日立製作所本社サッカー部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日立製作所本社サッカー部
原語表記 日立製作所本社サッカー部
日立製作所サッカー部
呼称 日立本社、日立
クラブカラー    
創設年 1940年
解散年 1992年
ホームタウン 東京都小平市(1940年 - 1985年)
千葉県柏市(1986年 - 1992年)
ホームスタジアム 国立霞ヶ丘陸上競技場
国立西が丘サッカー場
日立柏総合グラウンド
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

日立製作所本社サッカー部(ひたちせいさくしょほんしゃサッカーぶ)は、かつて存在した日本サッカークラブ。日立製作所のサッカー部として1940年に創部した。日本プロサッカーリーグに加盟する柏レイソルの前身となったクラブである。

概要[編集]

1935年に開催された関東蹴球協会(現:関東サッカー協会)主催の第4回関東実業団蹴球大会の1回戦(対東京記者団、7-0で勝利)が文献から確認できる「日立製作所」の初めての公式戦であり[1]、この大会で準優勝の成績を収めている[2]。以降も関東実業団蹴球大会に出場し、第5回(1936年)および第6回(1937年)で準優勝。第7回大会(1938年)は決勝で千代田生命保険を破り優勝した[3]

なお、本サッカー部の創設年は一般に1940年であり、当初は「日立製作所本社サッカー部(日立本社サッカー部)」の名称であった[4]。この「日立本社サッカー部」が創設された1940年以降で確認できる初の公式戦である第10回関東実業団蹴球大会の1回戦・明治製菓戦(1941年2月2日)は2-0で勝利[5]。なお、同大会は決勝で第一生命保険に敗れ準優勝に終わった。1941年4月16日、関東実業団蹴球連盟の総会で創設が決定された「関東東実業団蹴球」(リーグ戦)の4部へ所属することが承認された(他に古河電工(現:ジェフユナイテッド市原・千葉)や日本勧業銀行日本曹達など)[6]が、同年12月からの太平洋戦争勃発によりサッカー部の活動は休止を余儀なくされた。

終戦後の1946年に活動を再開。1947年高橋英辰茨城日立から本社へ転属した[7]

全日本実業団サッカー選手権大会は1951年の第4回大会から参加し決勝に進出したが田辺製薬に敗れて準優勝。1952年(第5回)、1953年(第6回)、1954年(第7回)も決勝に進出したがいずれも田辺製薬に敗れた。1958年の第11回大会は決勝で古河電工を破って実業団選手権初優勝を果たし[4]、1963年には全国都市対抗サッカー選手権大会で初優勝した。1960年に天皇杯に初出場して3位に入った。

1965年に創設された日本サッカーリーグ(JSL)に初年度から参加した[4]が、1960年代は低迷して1968年および1969年は入替戦に回った(いずれも勝利)。なお、リーグ創設の際には古河電工(現ジェフユナイテッド市原・千葉)、三菱重工(現浦和レッドダイヤモンズ)と中心的な役割を果たした事から「丸の内御三家」と称された。

1970年代には高橋英辰監督の厳しい指導により「走る日立」の異名をとり、1972年にはJSLおよび天皇杯で共に優勝して2冠を獲得した。なお、日立が獲得したタイトルは全て高橋の指揮下にあった1970年から76年に獲得したものであった。

一方で夜間にも練習が可能な専用のグラウンドを確保できたのは高橋が本格的なチーム強化を図るようになった70年代に入ってからであり、また、この時期でもなお選手は社業が終わってからの練習開始だった。この時点で三菱、古河は既に就業時間内に練習が可能になる体制を確保していたからこの遅れは顕著であった。80年代に入っても選手の給料体系にサッカーをすることで得られる付属分が組み込まれておらず、1980年代末にマネージャーとしてチームに復帰した久米一正は先ずこの点の改善から手をつけなければならなかった。

これは古河や三菱重工に比べて日立が最もアマチュアリズムに対して保守的であったことを示している。高橋が定年によりチームを離れてから成績は徐々に下降線を辿り、プロリーグ化への移行が具体的に検討され始めた1980年代末から1990年代初めには日立はJSL1部と2部の間を行き来していた。日立は御三家の中で唯一Jリーグの開幕時参加を果たす事が出来なかった。

1992年から日立柏レイソルとしてJリーグ準会員となり、同年からジャパンフットボールリーグに参加した。

成績[編集]

年度 所属 順位 勝点 得点 失点 天皇杯 監督
1960 関東実業団 3位
1961 ベスト8
1962 -
1963 準優勝
1964 GL敗退
1965 JSL 4位 17 8 1 5 35 19 1回戦敗退 鈴木徳衛
1966 5位 13 5 3 6 24 28 - 宮崎正義
1967 6位 12 5 2 7 26 27 繰り上げ辞退 服部幸太郎
1968 7位 8 3 2 9 17 31 -
1969 7位 10 3 4 7 17 27 -
1970 3位 16 6 4 4 21 18 ベスト4 高橋英辰
1971 4位 18 7 4 3 18 17 ベスト4
1972 JSL1部 優勝 21 9 3 2 36 16 優勝
1973 2位 25 12 1 5 35 18 準優勝
1974 3位 19 7 5 6 33 22 ベスト8
1975 3位 25 10 5 3 31 11 優勝
1976 5位 21 7 7 4 22 14 ベスト8
1977 3位 46 9 4PK勝 2PK敗 3 36 25 1回戦敗退 胡崇人
1978 5位 34 8 1PK勝 0PK敗 9 26 30 ベスト8
1979 3位 44 8 5PK勝 2PK敗 3 23 18 ベスト4 野村六彦
1980 5位 19 8 3 7 32 28 ベスト8
1981 7位 13 5 3 10 22 27 2回戦敗退
1982 2位 22 9 4 5 25 17 ベスト8 中村義喜
1983 9位 12 3 6 9 14 22 1回戦敗退
1984 10位 4 2 0 16 11 41 2回戦敗退
1985 8位 21 8 5 9 26 33 2回戦敗退 長岡義一
1986-87 12位 6 1 4 17 13 43 1回戦敗退
1987 JSL2部・東 4位 18 6 6 2 22 9 2回戦敗退
JSL2部・上位 15 6 3 5 11 12
1988-89 JSL2部・東 2位 19 7 5 2 18 9 地区予選敗退
JSL2部・上位 18 8 2 4 13 9
1989-90 JSL1部 12位 13 3 4 15 12 36 2回戦敗退 碓井博行
1990-91 JSL2部 優勝 82 27 1 2 102 19 1回戦敗退
1991-92 JSL1部 9位 25 6 7 9 22 30 ベスト8
1992 旧J1 2位 40 12 4 2 37 19 地区予選敗退

主なタイトル・成績[編集]

歴代監督[編集]

日立製作所サッカー部に所属した主な選手[編集]


新たな日立製作所本社サッカー部の創立[編集]

1992年以降は、他のJリーグ所属クラブと同様に、アマチュアとして社内に残ったOBと新入社員などを中心として、新たに社内同好会としての日立製作所本社サッカー部を設立した。

東京都社会人サッカーリーグに所属している。

成績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 監督 備考
2004 東京都3部3ブロック 7位 12 11 3 3 5 16 23 -7
2005 東京都3部5ブロック 6位 14 10 4 2 4 19 15 4
2006 東京都3部6ブロック 4位 17 10 5 2 3 13 9 4
2007 東京都3部7ブロック 優勝 28 10 9 1 0 29 8 21
2008 東京都2部3ブロック 12位 6 12 2 0 10 11 32 -21
2009 東京都3部3ブロック 優勝 28 10 9 1 0 27 1 26
2010 東京都2部3ブロック 9位 12 12 3 3 6 18 32 -14
2011 11位 10 12 3 1 8 14 33 -19
2012 東京都3部7ブロック

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞東京、1935年3月18日、2016年2月21日閲覧
  2. ^ 朝日新聞東京、1935年4月15日、2016年2月21日閲覧
  3. ^ 朝日新聞東京、1938年4月17日、2016年2月21日閲覧
  4. ^ a b c ヒストリー(前身~1995年)”. 柏レイソル. 2016年2月21日閲覧。
  5. ^ 朝日新聞東京、1941年2月3日、2016年2月21日閲覧
  6. ^ 「実業団蹴球の加盟チーム」朝日新聞東京、1941年4月18日、2016年2月16日閲覧
  7. ^ ロク・フットボールクラブ(ロクFCJr.)U-12 - ロクFC名称の由来

外部リンク[編集]