柳家喜多八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柳家 喜多八やなぎや きたはち
本名 林 寬史(はやし ひろふみ)
生年月日 1949年10月14日
没年月日 (2016-05-17) 2016年5月17日(満66歳没)
出身地 日本の旗 日本東京都練馬区
師匠 十代目柳家小三治
弟子 柳家ろべえ
名跡 1. 柳家小より(1978年 - 1981年)
2. 柳家小八(1981年 - 1993年)
3. 柳家喜多八(1993年 - 2016年)
出囃子 梅の栄
活動期間 1978年 - 2016年
活動内容 落語家
所属 落語協会

柳家 喜多八(やなぎや きたはち、1949年10月14日 - 2016年5月17日[1])は、東京都練馬区出身の落語家落語協会所属の真打

本名は林 寬史(はやし ひろふみ)。学習院大学落語研究会から柳家小三治に入門した。出囃子は『梅の栄』、は『丸に三ツ柏』。愛称は『殿下』。

略歴[編集]

人物[編集]

師匠の芸を受け継ぎつつ独自の芸風を確立し[4]柳派の中堅落語家として玄人筋の評価が高かった。

得意な噺は「だくだく」「もぐら泥」「二番煎じ」「笠碁」ほか多数。柳派の落語は何でもこなした。

自称・虚弱体質。渋みのある声質ながらとぼけた雰囲気を持ち、出囃子からけだるい雰囲気で座布団に座り、一見やる気のないから、いつの間にか熱演に引き込み、爆笑をさそう[5][6]

三遊亭歌武蔵柳家喬太郎とユニット「落語教育委員会」を結成しており、公演ではコントも披露していた。

エピソード[編集]

モットーは「清く、気だるく、美しく」、趣味は「サイクリングに墓参り、宝塚歌劇鑑賞など」。宝塚に関しては、自らの名をもじって「キタナヅカ歌劇団・永遠ちはや」と名乗り、「圓朝まつり」で歌を披露していた。

学生時代に乗馬エキストラ映画に出演したことがある。

弟子[編集]

唯一の弟子は柳家ろべえ。喜多八没後は師匠・小三治に引き取られた。2017年春の真打昇進時に自身の前名「小八」を襲名予定。

CD[編集]

  • 『CD 柳家喜多八 1』(落語のワザオギ2006年4月)
  • 『CD 柳家喜多八 2』(落語のワザオギ、2006年4月)
  • 『喜多八膝栗毛 近日息子/文七元結』(日本コロムビア2010年7月)
  • 『喜多八膝栗毛 棒鱈/千両みかん』(日本コロムビア、2010年7月)
  • 『喜多八膝栗毛 明烏/目黒のさんま/たけのこ』(日本コロムビア、2011年3月)
  • 『喜多八膝栗毛 子別れ/おすわどん』(日本コロムビア、2012年11月)
  • 『喜多八膝栗毛 だくだく/小言念仏/猫の災難』(日本コロムビア、2014年5月)
  • 『喜多八膝栗毛 噺家の夢/やかんなめ/お直し』(日本コロムビア、2016年2月)
  • 『三田落語会 発売記念CD BOX Disc-3 柳家喜多八 鰻の幇間/百川』(avex trax、2013年12月)

DVD[編集]

  • 『ワザオギ落語会 Vol.3 柳家喜多八 あくび指南』(落語のワザオギ2007年12月)
  • 『本格 本寸法 ビクター落語会 柳家喜多八 其の壱 だくだく/らくだ』(ビクターエンタテインメント、2007年11月)
  • 『本格 本寸法 ビクター落語会 柳家喜多八 其の弐 五人廻し/居残り佐平次』(ビクターエンタテインメント、2007年11月)
  • 『本格 本寸法 ビクター落語会 柳家喜多八 其の参 ぞめき/死神』(ビクターエンタテインメント、2008年5月)

ネット配信[編集]

  • 三田落語会〜これぞ本寸法!〜
    • その2 「明烏」「長短」(2009年4月25日収録)
    • その14 「棒鱈」「いかけ屋」(2009年12月5日収録)
    • その24 「かんしゃく」「鰻の幇間」(2010年6月26日収録)
    • その37 「笠碁」「へっつい幽霊」(2011年6月25日収録)
    • その41 「短命」「船徳」(2011年8月27日収録)
    • その46 「味噌蔵」「夢の酒」(2011年12月17日収録)
    • その55 「二番煎じ」「噺家の夢」(2012年10月27日収録)
    • その59 「黄金の大黒」「うどん屋」(2012年12月15日収録)
    • その64 「鈴ヶ森」「百川」(2013年4月20日収録)
    • その76 「ねずみ穴」「三十石船」(2014年2月22日収録)
    • その90 「七度狐」「親子酒」(2014年12月20日収録)
    • その96 「船徳」「大工調べ」(2015年6月27日収録)
    • その103「寝床」「首提灯」(2015年10月24日)
    • その111「 居残り佐平次」「 愛宕山」(2016年4月23日収録)
  • ラジオデイズ
    • 「青菜」(文鳥舎・2007年8月14日収録)
    • 「明烏」(文鳥舎・2007年3月13日収録)
    • 「いかけ屋」(コア石響・2008年1月19日収録)
    • 「井戸の茶碗」(文鳥舎・2007年4月10日収録)
    • 「居残り左平次」(文鳥舎・2007年7月10日収録)
    • 「鰻の幇間」(お江戸日本橋亭・2009年11月17日収録)
    • 「厩火事」(文鳥舎・2007年7月10日収録)
    • 「火事息子」(鳥越落語会・2008年11月18日収録)
    • 「片棒(落語随談付き)」(文鳥舎・2007年2月17日収録)
    • 「がまの油」(文鳥舎・2007年8月14日収録)
    • 「禁酒番屋」(文鳥舎・2007年11月13日収録)
    • 「近日息子」(コア石響・2008年1月19日収録)
    • 「黄金の大黒」(文鳥舎2007年6月12日収録)
    • 「熊の皮」(毘沙門天善国寺・2008年2月9日収録)
    • 「盃の殿様」(お江戸日本橋亭・2009年11月17日収録)
    • 「死神」(文鳥舎・2007年9月11日収録)
    • 「将棋の殿様」(新宿住友ホール・2008年10月21日収録)
    • 「鈴ヶ森」(文鳥舎・2007年12月11日収録)
    • 「粗忽長屋」(文鳥舎・2007年10月9日収録)
    • 「粗忽の釘」(Again・2007年5月18日収録)
    • 「幇間の炬燵」(毘沙門天善国寺・2008年2月9日収録)
    • 「二十四孝」(文鳥舎・2007年6月12日収録)
    • 「睨み返し」(文鳥舎・2007年12月11日収録)
    • 「噺家の夢」(文鳥舎・2007年2月17日収録)
    • 「船徳」(文鳥舎・2007年5月8日収録)
    • 「仏の遊び」(文鳥舎・2007年8月14日収録)
    • 「目黒のさんま」(お江戸日本橋亭・2007年10月2日収録)
    • 「もぐら泥」(文鳥舎・2007年3月13日収録)
    • 「百川」(横浜にぎわい座・2009年5月7日収録)
    • 「ラブレター」(お江戸日本橋亭・2010年10月8日収録)

著書[編集]

  • 『落語教育委員会』(東京書籍、2012年8月)- 三遊亭歌武蔵、柳家喬太郎との鼎談
  • 『柳家喜多八膝栗毛』(まむかいブックスギャラリー、2013年12月)- 柳家喜多八 制作協力、五十嵐秋子(東京音協)編

関連書籍[編集]

  • 『師匠噺』浜美雪 著(河出書房新社、2007年4月) - 師匠小三治に関するインタビューを掲載
  • 『青い空、白い雲、しゅーっという落語』堀井憲一郎 著(双葉社、2009年1月) - 著者によるコラム及びインタビューを掲載

脚注[編集]

  1. ^ a b “学習院大卒の落語家、柳家喜多八さん死去”. サンケイスポーツ. (2016年5月20日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160520/geo16052020220031-n1.html 2016年5月20日閲覧。 
  2. ^ 「落語教育委員会」 柳家喜多八、三遊亭歌武蔵、柳家喬太郎 東京書籍 2012年 p.166
  3. ^ 柳家喜多八 訃報(落語協会)”. 2016年5月20日閲覧。
  4. ^ 『師を離れ芸風確立へ-演芸 柳家喜多八の会』 保田武宏読売新聞2000年4月17日)
  5. ^ 『自分の世界へひきこむ手腕-寄席 喜多八の会』 大田博朝日新聞2002年6月)
  6. ^ 『柳家喜多八を聴いて楽しめぬ人は落語に向いてないとの意見』広瀬和生週刊ポスト2011年6月10日号)

外部リンク[編集]