鵜頭川村事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鵜頭川村事件
著者 櫛木理宇
発行日 2018年6月25日
発行元 文藝春秋
ジャンル ミステリ小説ホラー小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 412
公式サイト books.bunshun.jp
コード ISBN 978-4-163-90828-1
ISBN 978-4-167-91545-2文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

鵜頭川村事件』(うずかわむらじけん)は、櫛木理宇による日本ミステリホラー小説2018年6月25日文藝春秋から単行本が刊行されたのち[1]2020年11月10日に文庫化された[2]

2022年4月に文春オンラインコミカライズされ[3]、同年8月にテレビドラマ化の予定[4]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

岩森明いわもり あきら
主人公。15歳で上京し、働きながら夜学で学び、看護婦の節子と結婚。娘の愛子を授かるが、妻を3年前に亡くす。
降谷辰樹ふるたに たつき
村の自警団のリーダー。
矢萩元市やはぎ もといち
亡妻・節子の伯父。岩森親子を離れに泊めている。
矢萩吉朗やはぎ きちろう
元市の兄。村の実質的な支配者。
矢萩大助やはぎ だいすけ
吉朗の息子。酒乱で、村民から嫌われている。
矢萩廉太郎やはぎ れんたろう
矢萩の血筋ながら、対立する降谷家の港人と親友。
降谷港人ふるたに みなと
煙草屋の息子。村から出て行った兄・敦人は辰樹の親友だった。

書誌情報[編集]

漫画[編集]

2022年4月11日より、河野那歩也によるコミカライズ版が文春オンラインにて連載中[3]。原作に忠実な内容で描かれている。

連載終了に先立ち、上下巻の単行本が刊行されている。

テレビドラマ[編集]

連続ドラマW
鵜頭川村事件
ジャンル テレビドラマ
原作 櫛木理宇
脚本 和田清人
監督 入江悠
出演者 松田龍平
蓮佛美沙子
工藤阿須加
山田杏奈
板橋駿谷
冨手麻妙
吉岡睦雄
和田光沙
宇佐卓真
眞島秀和
綾田俊樹
荒川良々
伊武雅刀
音楽 池永正二
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
撮影地 長野県伊那市[5] ほか
制作 デジタル・フロンティア(協力)
製作 WOWOW
放送
放送チャンネルWOWOWプライム
映像形式文字多重放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2022年8月28日 - (予定)
放送時間日曜 22:00 - 23:00
放送枠連続ドラマW
放送分60分
回数6(予定)
公式サイト
配信
配信サイトWOWOWオンデマンド
配信国・地域日本の旗 日本
配信期間2022年8月28日 - (予定)

特記事項:
第1話は無料放送。
テンプレートを表示

2022年8月28日から、WOWOWプライムWOWOWオンデマンドの「連続ドラマW」にて放送・配信予定[4]。主演は松田龍平[6]

ドラマでは時代や設定などが改編されている[7]

あらすじ(テレビドラマ)[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 櫛木理宇『鵜頭川村事件』(文春文庫刊)
  • 脚本 - 和田清人
  • 監督 - 入江悠
  • 音楽 - 池永正二
  • 制作協力 - デジタル・フロンティア
  • 製作 - WOWOW

原作からの主な変更点[編集]

  • 原作では主人公・明は亡くなった妻の墓参りに鵜頭川村を訪れるが、ドラマでは失踪した妻を探しに村を訪れる。
  • 原作では明の職業は特に触れられていないが、ドラマでは医者を職業としている。
  • 原作にはいない妻の双子の妹・有美が登場し、明と共に失踪した妻・仁美を探す筋書になっている。

放送日程[編集]

各話 放送日
第1話 08月28日(予定)
第2話 09月04日(予定)
第3話 09月11日(予定)
第4話 09月18日(予定)
第5話 09月25日(予定)
最終話 10月02日(予定)
WOWOW 連続ドラマW 日曜オリジナルドラマ
前番組 番組名 次番組
雨に消えた向日葵
(2022年7月24日 - 【予定】)
鵜頭川村事件
(2022年8月28日 - 【予定】)
シャイロックの子供たち
(2022年10月9日 - 【予定】)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

外部リンク[編集]