1993年のJリーグカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jリーグ > Jリーグカップ > 1993年のJリーグカップ

1993年Jリーグカップ9月10日に開幕し、11月23日の決勝戦(国立霞ヶ丘陸上競技場)まで行われた大会である。

優勝はヴェルディ川崎で、前年の第1回大会に続く連覇を達成。また、決勝戦は2年連続で同一カードとなった。

大会名称[編集]

ヤマザキナビスコを冠スポンサーとしてJリーグヤマザキナビスコカップの名称で開催された。

レギュレーション[編集]

1993年のJリーグカップのレギュレーションは以下の通りである。

  • 参加クラブはJリーグの10クラブと、ジャパンフットボールリーグ(JFL)所属のJリーグ準会員3クラブの計13クラブ。
  • 7クラブ・6クラブの2グループに分け、総当り1回戦のリーグ戦を行う。
  • 順位決定は勝ち数→得失点差→得点の順。各グループの1位・2位が決勝トーナメント進出
  • グループリーグ~準決勝迄の試合形式は、90分→延長戦(Vゴール方式)→PK方式での決着
  • 決勝戦の試合形式は、90分→延長戦(Vゴール方式ではない)→PK方式での決着

この年より1998年まで(1996年除く)は準会員チームにも門戸を開放した。

なおこの年の大会で、浦和レッドダイヤモンズ清水エスパルスヤマハFCジュビロ磐田名古屋グランパスエイトは本来の本拠地(それぞれさいたま市駒場スタジアム清水市日本平球技場ヤマハ磐田サッカー場名古屋市瑞穂公園ラグビー場)の改修を行った関係で使わず、大宮サッカー場静岡県草薙総合運動場陸上競技場遠州灘海浜公園球技場名古屋市港サッカー場でそれぞれの主管試合を開催した。

グループリーグ[編集]

グループリーグは9月10日から10月16日まで行われた。このスケージュールはワールドカップアメリカ大会のアジア最終予選によるJリーグ中断期間に設定された。

グループA[編集]

順位 クラブ名 得点 失点
1 ヴェルディ川崎 4 2 13 9 4
2 ガンバ大阪 4 2 15 13 2
3 鹿島アントラーズ 4 2 10 8 2
4 柏レイソル(準会員) 4 2 9 9 0
5 ジェフユナイテッド市原 2 4 10 8 2
6 フジタSC(湘南ベルマーレ)(準会員) 2 4 10 13 -3
7 サンフレッチェ広島 1 5 6 13 -7

グループB[編集]

順位 クラブ名 得点 失点
1 清水エスパルス 4 1 13 6 7
2 横浜フリューゲルス 4 1 8 6 2
3 ヤマハFCジュビロ磐田(準会員) 2 3 9 7 2
4 名古屋グランパスエイト 2 3 9 9 0
5 横浜マリノス 2 3 7 13 -6
6 浦和レッドダイヤモンズ 1 4 7 12 -5

決勝トーナメント[編集]

準決勝[編集]

10月23日 ヴェルディ川崎 2 - 1 横浜フリューゲルス
  得点者 藤吉信次2 反町康治
10月23日 ガンバ大阪 2 - 4 清水エスパルス
  得点者 永島昭浩2 田島宏晃
大榎克己2
エドゥー

決勝[編集]

11月23日 13:03

ヴェルディ川崎 2 - 1 清水エスパルス 国立霞ヶ丘陸上競技場
53,677人
ビスマルク 73分
北澤豪 85分
大榎克己 13分

表彰[編集]

関連項目[編集]