ジャンプ!○○中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャンプ!○○中
ジャンル バラエティ番組
演出 石井浩二
出演者 チュートリアル徳井義実/福田充徳
オリエンタルラジオ中田敦彦/藤森慎吾
山本裕典
ナレーター マーク・大喜多(『クロノス』班企画)
小山力也(旧『水10!』班企画)
オープニング 『Do You Remember Rock'N'Roll Radio?』/ラモーンズ
製作
プロデューサー 石井浩二
制作 フジテレビジョン
放送
音声形式 ステレオ
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2007年10月17日 - 2008年3月19日
放送時間 毎週水曜 22:00 - 22:54
放送分 54分
ジャンプ!○○中 - フジテレビ
テンプレートを表示

ジャンプ!○○中』(ジャンプ!マルマルちゅう)は、2007年平成19年)10月17日から2008年平成20年)3月19日までフジテレビ系(ただしクロスネット局テレビ大分 (TOS) を除く)で毎週水曜22:00-22:54(JST、以下も同様)に放送されていたバラエティ番組である。

概要[編集]

ゲーム、トーク等、「○○中」(○○には「生態調査中」を除き漢字2文字が入る)と題した様々な企画を展開する。

放送回によって主軸となる制作スタッフも変えており、前番組『水10!』から引き続き担当する班(以降、旧『水10!』班と記述)と、2004年6月から放送されている『run for money 逃走中』をはじめとする『クロノス』のゲーム企画を制作する班(以降、『クロノス』班と記述)が、ほぼ隔週ペースで担当していた。特番の場合は基本的に、前半が「逃走中」(『クロノス』班担当)、後半が旧『水10!』班担当の企画と分かれていた(例外あり)。共通のオープニング映像や番組フォーマットは、旧『水10!』班が制作。2つの班での共同企画などは一度もなかった。

2008年4月より『爆笑レッドカーペット』のレギュラー化が決定し、終了となった。

放送日時[編集]

  • 毎週水曜日 22:00-22:54
    • フジテレビ系列(ただし、テレビ大分除く)
  • 毎週水曜日 14:05-15:00
本来の放送日時には日本テレビ系の水曜ドラマを放送。

出演者[編集]

レギュラー[編集]

オープニング映像など、番組内での衣装は基本的に全員がスーツ。『クロノス』班の企画ではゲームの性質上、別衣装となる。

ナレーター[編集]

アナウンサー[編集]

  • 渡辺和洋 - 「生態調査中」と「執筆中」を主に仕切る。

企画一覧表[編集]

『クロノス』班制作[編集]

撮影の関係上地上デジタル放送の場合はピラーボックスでの放送であり、右のサイドバーには「企画名」、左のサイドバーにはゲームに参加している残り人数が表示されており、同製作班共通のオープニングのみハイビジョンでの放送。2008年3月5日の放送のみ、逃走中のタイトルロゴやエリア地図など撮影映像以外の一部がハイビジョンで制作された(その時は16:9の地上デジタル放送では左右に表示されるサイドバーが消えて、サイドバー部分を除く映像が16:9画面いっぱいに表示されていた)。

大筋、深夜時に放送されていた演出やBGM等を変更せずに制作。

run for money 逃走中[編集]

同局で2004年6月26日から放送されている同名番組及び、2007年9月23日まで放送されていた深夜レギュラー番組『クロノス』内の同名企画を、番組を移して実施。基本ルールについては『逃走中(単発番組)』の項目を参照。ミッション(本部からの指令)や通達(本部から通知される新ルール)もそのまま。本項目内では、賞金・ハンターの数などに変動がある場合にはその都度記載する。

この番組からの変更点は以下のとおり。

  • 演出のCGなどのデザイン変更
  • 牢獄(確保された逃走者が収容される檻)にモニターが設置され、様子を見ることができる(ハンター追加など特殊なシーンのみで、特にない場合は設置されていない)。

これらの変更点は、密告中・護衛中および、当番組終了後に放送されている『逃走中(第7回以降)』にも共通。

ロケ地と放送日

回数は企画内容ごとのカウントとする。

密告中[編集]

2007年9月23日まで同局で放送されていた深夜レギュラー番組『クロノス』内の同名企画を、番組を移して実施。基本ルールについては『クロノス(密告中)』の項目を参照。今回の変更点は以下の通り。

  • ゼッケンのデザイン変更。黒い革の盾のようなハードな風貌で、番号も黒字から白字になり、サイズも大きく見やすくなった。ゼッケンを身につけるベルトも光沢感があるエナメル素材と思われるものが使用され、色は黒に統一されている。
    • タッグ戦でのゼッケンは淵の色がチームカラーになる。
  • 双眼鏡の所持がなくなり、逃走中同様に全身に防具をつけるようになった。
  • 故意的に背中の番号を直接地面や壁にくっつける行為が禁止となった。
  • ルール説明に使われるイラストがクレイアニメになった。
  • ハンターは特殊部隊(ソルジャー)などの形で登場する。役割はそのまま。
  • アイテムが数種類登場している。以下の通り。
    • 双眼鏡 - 20倍ズームで遠距離密告を狙える。
    • 仮面 - 派手な装飾が目立つ仮面。顔を隠して間違い密告を誘う。
    • バズーカライト - 重さ8kgの巨大なライト。強力な光で相手をひるませる。
    • カギ - 施錠されている特定の建物に入れる。
    • フラッシュマシーン - カメラ用らしき小型ストロボ。強い光で相手の目を眩ませる。
ロケ地と放送日

回数は企画内容ごとのカウントとする。

護衛中[編集]

2007年9月23日まで同局で放送されていた深夜レギュラー番組『クロノス』内の同名企画を、番組を移して実施。基本ルールについては『クロノス(護衛中)』の項目を参照。今回の変更点は以下の通り。

  • 賞金は固定額である[1]
  • 支給される盾が大型になり、デザインも変更された。
  • 敵チーム同士が出会うと、その場にいるチーム毎のメンバーが紹介される。
ロケ地と放送日

回数は企画内容ごとのカウントとする。

公式サイトではこのコーナーのみ紹介がなかった。

旧『水10!』班制作[編集]

生態調査中 バベルの塔[編集]

毎回1つのテーマに沿った50人(女芸人・ニューハーフなど)をスタジオに集めて、視聴者の疑問からトークを広げていく。スタジオの上では渡辺アナ以外に来賓として3組のゲストが座り、トークを見守ったり茶々を入れたりする。

50人の席にはそれぞれ、クイズ番組で使われるようなライトペンでパネルに書く形式の装置が設置されており、質問にはそのパネルに筆答形式で回答をしてもらう(YES/NOで答える問題ではスタッフが専用の表示に変換しており「ジャンプ! システム」と称している)。また、50人の回答形式をランキング形式で並べる質問の場合、塔の形をした縦にモニター5個が積み上げられたセットで、ベスト5が表示されていく。

一通りまとまったら、結果(その人の発言内容や円グラフなど)が掲示される。

かつてTBS系列で放送されていた『上岡龍太郎がズバリ!』と、フォーマットが類似している。

調査対象と放送日

回数は企画内容ごとのカウントとする。

  • 第1回 2007年10月17日 女芸人50人
  • 第2回 2007年10月24日・11月7日 ニューハーフ50人
  • 第3回 2007年12月12日 元アイドル50人
  • 第4回 2008年1月9日 名物マネージャーとタレント25組50人
  • 第5回 2008年1月23日・2月6日 美人女医50人
  • 第6回 2008年3月12日 総集編
  • 第7回 2008年3月19日 レギュラーメンバー5人(放送枠15分拡大)

挑戦中 〜24minutes〜[編集]

24分間の制限時間で、番組から出された課題を達成できたら賞金100万円。

挑むのは2人。各挑戦者には、スーツ姿のレポーター(白いスーツのチュートリアルと、黒いスーツのオリエンタルラジオ)が帯同する。レポーターは挑戦者を見守りながら、茶々を入れたりして現場を盛り上げる。

テレビドラマ「24 -TWENTY FOUR-」を意識した演出が多く、この企画のナレーターも、同ドラマでジャック・バウアーの吹き替えの小山力也である。

当初は様々な課題が予定されていて、たとえば『24分間でどれだけ現金を用意できるか!?』などがあったが[要出典]、放送されたのは『24分間で2kg太れるか!?』のみ。そのゲームのルールは以下の通り。

  • 挑戦者は番組特製のグルメマップを使いながら店を自由に選べる。
  • 同行するレポーターにファストフード店へ食べ物を買いに行かせることも可能。
  • 最低でも2店舗の飲食が必要。
  • 水のみで体重を増やす行為は禁止。
  • 途中、1回だけ体重を確認できる。
ロケ地と放送日

回数は企画内容ごとのカウントとする。

  • 第1回 放送日2007年11月7日 東京・下北沢
  • 第2回 放送日2008年2月6日 東京・吉祥寺

執筆中[編集]

4人1組で、予め出されたテーマに沿って、リレー形式で小説を書き、それを山本裕典とゲストが演じて映像化(ドラマ化)する。

1人当たり原稿用紙1枚(400字)、制限時間は1時間。

レギュラーチーム(チュートリアル・オリエンタルラジオ)対ゲストチームの対抗戦形式で、どちらがよりテーマに合っていたか競う。

ゲスト審査員3名に観客97名を含めた計100名が、どちらのチームの作品がテーマに合って優れていたかを投票。得票数の多かったチームの勝利となり、票数×1万円の執筆料を獲得。

ゲストチーム・テーマと放送日

回数は企画内容ごとのカウントとする。

その他[編集]

これ以外にも放送開始前に「真偽中」という名の企画が発表されていたが、一度も放送されなかった。

スタッフ[編集]

共通スタッフ[編集]

『クロノス』班[編集]

旧「水10!」班[編集]

  • 制作協力:NET WEB
  • 演出:中澤智有、渡辺剛
  • 構成:鈴木おさむ樋口卓治都築浩桜井慎一石原健次天野慎也、大井達朗、佐藤俊明、小杉四駆郎
  • ディレクター:飯村徹郎、渡辺資、名城ラリータ、岡田純一、吉田昌平、川瀬貴裕、古澤光広
  • AP(アシスタントプロデューサー):鈴木美絵
  • オブザーバーディレクター:清水泰貴
  • ナレーター:小山力也
  • FD(フロアディレクター):青木達生、高橋洋子
  • デスク:和泉愛
  • TP(テクニカルプロデューサー):高瀬義美【生態調査中】
  • TD(テクニカルディレクター):佐々木信一【執筆中】
  • SW(スイッチャー):藤本敏行【生態調査中】、菅野恒雄【執筆中】
  • カメラ:岩田一巳【生態調査中】、石井友幸・八柄哲【執筆中】
  • VE(ビデオエンジニア):原啓教【生態調査中】、川崎淳・高垣俊宏【執筆中】
  • 音声:松本政利【生態調査中】、太田勝巳【執筆中】
  • 照明:佐藤博樹
  • 編集:一ノ瀬勝(笑カンパニー)
  • MA:中村和弘(笑カンパニー)
  • 音響効果:松長芳樹 (Digitalcircus)
  • 美術制作:井上幸夫
  • デザイン:棈木陽次
  • 美術進行:西村貴則
  • 大道具:藤根太郎
  • アクリル装飾:児玉希生
  • 電飾:林将大
  • アートフレーム:菅沼和海
  • 特殊装置:日下信二【生態調査中】、中溝雅彦【執筆中】
  • 装飾:北川貴啓
  • 衣裳:伊藤美恵子
  • 持道具:市村真希
  • メイク:原田妃佳留
  • スタイリスト:宇山弥和子
  • CG:田中秀幸(フレイムグラフィックス)
  • TK(タイムキーパー):平井冴子
  • 技術協力:ニユーテレス【生態調査中】、共同テレビ【執筆中】、FLT

備考[編集]

  • この枠からCM枠が5分30秒に縮小した(2010年9月の『爆笑レッドシアター』終了 - 2011年10月にて5分に縮小していた期間を除き、現在まで継続)。
  • 提供クレジットは水10!時代は16秒に対し、この枠からは15秒で表示される。
  • 番組の冒頭に全スポンサークレジットが表示される。この手法は「クロノス」及び「逃走中(単発番組)」と同様。但し旧「水10」班制作回では例外もあった。
  • 筆頭スポンサーの花王は水10!のワンナイ過度期からオリキュン時代までは提供クレジットを控えており、この番組にてスポンサー復帰したが、挑戦中「24分間で2kg太れるか?」放送回のみ提供クレジットを控えた。
  • 一時期KDDIが番組スポンサーを降りていた時期があったが、「クロノス」班のゲームで使われていたのはauの携帯のみでSoftBankのものは使われていない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 放送予告では従来通りの変動型と紹介されていた。

外部リンク[編集]

  • ジャンプ!○○中(フジテレビ)- インターネットアーカイブ、2010年9月29日版、2012年11月12日閲覧
フジテレビ 水曜22時枠
前番組 番組名 次番組
水10!
(2002年4月 - 2007年9月)
ジャンプ!○○中
(2007年10月 - 2008年3月)
爆笑レッドカーペット
(2008年4月 - 2009年3月)
【土曜19時枠に移動】