狩矢父娘シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山村美紗サスペンス
狩矢父娘シリーズ
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 近藤一彦
原作 山村美紗
脚本 谷慶子
プロデューサー 藤崎絵三(テレビ朝日)
榎本美華(東映)
出演者 藤谷美紀
原田龍二(第3作 - )
中野良子
田村亮
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
第1 - 17作
(土曜ワイド劇場)
放送時間 放送時間の変遷を参照
放送期間 2000年10月28日 - 2016年1月30日(17回)
オープニング 歴代オープニングを参照
エンディング 歴代エンディングテーマを参照
外部リンク 土曜ワイド劇場
第18作
(ミステリースペシャル)
放送時間 木曜 20:00 - 21:54(114分)
放送期間 2017年3月23日(1回)
外部リンク ミステリースペシャル
第19作
(日曜ワイド)
放送時間 日曜 10:00 - 11:50(110分)
放送期間 2017年9月24日(1回)
外部リンク 日曜ワイド
テンプレートを表示

狩矢父娘シリーズ』(かりやおやこシリーズ)は、2000年からテレビ朝日系で放送されているテレビドラマシリーズ。原案は山村美紗で、主演は藤谷美紀

第1作から第17作は(『土曜プライム』の一企画扱いに降格する前の)『土曜ワイド劇場』枠で放送された。また第18作は『土曜プライム・土曜ワイド劇場』[1]での放送ではなく、『ミステリースペシャル』枠で放送。第19作は『日曜ワイド』枠(10:00 - 11:50)で放送。

正式な番組タイトルに「狩矢父娘シリーズ」がついたのは第16・17・19作のみで、それ以外は「山村美紗サスペンス 京都〇〇殺人事件」といったタイトル表示をされていた。

概要[編集]

娘の和美が殺人事件を目撃し(多くは取材中に)、父親である狩矢荘助の心配をよそに、事件の真相を解明すべく恋人の夏目利彦を巻き込んで暴走気味の取材を続ける(変装もするが、しばしばそれを父親に見つかって怒られる)というのが基本的なパターンである。連続事件のひとつに、密室殺人が含まれる。

キャスト[編集]

狩矢家[編集]

狩矢和美
演 - 藤谷美紀
本作のヒロインであるタウン誌出版社「唐竹企画」の記者兼カメラマン。京南大学マスコミ研究会出身。
取材などで知り合った人物が事件に巻き込まれることでその事件に目を向け、真相の究明に乗り出すというのがパターンになっている。フィルムカメラをいまだに愛用し、夏目にフィルム交換をさせたりする。終盤で事件の真犯人と対峙し危険な目に遭うことが多い。いわゆる「花より団子」な性格である。
狩矢澄江
演 - 中野良子
和美の母親。ジャズが好き[2]
狩矢荘助
演 - 田村亮
和美の父親。京都府警捜査一課 刑事。階級は警部。
和美が事件に首を突っ込むことをよくは思ってなく、夏目と結婚して身を固めてほしいとしばしば口にしている。
シリーズ途中より事件現場での父娘のやりとりは部下からも察せられるようになる。
妻の澄江によれば、狩矢家の漬物は自ら漬けるほどの料理上手とのこと[3]。また、第19話では猫アレルギーのようだとも澄江によって語られており、猫が居たであろう部屋や証拠品の猫の毛でくしゃみをしている描写がある。

京日新聞京都支局[編集]

夏目利彦
演 - 原田龍二(第3作 - )
経歴:全日新聞京都支局(第3作では文化部所属)(第3作 - 第10作) → 京日新聞京都支局(第11作 - )
記者。第3作の被害者である多田俊之とは同期入社で、多田の巻き込まれた事件を追ううちに和美と知り合い、後に恋人となった。

唐竹企画[編集]

山野美野里
演 - 山村紅葉[4]
和美の勤務先の雑誌社「唐竹企画」社長兼編集長。事件について様々な想像をめぐらせながら、事件を探る和美の背中を押している。
木田洋一
演 - 宍戸開(第1作)
和美の相棒カメラマン。京南大学マスコミ研究会出身で和美とは同級生。和美に好意を持っていた。
細川
演 - 石原聡(第3作 - 第6作)、山口竜央(第8作)
和美の同僚社員。
柴田健治
演 - 山口竜央[5](第10作 - )
和美の同僚社員。
中山清志
演 - 渋谷天外(第5作・第7作 - )
美野里の恋人。無職のヒモ。美野里からは「清志ちゃん」と呼ばれ、和美が呆れるほどに美野里と仲良くしている。

京都府警察本部[編集]

捜査一課[編集]

  • 橋口 - 竜川剛(第1作 - 第6作・第9作 - 第15作・第17作)、池田政典[6](第7作・第8作)
    シリーズを重ねるにつれ「第一発見者」を狩矢に報告するたびに困惑するようになってきてしまっている。
  • 中田 - 日比野玲(第1作)
  • 柴田 - 溝呂木賢(第4作)
  • 福田 - 及川達郎[7](第11作 - 第14作)
  • 所 - 三角園直樹[8](第11作)
  • 永江 - 三角園直樹[8](第12作)
  • 清水 - 三角園直樹[8](第13作)
  • 山本 - 及川達郎[7](第15作)
  • 和田 - 三角園直樹[8](第15作)
  • 新木 - 東根作寿英(第16作)
  • 落合 - 及川達郎[7](第16作 - )
  • 田所 - 高谷恭平[9](第16作 - 第17作)、三角園直樹(第18作)、内藤邦秋(第19作)

鑑識課[編集]

ゲスト[編集]

第1作「京都貴船川殺人事件」(2000年)
  • 林信彦(フリーター・京南大学 マスコミ研究会出身) - 東根作寿英
  • 森三郎(第三広告企画室 社員・京南大学 マスコミ研究会出身) - 神保悟志
  • 岸英治(マリ子の夫・レストランシェフ) - 伊東貴明
  • 川村貴子(第三広告企画室 社員・京南大学 マスコミ研究会出身) - 寺田千穂
  • 吉田エリ(青葉電気 社員) - 麻田かおり
  • 大島智子(マリ子の大学時代のゼミの先輩) - 塚本加成子
  • マンション管理人 - 窪田弘和
  • 中川(多摩川南警察署 刑事) - 山形恵介
  • 岸マリ子(妊婦・京南大学 マスコミ研究会出身) - 中山忍[12]
  • 杉下昭夫(青葉電気 社員) - 草刈正雄
第2作「京都〜札幌雪まつり連続殺人事件」(2002年)
第3作「京都紅葉寺殺人事件」(2002年)
第4作「京都祇園殺人事件」(2003年)
第5作「京都祇園祭り殺人事件」(2004年)
第6作「花の棺」(2005年)
第7作「京都花の艶殺人事件」(2006年)
  • アキ(CLUB「フローラ」ホステス・本名「笠井玲子」) - 遠野凪子(4歳:梅原真子[16]
  • 真央(CLUB「フローラ」ホステス・本名「川島央子」) - 山田まりや
  • 高岡康祐(京洛病院 院長・婿養子) - 河西健司
  • 美絵(CLUB「フローラ」ホステス) - 松下萌子
  • Piano Pub「ふらーっと」ママ - 小柳友貴美
  • 成美(CLUB「フローラ」ホステス) - 成田志織
  • 由香(CLUB「フローラ」ホステス) - 松暢子
  • 西川洛仙(日本画家) - 田中正之[17]
  • 荒井義幸(みやこ百貨店 社長) - 平澤洋爾[18]
  • 刑事 - 田井克幸
  • 原口(洛東銀行 支店長) - 柴田善行
  • 小林(石丸の秘書) - 瀬田吉史
  • 沢田涼子(CLUB「フローラ」ママ・元ホステス) - 涼風真世(幼少期:中村愛)
  • 山岡(滋賀県警察 刑事) - 高谷恭平[9]
  • 沢田秀明(玲子の父・故人) - 浅田祐二
  • 刑事 - 細川純一山口幸晴
  • 沢田真理(玲子の母) - まつむら眞弓
  • 石丸遼太郎(代議士) - 大出俊
第8作「京都・花見小路殺人事件」(2007年)
第9作「京料理殺人事件」(2008年)
  • 栗田麻子(栗田麻子おばんざい教室 店主) - 中山忍[12](少女期:小酒井円葉
  • 永井敦史(時代劇俳優) - 神保悟志[19]
  • 神田美奈代(神田の妻) - 岩本千春
  • 醍醐(斬られ役専門のベテラン時代劇俳優) - 福本清三
  • 綾駒(芸妓) - 棚橋幸代
  • 神田克彦(着物デザイナー) - 峰蘭太郎
  • 深山凛子(深山呉服店の長女・永井の婚約者) - 赤井沙希
  • ホテルフロント - 瀬田吉史
  • 栗田静江(麻子の母・故人) - 山路梨瀬
  • 高田清子(永井のマネージャー) - 朝井千景[20]
  • 鑑識 - たくみ稜
  • 鰻屋「かねよ」主人 - 及川達郎[7]
  • 鰻屋「かねよ」店員 - 大音奈々
  • レポーター - 竹原圭祐[21]
  • 役者 - 有薗芳記
  • 阿久田陽一(西陣織工房「阿久田」店主) - 平泉成
第10作「京都お茶会殺人事件」(2009年)
第11作「京都・美人女優連続殺人事件」(2010年)
第12作「京都・竜の寺密室殺人」(2011年)
第13作「京都・嵯峨野トロッコ列車殺人事件」(2011年)
  • 中本あかね(きものリフォーム「あかね」店主) - 伊藤かずえ
  • 戸辺侑哉(麻倉染物広報部 課長) - 湯江健幸
  • 井丘尚美(麻倉染物広報部 社員) - 映美くらら
  • 立田リカ(「クラブR」ママ) - 大家由祐子
  • 相川みどり(「クラブR」ホステス) - 堀まゆみ
  • 戸辺さき(戸辺の母・故人) - 岡田千代
  • 酒井義夫(酒井仏具 社長・リカのスポンサー) - 峰蘭太郎
  • ちとせ(クラブママ) - ひろみどり
  • 福太郎(酒処「ますや」の客) - F・ジャパン
  • 酒処「ますや」店員 - 夢志
  • 中村カオリ(「クラブR」ホステス) - 中村彩実
  • 藤川(さきの燐人) - 中井多栄子
  • ツアー女性参加者A - 辰見久子[27]
  • 浜口八重子(ツアー客) - 松田由美[30]
  • 野村映子(女優) - 大島蓉子
  • 早田春平 - 深水三章
第14作「京都・華やかな密室殺人事件!」(2012年)
第15作「京都グルメツアー殺人事件!」(2013年)
  • 上村尚子(上村の妻) - 川上麻衣子
  • 前島弘道(警備会社アルバイト) - 林泰文
  • 五十嵐亜紀子(料理評論家) - 東風万智子
  • 保田佳代(亜紀子のマネージャー) - 小橋めぐみ
  • 竹内さとみ(洛栄観光 添乗員) - 久保田磨希
  • 上村久志(おばんざい店「うえむら」店主) - 渋谷哲平
  • 五十嵐京平(亜紀子の夫・五十嵐和食器 社長秘書) - 一條俊
  • 七海朱里(看護学生・故人) - 宮嶋麻衣[10]
  • 保田謙(佳代の夫) - 山中正樹[36]
  • 中沢孝介(京南大学 テニスサークルOB) - 櫻井忍
  • 中沢節子(孝介の母) - 三星登史子
  • 水崎玲奈(ホステス) - 若尾夏希
  • 京南大学生 - 島居香奈[37]
  • 金沢真希(京南大学 テニスサークルOG) - 東岡亜美[11]
  • 木浦優子(京南大学 テニスサークルOG) - 彩希子[38]
  • 川手慎也(老舗料亭「瓢や」板長) - 内田朝陽
第16作「京都・嵐山〜鵜飼い殺人事件!」(2014年)
第17作「京都・開運ツアー殺人事件!」(2016年)
  • 野々村永(書道講師) - 雛形あきこ(少女期:曽和瑠布子
  • 田邊美智子(田邊の妻・永の生徒) - 山下容莉枝
  • 田邊隆明(西陣織「田邊」社長・婿養子で旧姓「三枝」) - 石橋保
  • 早田綾子(無職・永の生徒) - 岩佐真悠子
  • 西島エリ(クラブ「俳仯」ママ・本名「西島楓」) - 岩橋道子
  • 倉持(田邊の友人) - 中川浩三
  • 永崎未紗(ジュエリーデザイナー) - 七海薫子[45]
  • 生徒 - 島居香奈[37]清川千里[46]
  • 田邊幸人(田邊と美智子の息子) - 歳内王太
  • 市川(新聞記者) - 上西雄大[47]
  • 葛西健太(葛西の孫) - 山本悠央[48]
  • 川上レイカ(クラブ「俳仯」ホステス) - 吉谷彩子[49]
  • 秋山葵(秋山の娘・元ジュエリーデザイナー・故人) - 木下あゆ美(15歳:後藤凪彩[50]
  • 葛西洋子(葛西の妻) - 宮田圭子
  • 葛西幸男(和菓子「京月庵」店主) - 西田健
  • 秋山圭祐(体験STUDIO「舞斗」主人) - 梅沢富美男
第18作「京都〜神戸プロポーズ殺人事件!」(2017年)
  • 梅宮栞(画家・「神戸お見合いクルーズ」参加者) - 星野真里(20年前:山口愛優理
  • 堀内剣(クラブのピアニスト) - 小柳心
  • 川村ユリ(保育士と名乗るが、実はホステス・「神戸お見合いクルーズ」参加者) - 白羽ゆり
  • 西森樹夫(洛北芸術大学 准教授・ピアニスト・「神戸お見合いクルーズ」参加者) - 比留間由哲[33](少年期:浦陸斗
  • 吉元虹(「レインボー占い」の占い師・「神戸お見合いクルーズ」参加者) - 岩崎ひろみ
  • 樋口あずさ(「レインボー&レインボー」社員・「神戸お見合いクルーズ」参加者) - 黒坂真美
  • 谷岡信吾(会社役員・「神戸お見合いクルーズ」参加者) - 高杉瑞穂[51]
  • 大木八重子(「神戸お見合いクルーズ」主催者) - 小柳友貴美
  • 寺井サヤカ(ユリの同僚ホステス) - 信江勇
  • ジョニー(ギタリスト) - ジェームス・コールマン[52]
  • マーガレット卑弥呼(「占いの館」代表) - 德上小夜子
  • 松井進(洛北芸術大学) - 上西雄大[47]
  • 刑事部長 - 黒川英二
  • 上松ひろみ(特別養護老人ホーム「鈴音の里」介護士) - 若宮藍子
  • ウェイター - 北山一成[53]
  • 「ウエディングフェア」の司会 - 多賀勝一
  • 西森由紀乃(樹夫の母・特別養護老人ホーム「鈴音の里」入所者) - 桑名裕紀子
  • 桝井健太(「神戸お見合いクルーズ」参加者) - 三浦康彦
  • 萬田(「神戸お見合いクルーズ」参加者) - 西久保くにかず
  • 中野(「神戸お見合いクルーズ」参加者) - 徳竹みか
  • 安藤(「神戸お見合いクルーズ」参加者) - あきみちよ
  • 八上(兵庫県警 刑事) - 鷲尾昇
  • 梅宮祐介(栞の兄・元ピアニスト・1年前転落死) - 長谷川朝晴(20年前:藤枝優希
第19作「京都・どうぶつツアー殺人事件」(2017年)
  • 如月ユリカ(タレント・元人気デュオ「ユリカ&優子」メンバー) - 東風万智子(「ユリカ&優子」時代:太田奈緒(AKB48[54]
  • 吉崎塔子(ユリカの専属メイク兼同居人) - 大寶智子
  • 橘優子(芸能事務所社長・元人気デュオ「ユリカ&優子」メンバー) - 菊池麻衣子[55](「ユリカ&優子」時代:山田菜々美(AKB48)[56]
  • 山岡純一郎(優子の夫・プロデューサー) - 大高洋夫
  • 岡口智栄(ディレクター・狩矢和美の先輩) - 国木田かっぱ
  • 赤間耕太(ココ動物病院 獣医) - 工藤俊作[57]
  • AD - 松永渚[58]
  • 鑑識係員 - 德上小夜子
  • 飯塚(京都市動物園 従業員) - 空田浩志
  • プロデューサー - 黒川英二
  • アヤコ(アナウンサー) - 小塚舞子
  • エリック・ビーン博士(英洛大学 動物行動学 教授・ゴリラの研究者) - ジェームス・コールマン[59]
  • カメラ担当 - 伊藤充
  • 鑑識係員 - 北川大介
  • 音声担当 - 水上竜士
  • 大塚明日香(「都ニュース」アナウンサー) - 前川保志花
  • 星田晃(ゴリラの研究者・ユリカの元恋人・エリックの後輩) - 林泰文

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

  • 第13作は2017年4月23日の『日曜ワイド』で、ミステリー傑作選として再放送された。
話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率
1 2000年10月28日 京都貴船川殺人事件 「京都貴船川殺人事件」 梶本惠美 上杉尚祺 12.3%
2 2002年03月30日 京都〜札幌雪まつり連続殺人事件 「札幌雪まつりの殺人」 15.3%
3 11月23日 京都紅葉寺殺人事件 「京都紅葉寺殺人事件」 16.3%
4 2003年06月14日 京都祇園殺人事件 「京都祇園殺人事件」
「天の橋立殺人事件」
17.0%
5 2004年08月14日 京都祇園祭り殺人事件 「京都夏祭り殺人事件」 12.4%
6 2005年04月02日 花の棺 花の棺 13.4%
7 2006年04月08日 京都花の艶殺人事件 「京都花の艶殺人事件」 石原武龍 15.6%
8 2007年04月07日 京都・花見小路殺人事件 「京都花見小路殺人事件」 13.7%
9 2008年05月24日 京料理殺人事件 「京料理殺人事件」
(「京都絵馬堂殺人事件」所収)
12.0%
10 2009年05月02日 京都お茶会殺人事件 「ミス振袖殺人事件」 石原武龍
末安正子
13.4%
11 2010年04月24日 京都・美人女優連続殺人事件 「京都清水坂殺人事件」 波多野都 13.0%
12 2011年02月05日 京都・竜の寺密室殺人 「竜の寺殺人事件」
(「流れ橋殺人事件」所収)
16.2%
13 10月22日 京都・嵯峨野トロッコ列車殺人事件 「嵯峨野トロッコ列車殺人事件」
(「長良川鵜飼殺人事件」所収)
15.8%
14 2012年10月06日 京都・華やかな密室殺人事件! 「華やかな密室」 13.2%
15 2013年10月05日 京都グルメツアー殺人事件! 「京都グルメ旅行殺人事件」 12.9%
16 2014年08月30日 京都・嵐山〜鵜飼い殺人事件! 「長良川鵜飼殺人事件」 守口悠介
17 2016年01月30日 京都・開運ツアー殺人事件! 「京都詩仙堂殺人事件」 田中孝治 11.5%[60]
18 2017年03月23日 京都〜神戸プロポーズ殺人事件! 「京都・神戸殺人事件」 谷慶子 9.3%[61]
19 09月24日 京都・どうぶつツアー殺人事件 「猿を抱いた少女」 近藤一彦

脚注[編集]

  1. ^ 『土曜プライム』自体は、第18作放送日を含んだ期間である、2016年4月2日 - 2017年4月8日に放送していた。
  2. ^ 第18作、本人の言葉より
  3. ^ 第12作より。
  4. ^ 24日「狩矢父娘シリーズ、美人女優連続殺人事件」放映 - 山村紅葉オフィシャルブログ 2010年4月20日
  5. ^ 狩矢父娘っす - 山口竜央ブログ 2012年10月5日
  6. ^ プロフィール - ケイエムシネマ企画(アーカイブ)
  7. ^ a b c d プロフィール - エヌ・エー・シー
  8. ^ a b c d プロフィール - エヌ・エー・シー
  9. ^ a b プロフィール - エヌ・エー・シー
  10. ^ a b c プロフィール - エヌ・エー・シー
  11. ^ a b c プロフィール - エヌ・エー・シー
  12. ^ a b TV - 中山忍 オフィシャルサイト
  13. ^ プロフィール - キャラ(アーカイブ)
  14. ^ プロフィール - さいど事務所
  15. ^ 「山村美紗サスペンス」祇園祭り殺人事件 - Yasunari KONDO - 伝ふ
  16. ^ プロフィール - ぐるうぷ香住(アーカイブ)
  17. ^ a b プロフィール - エヌ・エー・シー
  18. ^ プロフィール - エヌ・エー・シー
  19. ^ プロフィール - GTZ
  20. ^ プロフィール - エヌ・エー・シー
  21. ^ a b プロフィール - エヌ・エー・シー
  22. ^ プロフィール - 東宝芸能
  23. ^ Drama - ボックスコーポレーション
  24. ^ Career - サイトウルーム
  25. ^ プロフィール - オスカー電子カタログ(アーカイブ)
  26. ^ GACKT です! - 布川敏和オフィシャルブログ 2011年2月5日
  27. ^ a b c プロフィール - エヌ・エー・シー(アーカイブ)
  28. ^ プロフィール - エヌ・エー・シー(アーカイブ)
  29. ^ プロフィール - エヌ・エー・シー
  30. ^ プロフィール - エヌ・エー・シー
  31. ^ ハロウィンにはまだ早い。 - 吉田羊オフィシャルブログ 2012年10月6日
  32. ^ プロフィール - 高岡事務所 Official Website
  33. ^ a b Career - サイトウルーム
  34. ^ 告知! - 渡辺凱ブログ 2012年9月28日
  35. ^ 告知し忘れたけど - 若尾夏希ブログ 2012年10月7日
  36. ^ プロフィール - エヌ・エー・シー
  37. ^ a b プロフィール - エヌ・エー・シー
  38. ^ 【出演情報】土曜ワイド劇場 山村美紗サスペンス「京都グルメツアー殺人事件!」 - SAKIKO☆Rowrowrow 2013年9月30日
  39. ^ プロフィール - 劇団東俳
  40. ^ プロフィール - Official Blog & SNS by beamie
  41. ^ プロフィール - オリオンズベルト
  42. ^ プロフィール - 舞夢プロ(アーカイブ)
  43. ^ プロフィール - NEWSエンターテインメント
  44. ^ 土曜ワイド劇場 - いわすとおるブログ 2014年8月29日
  45. ^ a b 七海薫子の1dayニュースリポート
  46. ^ 清川千里 - Twitter 2016年1月29日
  47. ^ a b プロフィール - 10Ants
  48. ^ タレント出演情報2016年 11ページ - テアトルアカデミー(アーカイブ)
  49. ^ DATA - トライストーン・エンタテイメント
  50. ^ プロフィール - 舞夢プロ(アーカイブ)
  51. ^ オンエア - 高杉瑞穂オフィシャルブログ 2017年3月22日
  52. ^ 劇中のピアノ曲「虹」・絵画も担当
  53. ^ 北山一成 - Twitter 2017年3月22日
  54. ^ 太田奈緒 - Instagram
  55. ^ 出演情報 - 菊池麻衣子オフィシャルブログ 2017年8月29日
  56. ^ 山田菜々美 - Instagram
  57. ^ 更新継続 - 工藤俊作ブログ 2017年9月21日
  58. ^ 松永渚 - Twitter 2017年9月24日
  59. ^ 劇中曲『チュキチュキバンバン』の制作も担当
  60. ^ テレビ視聴率ランキング”. インターネットTVガイド (2016年2月12日). 2016年3月7日閲覧。
  61. ^ テレビ視聴率ランキング”. インターネットTVガイド (2017年4月7日). 2017年4月29日閲覧。

関連項目[編集]

  • 狩矢警部シリーズ - 和美の父親・狩矢警部を主役としたTBS系「月曜ゴールデン」のドラマシリーズ作品。「狩矢父娘」と同じく東映製作で、山村紅葉と渋谷天外が「狩矢父娘」とは別の役でレギュラー出演。

外部リンク[編集]