宮本真希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みやもと まき
宮本 真希
本名 同じ[要出典]
別名義 斐貴 きら(ひだか きら)(宝塚歌劇団時代の旧芸名)
生年月日 (1977-12-12) 1977年12月12日(41歳)
出身地 日本の旗 日本 愛媛県八幡浜市
身長 162 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1999年 -
所属劇団 宝塚歌劇団1996年 - 1998年
事務所 エーチーム
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
おもちゃ
備考
宝塚歌劇団卒業生

宮本 真希(みやもと まき、1977年12月12日 - )は、日本女優。本名、同じ[要出典]。旧芸名、斐貴 きら(ひだか きら)。

愛媛県八幡浜市出身[1]。元宝塚歌劇団星組の娘役。所属事務所はエーチーム

略歴[編集]

宝塚歌劇団時代[編集]

子供のころに始めたクラシック・バレエをきっかけに女優を志し[1]1994年済美高等学校1年修了で宝塚音楽学校に入学。第82期生

1996年宝塚歌劇団入団。入団時の成績は10番。斐貴きら(ひだか - )という芸名月組公演「CAN-CAN」で初舞台を踏んだ後、星組に配属。

同期生には紺野まひる(元雪組トップ娘役)、蘭寿とむ(元花組トップスター)、壮一帆(元雪組トップスター)らがいる。

1996年T.a.p.(Takarazuka Angel Project)と呼ばれる同期生によるユニットに選抜され、TVCMにも出演し、1998年に発足した宙組の発足メンバーにも名を連ねていたが、宙組異動を前にわずか2年で退団した。

宝塚歌劇団退団後[編集]

退団後はライジングプロダクション(現・ヴィジョンファクトリー)所属となった。

1999年、映画『おもちゃ』(監督:深作欣二)でデビュー[2]。主演の祇園芸者(舞妓)の役に抜擢され、ヌードシーンも含め、体当たりの演技を披露し、同作品により第23回日本アカデミー賞の新人俳優賞、第11回東京国際映画祭の最優秀女優賞を受賞した。

2000年、ヴィジョンファクトリー傘下のぱれっとに移籍し、映画だけでなくテレビドラマにも出演の範囲を広げている。

2014年11月、A-Teamに移籍。

愛媛県伊予観光大使(通称:いよかん大使)に任命されている。

人物[編集]

身長162cm、足のサイズ23.5cm。

実家は建設会社を営んでいたが、宮本が19歳の時に、社長だった父親が他界[3]

趣味・特技は絵画制作。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

レギュラー[編集]

単発ドラマ・ゲスト[編集]

テレビ(バラエティ他)[編集]

  • 「旬彩日記」(2007年10月6日 - ?、関西テレビ) - レギュラー(毎週土曜日)
  • 世界ウルルン滞在記」アボリジニ編、アマゾン編、ケニア編 再会スペシャルを含めて4回出演(TBS系)
  • 「NEXTウイークリー」ナビゲーター(2011年4月2日 - 、NHK-BS1

テレビCM[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

  • 麻雀創世記 打天使 氷の女雀士 復讐の闘打(2008年7月25日、竹書房)ISBN 9784812435410
  • 麻雀創世記 打天使 第二章 仁義なき血染めの闘打(2008年11月21日、竹書房)ISBN 9784812436769
  • 麻雀創世記 打天使 第三章 対決!蛇の牌 最後の闘打(2009年1月23日、竹書房)ISBN 9784812437278

舞台[編集]

作品[編集]

写真集[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b プロフィール”. ほっとde西伊予. 八幡浜・大洲地区広域市町村圏組合. 2018年9月16日閲覧。
  2. ^ 宮本 真希”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2018年9月16日閲覧。
  3. ^ 踊る!さんま御殿」2009年5月12日放送分より
  4. ^ 宇和島運輸フェリー CM 「主演:宮本真希」編”. Youtube (2011年9月). 2016年8月30日閲覧。
  5. ^ 笹野高史「陽光桜」で単独初主演、桜の開発に人生をかけた男演じる”. 映画ナタリー (2015年10月19日). 2015年10月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]