1998年のJリーグカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Jリーグ > Jリーグカップ > 1998年のJリーグカップ
1998 Jリーグカップ
Jリーグヤマザキナビスコカップ
開催国 日本の旗 日本
開催期間 1998年5月16日-7月19日
参加チーム数 20
優勝 ジュビロ磐田
準優勝 ジェフユナイテッド市原
試合総数 43
ゴール数 153 (1試合平均 3.56 点)
観客動員数 334,947 (1試合平均 7,789 人)
得点王 マスロバル(市原)
加藤望(柏)
(6得点)
最優秀選手 川口信男 磐田)
1997
1999
テンプレートを表示

1998年Jリーグカップ5月16日に開幕し、7月19日迄の日程で行われた大会である。

優勝はジュビロ磐田(初優勝)。

大会名称[編集]

ヤマザキナビスコを冠スポンサーとしてJリーグヤマザキナビスコカップの名称で開催された。

レギュレーション[編集]

1998年のJリーグカップのレギュレーションは以下の通りである。

  • 参加クラブはJリーグの18クラブにJFL所属のJリーグ準会員2クラブを合わせた計20クラブ。
  • 5チームずつの4グループに分け、一回戦総当たりのリーグ戦を行う。
  • グループリーグの試合形式は90分(延長戦・PK方式は行わない)。
    • 勝者に勝ち点3、敗者は勝ち点0、引き分けは両者に勝ち点1。
  • 各グループ1位が決勝トーナメントに進出。
  • 決勝トーナメントでは各々90分の1試合で勝敗を決める。
    • 90分で決着が付かない場合は、Vゴール方式の延長戦→PK方式を行う。

グループリーグ[編集]

グループリーグは5月16日から6月6日迄の日程で行われた。

グループA[編集]

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 ジュビロ磐田 9 3 0 1 12 5 7
2 浦和レッドダイヤモンズ 8 2 2 0 10 3 7
3 ヴェルディ川崎 7 2 1 1 6 4 2
4 サンフレッチェ広島 4 1 1 2 3 7 -4
5 ブランメル仙台(準会員) 0 0 0 4 2 14 -12

グループB[編集]

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 鹿島アントラーズ 10 3 1 0 11 4 7
2 柏レイソル 10 3 1 0 12 7 5
3 アビスパ福岡 4 1 1 2 7 9 -2
4 横浜マリノス 3 1 0 3 7 11 -4
5 セレッソ大阪 1 0 1 3 5 11 -6

グループC[編集]

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 清水エスパルス 12 4 0 0 8 2 6
2 川崎フロンターレ(準会員) 6 2 0 2 4 2 2
3 ガンバ大阪 6 2 0 2 7 6 1
4 横浜フリューゲルス 3 1 0 3 5 8 -3
5 コンサドーレ札幌 3 1 0 3 5 11 -6

グループD[編集]

順位 クラブ名 勝点 得点 失点
1 ジェフユナイテッド市原 10 3 1 0 14 7 7
2 名古屋グランパスエイト 7 2 1 1 7 7 0
3 ベルマーレ平塚 4 1 1 2 6 7 -1
4 ヴィッセル神戸 4 1 1 2 5 8 -3
5 京都パープルサンガ 2 0 2 2 6 9 -3

決勝トーナメント[編集]

準決勝[編集]

1998年7月15日
19:03
清水エスパルス 0 - 2 ジュビロ磐田
公式記録 藤田俊哉 53分にゴール 53分
高原直泰 73分にゴール 73分
日本平スタジアム
観客数: 14,863 人
主審: 梅本博之

1998年7月15日
19:03
ジェフユナイテッド市原 3 - 2 鹿島アントラーズ
マスロバル 7分にゴール 7分36分42分 公式記録 増田忠俊 24分にゴール 24分
マジーニョ 48分にゴール 48分
市原臨海競技場
観客数: 10,794 人
主審: 上川徹

決勝[編集]

1998年7月19日
17:04
ジュビロ磐田 4 - 0 ジェフユナイテッド市原
川口信男 51分にゴール 51分80分
奥大介 72分にゴール 72分
高原直泰 87分にゴール 87分
公式記録
国立霞ヶ丘競技場
観客数: 41,718人
主審: 岡田正義
テレビ中継

表彰[編集]

  • 大会MVP 川口信男(ジュビロ磐田)
  • ニューヒーロー賞 高原直泰(ジュビロ磐田)

関連項目[編集]