FMシアター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FMシアター
ジャンル ラジオドラマ
放送方式 録音
放送期間 1985年4月6日-
放送時間 毎週土曜22時00分 - 22時50分
放送局 NHK-FM
制作 NHK
特記事項:
祝日などの特別編成でレギュラー番組が休止となる場合でも当番組が休止となることは少ない
テンプレートを表示

FMシアターは、NHK-FMで毎週土曜日22時00分-22時50分に放送されるラジオドラマである。

文学作品や社会派の作品をはじめ、ミステリ―、ホラー、SF、時代劇などあらゆるジャンルの一話(50分)完結のラジオドラマを展開する(一部例外あり)。

平日放送の青春アドベンチャーが若者をターゲットにした連続ラジオドラマであるのに対して、当番組は主に中高年をターゲットにしているのが特徴[要出典]である。

また、年1回海外文学を特集したシリーズ(概ね1か月間にわたって3 - 5作品)を放送したり、毎年一般のリスナーを対象としたオーディオドラマ脚本懸賞募集(仙台東京名古屋大阪広島福岡の各放送局が実施)の入選(優秀)作品をドラマ化して放送する。NHK厚生文化事業団が毎年主催する、「NHK銀の雫文芸賞」の最優秀入選作品のドラマ化・放送も恒例である。

特に10月・11月は文化庁芸術祭参加作品放送のため、他時期より比較的再放送が多くなる。更にはこの参加による受賞作を、翌年3月最終週(即ち年度末)に再放送するのも恒例となっており、結果、単年度内に同じ作品を3回放送するケースが少なくない。

受賞[編集]

ギャラクシー賞(ラジオ部門)
  • 大賞
    • 第27回(1989年度) - 『カモメの駅から』(1989年6月17日放送)[1]
  • 優秀賞
    • 第28回(1990年度) - 『渇水』(1990年10月21日放送、NHK名古屋放送局制作)[2]
    • 第30回(1992年度) - 『DQ』(1992年7月4日放送、NHK名古屋放送局制作)[3]
    • 第31回(1993年度) - 特集・少年ドラマ『夏の庭』(1993年8月28日放送)[4]
    • 第32回(1994年度) - 特集オーディオドラマ『笑の大学』(1994年11月5日放送)[5]
    • 第37回(1999年度) - 『スモーキング・タイム〜煙の行方』(1999年6月12日放送)[6]
    • 第42回(2004年度) - 『福岡天神モノ語り』(2004年6月5日放送)[7]
    • 第47回(2009年度) - 『心にナイフをしのばせて』(2010年1月23日放送)[8]
    • 第48回(2010年度) - 『薔薇のある家』(2010年7月31日放送) [9]
  • 選奨
    • 第29回(1991年度) - 現代青春文学シリーズ4『ア・ルース・ボーイ』(1991年10月27日放送)[10]
    • 第34回(1996年度) - 『冬桜』(1997年2月22日放送、NHK名古屋放送局制作)[11]
    • 第40回(2002年度) - 特集オーディオドラマ『戦争童話集』(2002年8月10日・11日放送)[12]
    • 第43回(2005年度) - 『はるさんの日記』(2006年1月7日放送)[13]
ABU賞(ラジオ・ドラマ番組部門)
  • 2003年 - 特集オーディオドラマ『戦争童話集』「凧になった母さん」(2002年8月10日放送) ※HBF-ABUエンターテインメント番組賞
  • 2004年 - ロシア・ユーラシアの現代文学『最初の教師』(2003年9月20日放送)
  • 2005年 - ベトナムの現代文学『戦争の悲しみ』(2004年9月18日放送)
  • 2006年 - 『はるさんの日記』(2006年1月7日放送)
  • 2011年 - 『鳥を放つ日』(2010年10月9日放送)[14]
  • 2015年 - 『真昼の流れ星』(2014年6月14日放送)[15]
放送文化基金賞
  • ラジオ部門・優秀賞
    • 第42回(2015年度) - 『あいちゃんは幻』(2016年1月30日放送)[16]
  • 脚本賞
    • 第42回(2015年度) - 瀬戸山美咲(『あいちゃんは幻』、2016年1月30日放送)[16]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第27回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2014年11月14日閲覧。
  2. ^ 第28回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2014年11月14日閲覧。
  3. ^ 第30回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2014年11月14日閲覧。
  4. ^ 第31回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2014年11月14日閲覧。
  5. ^ 第32回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2014年11月14日閲覧。
  6. ^ 第37回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2018年5月15日閲覧。
  7. ^ 第42回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2018年5月15日閲覧。
  8. ^ 第47回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2018年5月15日閲覧。
  9. ^ 第48回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2018年5月15日閲覧。
  10. ^ 第29回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2014年11月14日閲覧。
  11. ^ 第34回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2018年5月15日閲覧。
  12. ^ 第40回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2018年5月15日閲覧。
  13. ^ 第43回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2018年5月15日閲覧。
  14. ^ “NHKドラマ「心の糸」などにABU賞”. スポニチアネックス. (2011年11月8日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/11/08/kiji/K20111108001986160.html 2018年5月15日閲覧。 
  15. ^ NHK2番組が受賞 錦織特集は激励賞 アジア太平洋放送連合”. スポニチアネックス (2015年10月31日). 2015年11月4日閲覧。
  16. ^ a b “第42回「放送文化基金賞」表彰対象について” (プレスリリース), 公益財団法人 放送文化基金, (2016年6月8日), http://www.hbf.or.jp/upload/42kisha.pdf 2016年6月8日閲覧。 

外部リンク[編集]