グーグーだって猫である

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

グーグーだって猫である』(グーグーだってねこである)は大島弓子漫画作品、およびそれを原作とした映画およびテレビドラマ作品。

タイトル・ロールとなっているアメリカンショートヘア、「グーグー」を始めとする猫たちと作者との生活を綴ったエッセイ漫画。『ヤングロゼ1996年11月号から1997年8月号まで連載され、その後『本の旅人』に移籍し2011年6月号まで連載された。全6巻。第12回手塚治虫文化賞短編賞受賞。

2008年に映画化、2014年2016年にテレビドラマ化されている。

コミックス[編集]

単行本[編集]

角川書店

  1. 2000年07月28日刊行、ISBN 4-04-853258-8
  2. 2002年12月03日刊行、ISBN 4-04-853535-8
  3. 2007年05月25日刊行、ISBN 4-04-854097-1
  4. 2008年05月29日刊行、ISBN 4-04-854186-2
  5. 2010年02月25日刊行、ISBN 4-04-854473-X
  6. 2011年09月22日刊行、ISBN 4-04-874249-3

文庫本[編集]

角川文庫

  1. 2008年06月25日刊行、ISBN 978-4-04-434802-1
  2. 2008年07月25日刊行、ISBN 978-4-04-434803-8
  3. 2010年02月25日刊行、ISBN 978-4-04-434804-5
  4. 2011年09月23日刊行、ISBN 978-4-04-434805-2
  5. 2013年07月25日刊行、ISBN 978-4-04-100691-7
  6. 2014年06月25日刊行、ISBN 978-4-04-101377-9

映画[編集]

グーグーだって猫である
監督 犬童一心
脚本 犬童一心
製作 久保田修
小川真司
出演者 小泉今日子
上野樹里
加瀬亮
音楽 細野晴臣
主題歌 小泉今日子 / 細野晴臣
「グッド グッド good good」
製作会社 「グーグーだって猫である」フィルム・コミッティ
配給 アスミック・エース
公開 日本の旗 2008年9月6日
中華民国の旗 2009年7月24日
上映時間 116分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3.6億円
テンプレートを表示

2008年9月6日公開。エッセイ漫画を原作としているが、主人公は大島をモデルとした「小島麻子」となっている。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ソフト化[編集]

  • グーグーだって猫である ニャンダフル・ディスク付き(DVD2枚組、2009年2月6日発売、発売元・アスミック・エース、販売元・角川映画)
    • ディスク1:本編DVD
      • 映像特典
        • 「グッド グッド good good」ミュージックビデオ
        • 予告編集
      • 音声特典
        • 視覚障がい者用音声ガイド
    • ディスク2:特典DVD
      • メイキング グーグーだって猫である making special
      • 小泉今日子×細野晴臣 スペシャル対談&音楽メイキング
      • グーグーが吉祥寺にやってきた!(吉祥寺イベント映像集)
      • グーグーだってNGを出す(グーグーのNGシーン集)
      • グーグー&チビグーグー親子のプライベート映像集
      • Good Sleep(快眠)を応援するボーナス映像「グーグーと一緒にGood Night」
      • 舞台挨拶集
      • 中央特快ミュージックチャプター&「貝殻」特別編集バージョン
    • 初回限定特典
      • 『グーグーだって猫である』フォトブック (32P)
      • 特製アウターケース(グーグーのおひるね写真入り)
  • 【TCE Blu-ray SELECTION】グーグーだって猫である ブルーレイ スペシャル・エディション(BD1枚組、2012年9月5日発売、発売元・アスミック・エース、販売元・TCエンタテインメント
    • 映像・音声特典:「中央特快ミュージックチャプター&「貝殻」特別編集バージョン」を除いた全映像・音声特典を収録

テレビドラマ[編集]

WOWOW連続ドラマW」枠でテレビドラマ化され、2014年10月18日から11月8日まで全4話で放送された[1]。映画版と同じく犬童一心が監督を務めているが、映画とは異なるオリジナルストーリーになっている。

2016年6月から、続編『グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-』が放送された。

ストーリー(テレビドラマ)[編集]

キャスト(テレビドラマ)[編集]

第1・2シリーズ共通[編集]

小島麻子
演 - 宮沢りえ(中学時代(第1シリーズ)・大学時代(第2シリーズ):中村ゆりか
主人公。漫画家。
大森
演 - 長塚圭史
編集者。
ミナミ
演 - 黒木華
麻子のアシスタント。
三宅
演 - 岸井ゆきの
女子高生の占い師。通称・ハーメルン。

第1シリーズ[編集]

ホームレス
演 - 田中泯
麻子に子猫のグーグーを託す。
立花秀夫
演 - 岩松了
居酒屋「ひがたや」の店主。
立花勝久
演 - 中岡創一ロッチ
秀夫の息子。
石川莉奈
演 - 市川実和子(中学時代:長尾寧音
麻子の中学時代の同級生。
千加子
演 - 菊地凛子
麻子が小学生の時に出会った女性。

第2シリーズ[編集]

飯田千里
演 - 前田敦子
独立したミナミに代わる麻子の新しいアシスタント。
ヒナ
演 - 柳英里紗
麻子のアシスタント。
藤木
演 - 橋本淳
麻子のアシスタント。
小野
演 - 重岡漠
飯田に麻子のアシスタントを譲る。
賀川
演 - イッセー尾形
武蔵野署の刑事。
智子
演 - 西田尚美(大学時代:光宗薫
麻子の大学時代の同級生。
守屋
演 - 志磨遼平ドレスコーズ
大学時代に麻子と智子が通っていた古本屋の店員。
サエコ
演 - 河井青葉
麻子と智子が行く喫茶店のウェイトレス。
赤間
演 - 田中泯
麻子にグーグーを託した後、姿を消したホームレスによく似た男。

スタッフ(テレビドラマ)[編集]

エピソードリスト[編集]

シリーズ 放送回 放送日 サブタイトル
第1シリーズ 第1話 10月18日 その恋にはアプローチしない。
第2話 10月25日 占いどおりに生きてみる。
第3話 11月01日 会いたい気持ちを試してみる。
第4話 11月08日 運命を味方につける。
シリーズ 放送回 放送日 サブタイトル
第2シリーズ 第1話 6月11日 憧れを仕事にする
第2話 6月18日 見晴らしのいい部屋
第3話 6月25日 ガールフレンド・フォーエバー
第4話 7月9日 マリッジブルーを乗り越えろ!
最終話 7月16日 自分史上最高の冒険

受賞[編集]

第1シリーズ
WOWOW 土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW
前番組 番組名 次番組
枠設立前につき無し
グーグーだって猫である
(2014.10.18 - 11.08)
平成猿蟹合戦図
(2014.11.15 - 12.20)
きんぴか
(2016.2.13 - 2016.3.12)
グーグーだって猫である2
-good good the fortune cat-
(2016.6.11 - )
希望ヶ丘の人々
(2016.7.16 - )

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]