 1. 三遊亭歌ちどき(1984 - 1988)
2. 三遊亭歌武蔵(1988 - )
出囃子 勧進帳
活動期間 1984年 -
活動内容 落語家
所属 落語協会
受賞歴
2004年国立演芸場花形演芸会金賞
2004年彩の国落語大賞受賞

三遊亭 歌武蔵(さんゆうてい うたむさし、1968年3月15日 - )は、岐阜県出身の落語家落語協会所属。力士から転身した珍しい噺家である。本名は若森 正英出囃子は『勧進帳』。寄席以外では『威風堂々』の時もある。

来歴[編集]

活動[編集]

  • 出囃子の後、座布団に座り頭を下げた後「ただいまの協議について、ご説明いたします」と、相撲の物言いにおける審判長のセリフを話し、笑いを誘う。元力士故に和服姿が相撲の親方のようにも見える事からの持ちネタである。
  • マクラの冒頭では以下の自己紹介ネタが定番。
    • 「ぜひとも名前を覚えて帰っていただきたい。『うたむさし』と読みます。『かぶぞう』とか『かむぞう』ではありません。この間なんか『キャバクラ』と読んだ奴がいました。私は三遊亭歌武蔵。本名を松井秀喜と申します」
      姉弟子の三遊亭小円歌(現:二代立花家橘之助)から松井に似ているとのアドバイスを受けて始めた。
      松井の現役時代はバラエティ番組等での自己紹介で「ニューヨークヤンキースの松井秀喜です」と名乗ることもあった。
    • このほか、マクラでは力士時代のエピソードを面白おかしく話すことが多い。これを『支度部屋外伝』と称し、一席とすることもある。
      • 貴闘力と同期であり、蔵前国技館で対戦したことを誇らしげに語るが、戦績は「一勝一敗」だった。「アハハじゃありません。あなた方(=客)じゃ勝てないんです」
      • 「(力士の食べる)ちゃんこ鍋は不味い。あれは"餌"です」
  • 柳家喜多八(2016年死去)、柳家喬太郎とはユニット「落語教育委員会」を組んでおり、定期的に公演を行っていた。開演前には、携帯電話の電源offをテーマにしたコントを全員で披露するのが恒例。

得意演目[編集]

  • 芝浜』『胴斬り』『お菊の皿』『猫の皿』『親子酒』など、古典を主に演じる。『大安売り』『稲川』など、相撲の噺も得意とする。
  • その一方で新作も手がけており、選挙を描いた『落選確実』のほか、『PKOの穴』は自衛隊での経験談を生かした演目である。

エピソード[編集]

  • タレントで元落語家の伊集院光(初代三遊亭楽大三遊亭楽太郎(現:六代目円楽)門下)とは同期に当たる。
  • 師匠である圓歌の家に住み込み修行中、両親が「人より多く食べる子だから」と師匠に書留を送っていたが二つ目となり独立した際、師匠はその書留をまとめて歌武蔵に渡した。
  • 力士時代(森武蔵時代)、森武蔵が携帯プレーヤーで落語をよく聞いている事を知っていた武蔵川は落語の師匠方に「弟子が訪ねるかもしれません」と連絡をいれていた。圓歌から「(森武蔵が)来たよ、引き渡そうか?」と連絡があったが、武蔵川は「相撲界には私が連れてきたが、今度は彼が自分で師匠を探した。差し支えなければ弟子にしてやって下さい」と答えている[1]

弟子[編集]

出典[編集]

  1. ^ 読売新聞-明日へ ゴールの先で[5]-より

外部リンク[編集]