日本鋼管サッカー部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本鋼管サッカー部
原語表記 NKKサッカー部(解散時)
呼称 鋼管
クラブカラー スカイブルー
創設年 1912年
所属リーグ ジャパンフットボールリーグ
ホームタウン 神奈川県川崎市
ホームスタジアム 三ツ沢公園球技場
等々力陸上競技場
収容人数 (いずれも廃部当時)
三ツ沢球15,000
等々力10,000
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

日本鋼管サッカー部(にっぽんこうかんサッカーぶ)は、かつて存在した日本鋼管のサッカー部。その後、社名変更に伴い「NKKサッカー部(エヌ・ケー・ケー・サッカーぶ)」に改称。NKKは2003年に川崎製鉄と合併し現在はJFEとなっている。

概要[編集]

1967年の第3回から日本サッカーリーグに参加していた名門。Jリーグには参加しない方針を決め、ジャパンフットボールリーグに参加したが1993年シーズンをもって廃部。その歴史を終えた。

日本鋼管の事業所が神奈川県川崎市にあった(現JFE東日本工場京浜地区)ため、川崎市中心に活動を行っていた。川崎で活動していたチームは他に東芝(現コンサドーレ札幌)、富士通(現川崎フロンターレ)があった。

2005年にJFEスチール千葉工場跡地にジェフユナイテッド千葉の新スタジアム(フクダ電子アリーナ)が完成した。千葉工場は旧川崎製鉄系の事業所ではあるが、自社工場跡地にかっての日本サッカーリーグでのライバルチームのスタジアムが出来る事になる。なおこのスタジアムにはJFEから大型モニターが寄贈された。

ユニフォームは当初は水色を基調としていたが、1986年からは白と黒の縦縞。1988年にNKKと改称された際には赤を基調とした物へ変更されている。

略歴[編集]

  • 1967年 日本サッカーリーグ1部昇格
  • 1980年 JSL2部降格、
  • 1982年 JSL1部昇格
  • 1983年 JSL2部降格
  • 1984年 JSL1部昇格
  • 1988年 NKKサッカー部に改称
  • 1991年 JSL2部降格
  • 1992年 ジャパンフットボールリーグ参加
  • 1993年 ジャパンフットボールリーグ2部降格、廃部

主なタイトル[編集]

戦績[編集]

年度 所属 順位 勝点 得点 失点 監督
1967 JSL 7位 5 2 1 11 16 40 千田進
1968 8位 3 0 3 11 10 46
1969 6位 11 4 3 7 18 32
1970 7位 8 3 2 9 14 38
1971 7位 8 2 4 8 11 23 田中孝
1972 JSL1部 5位 13 4 5 5 15 18
1973 9位 12 4 4 10 24 32
1974 7位 17 6 5 7 24 28
1975 9位 11 4 3 11 15 32
1976 6位 20 6 8 4 22 21 上田稔
1977 8位 20 3 3PK勝 2PK敗 10 28 27
1978 7位 30 7 0PK勝 2PK敗 9 19 21
1979 9位 10 1 1PK勝 4PK敗 12 17 43
1980 JSL2部 4位 20 7 6 5 23 17 千田進
1981 優勝 26 11 4 3 42 22
1982 JSL1部 10位 11 1 9 8 12 23
1983 JSL2部 優勝 30 13 4 1 39 12 福村吉正
1984 JSL1部 8位 14 4 6 8 16 23
1985 2位 28 13 2 7 39 22
1986-87 2位 29 11 7 4 30 17
1987-88 2位 30 13 4 5 25 13
1988-89 10位 19 3 10 9 17 31
1989-90 8位 24 5 9 8 16 32 岡村新太郎
1990-91 12位 11 2 5 15 16 39
1991-92 JSL2部 4位 60 18 6 6 51 24
1992 JFL1部 10位 11 2 5 11 12 32 松浦敏夫
1993 JFL2部 3位 _ 14 (2延長 1PK) _ 4 (2延長 1PK) 37 17

歴代監督[編集]

日本鋼管サッカー部出身の主な選手[編集]

関連項目[編集]