みやなおこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みや なおこ 
本名 宮本 直子
生年月日 (1962-02-26) 1962年2月26日(55歳)
出生地 大阪市
身長 158cm
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台ナレーション
事務所 リコモーション
公式サイト みやなおこです!!

みや なおこ(みや なおこ、1962年2月26日 - )日本の俳優。所属事務所キューブリコモーション東京)。血液型B型。大阪府立住吉高等学校同志社大学経済学部卒業。 劇団そとばこまち出身。

略歴[編集]

生瀬勝久山西惇、と共に、劇団の看板女優として「冬の絵空」「おまえを殺しちゃうかもしれない」など、2001年退団までに、50本以上のほとんどの舞台に出演。

外部プロデュース公演にも数多く出演。コントからシリアス、少女からおばあちゃんまで演技の幅は広い。

また舞台だけではなく、TVドラマやCM、レポーター、ナレーション、ラジオパーソナリティなど、数多くのレギュラーを経験。

よみうりテレビで深夜放送された、コント番組シリーズ「週刊テレビ広辞苑」「現代用語の基礎体力」には生瀬とともに出演。 「探偵ナイトスクープ」では秘書の代理も務める。

2002年2月に、演劇企画ユニットDONNA・DONNAを旗揚げ。プロデューサー兼女優として活動。

代表作は、谷口秀一作・演出の二人芝居、「なんぼのもんじゃい」。 1987年の初演より2004年再演まで何度も再演を重ねる。

アロマテラピーインストラクター、バッチフラワープラクティショナー、ホメオパス、認定心理士などの資格を持つ。

出演[編集]

舞台[編集]

1982年 - 1988年、辰巳琢郎・上海太郎座長

蒔田光治、小松純也のオリジナルをはじめ、シェークスピアや海外の戯曲など、様々なジャンルの舞台を経験する。

  • 「冬の絵空」
  • 「オズの魔法使い」
  • 「からさわぎ」
  • 「オセロ」
  • 「セイムタイムネクストイヤー」
  • 「赤川次郎シリーズ」
  • 「猿飛佐助」
  • 「あの大鴉さえも」
  • 「デジャ・ヴュ」
  • 「テンペスト」
  • 「五線譜のうえの国」
  • 「風のウィザード」
  • 「追跡神秘少女アイスドールを追え」
  • 「中華風倭人伝」
  • 「おかしな二人」  他
1988年 - 2001年、生瀬勝久座長

生瀬のオリジナルにこだわった作品に、看板女優としてほとんどの舞台に出演。2001年、生瀬、山西とともに退団。

  • 「A HORROR SHOW Zizzy」
  • 「ANCIENT AGES」
  • 「森に行きましょう」
  • 「祭王ーバッカスの右腕」
  • 「そとばこまちプロデュース 冬の絵空」
  • 「さよならアトリエFare well Party コンビニ」
  • 「生瀬勝久"復活"記念公演 JESUS CLIENT SUPER STAR」
  • 「TORCH」
  • 「龍天華乱」
  • 「冬の絵空」
  • 「祭王ーバッカスの右腕」
  • 「そとばこまちインターナショナル LOOT-紳士と棺」
  • 「ビデオマン」
  • 「王様の決めた7つのルール」
  • 「平熱マン〜月曜日の朝、僕はリハビリ」
  • 「そとばこまちプロデュース なんぼのもんじゃい」
  • 「おまえを殺しちゃうかもしれない」
  • 「そとばこまちプロデュース リバイバル」
  • 「バットマン」
  • 「友情しごき教室」 
劇団そとばこまち退団後

テレビドラマ[編集]

NHK
フジテレビ
関西テレビ
TBSテレビ
日本テレビ
テレビ朝日/朝日放送

CM[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

Vシネマ[編集]

ナレーション[編集]

受賞歴[編集]

  • 第69回文化庁芸術祭・優秀賞(2014年) - 玉造小劇店 配給芝居vol.15『おもてなし』における演技に対して[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第69回文化庁芸術祭賞が発表に”. シアターガイド (2014年12月26日). 2015年1月5日閲覧。

外部リンク[編集]