水晶の鼓動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
水晶の鼓動
警視庁捜査一課十一係
著者 麻見和史
発行日 2012年5月7日
発行元 講談社
ジャンル 推理小説
警察小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 新書
ページ数 288
前作 蟻の階段 警視庁捜査一課十一係
次作 虚空の糸 警視庁捜査一課十一係
公式サイト kodansha-novels.jp
コード ISBN 978-4-06-182833-9
ISBN 978-4-06-277845-9A6
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係』(すいしょうのこどう けいしちょうそうさいっかじゅういちがかり)は、麻見和史による推理小説如月塔子と彼女が所属する警視庁捜査一課十一係の活躍を描く、警視庁捜査一課十一係シリーズ(警視庁殺人分析班シリーズ)の第3作。

2012年5月9日講談社ノベルスが発売された[1]2014年5月15日に『水晶の鼓動 警視庁殺人分析班』(すいしょうのこどう けいしちょうさつじんぶんせきはん)に改題され、講談社文庫が発売された[2]

2016年WOWOWで『水晶の鼓動 殺人分析班』のタイトルでテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

9月26日、江東区木場6丁目にある2階建ての民家の玄関先で、木内久司の変死体が発見される。屋内のほとんどの部屋は、壁や絨毯、家具の至るところにラッカースプレーが吹き付けられ、真っ赤に染まっていた。この殺人事件は略称「木場事件」とされ、深川署に特別捜査本部が設けられる。

如月塔子ら十一係は捜査を開始するが、同じ日に有楽町にある政府広報センター、JR品川駅付近にあるスターライトホテル、本郷にある東都大学の都内3箇所で連続爆破事件が起きる。日本革命的協同武装戦線と名乗るグループから犯行声明が出され、大量の捜査員が丸の内署にある爆破事件の特別捜査本部に投入される。捜査一課長の神谷も、管理官の手代木に木場事件の捜査会議を任せ、丸の内署に詰めることになる。

塔子たちの木場事件の特別捜査本部には増員が見込めない中、9月27日、杉並区西荻北4丁目の民家で、会社員の堤宗一が殺される第2の殺人事件が発生してしまう。そして、塔子の近くにも爆破事件の危険が迫っていた。

登場人物[編集]

警視庁刑事部[編集]

如月塔子(きさらぎ とうこ)〈26〉
捜査第一課殺人犯捜査第十一係の刑事。階級は巡査部長
刑事だった父・功が遺した、水晶振動子という部品が組み込まれたクオーツ式腕時計を大切にしている。
鷹野秀昭(たかの ひであき)〈31〉
捜査第一課殺人犯捜査第十一係の主任。階級は警部補。塔子の指導係。
早瀬泰之(はやせ やすゆき)
捜査第一課殺人犯捜査第十一係の係長。階級は警部
門脇仁志(かどわき ひさし)〈37〉
捜査第一課殺人犯捜査第十一係の主任。階級は警部補。
徳重英次(とくしげ えいじ)〈53〉
捜査第一課殺人犯捜査第十一係の刑事。階級は巡査部長。
尾留川圭介(びるかわ けいすけ)〈30〉
捜査第一課殺人犯捜査第十一係の刑事。階級は巡査部長。
吉富哲弘(よしとみ てつひろ)
刑事部長。「女性捜査員に対する特別養成プログラム」を推進する。
神谷太一(かみや たいち)
捜査第一課課長。階級は警視
手代木行雄(てしろぎ ゆきお)
捜査第一課管理官。
鴨下潤一(かもした じゅんいち)
鑑識課の主任。
河上(かわかみ)
科学捜査研究所の研究員。

警視庁公安部[編集]

帆足(ほあし)
管理官。50代の男性。
上條宏樹(かみじょう ひろき)
捜査員。エスを使って情報を収集する。

警視庁深川警察署[編集]

関根(せきね)〈23〉
東陽交番に勤務する男性警察官。階級は巡査。第1の事件の現場に通報を受けて最初に到着した。

その他[編集]

木内久司(きうち ひさし)〈43〉
学習塾の講師。第1の事件「木場事件」の被害者。
風祭裕也(かざまつり ゆうや)
ミニシアターの支配人。
浅井(あさい)
レンタルビデオ店の店長。
堤宗一(つつみ そういち)〈44〉
会社員。第2の事件「西荻窪事件」の被害者。
永峰隼夫(ながみね はやお)〈39〉
堤の知り合い。システム開発会社から仕事を請け負うフリーのプログラマー。
長谷部(はせべ)
堤の知り合いの男性。
間宮洋平(まみや ようへい)
間宮建築設計事務所を設立した建築家。
藤崎輝明(ふじさき てるあき)
間宮の甥。インテリアデザイナー。
山際史郎(やまぎわ しろう)
中井戸建設の総務部の課長。
志田順二(しだ じゅんじ)
現在は倒産した建設会社に雇われていた建設作業員。
天城(あまぎ)
犯罪組織のエージェント。

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

連続ドラマW
水晶の鼓動 殺人分析班
ジャンル テレビドラマ
原作 麻見和史
『水晶の鼓動 警視庁殺人分析班』
脚本 八津弘幸
監督 内片輝
出演者 木村文乃
青木崇高
渡辺いっけい
北見敏之
藤本隆宏
小柳友
古川雄輝
神野三鈴
勝村政信
仲村トオル
音楽 諸橋邦行
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
プロデューサー 松永綾
北川雅一
製作 WOWOW
ドリマックス
放送
放送チャンネルWOWOWプライム
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2016年11月13日 - 12月11日
放送時間日曜 22:00 - 23:00
放送枠連続ドラマW 日曜オリジナルドラマ
放送分60分
回数5
公式ウェブサイト
番組年表
前作石の繭 殺人分析班
続編蝶の力学 殺人分析班
テンプレートを表示

水晶の鼓動 殺人分析班』(すいしょうのこどう さつじんぶんせきはん)のタイトルで、2016年11月13日から12月11日まで毎週日曜 22時 - 23時にWOWOW連続ドラマW」枠で放送された[3]。主演は木村文乃[4]。「殺人分析班」シリーズ第2弾。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

放送回 放送日
第一話 11月13日
第二話 11月20日
第三話 11月27日
第四話 12月04日
最終話 12月11日

関連商品[編集]

DVD
WOWOW 連続ドラマW 日曜オリジナルドラマ
前番組 番組名 次番組
ヒポクラテスの誓い
(2016年10月2日 - 10月30日)
水晶の鼓動 殺人分析班
(2016年11月13日 - 12月11日)
楽園
(2017年1月8日 - 2月12日)

オーディオブック[編集]

2020年3月12日に、Audibleで文庫本『水晶の鼓動 警視庁殺人分析班』のオーディオブックが配信開始された[7]。朗読は大森ゆき

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係』”. 講談社ノベルス. 講談社. 2022年6月12日閲覧。
  2. ^ 『水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係』”. 講談社ノベルス. 講談社. 2022年6月12日閲覧。
  3. ^ “木村文乃、猟奇殺人事件に再び挑む WOWOW『水晶の鼓動』ドラマ化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年8月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2076954/full/ 2016年8月19日閲覧。 
  4. ^ “刑事・木村文乃が帰ってくる!WOWOW「水晶の鼓動―殺人分析班―」11・13スタート”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年8月18日). オリジナルの2016年10月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161023202825/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160817-OHT1T50245.html 2016年8月19日閲覧。 
  5. ^ ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー(HIA) [@horipro_academy] (2016年12月4日). "【出演情報】WOWOW「水晶の鼓動 殺人分析班」如月塔子(幼少)役で出演中 第4話12月4日(日)22:00~放送です!ジュニアクラス 古田結凪" (ツイート). Twitterより2022年6月12日閲覧
  6. ^ WOWOW『水晶の鼓動』”. 前川 泰之オフィシャルブログ (2016年11月16日). 2022年6月12日閲覧。
  7. ^ 大森ゆき [@yuki_oomori] (2020年3月12日). "Audible社のオーディオブックにて、警視庁殺人分析班シリーズから「水晶の鼓動」がリリースされております!手に汗握る展開にハラハラ…!こちらのシリーズ、まだまだ続きますので楽しみにしていてくださいね" (ツイート). Twitterより2022年6月12日閲覧

外部リンク[編集]