調布エフエム放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
調布エフエム放送株式会社
Chofu FM Co., Ltd.
愛称 調布FM
コールサイン JOZZ3AW-FM
周波数/送信出力 83.8 MHz/20 W
本社・所在地
〒182-0026
東京都調布市小島町2-33-1 調布市文化会館たづくり3F
設立日 1997年6月11日
開局日 1998年4月17日
演奏所 本社と同じ
送信所 調布市小島町2-33-1
調布市文化会館13階(屋上)
中継局 なし
放送区域 調布市の一部
ネット配信 SimulRadio
ListenRadio
公式サイト http://www.chofu-fm.com/

調布エフエム放送株式会社(ちょうふエフエムほうそう)は、東京都調布市の一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 調布FMの愛称でコミュニティ放送をしている。

概要[編集]

1998年(平成10年)開局。 「市民参加型の地域情報受発信基地として機能するラジオステーション」をコンセプトにおいて、地域に密着した番組や災害情報・選挙開票情報などを提供し、地域の受発信拠点としての役割を担う。“ハミングハート”という愛称もあるが、近年はステーションジングルなどで用いられる程度である。 J:COM 調布・世田谷(旧・調布ケーブルテレビジョン)で再送信をしている。

受信可能エリアは、調布市と狛江市、および両市の周辺地域である狛江市、および両市の周辺地域である三鷹市世田谷区稲城市府中市小金井市武蔵野市神奈川県川崎市多摩区の各一部[1]。 番組の取材も受信可能であれば調布市や狛江市以外でも行われている。

沿革

1997年(平成9年)

  • 6月11日 調布エフエム放送株式会社設立。

1998年(平成10年)

2011年(平成23年)

  • 4月9日 SimulRadioに参加、番組配信を開始。

2013年(平成25年)

2014年(平成26年)

  • 3月31日 SimulRadioのAndroidアプリでの配信が終了[3]
  • 5月16日 公式発表はないが、有料アプリの「FM聴 for Community」および「TuneIn Radio」で聴取可能となる。

番組編成[編集]

毎日、朝・昼・夕方に放送される生放送ワイド番組を中心に編成されている。ワイド番組の間をミュージックバード制作や他のコミュニティ放送局制作の番組で繋いでゆく。

生放送ワイド番組内には市の広報番組などがミニコーナーとして組み込まれることが多いが、独立した番組として再放送されることもある。

このほか市民制作番組の枠が夜間にあり、地元の大学や企業、市民が作成した番組を放送したりとバラエティに富んだ編成となっている。

ワイド番組[編集]

ワイド番組は原則、生放送だが、番組内のコーナーは収録の事がある。また番組内にて適宜、交通情報、天気予報が放送される。

  • 調布・朝の光と風
    平日朝の生ワイド番組。7:00〜10:00
    ニュースと生活情報が中心。
    メインパーソナリティは元茨城放送アナウンサーの遠藤理
  • 午後のカフェテラス
    平日午後の生ワイド番組。12:00〜15:00
    開局当初より続く番組の一つ。
  • ゆうがた5
    2014年4月より始まる、平日夕方の生ワイド番組。17:00〜19:00
  • ラジオボンバー
    土曜日朝の生ワイド番組。9:00〜12:00
    調布駅前に有るサテライトスタジオからの生放送。
    毎週テーマに沿ったメールやFAXをとりあげる。またTwitterのハッシュタグ「#ラジオボンバー」でツイートされたテーマもメールと同様にとりあげる(一連のツイートは後にTogetterにまとめられる)。ただし月の最終土曜日のみテーマを設けずリクエストに制限を付ける「三昧スペシャル」を行う。
    番組開始から演劇を取り上げるコーナー「芝居のすすめ」が有り、役者のゲストが多い。
    番組中アニメソングがかかることが多くサイマルラジオ等で全国聴取できることからエリア外リスナーが多い。
    メインパーソナリティは林あや。
  • びゅーサン
    日曜日の朝生ワイド番組。9:00〜11:50
    いろいろな地方の観光地や食べ物をとりあげる“カントリー・ロード”というコーナーが有り、そこで取り上げた場所の名産品を“月間賞”として聴取者にプレゼントしている。
    メインパーソナリティは岩下生佳。
  • あかねいろStation
    週末夕方の生ワイド番組。16:00〜18:00
    土曜日と日曜日で同じ番組名を使用しているが出演者やコーナーに違いが有る。

市民制作番組[編集]

  • DHK第一放送(木曜日 23:00〜24:00)
    電気通信大学の放送サークル、電気通信大学放送研究会が制作。
  • カムカム白百合(金曜日 22:00〜23:00)
    白百合女子大学の放送サークル、白百合女子大学放送研究会が制作。この番組を学内で収録する様子が、テレビ東京の『出没!アド街ック天国』の仙川の回にて放映された。
  • 調布の味噌汁CHK風味(水曜日 21:30〜22:00)
    中央大学の放送サークル、中央大学放送研究会が制作。
  • 調布発明クラブ放送局(月の最終金曜日 21:30〜22:00)
    電気通信大学の調布少年少女発明クラブが制作。
  • みんなのらじお
    NPO法人や学生が持ち回りで番組を放送。

広報番組[編集]

広報番組はすべて調布市の情報を周知する内容で、公式聴取エリアである狛江市からの情報を取り上げる事はない。

  • 調布市ほっとインフォメーション(月〜金9:15〜9:30ごろ、13:30〜13:45、17:30〜17:35、16:00〜16:15、21:00〜21:15、土日17:30ごろ)
    調布市の広報番組 お知らせやスポーツ・催しなどの情報を放送。
    平日16時台と21時台以外の時間帯と土日はワイド番組に内包された形で放送のため時間が多少前後する。平日16時台と21時台は13時台の再放送。
  • 子育てラジオ
    木曜日10:00と翌週水曜日21:30より放送
    和光堂がスポンサーとなっている。
  • ラジオレター調布の教育
    調布市内の小中学校を訪問し行事やクラブ活動をレポートする。
  • あなたへのブックメール
    調布市立図書館の広報番組。

そのほかの番組[編集]

  • まるごとFC東京(火曜日 22:00〜22:30)
  • バスケが魅たい!サンレーヴスラジオ(水曜日 21:30〜22:00)
    調布市に事務所を持つプロバスケットボールチーム・東京サンレーヴスの応援番組
  • ラグビーカフェ on Radio(土曜日 18:30〜19:00)
  • 桑田靖子 JOYFUL PASSPORT(日曜日 12:00〜13:00)
    桑田靖子のトークを中心に音楽を交えて送る番組。北海道から九州まで幅広く放送していること、ゲストは桑田のアイドル時代を知る者が多く今だから話せる当時の秘話が語られることが多いのが特徴。アシスタントは中島理絵子、ディレクターは元IBC岩手放送の岩下生佳がつとめる。
  • アントキの猪木 わっしょい!JAPAN(土曜日 22:00〜23:00)
    全国のコミュニティFMで放送される、日本を元気づけるバラエティ番組。
  • スターダスト・レビューの星になるまで(土曜日 23:00〜23:30)
    音楽グループ・スターダストレビューボーカル根本要以外のメンバー3人が出演する。
  • 調布音楽館(毎月最終週除く日曜日 18:00〜19:00)
    調布を中心としたエリアで活躍するアーティスト、ライヴスポットなどを紹介。
    他のコミュニティFM局へも番組が供給されている
  • 気分はいつもブルースカイ(毎月最終週の日曜日18:00〜19:00)
  • 河西里音の春夏秋冬Voice☆(土曜日 21:30〜22:00)
  • 栗山夢衣の初体験ラジオ「ちょ〜ふあんです。」(毎月最終日曜日 23:00〜24:00)
  • スルースキルズの甘い言葉で罵って(毎月第2日曜日 23:00〜24:00)
    前述の「ちょーふあんです。」内で放送されていたコーナーから独立する形で2015年3月から開始。放送開始前の2015年1月11日に特別番組を放送し、放送中に50通以上のメールが来たため、レギュラー化に至った(50通未満だった場合は「ちょーふあんです。」内のコーナーが終了する予定だった。)。
    2015年9月は13日の他に20日も放送を予定していたが、送信トラブルで放送されなかったため、翌日21日の23時から放送をした。しかし、21日の放送はListenRadioで再送信されないトラブルがあったため22日23時に再放送を行った。これらの送信トラブルを受け、急遽27日15時から生放送を行った。
  • ペットビレッジ調布FM店
    調布市に店を構えるペットショップが提供の、ペットや動物を話題にするトーク番組。
  • ドリラジ!
    調布駅前のボイスレッスンスクールのメンバーが送る、トークとラジオドラマの番組。

特番・不定期放送[編集]

地元のイベントやスポーツ中継で特番が編成される事が有る。また2012年からイベントなどに関わらない独自の特番を編成するようになった。

  • 調布市花火大会生中継
    開局した1998年より[4]毎年、調布市花火大会の実況生放送をする。花火師を解説に招いて放送。
  • TOKYO 12 Information
    旧番組名は「TOKYO LA12 RADIO(トーキョー・ラドセ・レディオ)」
    FC東京サッカー中継開始の2時間前から1時間前までの1時間放送。
    熱狂的サポーターの視点から、FC東京の最新最新情報や選手・スタッフへの取材素材などを交えながら、ざっくばらんなトークを送る。
    サテライトスタジオからの生放送。
    パーソナリティは植田朝日DEN
  • FC東京サッカー中継
    調布市にある味の素スタジアムをホームスタジアムとするFC東京主催の試合を実況生中継。2014年まではエフエム西東京にネットされていた。
    解説は元サッカー日本代表監督の石井義信
    味の素スタジアム以外(国立競技場駒沢競技場など)で行われる試合はFC東京主催でも中継はないが、2009年11月3日に国立競技場で行われた2009Jリーグヤマザキナビスコカップ決勝・FC東京対川崎フロンターレ戦は例外的に中継が行われ、FC東京優勝の瞬間が伝えられた。また2011年11月6日は、平塚競技場から湘南ベルマーレ対FC東京戦の中継を行った。
    以前はSimulRadioでは聴取できなかったが、2012年5月より聴取可能になっている。ListenRadioではサービス開始より聴取可能。
  • アニソン特番
    アニメソングを長時間にわたってかける生放送特番で、2012年の元日に「お正月アニソン特番」として初めて放送された。突発的に放送したが好評になり、2012年8月5日に2回目となる「真夏のアニソン特番」を放送、以後元日と7月末または8月上旬の年2回放送されていたが、2017年からは放送スケジュールの見直しに伴い、不定期での放送に変更された[5]
    放送時間は初回は8時間30分だったが、2回目以降は12時間行われており、放送時間を半分に割って、前半を1999年以前、後半を2000年以降の曲を対象にしてリクエストを受け付ける。また、放送された楽曲はすべて公式ホームページに掲載されている。
  • レコードパラダイス
    2012年9月に、レコード音源だけを放送する特番として12時間の生放送が行われた。音源はリスナーより事前にレコードの提供を各番組内にて募集を行い、約3000枚のレコードが集まった。
    この特番も、放送された楽曲はすべて公式ホームページに掲載されている。
    2014年3月には2回目の放送が予定されている。また、同時期に社屋のある調布市文化会館たづくりの展示室で寄贈を受けたレコードの一部を展示する「レコードジャケット展」も開催されている[6]
  • 調布FM - The Movie
    開局15周年記念として2013年4月21日に放送された、映画音楽特番。調布に映画産業が多い事から「映画音楽」がテーマとして取り上げられた。放送は朝9時から午前0時まで15時間を生放送。

放送が終了した番組[編集]

  • わくわくoh!サンデー
    日曜日午後の生ワイド番組。13:00〜15:00
    出演者がミュージシャンであり音楽を話題にしたコーナーが多い。
  • e-tama
    土曜日の午後に多摩地区コミュニティ放送局3局(調布FM、むさしのFMFM西東京)にて同時放送されていた生ワイド番組。番組終了間際にはFMたちかわにもネットされており4局での共同制作番組であった。この番組を最後に共同制作枠は消滅した。13:00〜15:00
  • FM音楽工房(平日 10:00〜11:54、15:00〜17:00 他番組の再放送などにより曜日により放送時間の変動がある)
    J-POPを中心とした選曲を放送していた。現在はミュージックバードのコミュニティFM枠を放送
  • 斉木しげるの浪漫素(土 22:00〜23:00)
    パーソナリティはシティボーイズのメンバーで俳優タレント斉木しげるグラビアアイドル川奈栞
  • ミズノフットサルライフ(隔週火 22:30〜23:00)
    フットサル情報を施設スタッフより発信
  • 桐朋エンタ・キャンパス!!(水 22:00〜23:00)
    桐朋学園芸術短期大学が制作。
  • ラベンダークルーズ
    平日夕方の生ワイド番組。17:00〜19:00
    18:30からは「ミュージックセレクション」と称して、曜日ごとのテーマに沿った楽曲を取り上げる。
    開局当初より続いていた番組だが、2014年3月をもって終了した。
  • 高寺成紀の怪獣ラジオ(金曜日 24:00~25:00)
    東映、現角川大映スタジオのプロデューサーである高寺がパーソナリティーを務める特撮トーク番組。市制施行60周年記念特別番組として2015年5月1日から2016年3月25日まで放送。

音声配信[編集]

以下の番組にてコーナーの音声配信を行っている。

  • ラジオボンバーのコーナー「芝居のススメ」
    多彩な演劇界のゲストを迎え、トークをする。
  • あかねいろStation(土曜日)のコーナー「One Side Love Story」
    恋愛をモチーフにしたラジオドラマ

その他[編集]

  • 京王線調布駅近くのJ:COMショップ調布駅前店内にサテライトスタジオがあり、いくつかの番組が生放送や番組収録を行っている。
  • 局が所在する建物が文化会館のため、文化会館の1階ロビーにて公開収録を行った事がある。
  • 2005年6月まで調布パルコ1階にあったサーティワンアイスクリーム店内をサテライトスタジオとして、月1回公開生放送を行っていた。(現在はサーティワンがパルコから撤退し、現在はIT'S DEMOが入居している)
  • 交通情報のBGMに調布市府中市の風景を歌った荒井由実の「中央フリーウェイ」のインストゥルメンタルを使用している。
  • 公式サイトに局の広報WEBコミックとして「ちよちゃん」が連載されている。作品のキャラクターであるちよちゃんとラジ男くんが局のイメージキャラクターとして利用される事が有る。なお、2013年4月以降は更新がなく、休載中と記載されている。

脚注[編集]

  1. ^ 会社情報 調布FM(Internet Archiveのアーカイブ:2012年1月13日収集)
  2. ^ 【重要】「サイマルラジオ」web閉鎖に伴う新たなwebラジオのご案内について(web閉鎖は回避されました) 調布FM 2013年8月30日
  3. ^ スマートフォンで調布FMをお聞きの皆様へ 調布エフエム放送 2014年3月14日
  4. ^ 調布FM広報部Twitter 2015年8月19日
  5. ^ 「調布FMアニソン特番」放送スケジュール変更のお知らせ 調布FM 2016年11月6日
  6. ^ レコードジャケット展「昭和・レコードが語る青春時代」〜思い出のあの頃〜 調布FM 2014年2月27日

外部リンク[編集]