たむらけんじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たむらけんじ
Kenji Tamura
本名 田村 憲司(たむら けんじ)
ニックネーム たむけん おたむ むらちゃん(タコ兄のみ)
生年月日 (1973-05-04) 1973年5月4日(49歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府阪南市
血液型 A型[1]
身長 180cm
言語 日本語
方言 大阪弁泉州弁)
最終学歴 大阪府立和泉高等学校
出身 NSC大阪校11期
コンビ名 LaLaLa(1992年 - 1999年)
相方 大北貴洋(元相方)
事務所 吉本興業
活動時期 1993年 - 2023年5月4日
同期 ケンドーコバヤシ
陣内智則
中川家
ハリウッドザコシショウ
児嶋一哉アンジャッシュ)など
現在の代表番組 おはよう朝日です
探偵!ナイトスクープ
せやねん!
水曜日のダウンタウン
大阪ほんわかテレビ
よ〜いドン!
過去の代表番組 ガツン!
ビーバップ!ハイヒール
他の活動 飲食店経営者
配偶者 一般人女性(1990年代 - 2013年
公式サイト たむらけんじ 公式サイト
テンプレートを表示

たむら けんじ(本名:田村 憲司(読み同じ)、1973年昭和48年〉5月4日 - )は、日本お笑いタレント司会者実業家大阪府阪南市出身。吉本興業大阪本社所属。NSC大阪校11期生。身長180cm、体重82kg。足のサイズ28.5cm。「炭火焼肉たむら」を運営する株式会社田村道場の代表取締役。愛称は「たむけん」。

阪南市立貝掛中学校大阪府立和泉高等学校卒業。元妻との間に1男2女がいる。

概要[編集]

在阪局制作の関西ローカル番組で多数のレギュラーを抱える。

小・中学校時代の同級生に辻憲太郎(毎日放送解説委員)、NSC大阪校11期生の同期生に陣内智則ケンドーコバヤシ中川家ハリガネロック烏川耕一ハリウッドザコシショウたいぞうなどがいる。吉本以外の同期には児嶋一哉アンジャッシュ)などがいた。

スポーツに関しては野球が好きで、小学校時代には軟式野球チームで捕手としてプレーした。以前は、元埼玉西武ライオンズ投手谷中真二とバッテリーを組んでいた。プロ野球では以前、父親の影響で巨人ファンであったが、2004年の球界再編騒動以降は特に巨人に嫌気が刺したのか、何故かオリックス・バファローズに鞍替えしたことを公言している。たむらの名前入りの特注のユニホームを所持しているほか、オリックスのT-岡田にオリジナルのパフォーマンスを伝授した[2]。この他にも、阪神タイガースや巨人の選手とも交友が深く、西岡剛福留孝介 (現:中日ドラゴンズ) とも仲が良い。

サッカーではガンバ大阪のファンで、『GAMBA TV〜青と黒〜』(毎日放送のガンバ情報・応援番組)のMCも担当。ガンバ大阪の新旧選手や、FC琉球播戸竜二(2009年までG大阪に所属)とも仲が良く、ガンバのゴールキーパーだった木村敦志にはたむらが自ら営む「炭火焼肉 たむら」へ関与させている。また、東京ヴェルディ大久保嘉人2010 FIFAワールドカップでゴールを決めれば、ゴールパフォーマンスにたむらの持ちネタでもある「ちゃー」をやるという約束をしていた[3]

中学時代からソフトテニスを始め、2年生のときに大阪府大会で優勝した経験がある。たむらも進学にあたって和泉高校を選択したのも、同高がソフトテニスの強豪校だったからである[4]。なお、たむらは現在も定期的にソフトテニスをプレーしている。たむらは、メジャースポーツにしたいという気持ちを持っており、2021年12月から翌年2月にかけて行われる日本ソフトテニス連盟の「ナショナルチーム派遣事業」のアンバサダーにも就任している[5]

ネタ[編集]

  • 陣内智則を筆頭に、売れている芸人をけなす一言ネタや[6]持ちネタの「ちゃー」を使ったダジャレが多い[7]。そのふんどし姿を使ったショートコントや、売れている芸人のネタを「ちゃー」に置き換えたぱくりネタ「他人のギャグを何のためらいもなくパクるシリーズ」もある。他にも、「あややい」などのギャグもある[8]
  • ちなみに、「ちゃー」というおなじみの一発芸はたむらの息子が考案し[9]、たむらが5,000円で買い取ったものである[8]
  • 舌が長く、舌を使って鼻の穴にグリーンピースを入れる一発芸がある[10]

来歴[編集]

お笑い芸人[編集]

たむらは1992年より、大阪府立和泉高等学校の同級生である大北貴洋とコンビ「LaLaLa」を組んでプロとして活動していたが、1999年8月にコンビも解散となった。同年10月には芸名をひらがな表記にし、以降はピン芸人として活動している[11]。大北とは高校生のときからコンビを組んでいて、文化祭などに出ていた。

2001年9月にbaseよしもとを卒業後は東京に進出し、主にルミネtheよしもとの舞台でピン芸をやったり、新喜劇に参加していた。しかし2003年に拠点を大阪に戻し、それ以降はうめだ花月を中心に活動している。

2006年には、『M-1グランプリ』に山崎邦正(現:月亭方正)と竹山隆範とともに「たむらけんじと竹山崎」として参戦した。だが、結果は三回戦で敗退に終わり、加えて時間切れによる強制終了だった。

2012年、10年ぶりにR-1ぐらんぷりに参戦。たむらも10年前は芸人ではほぼあり得ない一回戦敗退を喫しただけに、自ら雪辱を誓っていたが結局三回戦で敗退となった[12]

2012年10月20日、21日、芸歴20周年ライブ「TKF大祭り」を淡路島国営明石海峡公園で開催。所属事務所の枠を超えた芸人や歌手が多数出演していた。

2021年12月4日放送のMBS『せやねん!』でのVTR内にて、たむらは「50歳の誕生日でもう引退しようと思ってるんです」と芸人引退を示唆する発言をした。一方で「70歳くらいまで芸人やってたらごめんな」とも発言していた。たむらは同月18日のソフトテニスのイベント内で、記者から番組内での発言について問われた際、状況が整えば50歳の誕生日(2023年5月4日)での芸人を引退することをあらためて明言した。たむらは、周囲の状況の変化などによる変更の可能性を残しながらも、「お笑いをマックスでやらせてもらいました。お笑い芸人としては燃えつきた。もうこれ以上はないです」「1回、区切りをつけて違うところに飛び込んでみたいなと」と自ら説明している。なお、たむらのこの発言は、吉本の先輩でもあるダウンタウン松本人志にも報告を済んでいる[13][14]

実業家[編集]

2006年12月、たむらは大阪市城東区蒲生四丁目)に焼肉の店「炭火焼肉たむら」1号店をオープン。店の看板のロゴ文字は、後輩芸人である野性爆弾川島邦裕(現・くっきー!)による[15]。そもそもは、たむらの義母が経営していた店舗だったが、諸事情によりたむら本人が経営を引き継ぐことになった[15]

2007年11月1日には、大阪市中央区南船場に2号店をオープン。後輩や同期の芸人から幾度となくネタにされ、「実業家芸人」のイメージが定着する。2008年2月14日放送分のTBS『むちゃぶり!』で、年商6億円であることを明かした。この時、たむらがネタを8年作っていないことも告白した。

2008年3月22日に行われた亀田興毅の復帰戦で「炭火焼肉たむら」が亀田のスポンサーについた[16]。2008年6月6日、名古屋市の複合施設「サンシャイン栄」6階に、ファッションデザイナーのNIGOがデザインを手がけたVIPルーム完備の焼肉店「炭火焼肉たむら」3号店をオープン。2008年7月10日、神戸市須磨海水浴場内の海の家「fu-rin」に、「炭火焼肉たむら 須磨の海の家店」を8月31日までの期間限定で出店[17]

2008年7月28日、「炭火焼肉たむら」名古屋店が客4名へ食中毒被害を起こし営業停止処分となり、たむらが謝罪会見を行った。会見でたむらは、営業停止令の下っていない3店舗も含めた営業の一斉自粛を決めた。この騒動を受け、前年に引き続き予定されていた読売テレビ主催のイベント「わくわく宝島2008」への出店を中止した[18]

2009年6月6日、「鉄板焼たむら」をオープン。2011年9月29日、新大阪駅構内のフードコート「大阪のれんめぐり」に「炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー屋さん」をオープン。2012年4月27日、「炭火焼肉たむら」奈良店開店。2016年9月をもって、新大阪の「炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー屋さん」をたむら けんじ(実業家。本名、田村 憲司)とタレント契約をしている吉本興業も、公的に説明できない大人の事情という曖昧な形をもって閉店する[19]。後に伊丹空港のレストラン街リニューアル工事前に期間限定出店で「炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー屋さん」伊丹空港店を開店。またカレーの派生として「炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレーパン屋さん」を天満とジャンジャン横丁に開店。

2015年5月13日には、たむら自らの主催で「大阪都構想勉強LIVE」を開催した[20]。2015年10月、奈良市三条町でカフェ「nagood」を開店するが、後に閉店した。2016年には大阪府箕面市にて新車・中古車の販売・買取・整備を行う「株式会社フィッシュブル」を開店。なお、「たむ犬.com」という犬の手作りご飯もプロデュースしている。

2021年に前述の芸人引退を名言した際に、たむらは「アメリカに行ってやりたいことが何個かあるんです」と引退後は渡米する予定としている。たむらは、記者から焼肉店の海外展開などの可能性を聞かれると、「面白くないでしょう」「やるならミシュラン店をつくるとか」と答えており、焼肉店などの経営は知人に任せる意向も語った[13][14]

プライベート[編集]

たむらが20歳の頃、地元大阪でモデルをしていたデビュー前の鈴木紗理奈(当時16歳)と交際していた。2014年2月8日放送の『めちゃ×2イケてるっ!』で発覚後[21]、紗理奈とは度々番組で共演していた。

2013年7月29日、かつて別居中だった妻と7月中旬に離婚、約15年間の結婚生活にピリオドを打ったことが報じられている。

2019年1月初頭、大阪市内のラーメン店でスタッフから希望されたサインや記念撮影に快諾したところで、たむらはその後、Twitterで店のスタッフから「マイク、カメラなかったらおもろない奴でした」と侮辱された。これには店に非難が殺到したが、たむらが「向こうへのお言葉はもうやめましょう」と事態の収拾に努めたため騒動は程なくして鎮静化した[22]

2020年6月4日、新型コロナウイルス感染症対策のため、アルコール消毒液約450リットル(500ミリリットルアルコール約900本分相当)を阪南市に寄付した[23]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

現在のレギュラー出演[編集]

過去のレギュラー出演[編集]

ラジオ番組[編集]

  • 上泉雄一のええなぁ!毎日放送) - 平日のランチタイムで放送を開始した2009年4月から、たむらは2015年3月まで月曜日のレギュラーパートナーを務めた。放送枠を平日の夕方へ移動した2015年4月以降は、不定期で金曜日に出演した後に自然降板。

ウェブテレビ[編集]

アニメ[編集]

映画[編集]

  • 湾岸フルスロットル1(2008年)辻本(R Magic伝説のチューナー)役
  • 湾岸フルスロットル2(2008年)辻本(R Magic伝説のチューナー)役
  • 新見的おとぎばなし(2013年)

CM[編集]

PV[編集]

著書[編集]

DVD[編集]

Vシネマ[編集]

  • 湾岸フルスロットル(2008年) 伝説のロータリーチューナー辻本役

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ タレント詳細 吉本興業
  2. ^ T-岡田“たむけんネタ”解禁だ - デイリースポーツ 2010年4月2日 Archived 2010年4月4日, at the Wayback Machine.
  3. ^ 大久保、たむけんに約束し“ちゃ〜”った! - デイリースポーツ 2009年12月23日 Archived 2009年12月23日, at the Wayback Machine.
  4. ^ “たむらけんじがソフトテニスアンバサダー就任「メジャーにしたいんや!」卓球に対抗心”. スポーツ報知. (2021年12月19日). https://hochi.news/articles/20211218-OHT1T51193.html?page=1 221-12-19閲覧。 
  5. ^ “たむらけんじ、中学時代にソフトテニス大阪王者だった 普及に全力「オリンピック種目になってくれたら」”. ORICON NEWS. (2021年12月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2218074/full/ 221-12-19閲覧。 
  6. ^ たむらけんじの東京で売れてる芸人犬に噛まれろ!!(竹書房)「たむけん愛の芸人斬り劇場」の章などより
  7. ^ たむらけんじ 澤結婚「おめでちゃー」”. デイリースポーツ (2015年8月11日). 2015年9月29日閲覧。など
  8. ^ a b たむらけんじの東京で売れてる芸人犬に噛まれろ!!(竹書房)「たむけんになるための七つ道具」の章より
  9. ^ 「いい人でいてください」たむけんがYCCで特別講義”. お笑いナタリー (2012年10月28日). 2015年9月29日閲覧。
  10. ^ たむらけんじプロフィール”. 朝日放送『おはよう朝日です』. 2015年9月29日閲覧。
  11. ^ たむけん「辛い、辛すぎます」「ただただ悲しい」慕う雨上がり決死隊解散に”. 日刊スポーツ (2021年8月17日). 2021年8月17日閲覧。
  12. ^ たむけん10年ぶりの参戦「R-1ぐらんぷり2012」開催会見”. お笑いナタリー (2011年12月21日). 2017年5月29日閲覧。
  13. ^ a b “たむらけんじ、50歳誕生日で芸人引退を明言「燃えつきた」 区切りをつけて渡米を予告”. ORICON NEWS. (2021年12月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2218233/full/ 
  14. ^ a b “たむらけんじ 50歳で引退発表、渡米へ 松本人志には報告済「お前だけずるい」”. デイリースポーツ online. (2021年12月19日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/12/19/0014926907.shtml 
  15. ^ a b なぜド素人経営者の焼肉屋は繁盛したのか?(ワニブックス)第一章 「炭火焼肉たむら繁盛記」より
  16. ^ たむけんが興毅復帰戦スポンサー”. スポーツニッポン (2008年3月20日). 2017年5月29日閲覧。
  17. ^ たむけん 須磨海岸でチャ〜レンジ”. スポーツニッポン (2008年6月30日). 2017年5月29日閲覧。
  18. ^ たむけん焼き肉店がイベント出店中止”. 日刊スポーツ (2008年8月1日). 2017年5月29日閲覧。
  19. ^ “たむけん、新大阪の“カレー屋”閉店へ 撤退は「大人の事情」”. ORICON STYLE. (2016年4月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2070353/full/ 2016年4月19日閲覧。 
  20. ^ たむけん主催の都構想勉強会に300人”. デイリースポーツ (2015年5月13日). 2015年9月29日閲覧。
  21. ^ 鈴木紗理奈&たむらけんじ、20年前に交際していた!-オリコンニュース
  22. ^ お笑い芸人たむらけんじ氏を揶揄したラーメン店が大炎上。飲食店が持つべき4つの意識とは? YAHOO!ニュース 2019/12/28(土) 17:03(2020年1月6日閲覧)
  23. ^ “たむらけんじがふるさと大使を務める大阪・阪南市にアルコール消毒液を寄付”. スポーツ報知. (2020-0604). https://hochi.news/articles/20200604-OHT1T50141.html 
  24. ^ たむけん“お笑い抜き”本格的ビジネス番組 はるな愛とコンビ”. スポニチ (2015年10月6日). 2015年10月6日閲覧。
  25. ^ ジュニア、ザコシ、かまいたち山内ら初参戦「ドキュメンタル」シーズン5本日配信(コメントあり)”. お笑いナタリー (2018年4月20日). 2018年4月22日閲覧。
  26. ^ たむけんがBERRY GOODMANのMVで結婚する娘を見送る父親役”. お笑いナタリー (2016年2月18日). 2016年2月19日閲覧。
  27. ^ あゆみくりかまき「ゴマスリッパー」特集 あゆみくりかまき×たむらけんじ対談│たむけんに学ぶゴマすりの極意”. お笑いナタリー (2017年4月12日). 2017年4月20日閲覧。

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]