呂比須ワグナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
呂比須 ワグナー Football pictogram.svg
名前
愛称 ロペ
カタカナ ロペス ワグナー
ラテン文字 LOPES Wagner
帰化前 Wagner Augusto Lopes
基本情報
国籍 日本の旗 日本
ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1969-01-29) 1969年1月29日(48歳)
出身地 ブラジルの旗 ブラジル フランカ[1]
身長 182cm[2]
体重 75kg[2]
選手情報
ポジション FW[2]
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1987 ブラジルの旗 サンパウロ
1987-1990 日本の旗 日産自動車 49 (12)
1990-1994 日本の旗 日立/柏レイソル 96 (85)
1995-1996 日本の旗 本田技研 60 (67)
1997-1998 日本の旗 ベルマーレ平塚 56 (36)
1999-2000 日本の旗 名古屋グランパス 51 (23)
2001 日本の旗 FC東京 10 (3)
2001-2002 日本の旗 アビスパ福岡 27 (13)
代表歴
1997-1999 日本の旗 日本 [3] 20 (5)
監督歴
2010 ブラジルの旗 パウリスタ
2010 ブラジルの旗 PAEC
2011 ブラジルの旗 パウリスタ
2012-2013 ブラジルの旗 コメルシアウ
2013 ブラジルの旗 サンベルナルド
2014 ブラジルの旗 ボタフォゴ-SP
2014 ブラジルの旗 クリシューマ
2014 ブラジルの旗 アトレチコ-GO
2015 ブラジルの旗 ゴイアス
2015 ブラジルの旗 ブラガンチーノ
2016 ブラジルの旗 アトレチコ-GO
2016 ブラジルの旗 サンパイオ・コヘイア
2017- ブラジルの旗 パラナ
1. 国内リーグ戦に限る。2011年12月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

呂比須 ワグナー(ロペス ワグナー、Wagner Lopes, 1969年1月29日 - )は、ブラジル出身の元プロサッカー選手サッカー指導者、現パラナ・クルーベ監督。現役時代のポジションフォワード (FW) 。ブラジル名はワギネル・アウグスト・ロペス (Wagner Augusto Lopes) 。1997年日本帰化し、日本とブラジル二重国籍者となった。

来歴[編集]

選手時代[編集]

サンパウロ州フランカで8人兄弟の末っ子として生まれる[4][5][6][7]。11歳の頃から学業の傍ら兄が経営する靴工場で働き、週末には地元のサッカークラブ、インテルナシオナルFCで練習する[8]

1984年、15歳で親元を離れ[9](フランカとサンパウロは同州内であるが約400km離れている)サンパウロFCの下部組織に加入[10]。主にMFとして起用され同年のU-15サンパウロ州選手権で決勝点を挙げ優勝に貢献[11]1986年にサンパウロFCとプロ契約を結ぶも出場機会に恵まれず、元ブラジル代表オスカーに誘われ[12][7]1987年に日本に渡り、日産自動車サッカー部に加入[10]加茂周監督の指示によりFWに転向し3年間所属後、日立に移籍する。1990年結婚[13]

移籍後の日立・柏レイソルでは、1992年ジャパンフットボールリーグ(旧JFL)の得点王となり、ベストイレブンに選ばれる。同年長男が誕生。当時ロペスは日本もブラジル同様に出生地主義を採用していると誤解しており、この頃から「家族全員で日本人になりたい」と日本への帰化を考えるようになった[13]。翌1993年もベストイレブンと得点ランク2位となる。1993年に世界的スーパースターのカレカと、同じく元ブラジル代表のネルシーニョが加入。ロペスはカレカとの強力2トップで得点を量産し柏のJリーグ入りに貢献したが、1995年から元ブラジル代表FWミューレルの加入が決まると、外国籍選手枠から押し出される形で柏から放出された[14]。レイソルという保証人を失ったため帰化申請もやり直しとなってしまい、レイソルが自分のJリーグ入りを嫌ったと述懐している[14]

1995年、Jリーグ準会員ではない本田技研工業に拾われる。1996年にはクラブは初の旧JFL優勝を果たしロペス自身も得点王となるが、本田技研はJリーグ非加盟であり昇格はできなかった。

本田技研での活躍と帰化の噂が広まり、1997年Jリーグベルマーレ平塚へ移籍。同年9月に日本国籍を取得すると[15]、名前をそれまでの登録名であったワグネル・ロペスから呂比須ワグナーに改め、直後に日本代表に選出される。平塚では在籍時の2年間とも、チーム得点王になる[16]

1999年名古屋グランパスエイトに移籍し、同年と2000年の2年連続でチーム得点王[17]。しかしフロント不信から退団を余儀なくされた[18][11]

2001年FC東京に移籍[19][20]。開幕戦の東京ダービーではVゴールを含む2得点を挙げる好デビューとなったが[21]、呂比須加入に伴って行われた戦術転換が奏功せず[22]、さらに布陣がFWアマラオの1トップへと変更されたことでポジションを失い、シーズン途中でアビスパ福岡へ移籍[23]。しかしチームは振るわず、J2降格を喫する。2002年はJ2でプレーし、同年限りで現役引退。2002年10月19日、博多の森球技場でのヴァンフォーレ甲府戦のゴールで、日本リーグ・JFL・Jリーグの合計得点が釜本邦茂の202ゴールを超えて203ゴールとなった。後日、福岡のローカルTV番組から203ゴール目を決めた記念ボールを贈られた。12月8日に博多の森球技場で行われた天皇杯2回戦(栃木SC戦)が最後の公式戦出場となった。

日本代表[編集]

1997年9月12日に帰化すると[15]、その16日後の、ワールドカップフランス大会予選の対韓国戦で日本代表デビューを果たす[3]。なお、日本の法務省は、元の国が国籍離脱を認めていない場合は、二重国籍者を容認する。ブラジルは国籍離脱を認めていない為、日本帰化以降、呂比須は日本とブラジルの二重国籍者となった。

代表3試合目となった同年10月11日のウズベキスタン戦、後半44分井原正巳の後方からのロングパスを三浦知良へのアシストを狙って[24]頭で落としたが、三浦の動きに気を取られた相手GKはボールを見失いそのままゴールイン、代表初得点を記録した。続く同月26日の国立競技場でのUAE戦では前半開始早々に三浦から受けたボールをリフティングで相手をかわし、そのままロングシュートを決める。続く11月1日のアウェーでの韓国戦でも得点し、3試合連続得点を記録[15][25]イランとの第3代表プレーオフ決定戦の直前に母が病死し、岡田武史監督から帰国を促されたが[25]、代表選手としての務めを果たすために[7]代表帯同を続け、イラン戦にも途中出場。この試合でも呂比須のボール奪取から本大会出場を決定させる岡野のゴールデンゴールに繋がるなど、日本のワールドカップ初出場への大きな原動力となった。

1998年に行われたワールドカップ本大会では途中出場ながらグループリーグ3試合に出場[15]。対ジャマイカ戦では中山雅史ワールドカップにおける日本人初ゴールをアシストした[5][15]

フィリップ・トルシエ監督による新体制移行後も代表招集され、1999年に行われたコパ・アメリカ1999ではペルー戦・ボリビア戦でそれぞれ1得点を挙げた[26][3]。しかし日本代表はこの大会で良いところなく敗退し、トルシエは「呂比須以外の選手はこの大会の価値を理解していない」と発言した。余談であるが呂比須が代表で挙げた5得点のうち3得点がW杯予選、2得点がコパ・アメリカであり、すべて最重要な大会のビッグマッチである。

その後、トルシエが兼務するU-20代表やU-22代表が快進撃する反面A代表は不振が続き、トルシエが「若い世代のほうが才能のある選手が多い」と発言すると、これに対し呂比須はテレビのインタビューで「だったらその若い選手達を起用すれば良い」と発言。この発言が影響したかどうかは定かではないが、その後代表では実際に若い世代との大幅な入れ替えが行なわれ、呂比須も招集される事はなくなった。

指導者時代[編集]

引退後、故郷のサンパウロ州に戻り2005年から本格的に指導者としてのキャリアをスタート。パウリスタFCでは名将ヴァグネル・マンシーニ監督の下でヘッドコーチを務める。この時期、日本からやって来た笠井健太(登録名はKENTA)の指導に携わった[27]。同年、パウリスタFCは小クラブながらセリエA所属の強豪クラブを次々破ってコパ・ド・ブラジルに初優勝、翌2006年リベルタドーレス杯出場権を獲得する。当時のマンシーニと呂比須は共に30代の若い指導者コンビとして注目を集める。この際、中東のクラブから高額のオファーがあったマンシーニ監督に共に中東行きを誘われるも「外国に住むなら日本に帰りたい。ブラジルに戻ってドバイに行ったら意味がない」と申し出を断り、チームに残った[28]。マンシーニはパウリスタFCを離れてアル・ナスルSCと契約する。呂比須は2007年までパウリスタFCでコーチを務めた後、病気(胆石)の手術の為に一旦コーチ業を休む。

2009年に古巣のパウリスタFCからオファーがあり、ヘッドコーチに就任。ブラジル時代の縁で古巣のアビスパ福岡にグラウシオリンコンなどのブラジル人選手のJリーグ移籍の手助けをしたこともある。2010年2月にブラカリ前監督が更迭されると、監督に昇格。その後、サンパウロ州のポン・ジ・アスーカルECでも監督を務めた[29]

2011年、再びパウリスタFCから監督として呼ばれ、監督に就任。同年のコパ・パウリスタで大会優勝(連覇)を果たすも、契約を延長せずにシーズン終了後に退団した。クラブ幹部は「海外クラブからオファーがあり引き止められなかった」と話していた[30][31]

2012年、Jリーグ・ガンバ大阪から監督のオファーを受け仮契約[32]。しかし日本サッカー協会からは、呂比須はJリーグの監督を務めるのに必要なS級ライセンスを保有しておらず、また既有するブラジルでの監督資格及び指導実績もS級ライセンスには相当しないとして、承認を得られなかった[33][32]。監督就任は幻となったが[34]、呂比須自らサンパウロ在籍時のコーチであるジョゼ・カルロス・セホーンをG大阪新監督に推薦し[33]これが認められると、自身は同クラブヘッドコーチに就任[35]。しかし、開幕から公式戦5連敗と深刻な成績不振に陥り、同年3月26日、セホーン及びウェリントンコーチと共に解任された[36]

その後、ブラジル国内の複数クラブで監督を務める。2014年にはセリエB(全国選手権2部)の下位に沈んでいたアトレチコ・ゴイアニエンセをセリエA昇格目前にまで引き上げた[33]。2015年はゴイアスECで好成績を挙げるも、起用法に介入しようとするクラブ上層部と対立し、州選手権閉幕を待たずして解任された[37]

2016年5月24日、サンパイオ・コヘイアFCの監督に就任[38]

2017年からは、パラナ・クルーベの監督に就任[39]

人物・エピソード[編集]

  • 長渕剛のファン[40]。訪日間も無い頃、日産の寮で金田喜稔が歌っているのを聴いて好きになった[11]
  • 1997年、帰化申請が受理され初めて代表に招集された際に開かれた記者会見で「代表に貢献できる自信はあるか」と問われ、「ある。ない選手はサッカー辞めたほうが良い」と発言し代表に対してのモチベーションの高さを示したが、のちにこの時の発言を「少々過激だった」と反省する発言もしている。
  • 呂比須同様ブラジルから日本に帰化し、日本代表として戦った吉村大志郎によれば、1998年ワールドカップの開催中に、呂比須から「(吉村ら先人も頑張ってきたのに)自分だけがワールドカップに出て、すまない」と謝られたという。吉村は呂比須に「お前は僕らの代表」とエールを送っている[41]
  • 現役引退後、家族の希望で母国ブラジルへ帰ったが、いつか日本からの監督のオファーがあると信じてブラジルで指導者として成功したいと述べている[42]
  • 2004年、TVの解説の仕事で東北ユースサッカー大会を観戦した際、当時15歳の香川真司(宮城県選抜)のプレーを見て「香川は将来すごい選手になる。今すぐにでもブラジルに連れて帰りたいぐらい」と早くから将来性の高さを見抜いていた[43]
  • 2006年ドイツW杯でテレビ番組のゲストコメンテイターとして出演し、第2戦で宮本恒靖が累積2枚目の警告を貰い、ブラジルとの3戦目に出場停止となった件に意見を求められた際、「宮本はいないほうがむしろ良いんじゃないかな」と発言した。この頃宮本は体をぶつけ合う競り合いでことごとく負けていたためだった。
  • 指導法のひとつとして、近年ブラジル人指導者にも浸透してる対戦相手のプレー集をビデオに自ら編集して選手に見せるようにしている[28]。監督としての哲学や指導法は師匠のマンシーニ監督と似ている、とも語っている[44]
  • 監督を務める際には、コーチとしてFC東京でのチームメートだったサンドロを伴うことが多い。

所属クラブ[編集]


個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
1985 サンパウロ セリエA
1986
1987
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1987-88 日産 JSL1部 21 8
1988-89 15 3
1989-90 9 13 1 4 0
1990-91 日立 7 JSL2部 23 33 1 0
1991-92 JSL1部 20 4 3 4
1992 旧JFL1部 17 13 -
1993 10 18 18 0 0 0 0 18 18
1994 16 旧JFL 18 17 1 0 0 0 19 17
1995 本田 9 30 31 - 1 0 31 31
1996 30 36 - 2 1 32 37
1997 平塚 10 J 27 18 6 8 3 4 36 30
1998 29 18 0 0 2 0 31 18
1999 名古屋 30 J1 23 13 6 4 5 2 34 19
2000 28 10 4 0 1 1 33 11
2001 FC東京 9 10 3 2 4 - 12 7
福岡 39 8 7 - 0 0 8 7
2002 9 J2 19 6 - 2 0 21 6
通算 ブラジル セリエA
日本 J1 125 69 18 16 11 7 154 92
日本 J2 19 6 - 2 0 21 6
日本 JSL1部 69 16
日本 JSL2部 23 33
日本 旧JFL1部 113 115 1 0
総通算
その他の公式戦
国際試合

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 20試合 5得点 (1997-1999)[3]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1997 6 3
1998 7 0
1999 7 2
通算 20 5

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 1997年10月11日 ウズベキスタンタシュケント ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン △ 1-1 1998 FIFAワールドカップ・アジア予選
2. 1997年10月26日 日本東京 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 △ 1-1
3. 1997年11月01日 韓国ソウル 韓国の旗 韓国 ○ 2-0
4. 1999年06月29日 パラグアイアスンシオン ペルーの旗 ペルー ● 2-3 コパ・アメリカ1999
5. 1999年07月05日 パラグアイ、アスンシオン ボリビアの旗 ボリビア △ 1-1

指導歴[編集]


※ 特筆なき限り、役職は監督

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 コパ・ド・ブラジル
2013 (en サンベルナルド サンパウロ州 12位 16 12 4 4 4 2回戦
2014 (en ボタフォゴ-SP 5位 28 16 9 1 (PK敗1) 5 -
2014 クリシューマ セリエA 17位 17 15 4 5 6 -
2014 (en アトレチコ-GO セリエB 7位 34 18 10 4 4 -
2015 (pt ゴイアス ゴイアス州 - 25 13 8 4 1 -
2015 (en ブラガンチーノ セリエB 6位 47 27 15 2 10 -
2016 (pt アトレチコ-GO ゴイアス州 3位 30 16 9 3 4 1回戦
2016 (en サンパイオ・コヘイア セリエB - 12 16 2 6 8 2回戦
2017 (pt パラナ パラナ州
通算 ブラジル セリエA - - 15 4 5 6 -
ブラジル セリエB - - 61 27 12 22 -
ブラジル 州選手権 - - 57 30 13 14 -
総通算 - - 133 61 30 42 -

タイトル[編集]

クラブ[編集]

サンパウロFC
本田技研工業サッカー部
名古屋グランパスエイト

個人[編集]

  • JSL2部得点王 : 1回 (1990-91)
  • JFL得点王 : 3回 (1992, 1995, 1996)
  • JSL2部ベストイレブン : 1回 (1990-91)
  • JFLベストイレブン : 4回 (1992, 1993, 1995, 1996)
  • Jリーグ優秀選手賞 :1回 (1997)

指導者時代[編集]

パウリスタFC

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Wagner Lopes é o novo treinador do Goiás(ポルトガル語)ゴイアスEC (2014年12月16日)
  2. ^ a b c 登録選手一覧表 - ウェイバックマシン(2002年2月8日アーカイブ分) Jリーグ (2002年12月6日)
  3. ^ a b c d “呂比須 ワグナー”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_ra/wagner_lopes.html 
  4. ^ 自伝,14頁
  5. ^ a b 下薗昌記 (2002年6月11日). “海を渡ったサムライたち―日伯セレソン物語(10)―呂比須ワグナー -1- 母とつかんだフランス行き-幼い頃からプロ宣言” (日本語). ニッケイ新聞. 2011年12月14日閲覧。
  6. ^ 沢田,85頁
  7. ^ a b c “日本人監督”呂比須ワグナーが母国で抱く新たな夢 (3/3) サッカーダイジェスト (2015年5月29日)
  8. ^ 下薗昌記 (2002年6月12日). “海を渡ったサムライたち―日伯セレソン物語(11)―呂比須ワグナー -2- オスカルと共に18歳で-サッカー、文化両面に壁” (日本語). ニッケイ新聞. 2011年12月14日閲覧。
  9. ^ 沢田,86頁
  10. ^ a b 下薗昌記 (2002年6月13日). “海を渡ったサムライたち―日伯セレソン物語(12)―呂比須ワグナー -3- 母への思い今も胸に-長男の誕生で帰化決意” (日本語). ニッケイ新聞. 2011年12月14日閲覧。
  11. ^ a b c 『FC東京ファンブック2001』 毎日新聞社2001年、67-73頁。
  12. ^ 沢田,88頁
  13. ^ a b 沢田,89頁
  14. ^ a b 自伝,115-119頁
  15. ^ a b c d e 呂比須ワグナーが日本国籍を取得 (archive) J's GOAL
  16. ^ リーグ戦DATA (湘南ベルマーレ) (archive) Jリーグ
  17. ^ リーグ戦DATA (名古屋グランパス) (archive) Jリーグ
  18. ^ 呂比須退団 コーチ打診に怒り爆発 - ウェイバックマシン(2001年5月1日アーカイブ分)中日スポーツ (2000年12月6日)
  19. ^ “呂比須 ワグナー選手”FC東京へ移籍 - ウェイバックマシン(2001年3月9日アーカイブ分) 名古屋グランパスエイト
  20. ^ 呂比須ワグナー選手 加入のお知らせ - ウェイバックマシン(2002年1月12日アーカイブ分) FC東京 (2000年12月19日)
  21. ^ 東京ダービーは呂比須が主役 - ウェイバックマシン(2001年7月13日アーカイブ分) サンケイスポーツ (2001年3月11日)
  22. ^ 後藤勝 『トーキョーワッショイ!』 双葉社2005年、68-69頁。
  23. ^ 呂比須ワグナー選手 アビスパ福岡に移籍決定のお知らせ - ウェイバックマシン(2001年8月7日アーカイブ分) FC東京 (2001年7月30日)
  24. ^ 自伝,168頁
  25. ^ a b 沢田,92頁
  26. ^ 日本代表がコパ・アメリカに招待され出場 (archive) J's GOAL
  27. ^ 菊川市出身DF笠井、リベルタ杯出るぞ! 日刊スポーツ
  28. ^ a b 田崎健太「国境なきフットボール」:第47回 日本でプレーしたブラジル人たちのその後<Vol.4> SPORTS COMMUNICATIONS
  29. ^ Copa SP: Novo técnico do Pão de Açúcar Wagner Lopes se apresenta aos jogadores(ポルトガル語)Futebol Interior
  30. ^ Wagner Lopes não seguirá a frente do Galo(ポルトガル語)パウリスタFC
  31. ^ Wagner Lopes não é mais técnico do Paulista(ポルトガル語)Diário de Sao Paulo
  32. ^ a b 呂比須監督に待った! 協会「S級ライセンス相当」実績認めず…G大阪 - ウェイバックマシン(2011年12月13日アーカイブ分)スポーツ報知 (2011年12月14日)
  33. ^ a b c d e “日本人監督”呂比須ワグナーが母国で抱く新たな夢 (1/3) サッカーダイジェスト (2015年5月29日)
  34. ^ J1:ガンバ大阪、呂比須監督誕生は幻に 毎日新聞 (2011年12月16日)
  35. ^ “2012年度 ガンバ大阪 新加入コーチングスタッフ 決定” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2011年12月26日), http://www.gamba-osaka.net/news/news_detail.php?id=3629 2011年12月26日閲覧。 
  36. ^ “ガンバ大阪 コーチングスタッフの解任ならびに新コーチングスタッフ体制の発表 ならびに強化本部長の辞任について” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2012年3月26日), http://www.gamba-osaka.net/news/news_detail.php?id=3816 2012年3月26日閲覧。 
  37. ^ “日本人監督”呂比須ワグナーが母国で抱く新たな夢 (2/3) サッカーダイジェスト (2015年5月29日)
  38. ^ EXCLUSIVO! Wagner Lopes é o novo técnico do Sampaio Corrêa”. Futebol Interior (2016年5月24日). 2016年6月15日閲覧。
  39. ^ Após despedida da Série B, Paraná acerta com técnico Wagner Lopes para 2017”. FUTEBOLINTERIOR (2016年11月26日). 2016年12月24日閲覧。
  40. ^ 風の先の終わり 海の波の続き 湘南ベルマーレ
  41. ^ 加部究 『サッカー移民』 双葉社2003年、46頁。
  42. ^ 田崎健太「国境なきフットボール」: 第49回 日本でプレーしたブラジル人たちのその後 <Vol.6> SPORTS COMMUNICATIONS
  43. ^ カメイ杯東北ユースサッカー(U-16)選抜大会 日刊スポーツ
  44. ^ 田崎健太「国境なきフットボール」: 第48回 日本でプレーしたブラジル人たちのその後<Vol.5> SPORTS COMMUNICATIONS
  45. ^ 呂比須氏、母国クラブの監督に就任” (日本語). スポーツニッポン (2014年5月1日). 2014年5月1日閲覧。
  46. ^ Wagner Lopes deixa o Criciúma(ポルトガル語)クリシューマEC (2014年8月25日)
  47. ^ Novo comando(ポルトガル語)アトレチコ・ゴイアニエンセ (2014年9月5日)
  48. ^ Bragantino apresenta novo treinador para temporada 2015(ポルトガル語)CAブラガンチーノ (2015年7月10日)
  49. ^ Treinador quebrou o contrato atual e saiu do Bragantino(ポルトガル語)CAブラガンチーノ (2015年12月26日)
  50. ^ Dragão começa 2016 com retorno de comissão vitoriosa(ポルトガル語) アトレチコ・ゴイアニエンセ (2016年1月2日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]