2009年のJリーグカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Jリーグ > Jリーグカップ > 2009年のJリーグカップ
2009 Jリーグカップ
Jリーグヤマザキナビスコカップ
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2009年3月25日-11月3日
参加チーム数 18
優勝 FC東京
準優勝 川崎フロンターレ
スルガ銀行CS出場 FC東京
試合総数 55
ゴール数 150 (1試合平均 2.73 点)
観客動員数 637,117 (1試合平均 11,584 人)
得点王 カボレ(FC東京)
山瀬功治(横浜FM)
佐藤寿人(広島)
(5得点)
最優秀選手 米本拓司(FC東京)
2008
2010
テンプレートを表示

2009年のJリーグカップは、2009年3月25日に開幕し11月3日国立霞ヶ丘陸上競技場で決勝が行われた大会である。

優勝はFC東京(5年ぶり2度目)。

大会名称[編集]

ヤマザキナビスコを冠スポンサーとして2009Jリーグヤマザキナビスコカップとして開催した。

レギュレーション[編集]

AFCチャンピオンズリーグ (ACL) 出場チーム以外のJ1チームでグループリーグ→グループリーグ上位+ACL出場チームで決勝トーナメント」という基本的なレギュレーションは前回大会を踏襲しているが、日本からのACL出場枠が拡大(2→4)したことから、今回からグループリーグの開催方式が大幅に変更された。

  • 2009年度J1リーグ参加18クラブが出場。
  • 予選リーグは3月25日から開始し、それ以外の14チームを7チームずつ2グループに分けて1回戦総当りを行う。
    • 試合会場は対戦チームの一方のホームゲームとして行われる。各チームともホーム3試合、アウェー3試合になるように試合会場が配分されるため、結果的にグループリーグの試合数並びにホームゲームの数は前回大会(4チームによるホーム・アンド・アウェー2回戦総当たり)と同じになる。ただし、7チームずつの奇数による配分となるため、各クラブとも1試合は試合が行われない節が必ず生ずる。
    • 勝ち点の多い順にグループ内の順位を決定する(勝ち点で並んだ場合には「得失点差」「総得点数」「当該チーム間の対戦成績」「反則ポイント」「抽選」の順により優劣を決定)。各グループの上位2チームが決勝トーナメント進出。
  • 決勝トーナメントは予選の上位2チームに鹿島、川崎、名古屋、G大阪を加えた8チームによって行われる。
    • 準々決勝・準決勝
      1. 2試合における合計得点数(=得失点差)
      2. アウェーでの得点数(アウェーゴールルール)
      3. 並んだ場合は第2戦の後半終了後、引き続き15分ハーフの延長戦(アウェーゴールルールは採用せず)
      4. それでも決しない場合はPK戦(双方5人ずつ。決着しない場合は6人目以降サドンデス方式)
    • 決勝

グループリーグ[編集]

グループA[編集]

順位 クラブ名 試合 勝点 得点 失点
1 浦和レッズ 6 13 4 1 1 11 4 +7
2 横浜F・マリノス 6 11 3 2 1 12 6 +6
3 サンフレッチェ広島 6 10 3 1 2 17 8 +9
4 大分トリニータ 6 8 1 5 0 10 9 +1
5 大宮アルディージャ 6 7 2 1 3 6 17 -11
6 ジュビロ磐田 6 6 1 3 2 4 5 -1
7 アルビレックス新潟 6 1 0 1 5 3 14 -11
2009年3月25日
大宮アルディージャ 2-1 アルビレックス新潟 19:00 NACK5スタジアム大宮
ジュビロ磐田 0-0 横浜F・マリノス 19:00 ヤマハスタジアム
サンフレッチェ広島 1-0 浦和レッズ 19:00 広島ビッグアーチ
2009年3月29日
アルビレックス新潟 0-0 ジュビロ磐田 14:00 東北電力ビッグスワンスタジアム
大分トリニータ 0-0 大宮アルディージャ 14:00 九州石油ドーム
横浜F・マリノス 0-1 浦和レッズ 15:00 日産スタジアム
2009年5月20日
大宮アルディージャ 1-0 ジュビロ磐田 19:00 NACK5スタジアム大宮
横浜F・マリノス 3-1 サンフレッチェ広島 19:30 日産スタジアム
大分トリニータ 1-1 浦和レッズ 19:30 九州石油ドーム
2009年5月30日
サンフレッチェ広島 7-0 大宮アルディージャ 14:00 広島ビッグアーチ
浦和レッズ 2-0 アルビレックス新潟 15:00 埼玉スタジアム2002
横浜F・マリノス 3-3 大分トリニータ 15:00 ニッパツ三ツ沢球技場
2009年6月3日
浦和レッズ 1-0 ジュビロ磐田 19:00 さいたま市駒場スタジアム
アルビレックス新潟 0-3 横浜F・マリノス 19:00 東北電力ビッグスワンスタジアム
大分トリニータ 2-2 サンフレッチェ広島 19:30 九州石油ドーム
2009年6月7日
サンフレッチェ広島 5-1 アルビレックス新潟 13:00 広島ビッグアーチ
大宮アルディージャ 1-3 横浜F・マリノス 14:00 NACK5スタジアム大宮
ジュビロ磐田 2-2 大分トリニータ 15:00 ヤマハスタジアム
2009年6月13日
浦和レッズ 6-2 大宮アルディージャ 14:00 埼玉スタジアム2002
アルビレックス新潟 1-2 大分トリニータ 14:00 東北電力ビッグスワンスタジアム
ジュビロ磐田 2-1 サンフレッチェ広島 14:00 鹿児島県立鴨池陸上競技場

グループB[編集]

順位 クラブ名 試合 勝点 得点 失点
1 FC東京 6 13 4 1 1 10 6 +4
2 清水エスパルス 6 12 4 0 2 9 7 +2
3 柏レイソル 6 11 3 2 1 12 5 +7
4 ジェフユナイテッド千葉 6 8 2 2 2 6 6 0
5 モンテディオ山形 6 7 2 1 3 6 7 -1
6 ヴィッセル神戸 6 7 2 1 3 4 7 -3
7 京都サンガF.C. 6 1 0 1 5 3 12 -9
2009年3月25日
モンテディオ山形 3-1 京都サンガF.C. 19:00 NDソフトスタジアム山形
柏レイソル 3-1 FC東京 19:00 日立柏サッカー場
ヴィッセル神戸 1-1 ジェフユナイテッド千葉 19:00 ホームズスタジアム神戸
2009年3月29日
清水エスパルス 2-0 京都サンガF.C. 13:00 アウトソーシングスタジアム日本平
FC東京 1-0 ヴィッセル神戸 14:00 味の素スタジアム
ジェフユナイテッド千葉 1-1 柏レイソル 16:00 フクダ電子アリーナ
2009年5月20日
ジェフユナイテッド千葉 0-1 FC東京 19:00 フクダ電子アリーナ
清水エスパルス 0-1 モンテディオ山形 19:00 アウトソーシングスタジアム日本平
京都サンガF.C. 0-1 ヴィッセル神戸 19:00 西京極総合運動公園陸上競技場
2009年5月30日
モンテディオ山形 0-1 ジェフユナイテッド千葉 14:00 NDソフトスタジアム山形
京都サンガF.C. 1-1 FC東京 14:00 西京極総合運動公園陸上競技場
柏レイソル 1-2 清水エスパルス 15:00 日立柏サッカー場
2009年6月3日
柏レイソル 3-0 ヴィッセル神戸 19:00 日立柏サッカー場
清水エスパルス 2-1 ジェフユナイテッド千葉 19:00 アウトソーシングスタジアム日本平
FC東京 3-1 モンテディオ山形 19:30 国立霞ヶ丘競技場
2009年6月7日
モンテディオ山形 1-1 柏レイソル 13:00 NDソフトスタジアム山形
ヴィッセル神戸 1-2 清水エスパルス 16:00 ホームズスタジアム神戸
ジェフユナイテッド千葉 2-1 京都サンガF.C. 18:00 フクダ電子アリーナ
2009年6月13日
FC東京 3-1 清水エスパルス 14:00 駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
京都サンガF.C. 0-3 柏レイソル 14:00 西京極総合運動公園陸上競技場
ヴィッセル神戸 1-0 モンテディオ山形 14:00 ホームズスタジアム神戸

決勝トーナメント[編集]

準々決勝、準決勝については、トーナメント表上側のチームが2戦目ホームとなる。

準々決勝 準決勝 決勝
                   
7月15日・29日        
 名古屋グランパス 3
9月2日・6日
 FC東京 6  
 FC東京 3
7月15日・29日
   清水エスパルス 2  
 清水エスパルス 4
11月3日
 浦和レッズ 2  
 FC東京 2
7月15日・29日
   川崎フロンターレ 0
 横浜F・マリノス 4
9月2日・6日
 ガンバ大阪 3  
 横浜F・マリノス 1
7月15日・29日
   川崎フロンターレ 3  
 川崎フロンターレ(aet) 3
 鹿島アントラーズ 1  

準々決勝[編集]

2009年7月15日
19:30
第1戦
FC東京 5 - 1 名古屋グランパス
平山相太 3分にゴール 3分
米本拓司 10分にゴール 10分
石川直宏 10分にゴール 10分
長友佑都 26分にゴール 26分
75分にゴール 75分 (o.g.)
レポート 小川佳純 53分にゴール 53分
味の素スタジアム
観客数: 12,226人
主審: 松村和彦

2009年7月29日
19:00
第2戦
名古屋グランパス 2 - 1 FC東京
巻佑樹 33分にゴール 33分
吉田麻也 65分にゴール 65分
レポート 平山相太 85分にゴール 85分

1勝1敗、2戦合計6-3でFC東京が準決勝進出。


2009年7月15日
19:30
第1戦
浦和レッズ 2 - 1 清水エスパルス
田中マルクス闘莉王 24分にゴール 24分
エジミウソン 60分にゴール 60分
レポート 枝村匠馬 48分にゴール 48分
埼玉スタジアム2002
観客数: 21,271人
主審: 佐藤隆治

2009年7月29日
19:30
第2戦
清水エスパルス 3 - 0 浦和レッズ
0分にゴール 0分 (o.g.)
岡崎慎司 44分にゴール 44分
青山直晃 62分にゴール 62分
レポート

1勝1敗、2戦合計4-2で清水が準決勝進出。


2009年7月15日
19:04
第1戦
ガンバ大阪 1 - 3 横浜F・マリノス
中澤聡太 49分にゴール 49分 レポート 山瀬功治 40分にゴール 40分
坂田大輔 68分にゴール 68分
松田直樹 85分にゴール 85分
万博記念競技場
観客数: 7,102人
主審: 西村雄一

2009年7月29日
19:30
第2戦
横浜F・マリノス 1 - 2 ガンバ大阪
長谷川アーリアジャスール 23分にゴール 23分 レポート 明神智和 16分にゴール 16分
レアンドロ 74分にゴール 74分
ニッパツ三ッ沢球技場
観客数: 9,133人
主審: 家本政明

1勝1敗、2戦合計4-3で横浜が準決勝進出。


2009年7月15日
19:00
第1戦
鹿島アントラーズ 1 - 0 川崎フロンターレ
小笠原満男 83分にゴール 83分 レポート

2009年7月29日
19:00
第2戦
川崎フロンターレ 3 - 0
(延長)
鹿島アントラーズ
ジュニーニョ 89分にゴール 89分
レナチーニョ 94分にゴール 94分
鄭大世 102分にゴール 102分
レポート
等々力陸上競技場
観客数: 7,935人
主審: 高山啓義

第2戦90分終了時点で1勝1敗、2戦合計1-1、アウェーゴール0-0により延長戦実施、延長2-0(2戦合計3-1)で川崎が準決勝進出。

準決勝[編集]

2009年9月2日
19:00
第1戦
清水エスパルス 2 - 2 FC東京
ヨンセン 34分にゴール 34分
枝村匠馬 69分にゴール 69分
レポート 梶山陽平 17分にゴール 17分

2009年9月6日
18:00
第2戦
FC東京 1 - 0 清水エスパルス
平山相太 16分にゴール 16分 レポート
味の素スタジアム
観客数: 22,181人
主審: 吉田寿光

FC東京の1勝1分け(2戦合計3-2)でFC東京が決勝進出。


2009年9月2日
19:00
第1戦
川崎フロンターレ 2 - 0 横浜F・マリノス
鄭大世 15分にゴール 15分
ジュニーニョ 57分にゴール 57分
レポート
等々力陸上競技場
観客数: 11,850人
主審: 柏原丈二

2009年9月6日
18:00
第2戦
横浜F・マリノス 1 - 1 川崎フロンターレ
山瀬功治 68分にゴール 68分 レポート ジュニーニョ 89分にゴール 89分
日産スタジアム
観客数: 16,467人
主審: 扇谷健司

川崎の1勝1分け(2戦合計3-1)で川崎が決勝進出。

決勝[編集]

FC東京 2 - 0 川崎フロンターレ
米本拓司 22分にゴール 22分
平山相太 59分にゴール 59分
レポート
国立競技場
観客数: 44,308人
主審: 村上伸次
GK 20 日本の旗 権田修一
DF 33 日本の旗 椋原健太
DF 4 ブラジルの旗 ブルーノ・クアドロス
DF 6 日本の旗 今野泰幸
DF 25 日本の旗 徳永悠平
MF 10 日本の旗 梶山陽平
MF 28 日本の旗 米本拓司 58分に警告 58分
MF 40 日本の旗 鈴木達也 86分に交代退場 86分
MF 22 日本の旗 羽生直剛 62分に警告 62分 74分に交代退場 74分
FW 24 日本の旗 赤嶺真吾 60分に交代退場 60分
FW 13 日本の旗 平山相太
サブメンバー
GK 1 日本の旗 塩田仁史
DF 3 日本の旗 佐原秀樹 86分に交代出場 86分
DF 5 日本の旗 長友佑都 60分に交代出場 60分
DF 8 日本の旗 藤山竜仁
DF 15 日本の旗 平松大志 74分に交代出場 74分
MF 14 日本の旗 中村北斗
FW 32 日本の旗 近藤祐介
監督
日本の旗 城福浩
GK 1 日本の旗 川島永嗣
DF 19 日本の旗 森勇介
DF 17 日本の旗 菊地光将
DF 2 日本の旗 伊藤宏樹
DF 26 日本の旗 村上和弘 70分に交代退場 70分
MF 29 日本の旗 谷口博之
MF 18 日本の旗 横山知伸 24分に警告 24分 84分に交代退場 84分
MF 14 日本の旗 中村憲剛
FW 9 朝鮮民主主義人民共和国の旗 鄭大世
FW 10 ブラジルの旗 ジュニーニョ
FW 34 ブラジルの旗 レナチーニョ 79分に交代退場 79分
サブメンバー
GK 28 日本の旗 杉山力裕
DF 13 日本の旗 寺田周平
DF 4 日本の旗 井川祐輔
MF 6 日本の旗 田坂祐介 70分に交代出場 70分
MF 8 日本の旗 山岸智
FW 23 日本の旗 登里享平 84分に交代出場 84分
FW 7 日本の旗 黒津勝 79分に交代出場 79分
監督
日本の旗 関塚隆
テレビ中継

得点ランキング[編集]

順位 名前 チーム名 得点
1 カボレ FC東京 5
山瀬功治 横浜F・マリノス 5
佐藤寿人 サンフレッチェ広島 5
4 渡邉千真 横浜F・マリノス 4
5※ 李忠成 柏レイソル 3

※他7選手

表彰[編集]

表彰制度
  • 優勝:賞金1億円、Jリーグカップ(チェアマン杯)、メダルヤマザキナビスコカップ(スポンサー杯)、メダル
  • 2位:賞金5000万円、楯、メダル
  • 3位:1クラブにつき賞金2000万円、楯
成績
順位 クラブ
優勝 FC東京
準優勝 川崎フロンターレ
3位 横浜F・マリノス
清水エスパルス
表彰
表彰名 選手名 所属クラブ 得点数
大会MVP 米本拓司 FC東京
ニューヒーロー賞
大会得点王 カボレ FC東京 5
佐藤寿人 サンフレッチェ広島
山瀬功治 横浜F・マリノス

表彰式での川崎フロンターレの行為について[編集]

川崎フロンターレの選手が試合後の表彰式において、「副賞の銀メダルをその場で外す」、「握手を拒む」、「壁に寄り掛かり、しゃがみ込む」、「ガムを噛みながら参加する」などの行為[1] を取った。

この行為について、日本サッカー協会(JFA)名誉会長の川淵三郎は「表彰式に臨む態度が非常に悪い。ワーストルーザー(最悪な敗者)だ[2]」、Jリーグチェアマン鬼武健二は「負けたのは己の責任だ。きちんとした態度で表彰式に臨まないと全ての人に対し、失礼。賞金を返還してほしいぐらいだ[3]」、JFA会長の犬飼基昭は「スポーツ界の恥だ」と批判した一方、サッカー解説者のセルジオ越後は選手の行為に苦言を呈しつつ、その行為については「一生懸命戦って負けた悔しさが発露してしまったもの」とコメントしている。また、協会幹部らの選手に対する批判についても、スポンサーの立場を忖度し、また選手に罪を押し付けて責任を逃れるために行ったに過ぎないと批判している[4]

川崎の運営会社である株式会社川崎フロンターレは、賞金全額5000万円の自主返還を申し出た(結果的には断られ、社会貢献に活用する事で合意し、後に川崎市へ寄付)他、代表取締役らの減俸、特に行動が問題視された森勇介の出場停止処分を科すなどの処分を行った[5]。なお、メディアもこの問題を取り上げ、産経新聞スポーツニッポンなどは川崎の選手の行動を「悪態」と表現した[3][6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “弊クラブ所属選手の行為について(お詫び)” (プレスリリース), 川崎フロンターレ, (2009年11月4日), http://www.frontale.co.jp/info/2009/1104_1.html 2013年6月11日閲覧。 
  2. ^ 鬼武チェアマン川崎Fに激怒 - nikkansports.com、2009年11月4日
  3. ^ a b 悪態”川崎Fに処分も! 川淵&鬼武氏が激怒 - スポニチ Sponichi Annex ニュース、2009年11月4日
  4. ^ ナビスコカップ、川崎の悪態だけが問題なのか?”. セルジオ越後コラム (2009年11月6日). 2013年6月11日閲覧。
  5. ^ “弊クラブ所属選手の行為について(対応・処分)” (プレスリリース), 川崎フロンターレ, (2009年11月5日), http://www.frontale.co.jp/info/2009/1105_5.html 2012年11月26日閲覧。 
  6. ^ 【ナビスコ杯】準優勝の川崎、賞金自主返還へ 表彰後の悪態問題で - MSN産経ニュース、2009年11月5日

関連項目[編集]