エフエム世田谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社世田谷サービス公社
愛称 エフエム世田谷
コールサイン JOZZ3BA-FM
周波数/送信出力 83.4 MHz/20 W
本社・所在地
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂3-25-9
設立日 1985年4月1日
開局日 1998年7月30日
演奏所 世田谷区用賀4-7-1
エコプラザ用賀2階
送信所 世田谷区用賀4-10-1
世田谷ビジネススクエア屋上
中継局 なし
放送区域 世田谷区の一部
ネット配信 SimulRadio
ListenRadio
公式サイト http://fmsetagaya.com/
株式会社世田谷サービス公社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
154-0004
東京都世田谷区太子堂3-25-9
法人番号 3010901006265
代表者 代表取締役社長 田中 茂
資本金 4億4500万円
純利益 294億5603万円
純資産 343億5603万円
決算期 3月末日
外部リンク https://www.setagaya.co.jp/
特記事項:上記は2021年3月31日現在[1]
テンプレートを表示

エフエム世田谷(えふえむせたがや)は、東京都世田谷区の一部地域を放送対象地域[2]として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である株式会社世田谷サービス公社が保有する特定地上基幹放送局呼出名称である。

世田谷サービス公社はエフエム世田谷そのままを愛称としてコミュニティ放送をしている。 FM世田谷FM SETAGAYAとも表記される。

概要[編集]

1995年(平成7年)開局。 キャッチフレーズは、周波数の83.4MHzから「やさしいラジオ」。地元に密着した放送を行っており、世田谷区、東京農業大学昭和女子大学(子育てまナビプロジェクト)の広報番組や、世田谷区議会録音中継なども行っている。

当初の免許人は株式会社エフエム世田谷であったが、2012年(平成24年)に世田谷区の外郭団体である世田谷サービス公社に吸収合併[3]された。 免許人の地位は同公社が承継[4]した。

出資比率から世田谷区がマスメディア集中排除原則にいう支配関係[2]にある。

株式会社エフエム世田谷の本社と演奏所は当初用賀用賀駅南口近くのアドバンス高荒3階にあった。 演奏所を2006年(平成18年)にエコプラザ用賀2階に移転、2つのスタジオがある。

  • 用賀Aスタジオ - 原則生放送用スタジオ
  • 用賀Bスタジオ - 収録番組スタジオ

また、次のサテライトスタジオがある。

  • スタジオキャロット
    世田谷区太子堂4-1-1三軒茶屋キャロットタワー26F
  • ネッツトヨタハブポート若林サテライトスタジオ
    世田谷区若林3-13-1 ※2011年4月改編時点では使用番組なし
  • スタジオ・ライズ(iTSCOMスタジオ二子玉川)
    世田谷区玉川2 二子玉川ライズS.C. ステーションマーケット棟 1階 ※2016年冬期時点では使用番組なし

送信所世田谷ビジネススクエア屋上にあり、放送局(現・特定地上基幹放送局)の呼出符号JOZZ3BA-FM周波数83.4MHz、当初の空中線電力は10Wで放送区域は世田谷区の一部地域[5]。2000年(平成12年)に空中線電力を20Wに増力した。

インターネット配信は自社独自の方式で実施してきたが、2019年(令和元年)にListenRadioでも配信を開始した。

世田谷区とは、帰宅困難者に対する支援と防災放送に関する協定を締結している。

沿革[編集]

1985年(昭和60年)

  • 4月1日 - 株式会社世田谷サービス公社設立[3]

1997年(平成9年)

  • 2月28日 - 株式会社エフエム世田谷設立[7]

1998年(平成10年)

2000年(平成12年)

  • 4月25日 - 空中線電力の増力許可[11]

2006年(平成18年)

  • 4月 - 演奏所をエコプラザ用賀に移転

2012年(平成24年)

  • 7月1日 - 世田谷サービス公社が株式会社エフエム世田谷を吸収合併し、免許人の地位を承継
  • 4月25日 - 世田谷区と「災害時における協力態勢に関する協定」を締結[12]

2013年(平成25年)

  • 11月 - TuneIn Radioを運営する米国TuneIn社と協業し、インターネットラジオの普及を行うことを発表[13]

2016年(平成28年)

  • 2月29日 - TuneIn radioでの配信終了

2019年(令和元年)

  • 7月25日 - ListenRadioでの配信開始[14]

2020年(令和2年)

  • 7月8日 - 自社配信サイトのURLを変更、旧サイトは12月末まで使用可能[15]

2021年(令和3年)

番組[編集]

2022年4月現在、最近の番組はタイムテーブルを参照。

主な自主放送番組[編集]

自主制作[編集]

太字は生放送番組

【ポットキャスト・音声配信番組】

【YouTube配信番組】

MUSIC BIRD for Community FM送出番組[編集]

以下の番組はFM放送波やインターネットラジオサイマル放送)を通じた当局での放送に加え、MUSIC BIRD for Community FMを通じて全国のコミュニティ放送局へネットされている。なお、同時ネット放送となる『アフタヌーン・パラダイス』を除き、当局では番組編成の関係によりネットでの時間帯では放送されない。

※当局・MUSIC BIRD for Community FM同時ネット放送

開局以来続いてきた午後ワイド「オープンサロン834」に替わって、2011年4月4日より、スタジオキャロットからの公開生放送として登場。
従来からMUSIC BIRD for Community FMにて全国のコミュニティ放送局向けに制作・送出されていたものを、当局のみのローカルゾーン(13時台・14時台)を含めたワイド番組として刷新した。
15時台・16時台は、これまで通り、全国のコミュニティ放送局へのネットゾーンとしても活用される。
なお、当番組自体は、MUSIC BIRD for Community FMでは15時から17時までの2時間番組として編成されているが、当局では金曜日は引き続き「神太郎 金曜瓦版」をスタジオキャロットから放送するため、
金曜日送出分の当番組に限り、従来同様に、半蔵門のFMセンター(TOKYO FM本社ビル) 4階のミュージックバードスタジオから、15時台・16時台のみを制作・生送出していた。
2015年の春改編で金曜の「奈良禎子 悠ゆう素的」「神太郎 金曜瓦版」が終了し、「長江健次のDARADAラジオ」が始まった関係で枠が集約され、「アフパラ金曜」が当局でも放送されるようになった。
2017年4月改編で「DARADAラジオ」の放送時間が変更になった関係で、当局では16時台のみの放送となった。
2020年10月4日よりMUSIC BIRD for Community FMへのネット放送を開始[17]。当局から遅れての放送となり、開始当初は月曜 01:30-02:00の放送だったが、2021年7月4日より『週刊メディア通信』の時間枠移動を受け、月曜 03:00-03:30の放送に変更[18]。2022年1月2日から当局と同じ1時間に拡大され、月曜 03:00-04:00の放送となり[19]、同年4月3日から30分に再度短縮のうえ、開始当初と同じ月曜 01:30-02:00の放送に再度変更された[20]
2021年4月3日よりMUSIC BIRD for Community FMへのネット放送を開始[21](遅れネットとなり、日曜深夜 03:00-04:00の放送)。
2021年7月5日よりMUSIC BIRD for Community FMへのネット放送を開始[18](遅れネットとなり、月曜~金曜 23:55-24:00の放送)。

MUSIC[編集]

  • natsukashino pops stream(月曜 17:00-20:00、火曜~金曜 17:00-20:55、土曜 06:00-06:45、日曜 18:00-19:55)
平日の17時台・18時台はMUSIC BIRD for Community FMの「リメンバー・ミュージック」、それ以外の時間帯はミュージックバードの109ch「J-POP REFRAIN」の再送信。
平日は番組途中に防災・防犯インフォメーション(17:30)、交通情報(17:33/18:30)、天気予報(18:00)、ニュース・天気(19:00/20:00(20時は月曜を除く))が組まれる。以前は「情報アナウンサー」が付いていたが、2020年4月からは自動音声合成によるものに変更された。
また、時期によっては、平日の17時台・18時台と日曜の19時台(日曜は「PRESIDENT STATION」を休止して20時台まで)の時間帯を利用して「世田谷区議会 録音放送」が行われる。
  • HIT HIT HIT(火曜~土曜 01:05-03:00、火曜~土曜 05:00-06:00、月曜 22:30-00:00、金曜 22:00-22:30/23:45-00:00)
  • "834"music(日曜 00:00-06:55/22:00-22:55、月曜 00:00-06:00)

MUSIC BIRD for Community FM同時ネット・時差ネット番組[編集]

  • Morning Community(月曜~金曜 06:00-07:55)
  • リメンバー・ミュージック(月曜 11:00-11:55・12:00-12:45、火曜 11:15-12:30、水曜 11:30-12:00、木曜 11:30-12:30、金曜 11:00-12:30)
  • 大西貴文のTHE NITE(月曜~金曜 21:00-22:00)
  • JAZZ VOCALの夜(火曜~土曜 03:00-04:00)
  • slow life,slow music(火曜~土曜 04:00-05:00)
  • ASJ Presents 建築家のアスリートたち(月曜 20:00-20:55)
  • 週刊メディア通信(火曜 00:00-01:00) ※当局では時間変更に伴い、2022年1月より放送再開
  • TABARU Love Emotion(火曜 23:00-23:55)※時差ネット放送
  • Midnight Comoesta(水曜 00:00-01:00) ※熊本シティエフエム(FM791)制作番組
  • 池袋交差点24時 ラジオ版(金曜 00:00-01:00) ※当局では時間変更に伴い、2021年4月より放送開始
  • Shingo's Radio Show Night Fever(土曜 00:00-01:00)
  • おはようサタデー(土曜 07:00-08:55)
  • あの頃青春グラフィティ(土曜 13:00-15:55)
  • SATURDAY SUPER LEGEND(土曜 16:00-16:55)
  • たーなー先生のボイトレRADIO(土曜 17:00-17:30)
  • 石田充孝BEST TIME BEST LIFE(土曜 17:30-17:55)
  • 河西美紀ReSET(土曜 18:00-18:55)
  • Radio Leader's(土曜 19:00-19:55)※時差ネット放送
  • 河口恭吾 ブートラジオ(土曜 21:00-21:55)
  • RADIO BOHEMIA(土曜 23:00-23:55)※FM小田原制作番組
  • おはようサンデー(日曜 07:00-08:55)
  • 杏奈カフェ(日曜 09:30-10:25)※時差ネット放送
  • ロコラバ-LoCo Lovers-(日曜 12:00-12:55)
  • 立花裕人のジェンヌドリーム 空気の王様(日曜 13:00-13:55)
  • みんなのサンデー防災(日曜 14:00-14:55)
  • サンクローバーpresents アコガレステーション(日曜 15:00-15:30)
  • スーパー・ステーション! 井上昌己のprecious moment(日曜 15:30-15:55)
  • JP TOP20(日曜 16:00-17:55)
  • PRESIDENT STATION(日曜 20:00-20:55) ※「世田谷区議会 録音放送」時は休止
  • Sound of Oasis~GOOD PERSON~(日曜 21:00-21:55)
  • 渡辺真知子 現在・過去・未来(日曜 22:00-22:55)

放送終了[編集]

  • ぐっとモーニング せ・た・が・や - 2016年4月1日放送終了。
  • 栗原美季 Cafe les R(くりはらみき カフェ・レ・アール) - 2011年4月4日より、スタジオ・ライズからの生放送に移行し、同スタジオを所有するイッツ・コミュニケーションズが運営する、神奈川県横浜市青葉区のコミュニティFM局、FM Salusでも10:00〜12:00まで同時放送していた。2016年3月31日放送終了。
  • ハイスクール Hot パーティー - 1998年8月8日初オンエア。高校生パーソナリティをしているのが特徴で、ゲストが来る事もある。ゲストはパーソナリティの友達、高校生のバンド、インディーズのバンド等で、過去にはHi-STANDARDASIAN KUNG-FU GENERATIONSTOMPIN'BIRDマキシマムザホルモンらがゲストに来たり電話に出たりしたこともある。2000年より、放送の枠を超え「青二祭」という高校生イベントが下北沢区民会館北沢タウンホールにて毎年開催されている。また、青二祭に出たバンドを中心にコンピレーションCDもリリースされた。
  • CAMPUS RADIO COMPANY - 世田谷区や近隣の大学の放送サークルが制作する番組。週・曜日ごとに担当が分かれており、22大学・15チームが制作していた。また派生番組として、同番組制作経験者による『CRC+』が土曜日に放送されていた。
  • MUSIC CONNECTION - 2011年4月スタート。『ラジオ深夜便より情熱に、オールナイトニッポンより上質にを合言葉に、ビートルズ世代におおくりする深夜番組』と銘打ち、大石吾朗をパーソナリティに、大石がニッポン放送他NRN各局ネットで出演した音楽番組のタイトルを取った「コッキーポップ・プレミアム」として放送。スタートからの1年間は、金曜日を「FRIDAY SPECIAL」として、エド山口・庄野真代・細坪基佳・鈴木康博が週替りで担当する、2時間の生番組として放送していた。
  • 反畑誠一のTHE BIG TIME - 当局の制作で、全国のコミュニティ放送局にネットされていた(MUSIC BIRD for Community FMによる同時ネットではなく、独自でのネット局展開)。パーソナリティは音楽評論家反畑誠一、アシスタントは歌手八反安未果
  • サンプラザ中野くんのせたがやたがやせ
  • 奈良禎子 悠ゆう素的
  • 神太郎 金曜瓦版
  • Setagaya Goes On ~土曜はおでかけ~
  • ボンジョルノ世田谷
  • La Dolce Vita with シンディ鈴木
  • 世田谷ラジオ倶楽部
  • Southern wind〜いつも心は南向き〜 (『Bee Up!Setagaya』に内包)南紀白浜コミュニティ放送との同時ネット
  • ファンタジスタ!!
  • わたし歳時記
  • ラジオ東京音実劇場
  • 夜RAJI
  • R246 music HIGHWAY - 時間帯により、ミュージックバードの108ch「J-HITS」又は109ch「J-POP REFRAIN」の再送信
  • ペットワンダーランド
  • ジャズタイム
  • Music Planet
  • Memories songs
  • Classic ROCK 70's - 本番組は「コミュニティ発 全国放送ゾーン」の一番組としてMUSIC BIRD for Community FMを通じて全国のコミュニティ放送局にもネット放送されていた。

主なパーソナリティ[編集]

過去の主なパーソナリティ[編集]

過去の番組[編集]

  • 開局時から2000年末まで、ナムコ・ワンダーエッグ内にあるWE2ステーションからの公開バラエティ番組「たまリバ!」が放送されていた。日替わりパーソナリティ、日替わり企画で人気を集め、中でも世田谷区内の商店街を盛り立てた企画「コロッケ道」やご当地ソング企画「新世田谷線音頭」はテレビ・新聞などでも多くとりあげられた。また地元・円谷プロダクションとのタイアップで、ラジオなのにウルトラマンなどが出演したこともある。現ナレーターの三村ロンド、ブレイクする前の平井堅WATER OF LIFEこと清水和彦、元m-floLISAらがパーソナリティを担当していた。特に平井堅の番組はコミュニティ放送発の番組としては珍しく、栃木放送FM佐賀といった県域放送局でもネットしていた。
  • 日本テレビの番組「香取慎吾の天声慎吾」の企画で、SMAP香取慎吾キャイ〜ンの2人がアナウンサー試験を受けた事がある。結果は天野ひろゆきが合格し、WE2ステーション(ナムコ・ワンダーエッグのサテライトスタジオ)から公開放送が行われた。不合格だった香取とウド鈴木はリポーターとして出演した。このときロケの舞台となったのも放送開始前の「たまリバ!」である。
  • サッカー・Jリーグの東京ヴェルディのホームゲーム中継を2005年まで行っていた。現在はサッカー・なでしこリーグ2部のスフィーダ世田谷のオフィシャルメディアパートナーである。

DJせたハチ[編集]

マスコットキャラクター、首元に「834」と書かれたハチ、世田谷区を飛び回って情報を集めている。 身長8.34㎝、体重8.34g、年齢8歳、誕生日は7月30日。 [22]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 第36期決算公告(世田谷サービス公社 - 会社情報 -経営状況) - ウェイバックマシン(2022年4月26日アーカイブ分)
  2. ^ a b コミュニティ放送事業者 平成26年8月1日現在(総務省電波利用ホームページ - マスメディア集中排除原則について)(2014年10月18日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  3. ^ a b 会社概要(世田谷サービス公社) - ウェイバックマシン(2012年7月23日アーカイブ分)
  4. ^ 電波法第20条第2項参照
  5. ^ a b 世田谷コミュニティ放送局に免許(関東電気通信監理局 報道資料 平成10年7月27日) - ウェイバックマシン(2001年4月17日アーカイブ分)
  6. ^ 放送エリア(FM世田谷) - ウェイバックマシン(2014年1月21日アーカイブ分)
  7. ^ 会社情報詳細(株式会社エフエム世田谷 - 会社概要) - ウェイバックマシン(2022年4月24日アーカイブ分)
  8. ^ 世田谷コミュニティ放送局に予備免許(関東電気通信監理局 報道資料 平成10年6月22日) - ウェイバックマシン(2001年4月17日アーカイブ分)
  9. ^ a b コミュニティ放送局の現状 平成16年4月1日現在(総務省電波利用ホームページ - 電波利用システム - 放送関係)(2004年12月13日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  10. ^ エフエム世田谷株式会社の御紹介(株式会社エフエム世田谷 - 会社情報) - ウェイバックマシン(1999年1月28日アーカイブ分)
  11. ^ コミュニティ放送局の増力許可(関東電気通信監理局 報道資料 平成12年4月25日) - ウェイバックマシン(2000年10月3日アーカイブ分)
  12. ^ 災害時協力協定 協定一覧(平成31年2月現在)(世田谷区 - 区政情報 - オンラインサービス・アプリ - オープンデータ)(2019年8月7日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project}}
  13. ^ インターネットラジオの米TuneIn、エフエム世田谷と協業(ITPro 2013年11月13日) - ウェイバックマシン(2020年10月27日アーカイブ分)
  14. ^ 【インターネットラジオについて】(エフエム世田谷 - お知らせ 2019年7月25日) - ウェイバックマシン(2020年5月11日アーカイブ分)
  15. ^ 【インターネットラジオについて】2020年7月8日更新(エフエム世田谷 - お知らせ 2020年7月8日) - ウェイバックマシン(2020年9月24日アーカイブ分)
  16. ^ 【Podcast(ポッドキャスト)配信サービスについて】(エフエム世田谷 - お知らせ 2020年4月1日) - ウェイバックマシン(2020年5月11日アーカイブ分)
  17. ^ 10月新番組情報”. MUSIC BIRD (2020年9月14日). 2021年7月5日閲覧。
  18. ^ a b 7月新番組情報”. MUSIC BIRD (2021年6月22日). 2021年7月5日閲覧。
  19. ^ 1月新番組情報”. MUSIC BIRD (2021年12月16日). 2022年1月23日閲覧。
  20. ^ 4月新番組情報”. MUSIC BIRD (2022年3月14日). 2022年4月19日閲覧。
  21. ^ 4月新番組情報”. MUSIC BIRD (2021年3月23日). 2021年7月8日閲覧。
  22. ^ DJせたハチ〜メモ帳 2016年3月17日(マスコット工房 株式会社ゼロワンのブログ 2016年3月) - ウェイバックマシン(2020年4月2日アーカイブ分)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]