収録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

収録(しゅうろく)とは放送用語のひとつで、放送コンテンツを一旦録音・録画したあと編集を行い、その後電波・電話ケーブルなどの媒体で視聴者・聴取者に伝えるような放送手段を指す。

概要[編集]

近年のテレビ番組は、ニュースワイドショー天気予報スポーツ中継などといった、情報の速報性・正確性が求められる番組や「ライブ感」など生放送でなければ得られない効果が必要な番組を除けば、大半が収録で放送されている。

VTR機材や媒体が無かった・高価であった時代には生放送が主流であったが、録画・録音技術が進歩してくるに従い収録での放送も増加した。さらに近年では放送局・出演者のスケジュール調整やプライバシーの維持、視聴率低迷等により、生放送から収録に切り替えた番組も存在する。

この他、一度生放送したものを収録して別の時間帯に再放送することもある。これは編成上一部地域で生中継ができない場合、アンコール放送を行う場合、海外からの中継でリアルタイムでの放送が深夜から明け方に当たる場合などに実施され、これらは「録画放送」とも呼ばれる。

なお収録による放送は、1950年代よりすでに実施されていた。当時はキネコおよび2インチVTRが主流であった。但し初期は本格的な編集は行えず、開始から終了までテープを回し続ける必要があったため、失敗不可の一発録りが強制されていた。特にローバンド機時代は編集が必要な場合、テープの記録部分をルーペで確認しながら見当を付けて剃刀の刃でテープを切断して貼り合わせる方法がとられていたが、これには上司の決裁を仰ぐ必要があり、許可が下りるのもやむを得ない事業がある場合に限られていた。

収録から放送までの間に出演者の不祥事や死去が発覚した場合、「この番組は○月○日に収録されたものです」旨の断りを示すテロップを表示することがある。

番組の保存について[編集]

1970年代までの番組は、機材価格や著作権問題から映像を記録して保管する例が少なかったため、収録放送であっても全部または一部が現存しないケースも多い。

2インチVTRは1958年より日本で使用され始めたものの、機器は重厚長大であり、価格も維持費も非常に高額であった。テープに至っては、最初期はアメリカ合衆国からの輸入品しかなかった為に当時の価格で100万円以上、1964年に国産テープが発売された後も当時の価格で10万円以上(いずれも60分1巻の場合)と、これまた非常に高額であった(更に当時は消耗品ではなく固定資産とみなされていたため、固定資産税の課税対象とされていた)。そのため、番組の保存よりも時間調整という意味合いが強く、テープの内容は放送終了後に消去され、他の番組収録に使い回されていたほか、テープ自体も劣化すると積極的に廃棄されていた。

一方でドラマドキュメンタリー等は、フィルムで収録されていた。フィルム収録は現像作業を要する、保管場所をとる、耐久性がビデオテープに比べて劣る等の弱点があったものの、当時はビデオテープと比べて比較的安価であり、編集もビデオテープより容易であった為、番組保存手段として広く使われていた。

1980年代に入り1インチVTRが放送業界に普及すると、ビデオテープの価格がフィルムより安くなったこともあって、ビデオテープによって番組を保存する体制が整い、大半の番組はVTR保存されるようになった。これと引き換えにフィルム収録は前述の欠点により次第に減少していった。しかし2インチVTR時代の番組は他フォーマットへの変換作業が進んでいないものも多くあり、機器やテープが老朽化し代替部品も存在しないために、既存の2インチテープや新たに発見された2インチテープが再生できずに内容が公表できない事態が発生している。

関連項目[編集]