安田大サーカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安田大サーカス
メンバー 団長安田
HIRO
クロちゃん
別名 安大
結成年 2001年
事務所 松竹芸能
活動時期 2001年 -
出会い 事務所
旧コンビ名 安田山中(団長)
ブルーサンダーズ(クロちゃん)
時宗(HIRO)
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才コント
ネタ作成者 団長安田
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2001年 『今宮子供えびすマンザイ新人コンクール』新人漫才奨励賞・子供大賞
2004年 『第25回ABCお笑い新人グランプリ』審査員特別賞
2006年 『第41回上方漫才大賞』奨励賞
テンプレートを表示

安田大サーカス(やすだだいサーカス、略称:安大)とは、団長安田HIROクロちゃんの3人によるお笑いグループである。所属事務所松竹芸能2001年平成13年)4月頃に結成された。

命名の由来[編集]

グループ名の名付け親は、ますだおかだの2人。日本有数の大サーカス団『木下大サーカス』がヒント。

お年寄から子供まで幅広い層に楽しんでもらえるお笑いになれという意味で「安田サーカス」と岡田が名付け、それに増田が「大」を入れて「安田大サーカス」となった[1]

団長は命名当初グループ名に疑問を持っていたが、「木下大サーカスとて木下団長は誰か分からんだろう」の岡田の一言で納得したという。

メンバー[編集]

団長安田(だんちょうやすだ、1974年昭和49年)4月26日 - )本名、安田 裕己(やすだ ひろみ)。

リーダー。ツッコミ担当。兵庫県西宮市出身。一番身長が低い。元ライフセーバー潜水ダイナミック・アプネア(フィン無し)元日本記録保持者(115m)。
元はコンビ「安田と竹内」。当時の相方は現在のタケウチパンダ。解散後しばらく犬の模型を相方にしていた。
実家では「お地蔵さん」と呼ばれているらしい[誰によって?]。高校の後輩である元大関琴光喜啓司と親交がある。
2009年7月9日精巣捻転症で緊急入院し、即日手術を行った。本人の話によると「腹痛がしたため、バスで病院に行き、すぐにオペをされた」とのこと。その後、院内のベッドの上で関西テレビの電話取材にも応じた。

クロちゃん1976年(昭和51年)12月10日 - )本名、黒川 明人(くろかわ あきひと)。

ボケ担当(大ボケ的存在)。広島県東広島市八本松出身。少林寺拳法の経験者。顔は怖いがソプラノボイス。結成前に関西テレビ『イカロスの翼』という関西ローカル番組に、本名の黒川明人名義で出演していた。
テレビ、ラジオ、ライブにおいて担当するコーナーが必ず早期終了するというジンクスがあるらしい[誰によって?]

HIRO(ひろ、1977年(昭和52年)4月20日 - )本名、廣瀬 康幸(ひろせ やすゆき)。

ボケ担当(小ボケ的存在)。和歌山県和歌山市出身。元大相撲力士。場の空気を読まずに食事をするなどして、共演者から突っ込まれることが多い。

安田特大サーカス[編集]

エンタの神様』出演時には、他のお笑い芸人と一緒に『安田特大サーカス』として出演した。組む芸人は殆どの場合無名だが、2006年8月12日放送分に出演した際は「ラッセーラー、ラッセーラー」つながりで猫ひろしと、同年12月2日放送分は「クローン男」としてザ・たっちと共演した。

芸風[編集]

主な持ちネタはショートコントや短い漫才である。「ラッセーラー、ラッセーラー、ラッセーラー、ラッセーラー」という掛け声で登場することが多い。その掛け声で登場するときはクロちゃんとHIROが土台となり組体操のような三人タワーを作り上げる。

スーツなど色々な衣装で登場することが多いが、オチで団長の服が破られふんどし1枚にされるネタが多い。しかし、ネタそのものよりも、ネタとネタの間に挿入されるアクションのほうが印象に残りやすい。

ネタの始めには、クロちゃんがそのコワモテの顔を見せ付けたあと、高音で「いつも元気なクロちゃんです!」(もしくは「クロちゃんです!」)と紹介する。しかし最近[いつ?]では、その台詞に団長が言葉を被せて、クロちゃんが「かぶってる!」と怒るパターンが多い。

ボケとツッコミの流れが終わるとHIROが満面の笑みを浮かべながら祭囃子風の和太鼓の口真似で「はいー!! どーん!どーん!どーん!」と叫び、団長は両手でピースをしながら「ベタベッタ!」と合いの手を入れ、HIROが「どどーん!どどーん!」と叫び、団長が「ベタでーす!」とネタのベタさを叫びながら締めくくる。その間、クロちゃんは甲高い声で笑いながら紙吹雪を撒き続ける。

乗り突っ込みが出ると、HIROの太鼓とクロちゃんの紙吹雪は同じだが団長のセリフは「乗り突っ込み!」/「大成功!!」となる。

最後の締めで団長がふんどし1枚にされた後は、団長のセリフは「オチでーす!」/「オチでーす!」となり、もう一度繰り返し「ヘクシュン!」(くしゃみ)/「安田大サーカスでした!!」となる。まれに団長だけでなく、クロちゃんやHIROも服を破られることがある。このとき、クロちゃんはピンクのブラジャーとパンツ、HIROは相撲の化粧まわし姿となり、HIROが四股を踏むと場内がひっくり返る、というオチになる。

テレビに多く出演するようになってから、バラエティ番組への出演ではアクションはあまり行わず、食い意地が張っているというより食べ物に対してのみ機敏で他ではまず動かないHIROを置き、振りで天然リアクションを取ったり、絶叫や抗議すら高音なクロちゃんが暴走するのを団長が(時にはHIROに命令して)締める、という立ち位置が多い。

「これからオペを始める。メス。」と言うとクロちゃんが「いやーん! 」。これは手術道具のメスと動物性別のメスをかけている。

最近は[いつ?]医師の勧めによりその回数を1日1回に制限されている、HIROの「2リットルペットボトルの10秒内の一気飲み」は、HIROも参戦していたTBSの特番『フードバトルクラブ』にて他の選手がやっているのを見て会得したものである。

稀に3人に新メンバーを加えるという話題が上がることがある。2005年には、身長2メートルの黒人男性を新メンバーに加えるという話が出たが、HIROとクロちゃんの反対もあり実現はしなかった。

舞台では7分程度のコント桃太郎をする事もある。

3人それぞれのキャラが浸透してきたため、それぞれ単独での出演も増えてきている。

受賞歴[編集]

出演番組[編集]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

ドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

インターネットテレビ[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

テレビCM[編集]

  • フクピカ(SOFT 99
    • 裸体に金粉を塗って出演。
    • キャッチコピーは「どーん!どーん!どーん!」「フクピッカ!」「どどーん!どどーん!」「ピカピッカ!」。
  • 肌研(ハダラボ) - 化粧水の極潤ヒアルロン液(ロート製薬
    • クロちゃんのみナレーターとして出演。
  • ボールドP&Gジャパン
    • 「安田大造園」の植木職人役で玉山鉄二と共演。劇中では玉山とクロちゃんがメイン。
  • こてっちゃんエスフーズ
    • BSE問題で販売休止になっていた「こてっちゃん」が2007年3月末から販売を再開した。知名度アップのために2007年4月中に関西地区限定で放映。3人がエスフーズのロゴの入ったTシャツ姿で「こてこてこてこてこてっちゃん!」「クロクロクロクロクロちゃんです!」とちゃぶ台を一周する。ちなみにエスフーズの本社は団長の出身地である西宮市に所在する。

パチスロ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『第1回M-1グランプリ』(2001年)でのますだおかだインタビューより。

外部リンク[編集]