岩崎ひろみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いわさき ひろみ
岩崎 ひろみ
本名 吉田 ひろみ(旧姓:岩崎)
生年月日 (1976-11-23) 1976年11月23日(40歳)
出生地 日本の旗 日本 千葉県八千代市
身長 163 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1977年 -
活動内容 1988年:映画デビュー
1989年ミュージカルアニー
1996年連続テレビ小説ふたりっ子
配偶者 吉田メタル2007年 - )
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト Hiromi Iwasaki Official-163-
主な作品
映画
木村家の人びと
難波金融伝・ミナミの帝王
間宮兄弟
テレビドラマ
連続テレビ小説ふたりっ子
大河ドラマ毛利元就
舞台
ミュージカルアニー

岩崎 ひろみ(いわさき ひろみ、1976年11月23日 - )は、日本タレント女優である。本名、吉田 ひろみ(よしだ ひろみ)。旧姓、岩崎

千葉県八千代市出身。スターダストプロモーション所属。夫は俳優の吉田メタルスリーサイズはB90・W60・H92。

略歴[編集]

生後半年にして、NHK銀河テレビ小説女の一生』で子役デビュー[1]。あまり泣かなかったことから重宝されていたという[2]

3歳の時に自分の意志で入った劇団若草に在籍中、映画『木村家の人びと』で映画デビュー。中学1年生の時にはミュージカルアニー』で主役を務め、話題の子役となる。

1996年放送のNHK連続テレビ小説ふたりっ子』で双子のヒロインの1人・香子役を務める。

学習院女子短期大学人文学科国語専攻卒業。

その後はバラエティ番組に多く出演しているが、その中でもよみうりテレビ『ひろみっ』(関西ローカル)では永田杏奈羽田実加との共演でメインパーソナリティーを務め、2002年からは元フジテレビアナウンサー近藤サトとともに、TBSラジオで『ラ・ラ・ラ♪日ようび』のパーソナリティを務める。

私生活では、2006年7月にミュージカル『ピーターパン』での共演で知り合った劇団☆新感線所属の俳優・吉田メタルと1年足らずの交際期間を経て2007年4月15日に結婚[3]。岩崎自身の誕生日と同じ同年11月23日には第1子となる女児を出産し[4]2010年11月7日には第2子となる女児を出産した[5]

2013年テレビ朝日仮面ライダー鎧武』では、共演シーンこそなかったものの夫婦で出演した。

人物[編集]

  • 名前の読みが歌手の岩崎宏美と全く同じであるが、出生当時人気だった岩崎宏美に因んだ[6]。結婚後の本名は吉田ひろみとなり、夫・吉田メタルの母と同姓同名である。
  • 実家は地元では有名なラーメン屋(八千代台駅前「パンケ」)で、店内には過去に出演した作品のポスターが何枚も貼られている。札幌味噌ラーメンがメインであり、父は北海道で店を経営していたこともある。
  • 麻雀を打つ。千葉の実家には全自動麻雀卓があり、家族の影響と思われる。
  • 一度観た芝居の台詞を全部覚えることが出来るという特技を持っている。IQが154もあり、ギフテッドである。学業成績も子役時代から多忙な芸能界にいたにもかかわらず常に優秀であった。
  • 兄は交通事故などを専門とする行政書士(自身のブログより)。
  • 声優の飯塚雅弓とは幼馴染みである。
  • 子供の頃は待望の女の子で生まれ過保護に育てられたため人前に出るのが苦手で、家の中がどちらかと言うと好きで、外遊びの場所も自営業で両親が忙しく目の届きやすい家のすぐそばの公園が多かった[7]
  • 最も影響を受けた本は「人間失格」。松本大洋の漫画にもはまっていたことがあり、彼の影響も受けた[8]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

バラエティ[編集]

教養番組ほか[編集]

  • 趣味悠々「石飛博光のたのしい暮らしの書道」(NHK教育) - 生徒 役
  • その時 歴史が動いた大奥 華にも意地あり 〜江戸城無血開城 天璋院篤姫〜」(2007年、NHK総合) - 天璋院篤姫 役
  • 岩崎ひろみの長崎・壱岐島めぐり〜大自然と美食の旅〜(旅チャンネル
  • もう一度逢いたい!日本人が愛した女優伝説(2009年12月11日、テレビ東京) - 女優・太地喜和子
  • 将棋フォーカス(NHK教育) - 進行 役
  • 新春お好み将棋対局 2013指し初め 将棋講座対抗ペアマッチ(2013年1月2日、NHK教育) - 司会 役

CM[編集]

ビデオ[編集]

ラジオ[編集]

  • BAY MORNING GLORY(2006年 - 、bayfm) - 2006年から安達祐実の後任として毎週日曜8:00 - 8:55担当。

ゲーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ テレビドラマデータベース『女の一生』 より。
  2. ^ 』(潮出版社)2002年6月号でのグラビア記事より。
  3. ^ “岩崎ひろみ、人気劇団の年上俳優とスピード婚”. ZAKZAK (産経新聞社). (2007年4月25日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_04/g2007042501.html 2015年6月15日閲覧。 
  4. ^ “岩崎ひろみ、自身の誕生日に第1子を出産”. ORICON STYLE (オリコン). (2008年1月5日). http://www.oricon.co.jp/news/50961/full/ 2015年6月15日閲覧。 
  5. ^ “岩崎ひろみが第2子出産を報告 “ふたりっ子”のママに”. ORICON STYLE (オリコン). (2010年11月10日). http://www.oricon.co.jp/news/81788/full/ 2015年6月15日閲覧。 
  6. ^ 週刊宝石光文社)1997年4月17日号
  7. ^ 京成電鉄発行「京成ライン」2000年4月号、6頁。
  8. ^ 京成電鉄発行「京成ライン」2000年4月号、7頁。

外部リンク[編集]