梶本恵美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「梶本惠美」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

梶本 惠美(かじもと えみ、1957年 (昭和32年) 6月27日[1] - )は、日本の脚本家(日本脚本家連盟、日本放送作家協会に所属[2])。東京フィルムオブアート・スクール講師[3]チベット体操伝道師[2]

来歴・人物[編集]

京都府京都市出身。1980年同志社大学(文学部文化学科国文学専攻)を卒業[1]

専業主婦時代の1987年、シナリオ・センター本科に入学[1]。その後、夫の転勤に伴ったアメリカから、日本のコンクールに応募し続けた。第16回創作テレビドラマ大賞(平成3年[1])に、『春むかし』[1]で入選を果たした[4]

脚本[編集]

テレビドラマ(連続)[編集]

タイトル太字は、単独作品と思われるもの。

中部日本放送ドラマ30

  • 風たちの遺言(1995)
  • キッパリ!(2007、原作:上大岡トメ
  • キッパリ!!(2008、原作:上大岡トメ
  • 東海テレビ昼の帯ドラマ

  • その時がきた(1997)
  • いのちの器(1998、原作:上原きみ子
  • 風の行方(1999)
  • 幸福の明日(2000)
  • 永遠の君へ(2004)
  • NHK金曜時代劇

  • 物書同心いねむり紋蔵(1998)
  • 御宿かわせみ 第一〜三章(2003・2004・2005)
    • 石光真清の生涯(1998、NHK BS-2)
    • コスメの魔法・コスメの魔法2(2004・2005、TBS「愛の劇場」、原作:あいかわももこ)

    NHK「土曜時代劇

  • オトコマエ!2(2009)
  • 隠密八百八町(2011)
  • NHK「土曜ドラマ

  • ボーダーライン(2014)[5]
  • テレビドラマ(単発など)[編集]

    ラジオドラマ[編集]

    • 妻の知らない夫のいくつかのこと(2013、NHK-FM FMシアター)

    朗読劇[編集]

    • ブッダとテロリスト(2009、原作:サティシュ・クマール)[4]

    戯曲[編集]

    • ヒロシマ、時の音[1]

    脚注[編集]

    外部リンク[編集]