プラチナタウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プラチナタウン
著者 楡周平
発行日 2008年7月23日
発行元 祥伝社
ジャンル 経済小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 416
コード ISBN 9784396632984
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

プラチナタウン』は、楡周平による日本小説2008年祥伝社より出版され、2011年に同じく祥伝社より祥伝社文庫で出版された。2008年にラジオドラマが放送され、2012年にはWOWOW連続ドラマWテレビドラマ化され放送された。

高齢化社会と地方の過疎化をテーマに、破綻寸前の故郷の町の町長に就任した元エリート商社マンの山崎鉄郎が町の財政再建を目指す姿を描いた社会派エンターテイメント作品である。2015年10月に本作の続編である『和僑』が刊行された。

あらすじ[編集]

書籍情報[編集]

ラジオドラマ[編集]

2008年11月1日NHK-FMFMシアターにてラジオドラマが放送された。NHK名古屋放送局制作。

テレビドラマ[編集]

プラチナタウン
ジャンル テレビドラマ
原作 楡周平
脚本 大石哲也
演出 鈴木浩介
出演者 大泉洋
檀れい
平山浩行
田中直樹
谷村美月
相島一之
マギー
森崎博之
松尾諭
中村育二
光石研
小木茂光
北村総一朗
柄本明(特別出演)
石橋蓮司
板尾創路
渡部篤郎
エンディング 福山雅治道標
製作
プロデューサー 青木泰憲
制作 WOWOW
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2012年8月19日 - 9月16日
回数 5
WOWOW
テンプレートを表示

2012年8月19日から9月16日までWOWOW連続ドラマW枠でテレビドラマ化された。全5話。主演の大泉洋は、『赤鼻のセンセイ』(日本テレビ系)以来3年ぶりの連続ドラマ主演である。また、楡周平原作でドラマWで放送された『再生巨流』で主演した渡部篤郎が本作にも出演している。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

原作との相違点[編集]

  • 舞台となった緑原町は、原作では宮城県にある町という設定だったが、ドラマでは主演の大泉洋の出身地でもある北海道の架空の町という設定となった[1]

ロケ地[編集]

ロケは大泉洋の故郷・北海道でも行なわれた。

町役場や町議会のシーンについては、山梨県笛吹市境川支所庁舎内の旧境川村議会議場や旧村長室などを使用して撮影された[4]

WOWOW 連続ドラマW枠
前番組 番組名 次番組
マグマ
(2012.6.10 - 2012.7.8)
プラチナタウン
(2012.8.19 - 2012.9.16)
ヒトリシズカ
(2012.10.21 - )

脚注[編集]

外部リンク[編集]