正体 (染井為人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
正体
著者 染井為人
発行日 2020年1月22日
発行元 光文社
ジャンル 長編小説
サスペンス小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判ソフトカバー
ページ数 480
公式サイト kobunsha.com
コード ISBN 978-4-334-91329-8
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

正体』(しょうたい)は、染井為人長編小説[1]2020年1月22日光文社から刊行された[1]

概要[編集]

鏑木慶一は18歳の時に忍び込んだ埼玉県内にある一軒家に住む家族を惨殺した。逮捕された鏑木は当初精神疾患を理由として罪逃れを図るが、その後は一転して無罪を主張するようになる。死刑宣告を受け、拘置所に収監された鏑木だったが、刑務官を騙して脱獄した後は名を変え、顔を変え、様々な場所に出没しては出会った人々の窮地を救うことになる。鏑木に窮地を救われた人々は彼がいなくなった後に、彼が殺人を侵した死刑囚であると知ると、「何故彼はあんな凄惨な殺人を侵したのか?」という思いを抱くのだ。そんな彼が最後に行き着いたのは18歳の時に侵した殺人で唯一生き残った人物がいる介護施設。彼には脱獄をしてまでも成し遂げたい計画があった。1年半以上逃亡し、裁判所の法廷で彼が語ったこととは一体何だったのか。彼の本当の正体とは一体何だったのか。本作はデビュー作『悪い夏』で第37回横溝正史ミステリ大賞優秀賞を受賞した染井為人が平成最後の少年死刑囚の脱獄後の様子を克明に描いた作品である[2]

登場人物[編集]

鏑木慶一
平成最後の少年死刑囚。
18歳の時に埼玉県内に住む家族を惨殺し、死刑宣告を受けた後に収監されていた拘置所から脱獄する。

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

連続ドラマW
正体
ジャンル 連続ドラマ
原作 染井為人「正体」
脚本 前川洋一
監督 中田秀夫
谷口正晃
監修 井口健一郎(介護監修)
出演者 亀梨和也
黒木瞳
市原隼人
貫地谷しほり
堀田真由
濵田崇裕
音尾琢真
若村麻由美
高畑淳子
上川隆也
音楽 海田庄吾
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
時代設定 平成時代
製作
チーフ・
プロデューサー
青木泰憲
プロデューサー 廣瀬眞子
黒沢淳
三本千晶
放送
放送チャンネルWOWOWプライム
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2022年3月12日 - 4月2日
放送枠連続ドラマW
公式サイト
配信
配信サイトWOWOWオンデマンド
配信国・地域日本の旗 日本
配信期間2022年3月12日 - 4月2日

特記事項:
第1話は無料放送。
テンプレートを表示

2022年3月12日から「連続ドラマW」枠で放送[3]。同時にWOWOWオンデマンドでも配信[3]。監督は中田秀夫谷口正晃、脚本は前川洋一、主演はWOWOWの連続ドラマ初主演となる亀梨和也[3]

あらすじ(テレビドラマ)[編集]

キャスト(テレビドラマ)[編集]

鏑木慶一
演 - 亀梨和也(幼少期:徳永光樹)
ある夫婦を殺害した罪で死刑宣告を受けた死刑囚。
井尾由子
演 - 黒木瞳[4]
鏑木に殺されたとされる被害者夫婦の母親であり、事件の唯一の目撃者。
野々村和也
演 - 市原隼人[4]
鏑木が偽名で現場作業員として潜伏する「牛久保土木」の同僚。
安藤紗耶香
演 - 貫地谷しほり[4]
鏑木が偽名でWEBライターとして潜伏する「メディアトレンダーズ」のライター兼ディレクター。
渡辺淳二
演 - 上川隆也[4]
痴漢の罪を着せられた弁護士。
笹原浩子
演 - 若村麻由美[5]
事件の唯一の目撃者である井尾由子の妹。
近野節枝
演 - 高畑淳子[5]
浩子のパート仲間。オレオレ詐欺の被害に遭う。
酒井舞
演 - 堀田真由[5]
鏑木が“桜井幸司”の名でスタッフとして潜伏する介護施設「アオバ」の同僚。
四方田保
演 - 濱田崇裕[5]ジャニーズWEST
介護施設「アオバ」の社員。
又貫征吾
演 - 音尾琢真[5]
執拗に鏑木を追い続ける刑事。
稲本美代子
演 - 奥貫薫
WEB編集プロダクション「メディアトレンダーズ」の代表。
大久保信代
演 - 藤吉久美子
節枝や浩子を宗教団体「救心会」へと誘う、二人のパート仲間。
尾根
演 - 野間口徹
「救心会」山形支部・教祖代理。
佐竹
演 - 温水洋一
舞や四方田が働く、介護施設「アオバ」の社長。
楠木花凛
演 - 中村里帆
「メディアトレンダーズ」で紗耶香の後輩。
井尾洋輔
演 - 伊東潤
鏑木に殺されたとされる被害者。
井尾千草
演 - 和田瞳[6]
鏑木に殺されたとされる被害者。
足利清人
演 - 桜田通
鏑木の事件の模倣犯。
近野拓海
演 - 黄地裕樹[7]
近野節枝の息子。
裁判長
演 - 信太昌之
死刑判決及び再審の判決も下す。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日
第1話 3月12日
第2話 3月19日
第3話 3月26日
最終話 4月2日
WOWOW 連続ドラマW 土曜オリジナルドラマ
前番組 番組名 次番組
黒鳥の湖
(2021年7月24日 - 8月21日)
正体
(2022年3月12日 - 4月2日)
-

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b "正体 染井為人". 光文社. 2021年11月13日閲覧
  2. ^ 古川諭香 (9 February 2020). "平成最後の少年死刑囚が脱獄、凶悪犯が思い描いた"まさかの計画"とは--". ダ・ヴィンチニュース. KADOKAWA. 2021年11月13日閲覧
  3. ^ a b c "亀梨和也、脱獄する死刑囚役で連続ドラマW初主演 『正体』で中田秀夫監督と再タッグ". Real Sound. blueprint. 28 October 2021. 2021年11月13日閲覧
  4. ^ a b c d "亀梨和也主演ドラマ『正体』黒木瞳・市原隼人・貫地谷しほり・上川隆也ら出演". ORICON NEWS. oricon ME. 27 December 2021. 2021年12月27日閲覧
  5. ^ a b c d e "「連続ドラマW 正体」追加キャストに堀田真由、濱田崇裕ら、亀梨和也は金髪に". 映画ナタリー. Natasha, Inc. 20 January 2022. 2022年1月20日閲覧
  6. ^ 和田 瞳@hitomichan0218” (日本語). Twitter. 2022年3月27日閲覧。
  7. ^ 黄地裕樹@hiroki_ohchi” (日本語). Twitter. 2022年3月27日閲覧。

外部リンク[編集]