大榎克己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大榎 克己 Football pictogram.svg
名前
愛称 克己
カタカナ オオエノキ カツミ
ラテン文字 OENOKI Katsumi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1965-04-03) 1965年4月3日(53歳)
出身地 静岡県
身長 178cm
体重 71kg
選手情報
ポジション MF/DF/FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1991 日本の旗 ヤマハ発動機サッカー部 54 (6)
1992-2002 日本の旗 清水エスパルス 252 (10)
代表歴
1989-1993[1] 日本の旗 日本 5 (0)
監督歴
2004-2007
2008-2014
2014-2015
早稲田大ア式蹴球部
清水エスパルスユース
清水エスパルス
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

大榎 克己(おおえのき かつみ、1965年4月3日 - )は、静岡県清水市(現・静岡市清水区)出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。

略歴[編集]

清水市(現・静岡市清水区)に生まれ、地元の小学校選抜チームである清水FCから両河内中学校を経て、静岡県立清水東高等学校に入学した。同期の長谷川健太堀池巧とともに清水東三羽烏と称され、1981年度全国高等学校サッカー選手権大会優勝に貢献した。大会終了後には研修生という形で日本代表候補合宿に招集され、日本B代表の一員としてマレーシア遠征に参加するなど若年時から将来を嘱望された選手であった。

その後早稲田大学を経て1988年にヤマハ発動機サッカー部(現ジュビロ磐田)に社員選手として入部。Jリーグの設立に際して1991年に清水市で結成された市民参加型サッカークラブ清水エスパルスに入団した。高卒後それぞれ別のクラブでプレーを続けてきた長谷川、堀池とともに再び同じチームでプレーすることになった。リーグ年間優勝こそ獲得できなかったものの、1996年のナビスコカップ、1999年のリーグ戦第2ステージ優勝にそれぞれチームの主軸として活躍した。 日本代表では1989-1993年にコンスタントに選出される。日本が初めて参加したアジア杯では、日本代表の10番を任され、高木琢也などと共に主力としてプレーするも、アジアの強豪相手に跳ね返された。その後も代表に呼ばれ続けるが、同時代にラモスなど読売/ヴェルディの選手が居たためか、出場機会には恵まれなかった。

ポジションは主にMFであり現在でいうところのTOP下など、日本代表も務めた全盛期には、ゲームメーカーとして活躍。相当のテクニシャンでどんなポジションでもこなせる器用な選手であったため、ピークを過ぎた1996年からもボランチとしても活躍の場を広げた。DFとして出場する機会もあれば、後半からのFWとの途中交代でFWのスーパーサブとして得点を重ねた試合もある。

2002年にリーグ戦250試合出場の記録を打ち立てた後に現役を引退し、2003年にエスパルスのコーチに就任した。2004年からは母校である早稲田大学のア式蹴球部(サッカー部の正式名称、アはアソシエーションの略)監督として指揮を取り2007年度の全日本大学サッカー選手権大会において優勝するなど優れた成果を残した[2]2007年日本サッカー協会公認S級コーチングライセンスを取得している。2008年、清水エスパルスユースの監督に就任した。

2014年7月、成績不振で解任されたアフシン・ゴトビの後任として清水エスパルストップチームの監督に就任[3]。後半戦17試合で36失点と守備が崩壊し順位を下げるものの、最終節甲府と引き分け何とか残留を勝ち取った。

2015年、新体制発表会で、大榎自らが「優勝を目指すシーズンにしたい」と宣言したが、1stステージ最下位とクラブ史上最低の成績となった。2ndステージも指揮を取り続けたが[4]、開幕から4試合未勝利が続き、5試合目の横浜戦で初勝利をあげるものの、成績不振の責任を取り辞任した[5]。 その後、チームは降格圏を脱することが出来ず、J2に降格。チーム創設時の契約第一号選手が、チームを降格させてしまう不名誉な出来事となってしまった。

エピソード[編集]

原則的に小学4年生以上で構成される清水市(現・静岡市清水区)の小学校選抜チーム・清水FCにあって、その才能が認められて小学3年生から練習に参加し、長谷川、堀池と出会った時にはキャプテンを務めていた。

清水エスパルスの契約第一号選手である。早稲田大学を卒業後、社員選手としてヤマハに入部した理由について「僕はサッカーだけで生きて行こうとは思わなかった」と語り、サッカーを引退した後は社員として会社に残る道を選んだのだが、プロ化が具体化するにつれて心が動いたという[6]

趣味はパチンコ。キャンプ中にも打ちに行くほどの熱心なパチンカーで、本人曰く「パチンコを打つと頭がまっさらになる。」という事である[7]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1988-89 ヤマハ 14 JSL1部 16 2
1989-90 21 2 5 0
1990-91 17 2 2 0
1992 清水 - J - 9 4 0 0 9 4
1993 35 3 4 3 4 1 43 7
1994 29 2 1 0 1 0 31 2
1995 39 1 - 1 0 40 1
1996 26 1 16 2 3 0 45 3
1997 6 28 0 5 0 3 0 36 0
1998 30 1 5 0 4 0 39 1
1999 J1 9 0 2 0 2 0 13 0
2000 27 2 6 0 0 0 33 2
2001 11 0 2 0 5 0 18 0
2002 18 0 7 0 2 0 27 0
通算 日本 J1 252 10 57 9 25 1 334 20
日本 JSL1部 54 6
総通算 306 16

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2002-03 清水 6 1 0
通算 AFC 1 0

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 5試合 0得点(1989-1990)[1]


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1989 4 0 7 0 11 0
1990 1 0 0 0 1 0
1991 0 0 0 0 0 0
1992 0 0 0 0 0 0
1993 0 0 2 0 2 0
通算 5 0 9 0 14 0

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 ナビスコ杯 天皇杯
2014 J1 清水 17 15 4 3 10 ベスト4
2015 17位 22 18 4 6 12 予選リーグ敗退

※2015年は辞任時点での成績

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “大榎 克己”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db.com/players_a/katsumi_oenoki.html 
  2. ^ 大榎監督の花道飾る 全日本大学サッカー、早大”. 2008年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月22日閲覧。 - 産経新聞(2008年1月13日)
  3. ^ 大榎克己ユース監督、 トップチーム監督就任のお知らせ”. 清水エスパルス (2014年7月30日). 2014年7月30日閲覧。
  4. ^ ファン感謝デー 3000人と選手交流”. 静岡新聞 (2015年6月20日). 2015年6月20日閲覧。
  5. ^ <大榎克己監督 辞任のお知らせ”. 清水エスパルス公式 (2015年8月1日). 2015年8月1日閲覧。
  6. ^ 『サッカーJ・プレス』1993年11月号(アポロン企画)
  7. ^ 大榎克己さんの耳コラム”. サイレンシア® (2015年6月6日). 2015年6月6日閲覧。