重厚長大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

重厚長大(じゅうこうちょうだい)とは、重化学工業等の産業を意味する語、また、それら産業の特質を指す経済用語である。これらの産業が重く・厚く・長く・大きな製品を扱うことに由来する。具体的には鉄鋼業セメント非鉄金属造船化学工業や、これに関連する装置産業が分類され、IT産業は含まれない。反対語は「軽薄短小」(けいはくたんしょう)。

重厚長大と軽薄短小[編集]

産業として重厚長大にならざるを得ない部門もあるが、実際には、技術革新のある程度までは、生産者消費者ともに「新たな機能=長大化」を当たり前のこととして受け入れるが、ある時点から、消費者は肥大化した機能をそのままに外形の縮小化を求めるようになったり、機能を取捨選択することにより、長大化を抑制することを望むようになる。そのような動きが生産者側にフィードバックされたとき、その産業が重厚長大から軽薄短小に転換することとなる。誤用に近いが、現代においては、単純に小分けパックや、量を減らした製品なども軽薄短小として紹介されることも多い[1]

また、重厚長大という場合、軽薄短小に対して、「古い」「過去のもの(過去となりつつあるもの)」といった侮蔑的な意味が含まれる場合もある。実際に、「方針転換無く、何かしらの要素を発展させる(それに付随して発展した分コストも増す)こと」に対して、批判的に使用される[2]

経緯[編集]

この言葉が生まれたのは、石油危機に起因する高度経済成長の終焉期である。1980年頃から産業構造のソフト化サービス化の流れが広がり、重厚長大産業は精彩を欠くと共に、それら産業はアジア発展途上国に譲り、エレクトロニクスソフトウェアなどの軽薄短小産業(ハイテク産業)へのシフトが求められるとされた[3]。「トンの経済からグラムの経済へ」といった言い方もされた。

ただし、1980年代以降鉄鋼産業をはじめとした日本の素材産業は、高付加価値製品に軸足を移し、また中国を中心としたアジア各国の経済発展に伴いアジア諸国への輸出もふえて、2000年代中頃の景気回復の原動力の一つとなった。

脚注[編集]

  1. ^ 食品メーカー:節約志向に定番商品も「軽薄短小」化へ
  2. ^ PS3発売まであと半年,「重厚長大主義」との批判をかき消せるか
  3. ^ 【軽薄短小化の衝撃】もはや重・厚・長・大はナウじゃない 四拍子そろった80年代の寵児LSIは別格 より、「重厚さや長くて大きいものが尊重されたのは高度成長時代のこと。安定成長時代には「より軽く」、「より薄く」、「より短く」、「より小さく」といった要素が商品に強く求められる。」

関連項目[編集]