茨城放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社茨城放送
Lucky FM Ibaraki logo.png
本社社屋(2012年5月撮影)
本社社屋(2012年5月撮影)。IBSロゴの部分は、愛称変更に伴い撤去された。
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
310-8505
茨城県水戸市千波町2084-2
設立 1962年9月10日
業種 情報・通信業
法人番号 1050001000299 ウィキデータを編集
事業内容 放送法に基づく地上基幹放送事業
代表者 代表取締役社長 阿部重典
資本金 1億円[1]
売上高 6億6,500万円(2021年3月期)
営業利益 △4,214万円(2009年3月期)
純利益 △1億1,499万円(2009年3月期)
純資産 6億3,028万円(2009年3月31日時点)
総資産 13億2,157万円(2009年3月31日時点)
従業員数 30人
決算期 3月
主要株主 水戸茨城イニシアティブ 45.83%
茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント 10.00%
茨城県 6.14%
外部リンク https://lucky-ibaraki.com/
テンプレートを表示
茨城放送
種別 AMラジオ放送
放送対象地域 茨城県
系列 NRN
愛称 LuckyFM 茨城放送
コールサイン JOYF(水戸局)
JOYL(土浦局)
開局日 1963年4月1日
本社 〒310-8505
茨城県水戸市千波町2084-2
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 水戸 1197kHz / 5kW
主な中継局 土浦局 1458kHz / 1kW
県西中継局 1458kHz / 1kW
IBS加波山FM 94.6MHz / 1kW
特記事項:開局から長らく独立放送局だったが、2001年にNRNに加盟。
2011年7月20日から2016年5月31日まで送信業務を株式会社IBSへ分離し、茨城放送は送信所を持たない認定地上基幹放送事業者だったが、2016年6月1日付けで両社が合併し、特定地上基幹放送事業者に戻った。
2021年3月31日までは「IBS」と「i-fm」を愛称としていた。
テンプレートを表示

株式会社茨城放送(いばらきほうそう、Ibaraki Broadcasting System)は、茨城県放送対象地域として中波放送(AMラジオ放送)を実施する特定地上基幹放送事業者。愛称はLuckyFM 茨城放送。茨城県唯一の県域民間放送事業者である。

概要[編集]

1963年(昭和38年)4月1日開局、これ以後に中波放送事業へ参入は無く、栃木放送とともに中波放送の一般放送事業者、現在の民間特定地上基幹放送事業者としては最後の参入である。

地方民間放送共同制作協議会(火曜会・CRN)は長らく未加盟だったが2007年(平成19年)に加盟している。

2011年(平成23年)7月20日には、関連会社の株式会社IBSIBS PROMOTION CO.) へ特定地上基幹放送局免許人の地位を承継[2]させ基幹放送局提供事業者とし、茨城放送は認定基幹放送事業者となった。

2016年(平成28年)6月1日に株式会社IBSと合併し、IBSの特定以外の地上基幹放送局の免許人の地位を承継[3]して特定地上基幹放送事業者に戻った[4]

かつてのステーションキャッチコピーは「あっ茨城が聞こえる…」。

キャラクターとして「いばらじおん」がいる。口が茨城放送の5つの特徴[5]を意味する「5」で表されているライオンで、IBS時代は、目が「I」「B」、口が「S」で表現していた。また、FM補完放送開始に伴いいばらじおんの弟「えふらじおん」が登場。目が「I」「F」、口が「M」でそれぞれ現したが、LuckyFMに愛称が変更されたことで姿を表さなくなった[6]


長らく茨城県と茨城新聞社朝日新聞社が大株主であり、社長も初代のみ茨城新聞の社長が就任したが、2代目以降は朝日新聞の出身者が同職に就いていた[7]。2003年頃に朝日新聞社が茨城新聞社をはじめとする既存株主から引き受けて同社が筆頭株主となった。2019年(令和元年)11月15日、茨城県出身でグロービス経営大学院大学学長・グロービス・キャピタル・パートナーズ代表パートナーである堀義人の資産管理会社である「有限会社水戸茨城イニシアティブ」が朝日新聞社と日刊スポーツ新聞社の保有する茨城放送の全株式(普通株式518,580株:議決権ベース35.12パーセント(%)、優先株式160,000株)を取得して筆頭株主となり(11月14日付)、堀が取締役(オーナー)を務めるジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B.LEAGUE)加盟の茨城ロボッツの運営会社「株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント」が茨城県の保有する茨城放送の株式の約6割(普通株式147,650株:議決権ベース10.0%)を取得して第2位の株主となった(11月14日付)ことを発表した[8][9]。今後は堀が取締役(非常勤)として、茨城ロボッツ代表の山谷拓志が監査役(非常勤)として経営に参画し、県域テレビ局の開局やエリア拡大など、事業拡張に取り組む方針を明らかにしている[10][11]。また、社長職も同局アナウンサー出身の阿部重典が2020年6月開催の株主総会を経た上で就任した。生え抜きの社長就任は今回が初めてとなった[12][13]

FM放送への完全移行に向けた動き[編集]

2021年(令和3年)4月1日より、「IBS」の略称の対外的使用を廃し、新たに愛称を「LuckyFM 茨城放送」(ラッキーエフエム いばらきほうそう)に変更した。AM放送の免許で放送しているものの、FM(ワイドFM)放送を主軸に移しており、横浜エフエム放送神奈川県)やエフエムナックファイブ埼玉県)、ベイエフエム千葉県)に次ぐ、首都圏第4局目の県域FM局を目指すとしている[14][15]。この一環として、FMによるつくば局が開局する同年7月1日より、radikoの配信エリアを前述のFM3局と同じく関東1都6県に拡大した[16]。また新たなキャッチコピーとして「ヤバイ(88.1)ぜ茨城、LuckyFM」が制定された。

また、日本民間放送連盟に参加するAM放送事業者(民放AM局)が2028年までにAM放送免許の更新時期を迎えることを踏まえて、民放AM局独自の経営判断によってAM放送からFM放送への転換(またはAM・FM放送の併用)が可能になるような制度の整備を求める要望書を、総務省が設置する「放送事業の基盤強化に関する検討分科会」に提出しており、総務省も2020年10月に『民間ラジオ放送事業者のAM放送のFM放送への転換等に関する「実証実験」の考え方』を公表したことから、民放AM47局で組織する「ワイドFM(FM補完放送)対応端末普及を目指す連絡会」では、茨城放送を含む44局が2028年秋までにFM局への転換を目指していることを2021年6月15日に発表している[17]

中継局[編集]

AM放送
親局 コールサイン 周波数 空中線電力 所在地 備考
水戸 JOYF 1197kHz 5kW 水戸市
下国井送信所
中継局 コールサイン 周波数 空中線電力 所在地 備考
土浦 JOYL 1458kHz 1kW 土浦市
土浦送信所
県西 筑西市(旧・関城町
県西中継所
FM放送
中継局 コールサイン 周波数 空中線電力 所在地 備考
水戸 94.6MHz 1kW 桜川市
加波山
2015年8月17日開局[18]
日立
(IBS高鈴山FM[19]
88.1MHz[20][19][21][22] 100W[19][20] 日立市
高鈴山[19]
つくば
(IBS宝篋山FM)
88.1MHz[23] 100W つくば市
宝篋山
2021年7月1日開局[16]

廃止された中継局[編集]

FM放送
中継局 コールサイン 周波数 空中線電力 所在地 備考
守谷 88.1MHz[24][25] 20W[25] 守谷市 百合ケ丘
NTT東日本守谷清水電話交換センター
2021年6月30日閉局[26]

聴取可能エリア[編集]

2021年現在、水戸局(AMラジオ)の聴取可能エリアは茨城県の県北地域と県央地域、栃木県と福島県のそれぞれ一部地域、土浦局と県西中継局を合わせた聴取可能エリアは鹿行地域、県西地域、県南地域と千葉県、埼玉県それぞれ一部である[27]。しかし、かつては県南地域で一部難聴取地域が存在し、それらの地域の聴取改善が課題となっていた[7]

茨城放送は水戸茨城イニシアティブに傘下入り後に県南地域の聴取改善と同時にスピルオーバーにより首都圏方面への聴取可能エリア拡大を模索し[7][11]、2021年6月3日につくば市・宝篋山中継局の予備免許を取得。正式な放送区域は茨城県内坂東市から行方市の範囲及び利根川対岸の地域であるが、茨城放送では東京都区部も含めた地域で、ワイドFM帯でない通常のFM周波数帯でも受信できるとしている[15][28]。また、2021年7月からradikoの配信エリアを関東1都6県に拡大した[29]

FM補完中継局の放送エリアについてはFM水戸局及びFM日立局を参照。

スタジオ[編集]

  • 水戸 Lucky スタジオ[30](水戸本社)
    第1(メイン) - 生放送用
    第2(サブ) - 生放送用
    第3 - 録音番組・CM収録など
    第4 - ワンマンスタジオ
    第5 - 録音番組・CM収録など
    公開スタジオ - レコードカフェ、特別番組などで使用。Youtubeでの動画配信が可能な環境に改装され、2021年7月より運用開始。
  • イーアスつくば Lucky スタジオ - つくば市研究学園ショッピングモール、iiasつくば[31]
  • 東京 Lucky スタジオ(東京本社) - 東京都千代田区二番町5-1[1]

放送概要[編集]

開局から長らく独立放送局であったが、2001年NRNに加盟し、現在に至る。

独立局時代もニッポン放送(LF)と独自に回線を結び、プロ野球中継や報道特別番組をネットした。昭和天皇崩御の際の特別編成でニッポン放送制作の報道特別番組がネット受けされ、一部時間に放送された。箱根駅伝中継はNRN加盟後にアール・エフ・ラジオ日本のネットを受ける。

プロ野球のナイター中継も1993年までは土・日曜のみ(ニッポン放送のナイター中継をネット受けによる『IBSショウアップナイター』として)放送し、平日は野球中継と関係ない番組をシーズン中も放送していたことがあった。のちに『NRNナイター』をシーズン中の月曜を除く毎晩放送するようになった(ネット受けも全国送出局(平日:ニッポン放送、週末:文化放送)のものをそのまま放送)が、現在は金曜のみの放送となっている。

ラジオカーの愛称は「スクーピー」。

放送時間[編集]

開局当初からNRN正式加盟前の2001年3月までは、深夜の放送は基本的に休止として、少なくとも1993年ごろまでは原則として6時00分放送開始 - 24時00分終了を基本としていた。のちに1994年ごろから平日は深夜0時30分、土・日は1時00分まで放送時間を延長していたが、事実上の終夜放送を開始したのはNRN加盟により、オールナイトニッポン(第1・2部)をフルネットするようになった2001年4月以後で、基本的に5時00分 - 6時00分(平日はのちに5時45分、5時50分)のみを番組休止とし『機器調整のためのテスト音楽』としてフィラー放送をしている。2019年の一時期だけ、中国国際放送日本語番組を再編集した『クローズアップ中国』が月 - 金曜の5時台に放送された時期があり、この時期の火-金曜日に限り終日24時間放送になっていた。

2020年10月現在は平日5時00分 - 6時00分、土曜5時00分 - 5時50分、日曜5時00分 - 5時45分に『テスト音楽』(緊急にメンテナンスでの一時停波こそある)を放送しているが、事実上の終日放送体制を整えている。日曜深夜 - 月曜早朝は月曜0:00 - 5時00分まで試験電波信号の送信・停波の時間に充てている[32]

事業所[編集]

水戸本社
〒310-8505 茨城県水戸市千波町2084-2
東京本社
〒102-0084 東京都千代田区二番町5-1 住友不動産麹町ビル
※東京Lucky Studioを併設。

テレビ放送への進出計画[編集]

茨城県は民間テレビ放送の広域放送圏及び各都道府県のうち唯一、県域民間放送局がない。茨城放送は1971年県域放送テレビ局を兼営(ラテ兼営)することを目指し、免許申請を行っていたが、経営上の理由やバブル崩壊による不況のため断念[33]し、2004年に免許申請を取り下げた[要出典]。また、総務省告示放送普及基本計画(現基幹放送普及計画)から一般放送事業者によるテレビジョン放送の放送対象地域「茨城県」の放送系の数の目標は削除された[34][35]。一方、日本放送協会水戸放送局総合テレビジョンの県域放送を開始した。

2019年11月に茨城放送の資本構成が変更となり、筆頭株主が朝日新聞グループから水戸茨城イニシアティブに異動となった。新たに茨城放送の取締役に就任した堀義人は同月15日の記者会見で、茨城県に民間の県域テレビ局がないため、魅力の発信や災害対応といった面で「さまざまな課題を認識している」と指摘し、テレビ局の開局や動画配信チャンネルの立ち上げを目指す考えを示している[11]。2020年5月21日、茨城県が中心となって運営されているインターネットテレビ局「いばキラTV」のコンテンツ制作に参画を発表[36]

資本構成[編集]

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:[37][38][39][40][41]

2015年3月31日 - 2016年3月31日[編集]

資本金 発行済株式総数 株主数
6億6000万円 1,440,000株 38
株主 株式数 比率
朝日新聞社 478,580株 33.23%
茨城県 238,320株 16.55%
茨城県信用組合 089,180株 06.19%
日立製作所 067,200株 04.66%
日刊スポーツ新聞社 040,000株 02.77%

過去の資本構成[編集]

沿革[編集]

  • 1962年(昭和37年)9月 - 茨城放送株式会社水戸市北三の丸(現在の北見町)に設立。
  • 1963年(昭和38年)
    • 1月 - 現社名の株式会社茨城放送に変更。
    • 3月16日 - 水戸局(JOYF)の試験放送を開始(3月26日からは番組も放送)。
    • 4月1日 - 水戸局(JOYF)が独立放送局として開局。周波数1200kc、出力1kW(1977年に5kWに出力増強)。
  • 1965年(昭和40年)
    • 1月9日 - 土浦局(JOYL)の試験放送を開始。
    • 1月20日 - 土浦局(JOYL)が開局。周波数1560kc、出力100W(1972年12月に1460kHzへ移行され、1kWに出力増強)。
  • 1971年(昭和46年) - テレビ放送免許申請。
  • 1978年(昭和53年)11月23日 - 周波数9kHz間隔移行のために、水戸を1197kHz、土浦を1458kHzに変更。
  • 1985年(昭和60年) - つくば万博会場内に特設スタジオを6ヶ月間設置、随時生放送を行った。
  • 1990年(平成2年)
    • 春 - 土浦支社移転。土浦つくば支社に改称し、サテライトスタジオ「スタジオレイク」開設。
    • 12月 - 関城町に県西中継局設置。周波数1458kHz(土浦と同じ)出力1kW。
  • 1993年(平成5年)3月 - 水戸市千波町の新社屋に移転。
  • 1994年(平成6年)4月 - ワイド番組大改編。平日は早朝、午前、昼、午後、夕方の5ブロック体制に。平日のナイター放送開始
  • 1998年(平成10年)3月 - 『ネットスペシャル〜AMラジオ・ワンダーランド』を栃木放送との共同制作により徳川慶喜展示館から2局同時生中継。
  • 2000年(平成12年)3月 - NHK大河ドラマ葵 徳川三代』放送記念特別番組を、東海ラジオ放送和歌山放送と3局共同放送。
  • 2001年(平成13年)4月 - NRNに本格加盟(それ以前よりニッポン放送制作などのナイター中継を専用回線経由でネット受け放送していた)。同時に『オールナイトニッポン』のネット放送開始。日曜深夜以外終夜23時間放送体制となる(5時台の1時間→後に45分間だけ休止するも、事実上フィラー=試験電波という名目で音楽を送るため事実上24時間化。ただし毎週日曜深夜 - 月曜未明は完全停波)。
  • 2002年(平成14年)
    • 4月 - ワイド番組大改編。平日は早朝、午前、午後、夕方の4ブロック体制に(この体制は現在も続く)。
    • 4月28日 - この年より「ラジオ祭り」が国営ひたち海浜公園からの開催となる。
  • 2003年(平成15年)3月 - 72年に1度行われる、金砂神社磯出大祭礼のための特別報道体制をとる。
  • 2004年(平成16年)4月 - テレビ放送免許申請取り下げ。
  • 2005年(平成17年)10月 - ホームページが2度目のリニューアル(プロバイダドメインの新規開設及び独自ドメイン移行)。各番組のページもリニューアルした他、ジングルも流れるようになった。
  • 2006年(平成18年)
    • 4月 - 『阿部重典のアットマーク』・『たかとりじゅんのビタミンJ!』以外のワイド番組が全て改編。栃木放送との同時生放送『きたかんホットライン』放送開始(10分番組)。
    • 7月 - 『ポッドキャストIBS』、スタジオからのライブカメラ開始[45]
  • 2011年(平成23年)
    • 3月11日 - 「東北地方太平洋沖地震」により特別態勢。茨城県唯一の県域民間放送機関として、茨城県内の情報を24時間休まず発信し続けた(普段は放送を休止している月曜0時半過ぎの時間帯、音楽のみを放送している5時台も含む)。その際にはニコニコ生放送UstreamTwitCastingも活用し(ニコニコ生放送は3月19日22:40まで、Ustream・TwitCastingは3月下旬まで)、全国どこからでもネットを通じて放送を聴けるようにしていた。
    • 4月4日 - ワイド番組改編。『あさカツ!』『ふれラジいばらき』『スマイルスマイル』放送開始。
    • 4月12日 - radikoの試験放送を開始。対象は茨城県内のみ。
    • 5月16日 - 東北地方太平洋沖地震で大きな被害にあった4県の復興支援目的として、民放ラジオ7局のサイマル放送を行う「radiko復興支援プロジェクト」での放送を開始。対象は全国。翌2012年3月31日まで実施された。
    • 7月20日 - 総務省は、茨城放送とその関連会社である株式会社IBS(旧・茨城放送プロモーション)[46]が申請していた、茨城放送に所属する中波放送局の免許人の地位のIBSへの承継(これによりIBSは基幹放送局提供事業者となる)の許可、および茨城放送の認定基幹放送事業者の地位の承継に対する認可を行い、同日承継が実施された[47]。既存の地上波放送局でソフト・ハードの分離が実施された初めての例となる。
    • 10月3日 - ニッポン放送制作『お早うネットワーク』(やじうまニュースネットワーク)のネット開始。リクエスト番組『JUMP〜』放送開始。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - ホームページのリニューアル。覗き見放送(第1スタジオの映像をUSTREAMのLIVE配信)の開始。
  • 2013年(平成25年)4月1日 - ワイド番組改編。『HAPPYパンチ!』『いっセイのsay!』放送開始。
  • 2014年(平成26年)1月23日 - 栃木放送と「大災害等緊急時の相互援助協定」を締結。
  • 2015年(平成27年)
    • 3月 - 『IT's きたかん』終了に伴い、日曜午後のワイド番組が終了。
    • 7月21日 - FM補完中継局の水戸FM局の予備免許を受ける[48][49]
    • 8月13日 - FM補完中継局の水戸FM局の本免許を受ける[50]
    • 8月17日 - 「i-fm(あいえふえむ)」水戸FM局の本放送開始[51]。キャッチフレーズは「FMもAMも よくばりラジオ IBS茨城放送」。13:00 - 18:55で特別番組『FM開局特別番組 スタート!! i-fm 〜FM! AM!よくばりラジオ〜』(たかとりじゅん、菊地真衣)を放送。
    • 9月3日 - FM補完中継局の高鈴FM局の予備免許を受ける[19][52]
    • 9月10日11日 - 台風17号18号により発生した線状降水帯により、茨城県や栃木県で記録的豪雨(平成27年9月関東・東北豪雨)。鬼怒川氾濫に伴う被害状況等を伝えるため全面的に緊急報道体制。『IBSダイナミックナイター・ナイタージョッキー』も休止し、『鬼怒川水害災害特別番組』を放送[53]
    • 12月3日 - FM補完中継局の日立局が総務省から本免許を受ける[21]
    • 12月7日 - FM補完中継局の日立局が開局[21][22]
  • 2016年(平成28年)6月1日 - 株式会社茨城放送と株式会社IBSが合併。株式会社茨城放送が特定地上基幹放送局の免許人の地位を承継した[4]
  • 2017年(平成29年)
    • 3月30日 - FM補完中継局の守谷局の予備免許を受ける[54]
    • 4月6日 - FM補完中継局の守谷局が総務省から本免許が交付される[55]
    • 4月7日 - FM補完中継局の守谷局が開局[55][24]
  • 2019年(令和元年)
    • 11月14日 - 堀義人の資産管理会社「有限会社水戸茨城イニシアティブ」が朝日新聞社日刊スポーツ新聞社の保有する茨城放送の全株式(35.12%)を取得して筆頭株主となる。また、茨城ロボッツの運営会社「株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント」が茨城県の保有する茨城放送の株式の約6割(10.00%)を取得して第2位の株主となる。
  • 2020年(令和2年)
    • 3月19日 - 堀義人の資産管理会社「有限会社水戸茨城イニシアティブ」が新たに茨城放送の株式を取得し、持ち株比率が45.83%となる[56]
    • 3月30日 - 番組改編に合わせて、「茨城新聞ニュース」を除く定時ニュース(「IBSニュース」「朝日新聞ニュース」など)の名称を「茨城放送ニュース」、「IBS交通情報」を「茨城放送交通情報」に改題。
    • 5月29日 - 取締役会で、取締役編成局長の阿部重典(アナウンサー兼任)を社長に昇格する人事を内定したと発表。同局で生え抜きの社長就任は初めて[57][58]。また、同局では初めてとなる女性取締役(非常勤)として、橋田真弓子(グロービス広報室)が就任することも発表[59]。同年6月24日開催の定時株主総会と取締役会で正式決定。
    • 9月1日 - ラジオ福島栃木放送と「災害時と平常時の連携協定」を締結[60]。平常時の連携の一環として、同年11月より各局で「ふくしま・いばらき・とちぎ Weekly Lounge」(福島・茨城・栃木各県の観光情報を紹介し合う番組)を放送開始。
    • 9月28日 - 番組改編。自社制作の深夜番組が24年ぶりに復活、金曜22時〜24時の時間帯に編成[61]。また、自社制作の報道番組(ニュースを除く)が19年ぶりに復活、土曜19時台に編成[62]
  • 2021年(令和3年)
    • 1月3日 - 番組改編。日曜9時台〜11時台の時間帯にワイド番組を編成(同日は特別編成のため、放送開始は1月10日[63]
    • 2月6日 - 19時頃から約2時間に渡って、音声SNSClubhouse」との連動企画を初めて実施[64][65]。ラジオ放送とClubhouseとの連携を模索する実験として、番組関係者が報道番組『週刊ニュースポ!』を聴きながら、Clubhouse上で意見交換を行った。
    • 3月29日 - 番組改編。月曜〜木曜21時台に報道番組、平日22時〜24時の時間帯に自社制作の深夜番組を編成[66]
    • 4月1日 - 愛称を「LuckyFM 茨城放送」に変更[67][68]。ロゴマークを変更。ホームページのリニューアル。
    • 6月3日 - FM補完中継局の宝篋山局の予備免許を受ける[15][28]
    • 6月24日 - FM補完中継局の宝篋山局の本免許を受ける。
    • 7月1日 - FM補完中継局の宝篋山局が開局[15]。同日守谷局を閉局。同時にradikoの配信エリアも関東1都6県に拡大並びに組織変更(東京支社を東京本社に格上げ)も実施[29][69]
      「茨城放送ニュース」「茨城放送交通情報」「天気予報」の名称を「LuckyFM ニュース」「LuckyFM 交通情報」「LuckyFM 天気予報」にそれぞれ改題[70]

主な番組[編集]

自社制作番組[編集]

全国的にも珍しい詩吟専門番組『吟詠百選』や、ラテン音楽専門番組『ラテンフォルクローレをご一緒に』など、独自色豊かな番組を放送している。

原則的には県内同一放送だが、かつては平日昼の一部時間帯で水戸局と土浦・県西局で異なる番組(例:1992年、水戸局『ガイドタイム』、土浦・県西局『スズキランチポップス』)を放送したり、土浦全国花火競技大会が行われる際には、土浦・県西局のみで大会の実況中継を行ったりすることがあった。また、夏の高校野球茨城大会中継の3回戦と4回戦は、水戸局と土浦・県西局でそれぞれ違う試合を放送していたこともあった。

ワイド番組は平日は早朝、午前、午後、夕方と4ブロックに別れ、土曜日は『恭ノ介の天下御免』など、他のワイド番組と比べて長時間の番組を編成している。改編ごとに平日の番組を金曜日で分割するか否かが別れることが多い(その場合、月〜木と金・土で番組がわかれる)。また、朝の情報番組を中心に週6日の放送になることもあり、一線を画した編成になったこともある。最新改編時点で土曜日の放送は「早朝」「午前」「午後〜夕方」の3ブロックとなっている。

一方、日曜日は長らく生放送のワイド番組がなかったが、1998年の改編で『遠藤理のボン・ディマンシュ』がスタートし、この改編から全曜日にワイド番組が並ぶようになったが2015年ナイターイン編成で廃止されたものの、2020年春改編より復活した。

かつて、1999年のナイターオフ編成までは全日を通して自社制作の番組が比較的多く、個性的なアナウンサー、金曜(一時期は木曜)からの週末編成、若手女性演歌歌手を夜の中高生向け番組のパーソナリティに起用する等工夫を凝らして、構成力・出演者の知名度に勝る競合在京局に対抗した。

2001年のNRN加盟前後からニッポン放送、ならびに文化放送制作番組を同時ネットするようになった。2021年4月より、平日22〜23時台も自社制作番組となる。0時以降はNRN全国ネット番組を放送している。

生放送中のスタジオ見学も可能であり、2019年4月1日より平日10:00〜11:30(11:00以降の受付は11:30退出)[71][72]の時間帯での閲覧が可能であったが、2020年3月19日より新型コロナウイルス感染拡大防止のため見学は休止としている[73]

各時間帯枠[編集]

各時間帯の番組枠については以下の項目を参照。

放送中の番組[編集]

2021年10月現在。番組表内の太字は自社制作番組。詳細については番組・タイムテーブル(茨城放送公式HP)を参照。

平日[編集]

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
5 5:00 テスト音楽
6 6:00 Morningナビ!!
▽7:10 お早う!ニュースネットワークニッポン放送
7
8
9 9:00 HAPPYパンチ!
▽11:10(火) 防災のチカラ
10
11
12
13 13:00 MUSIC STATE
14
15
16 16:00 CONNECT
17
18 18:30 Lady go!いばらき〜明日へのステップ〜
18:45 ココロのオンガク 〜music for you〜(文化放送)
19 19:00 磯山純のLove yourself 19:00 菊地真衣のこんなんで、いいのかYO!? 19:00 すいたんすいこうのすいすい水曜茨城愛 19:00 安達勇人のALOHA〜!! いばらき♪ 19:00 アントラーズラウンジ(FMかしま
20 20:00 夜遊びジェームス 20:00 だっぺ帝国の逆襲 20:00 LuckyもえClubMusic 20:00 ロボッツロッカールーム
20:30 宇宙まおのいばらきは宇宙だ!vamosホーリーホック
21 21:00 ダイバーシティニュース
21:55 ニュース・天気予報
22 22:00 今夜はLucky Night〜さやかマンデー〜 22:00 Music Pick up 80's&90's 22:00 今夜はLucky Night〜まほペンウェンズデー〜 22:00 Music Pick up after Millennium(2000) 22:00 今夜はLucky Night〜マシコ・フライデー〜
23
0 0:00 レコメン!(文化放送) 0:00 嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス(文化放送)
1 1:00 オールナイトニッポン(ニッポン放送)
2 菅田将暉のオールナイトニッポン 星野源のオールナイトニッポン 乃木坂46のオールナイトニッポン ナインティナインのオールナイトニッポン 霜降り明星のオールナイトニッポン
3 3:00 オールナイトニッポン0(ZERO)(ニッポン放送)
4 ファーストサマーウイカのオールナイトニッポン0(ZERO) Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO) 佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO) マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0(ZERO) 三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)
4:30 上柳昌彦 あさぼらけ(ニッポン放送)

土曜日・日曜日[編集]

土曜日 日曜日
5 5:00 テスト音楽
6 6:00 Morningナビ!! 6:00 朝の小鳥(文化放送)
最終週:番組審議会だより
6:05 週刊 なるほど!ニッポン(ニッポン放送)
6:15 わくわくお届け便
6:30 天使のモーニングコール
7 7:00 佐川はじめ 叙情歌の旅
7:10 世の光 いきいきタイム
7:25 ニュース・天気予報
7:30 健康とっておき
7:45 みんなのクラシック
8 8:00 You&Me心の架け橋立正佼成会宗教番組
8:15 吟詠百選
8:45 元気スイッチ
9 9:00 4me(フォーミー)
▽11:10 &Money
9:00 ニュース・天気予報
9:05 防災のチカラ(再)
9:15 健康知恵袋
9:30 J・K HIP-HOP[74]
10
11
11:15 FirstMaker 〜希望のストーリー〜
11:40 グロービスみんなの相談室
11:50 ニュース・交通情報・天気予報
12 12:00 SUPERROOM DJ MIX
12:30 こちら110番
12:40 Sundayブレイクタイム[75]
12:55 ニュース・交通情報・天気予報
13 13:00 土曜王国 13:00 SUNDAY 10 Carat Numbers
14 14:55 交通情報・天気予報
15 15:00 MUSIC COUNTDOWN 10&10[76]
16
17 17:00 ラテンフォルクローレをご一緒に
17:35 ニュース・天気予報・交通情報
17:45 イマヤスがアシストしちゃうぞ
18 18:00 まいどあり〜。 18:00 小倉良のAll that Music!
18:15 ニホンのナカミ(FM-FUJI[77]
18:30 堀義人が聞く リーダーの挑戦 18:30 JUVENILEのINTERWEAVE[78]
19 19:00 週刊ニュースポ! 19:00 Sunday ミュージックオンリクエスト
19:55 ニュース・天気予報
20 20:00 ・須藤寿の千波湖ちゃぷちゃぷ(仮) 20:00 歌謡ワイド〜今夜は演歌をキカナイト!〜
20:30 マサ&ナッキーのバイクライフ
21 21:00 麻雀普及委員会 Root for M League
21:30 Jazz&J[79]
21:55 ニュース・天気予報
22 22:00 ミッドナイトクレイジーラジオ 22:00 佐咲紗花の花咲キラジオ[80]
22:30 根本凪のシャカリキごじゃっぺラジオ
23 23:00 土曜の漢…村田智史 23:00 よかっぺラジオ
23:30 SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル(ニッポン放送) 23:30 亀渕昭信のお宝POPS火曜会
0 (0:00 - 5:00 放送休止)
1 1:00 オードリーのオールナイトニッポン(ニッポン放送)
2
3 3:00 オールナイトニッポン0(ZERO)(ニッポン放送)
4

不定期・特別番組・期間限定番組[編集]

過去に放送された番組[編集]

自社制作番組[編集]

放送開始 - 19:00[編集]
19時〜放送終了[編集]


特別番組[編集]

終夜放送開始前は、節目にあわせてラジオマラソン(開局35周年記念。1998年11月14日 - 15日)や年越し特番(1999年度・2000年度…など)といった企画・放送された。

  • あなたが決めるIBS紅白歌合戦 - 1997年までは『NHK紅白歌合戦』よりも1日早い12月30日に放送されていた特別番組。事前にハガキでノミネート曲を決定し、当日電話で赤組・白組どちらの勝ちかの投票を受け付け、ハガキ・電話投票者の中から数名に「お年玉」がプレゼントされた。
  • 茨城放送の日(1999年(平成11年)9月7日、AM水戸局の周波数が1197kHzであることにちなんで)
  • IBSラジオスペシャル( - 2008年度) - ナイターオフ期の土曜日に編成された特別番組枠。
  • 先輩からのメッセージ(年6回放送) - 県提供の教育番組。県出身の著名人が母校(小・中・高校)で行った講演会の模様を30分に編集して放送。
  • プレシャスサタデー(2020年9月までは土曜最終週 20:00 - 21:00)

その他(ネット受け等)[編集]

※特記のないものを除き、☆はニッポン放送制作、△は文化放送制作。 ※IBSで終了した番組が制作局等で放送されている場合は「●」印を付けている。

アナウンサー・パーソナリティー[編集]

アナウンス室所属[編集]

アナウンス業務兼務社員[編集]

2021年1月現在、編成事業部や報道広報事業部といった編成・制作の部署などに、アナウンサー経験のある社員が在籍し、業務の一環としてアナウンスを行っている。もっとも、アナウンス業務を兼務する社員は、スポーツ実況、CM、ナレーション、ニュース読み、ニュース番組でのリポート、選挙速報、災害報道[103]、特別番組のパーソナリティ[104]、メインパーソナリティー不在時のピンチヒッター[105]など、事実上アナウンサーと変わりない業務を兼務している。

  • 阿部重典(1986年4月入社、代表取締役社長との兼務[106][107]
  • 鹿原徳夫(1991年4月入社、記者との兼務[108]を経て、現在は制作、営業との兼務[109]
  • 立川晶(1994年4月入社、記者との兼務[110]
  • 樋口直実(常務取締役を経て、現在は「防災キャスター」として防災関連番組に出演)
  • 石井哲也(2020年9月入社、編成事業部リーダーとの兼務[111]

企画事業部所属[編集]

2016年5月まで株式会社IBS(旧・茨城放送プロモーション)所属であったが、合併により茨城放送営業局企画事業部所属となった。茨城放送企画事業部ではこれらのアナウンサーを「所属タレント」として扱っている[112]。●は元茨城放送アナウンサー、○は元スクーピー・スウィングレポーター。

退職したアナウンサー[編集]

(五十音順)

退職後も『ボン・ディマンシュ』を担当した。現在は『ふるさと放送局』や、調布FMで平日朝のワイド番組、サッカー中継を担当している。
  • 小川啓子(FMぱるるん代表取締役、愛称「パンダさん」)
  • 大和田憲子(2004年秋に退職)
その後はフリーアナウンサーとなり、『ハーモニータイム』、『日産イブニングウェイブ』やニュースなどの夜間アナウンスを担当。

パーソナリティ(フリーアナ・タレント他)[編集]

(カッコ内は所属事務所など)

過去[編集]

過去の関連会社[編集]

株式会社IBS
IBS PROMOTION CO.
種類 株式会社
略称 IBS
本社所在地 日本の旗 日本
310-8505
茨城県水戸市千波町2084-2
設立 1971年5月
業種 情報・通信業
法人番号 1050001000299 ウィキデータを編集
事業内容 電波法に基づく地上基幹放送局(中波放送)提供事業、ラジオ・テレビ・新聞広告に関する業務など
代表者 代表取締役 北島重司[4]
資本金 1000万円
主要株主 茨城放送 45.0%
樋口直実 8.4%
リリー文化学園 6.3%
ケーズホールディングス 6.3%
三代弘見 5.6%
外部リンク http://www.ibs-pro.com/
特記事項:旧社名 株式会社茨城放送プロモーション。2016年6月1日茨城放送と合併。
テンプレートを表示
  • 株式会社IBS(旧 株式会社茨城放送プロモーション) - 元々茨城放送の関連会社として広告代理店、アナウンススクール運営などを手掛けていたが、茨城放送本体が保有していた放送設備を移される形で基幹放送局提供事業に参入。2016年6月1日茨城放送と合併し、茨城放送が義務の一切を承継した[124]

脚注[編集]

  1. ^ a b 茨城放送 会社概要 2021年11月25日閲覧
  2. ^ 電波法第20条第3項参照
  3. ^ 電波法第20条第2項参照
  4. ^ a b c 株式会社茨城放送の中波放送局等の免許承継”. 総務省 (2016年6月1日). 2016年6月1日閲覧。
  5. ^ 「ダイバーシティ溢れる音楽」「ローカルメジャー」「ニッチトップ」「ニュース」「スポーツ」を特徴として掲げている(「茨城放送のイメージキャラクター「いばらじおん」」より参照)。
  6. ^ 「いばらじおんがAMだけではなく、FMも受信できるようになったため、えふらじおんは「僕は居なくても、兄ちゃんはもう大丈夫だ」と思い「探さないでください」のメモだけを残してどこかに消えて行った」話:菊地真衣アナウンス室長(R3.11.23 菊地真衣のこんなんで、いいのかYO!? にて)
  7. ^ a b c 斜陽の「地方ラジオ」を買収したMBA学長の勝算”. 東洋経済新報. pp. 2,3,6 (2021年7月1日). 2021年7月1日閲覧。
  8. ^ “重要な株主変更と今後の方針について” (プレスリリース), 茨城放送, (2019年11月15日), https://www.ibs-radio.com/post_info/20191115-2/ 2019年11月23日閲覧。 
  9. ^ “ロボッツ 茨城放送の筆頭株主に”. 読売新聞. (2019年11月16日). https://www.yomiuri.co.jp/local/ibaraki/news/20191115-OYTNT50111/ 2019年11月19日閲覧。 
  10. ^ 茨城放送の株式を取得、地方発メディアカンパニーの魁モデルを創る”. GLOBIS 知見録 (2019年11月15日). 2019年11月15日閲覧。
  11. ^ a b c 茨城放送の筆頭株主交代 水戸茨城イニシアティブ 県域テレビ開局視野”. 茨城新聞(2019年11月16日作成). 2019年11月26日閲覧。
  12. ^ 茨城放送新社長に阿部重典氏内定 初の生え抜き”. 茨城新聞 (2020年5月30日). 2021年7月1日閲覧。
  13. ^ 茨城放送社長 阿部さん、地方メディアの魁に”. 茨城新聞 (2020年7月12日). 2021年7月1日閲覧。
  14. ^ LuckyFM (2021年6月3日). “LuckyFM茨城放送は周波数88.1MHzで首都圏でも聴ける4つ目の県域FM局へ”. PR TIMES. 2021年6月4日閲覧。
  15. ^ a b c d 茨城放送 FM、首都圏に拡大 7月1日運用開始、つくばに中継局 茨城新聞 2021年6月4日
  16. ^ a b 7月1日FMつくば局(周波数88.1MHz)開局 茨城放送 2021年6月25日
  17. ^ 民放AMラジオ44局、2028年秋めどに“FM局”目指す”. ORICON STYLE (2021年6月15日). 2021年6月17日閲覧。
  18. ^ ◎FM補完中継局 i-fm(あいえふえむ)開局! | インフォメーション 一覧”. LuckyFM 茨城放送. 2021年8月12日閲覧。
  19. ^ a b c d e 株式会社IBS(茨城県域AM放送局)のFM補完中継局に予備免許 - 総務省関東総合通信局・報道資料 2015年9月3日
  20. ^ a b 無線局免許状等情報(茨城放送FM日立局(総務省)
  21. ^ a b c FM補完中継局i-fm FM日立局88.1MHz いよいよ開局!(IBS茨城放送)2015年12月3日のアーカイブ(オリジナルURL
  22. ^ a b FM補完中継局i-fm FM日立局88.1MHz開局(IBS茨城放送)
  23. ^ 株式会社茨城放送のFM補完中継局に予備免許 関東総合通信局 2021年6月3日
  24. ^ a b i-fm FM守谷局88.1MHz 本日開局!(IBS茨城放送2017年4月7日)
  25. ^ a b 無線局免許状等情報(茨城放送FM守谷局(総務省) 2017年4月22日現在 2017年5月23日閲覧
  26. ^ 実際にはつくば局の実運用開始の2021年6月24日未明に停波
  27. ^ ラジオCMのご案内(IBS茨城放送)2015年10月25日現在のアーカイブ
  28. ^ a b 株式会社茨城放送のFM補完中継局に予備免許”. 総務省関東総合通信局 (2021年6月3日). 2021年6月4日閲覧。
  29. ^ a b 茨城放送、首都圏意識のラジオ局へ radiko配信エリアも拡大”. ORICON NEWS (2021年6月24日). 2021年6月24日閲覧。
  30. ^ 2021年7月より東京・つくばと同様の名称を導入
  31. ^ 過去には水戸駅駅ビル内(JRル・トラン広場)や、「COMBOX310」内(Rhyming Flow Market)サテライトスタジオ、も使用していた。
  32. ^ 土・日曜のプログラム
  33. ^ 仮に実現していたら、岐阜放送京都放送(愛称・KBS京都。ただし、テレビ開始当時の社名は近畿放送だった)に続く3例目のケースとなっていた。
  34. ^ 平成16年総務省告示第499号。
  35. ^ 放送普及基本計画及び放送用周波数使用計画等の一部変更(地上デジタルテレビジョン放送の開始に向けた環境整備)2004年6月9日総務省報道資料 2004年12月13日現在のアーカイブオリジナルURL
  36. ^ Screens 2020年5月21日
  37. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2015』コーケン出版、2015年11月20日、293頁。
  38. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2016』コーケン出版、2016年11月25日、300頁。
  39. ^ 日本民間放送連盟『日本放送年鑑'78』洋文社、1978年12月、175頁。
  40. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、249頁。
  41. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、271頁。
  42. ^ 茨城放送 取締役会長
  43. ^ a b 茨城放送 代表取締役社長
  44. ^ 茨城放送 非常勤取締役
  45. ^ ライブカメラ視聴可能時間は、平日ワイド番組(現在の『タッチ・ミー・イン・ザ・モーニング』を除く)で各1時間のみ。
  46. ^ 茨城放送、ハードとソフトに事業分離 総務省認可 - 茨城新聞 2011年7月20日
  47. ^ 株式会社茨城放送所属中波放送局の株式会社IBSへの免許承継及び株式会社茨城放送の地上基幹放送の業務の承継 - 総務省・報道資料 2011年7月20日
  48. ^ 株式会社IBS(茨城県域AM放送局)のFM補完中継局に予備免許 - 総務省関東総合通信局・報道資料 2015年7月17日
  49. ^ お知らせ〜『難聴・災害対策』でFM補完中継局(ワイドFM局)の予備免許が交付されました
  50. ^ 株式会社IBS(茨城県域AM放送局)のFM補完中継局に免許 - 総務省関東総合通信局・報道資料 2015年8月13日
  51. ^ FM補完中継局 i-fm(あいえふえむ)開局!(2015年8月19日現在のアーカイブ)オリジナルURL
  52. ^ お知らせ〜高鈴FM補完中継局の予備免許が交付されました
  53. ^ [1]
  54. ^ 守谷FM中継局、4月に放送開始 茨城放送に予備免許(2017年3月31日茨城新聞クロスアイ 2017年4月7日閲覧)
  55. ^ a b i-fm FM守谷局88.1MHz 明日いよいよ開局!(IBS茨城放送2017年4月6日) at the Wayback Machine (archived 2017年4月6日)オリジナルURL
  56. ^ 茨城放送 筆頭・第2位株主の過半数株式取得のお知らせ”. i-fm IBS 茨城放送. 2020年7月12日閲覧。
  57. ^ 茨城放送新社長に阿部重典氏内定 初の生え抜き”. 茨城新聞. 2020年5月30日閲覧。
  58. ^ 茨城放送 役員人事について”. 茨城放送. 2020年6月4日閲覧。
  59. ^ 茨城放送 役員人事について”. 茨城放送. 2020年9月29日閲覧。
  60. ^ 茨城放送・栃木放送・ラジオ福島の隣接ラジオ3社が災害時と平常時の連携協定を締結”. PR TIMES. 2020年12月27日閲覧。
  61. ^ 茨城放送 秋の大改編情報!”. 茨城放送. 2020年9月29日閲覧。
  62. ^ 茨城放送 秋の大改編情報!”. 茨城放送. 2020年9月29日閲覧。
  63. ^ 茨城放送、冬の番組改編で日曜ワイド番組が10年振りに登場、日曜日はミュージックサンデーに”. PR TIMES. 2021年1月11日閲覧。
  64. ^ 茨城放送「週刊ニュースポ」をみんなで聴いて雑談しよう【ラジオとClubHouseとのコラボ実験】(夜7-9時目安)”. Clubhouse. 2021年2月7日閲覧。
  65. ^ 茨城放送公式Twitter(2021年2月6日午後0時59分)”. 2021年2月7日閲覧。
  66. ^ 茨城放送、春の番組改編で磯山さやかさんの新番組と週4日のニュース番組を開始”. 茨城放送 (2021年3月15日). 2021年4月16日閲覧。
  67. ^ 茨城放送、4月から愛称「LuckyFM」 ロゴも刷新”. 茨城新聞 (2021年3月13日). 2021年3月13日閲覧。
  68. ^ 茨城放送は2021年4月1日に愛称を変更!”. 茨城放送 (2021年3月12日). 2021年3月14日閲覧。
  69. ^ 茨城放送 ラジコ配信エリア拡大 7月1日から 営業強化、収益力向上へ”. 茨城新聞 (2021年6月25日). 2021年6月25日閲覧。
  70. ^ radikoでは、6月28日以降の配信分から改題後の名称に変更。
  71. ^ 2019年4月1日からスタジオ見学の時間が変わります”. 茨城放送. 2021年7月5日閲覧。
  72. ^ 2017年4月3日から2019年3月31日までの受付は平日10:00〜13:30(最終受付13:00)だった(◎スタジオの見学時間が変更になります。”. 茨城放送. 2017年4月7日閲覧。)。また、2002年3月までは土曜日も見学ができた。
  73. ^ スタジオ見学休止のお知らせ”. 茨城放送. 2020年6月4日閲覧。
  74. ^ 2021年5月23日スタート
  75. ^ かつては2020年3月まで放送された。
  76. ^ 2021年5月23日リニューアル(パーソナリティ・放送時間変更)
  77. ^ 公式サイトには2015年9月までの時間が記載されている。(2015年10月26日閲覧)
  78. ^ 2021年5月2日スタート(番組twitter(@juvenileluckyfm)より(2021年7月1日閲覧))
  79. ^ 2020年9月までは『J's J』として放送。
  80. ^ かつては山口放送・栃木放送・ラジオ関西(『アニたまどっとコム』枠内)にもネットされた。
  81. ^ 2006年は当初放送予定であったが、順延のため枠が確保できずに中止。一時期は土浦・県西中継局限定での放送もあったが、現在は水戸・土浦両局での放送となっている。また、13時から18時まで会場から土浦市内にある駐車場の空き状況や会場の様子を生放送している。
  82. ^ 1994年4月から1998年4月までは『遠藤理のもっきん館』
  83. ^ 開始から2014年3月までは『スマイル・スマイル』
  84. ^ 2001年1月1日から「ニュース2001」に改題
  85. ^ 制作は週代わりで交代。IBSからは鹿原徳夫古瀬俊介柴田明子が、CRTからは矢野健一斎藤巌が担当。
  86. ^ 事実上は終了ではなく一時休止。
  87. ^ 2002年3月までは夜枠で放送されていた。
  88. ^ 1998年4月までは日曜13:00 -
  89. ^ 1998年4月までは日曜14:00 -
  90. ^ 2013年6月まで放送された『がんばれ!!鹿島アントラーズ』と『水戸ホーリーホックマガジン』を統合。
  91. ^ 「レコードカフェ SIDE B」放送!”. 茨城放送. 2021年7月5日閲覧。
  92. ^ 土曜・日曜共にニッポン放送制作。球場からの現場中継はもちろん、提供スポンサーCMまで同時ネット。5回裏終了時、ニッポン放送のサンケイ新聞ニュース時には、自社制作の茨城新聞ニュースを挿入。
  93. ^ 1999年度ナイターオフまでは19時30分飛び降り。ただし、1996年度と1999年度の金曜は『タモリの週刊ダイナマイク』を放送。また、1994年度のみ20時飛び降りだった。2001年度ナイターオフは21時までネット。ただし、月曜のみ20時飛び降り
  94. ^ 本来であれば2020年3月末に終了する予定だったが、新型コロナウイルスによる影響(感染拡大に伴うプロ野球開幕延期や内閣による緊急事態宣言発令など)により6月初旬まで放送を延長。茨城放送では、4月以降『ナイタースペシャル』の扱いで放送した。
  95. ^ 金月真美秋山久美皆川純子出演のアニラジ(秋山、皆川は茨城出身)。前期半年はIBSのみ、後期半年はIBC岩手放送と2局で放送。
  96. ^ パーソナリティは辺見えみり東京以外の関東圏山梨県の民放ラジオ計9局で一斉ネット(AMはIBSと山梨放送栃木放送で放送)。
  97. ^ 1314 V-STATION』内にて放送され、ネット局はIBSだけだった。初期半年は同じ土曜の遅れネットだったがそれ以降は木曜に移動しOBCより先行放送。
  98. ^ 毎週土曜日の21:00 - 23:00の生放送のうち21:00 - 22:00までの1時間だけ放送。
  99. ^ 土曜 19:00 - 22:00に放送。ただし、 J-WAVEなどの生放送から1週遅れだった。
  100. ^ ニッポン放送制作のローカル局向け番組で、茨城放送では前半1時間のみネット。2017年10月1日放送分をもってネット打ち切り。
  101. ^ 土曜 11:40 - 11:55『4me』内で放送された。
  102. ^ 水曜木曜のテーマです 茨城放送happyパンチブログ 2018年4月23日
  103. ^ ローカル局だより 落語の魅力にとりつかれた茨城放送元アナ「有難亭良慈緒」こと鹿原徳夫さん”. 産経新聞. 2018年10月21日閲覧。
  104. ^ ドリームコンサート無事終了”. Instagram KATSUMI. 2018年10月21日閲覧。
  105. ^ 国王代理は 鹿原さん!”. Twitter 廣瀬千鶴. 2018年10月21日閲覧。
  106. ^ 茨城放送社長 阿部さん、地方メディアの魁に”. 茨城新聞. 2020年7月12日閲覧。
  107. ^ 【先輩に聴く】地方ラジオ局を新しいメディアに”. 國學院大學メディア. 2021年2月13日閲覧。
  108. ^ ローカル局だより 落語の魅力にとりつかれた茨城放送元アナ「有難亭良慈緒」こと鹿原徳夫さん”. 産経新聞. 2018年10月21日閲覧。
  109. ^ 2021年2月4日放送『ミッドナイトクレイジーラジオ』での本人の発言。
  110. ^ 2021年2月5日放送『ミツコ de リラックス』。
  111. ^ 三才ブックス『ラジオライフ』2021年1月号、194-195頁。
  112. ^ 企画事業部 業務案内”. 茨城放送. 2016年6月1日閲覧。(2021年10月14日リンク修正)
  113. ^ 7月2日(月)、7月3日(火)のテーマです 茨城放送happyパンチブログ 2018年6月27日
  114. ^ 【ご挨拶】今日で茨城放送を卒業しました 金川恵理Twitter 2020年2月28日 2020年4月16日閲覧
  115. ^ 新年度 今日からフリーアナウンサー”. 金川恵理 on Twitter (2020年4月1日). 2020年6月20日閲覧。
  116. ^ 3年間ありがとうございました!(茨城放送HAPPYパンチ!ブログ2018年3月31日 2018年4月3日閲覧
  117. ^ STVラジオ公式Twitter2018年4月18日
  118. ^ STVラジオランラン号公式Twitter 2018年8月10日
  119. ^ a b Archived 2018年8月28日, at the Wayback Machine.潮来市地域おこし隊。 独自の視点で魅力発信佐藤さん、森山さんが意気込み 2018年8月23日 茨城新聞クロスアイ 2020年5月3日閲覧
  120. ^ 所属している課のみなさんからすてきなプレゼントをいただきました! さとうあやき★いばらき Twitter 2020年3月27日 2020年4月27日閲覧
  121. ^ 王国日誌”. 茨城放送. 2018年10月21日閲覧。
  122. ^ ラストスクーピー 2018年6月29日 茨城放送スクーピーレポートブログ
  123. ^ 元田芳のかおり便り2018年7月18日 とちぎテレビ
  124. ^ 会社合併のお知らせ”. 茨城放送. 2016年6月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]