戸塚哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
戸塚 哲也 Football pictogram.svg
名前
カタカナ トツカ テツヤ
ラテン文字 TOTSUKA Tetsuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1961-04-24) 1961年4月24日(57歳)
出身地 東京都
身長 174cm
体重 70kg
選手情報
ポジション MF
ユース
読売クラブ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979-1992 読売クラブ 239 (67)
1992-1994 ヴェルディ川崎 17 (1)
1994 柏レイソル 17 (4)
1996 ワールドブリッツ小山
代表歴
1980-1985 日本の旗 日本 18 (3)
監督歴
2006-2007 FC岐阜
2007 FC Mi-O びわこ
2008-2009 FC町田ゼルビア
2011 SC相模原
2012-2014 F.C.フォレスタ関ジュニアユース
2015-2016 レイジェンド滋賀FC
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

戸塚 哲也(とつか てつや、1961年4月24日 - )は、東京都出身の元プロサッカー選手(元日本代表)、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)、サッカー解説者。東京都出身。都立世田谷工業高校自動車科卒。

息子は音楽バンド「Suchmos」のメンバーであるTAIKING(戸塚泰貴)。

来歴[編集]

日本リーグ時代[編集]

読売クラブの下部組織で育ち、1979年4月25日東洋工業戦において、18歳と1日で日本サッカーリーグデビューを飾った[1]。これは当時の最年少出場記録でもあった。

1981年にはスペインバレンシアCFにサッカー留学。帰国後に後楽園球場で行われたハレルヤ蹴球団との試合で30mのミドルシュートを決め、後の決定力あるFWの素質の片鱗をのぞかせている。

1983年に監督に就任したルディ・グーテンドルフによってMFからFWへコンバート。ポジションの変更は当時読売クラブでエースFWであったラモスとの単純な入れ替えであったと評す向きもあるが、翌1984年に14得点を上げリーグ得点王に輝いている。

日本リーグ末期からJリーグ黎明期の読売クラブ/ヴェルディ川崎の黄金期を支えるエースストライカーであった。当時日本屈指のキープ力と称され、その懐深いドリブルは相手DFから球を奪われることは殆どなかった。

日本代表[編集]

1980年、19歳の時に日本代表に初選出。風間八宏金田喜稔といったテクニシャンと共に中盤を形成した1982 FIFAワールドカップ・アジア・オセアニア予選では中国に敗れ予選突破は成らなかった。

その後も代表へ度々選出され、背番号10番を背負う事もあったが、1983年に個人的な理由から辞退した事で、それ以降数年間代表へ招集される事は無かった。当時戸塚はラモス瑠偉、ジャイロ・マトス、ジョージ与那城らブラジル人選手とパス交換を交わす読売クラブでのプレイに魅力を感じており、代表合宿に参加するとクラブに戻った際にブラジル人トリオとの息が合わない事が多かった。そのためアマチュアである代表チームよりも、お金にもなるクラブに専念したかったのである。しかし1985年に行われた1986 FIFAワールドカップ・アジア予選では森孝慈監督の強い要望もあり、日本へ帰化したジョージ与那城と共に最終予選東京ソウルでの韓国戦2試合に出場した。しかし日本は2連敗してワールドカップの出場を逃した。読売では好調さを維持していただけに、早くから戸塚が参戦して代表に溶け込んでいたらと、当時を振り返り惜しむオールドファンは少なくない。

Jリーグ開幕以降[編集]

読売・ヴェルディ一筋にプレーを続けた戸塚だが、Jリーグ開幕以降は三浦知良ら現役代表選手を多数擁するクラブの中で出番を失う様になった。そして1994年に出場機会を求め、当時ジャパンフットボールリーグに在籍した柏レイソル期限付き移籍、その年のJリーグ昇格に貢献した。その後、1996年栃木県社会人サッカーリーグワールドブリッツ小山に移籍。監督兼任でプレーし、天皇杯の栃木県代表へと導いた。

指導者として[編集]

現役引退後はサッカー解説者、指導者として多方面で活躍。1997年にはビーチサッカーの日本代表として世界大会に出場。2001年には東京MXテレビFC東京ホームゲーム中継のメイン解説者を1年間務めた。

2006年2月からFC岐阜監督に就任。東海社会人サッカーリーグ1部で優勝、全国地域リーグ決勝大会で2位に入り、ホンダロックSCとの入れ替え戦を制してJFLに昇格した。2007年も昇格初年度ながら開幕ダッシュに成功し首位を独走した時期もあったが、次第に失速し、2007年6月にはチーム内で方針が分かれ、またS級ライセンスを持っていないことから解任された。

2007年9月、FC Mi-O びわこの監督に就任。当該チームでの正式な初采配は第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦で、対戦相手は柱谷幸一監督率いる栃木SCとの対戦であった。同年10月、全国社会人サッカー選手権大会では決勝で矢崎バレンテを破り、チームを初優勝に導いて全国地域リーグ決勝大会への出場権を獲得した(びわこは同年の関西リーグで2位になり、全国地域リーグ決勝大会の出場権を逃していた)。同年11-12月の地域リーグ決勝大会でびわこは3位となり、2008年からのJFL参入を決めた。

2008年1月、戸塚はびわこの監督を退任し、FC町田ゼルビアの監督に就任。町田は関東サッカーリーグ1部で優勝し、戸塚は3年連続のJFL昇格成功を目指して全国地域リーグ決勝大会に参加することになった。そして、FC町田が地域リーグ決勝大会で優勝しJFLへの参入が決まるとともに、自身も異なるチームで3年連続でJFL昇格に導いた。

2009年も引き続き町田を指揮。6位に終わり、同年シーズン終了を以って退任。2010年に講習を受けJFA 公認S級コーチライセンスを取得した。

2011年からは関東サッカーリーグ2部のSC相模原の監督に就任するも、5月限りで成績不振を理由に解任。解任後はスカパー!Jリーグ中継の解説者(主に東京ヴェルディ戦)として活動。また、2012年から2014年までF.C.フォレスタ関ジュニアユースの監督を務めた[2]

2015年、関西サッカーリーグ1部のレイジェンド滋賀FCの監督に就任[3]。2016年4月27日に解任[2]

その他[編集]

サッカー指導の傍らで、戸塚は東京Vの練習場に近い川崎市麻生区で炭火焼の店「酔臥居」を経営し、そのマスターでもあった。同店で雑誌取材や東京V関連のTV収録(NTV『ヴェルディが好きだ』等)が行なわれたこともあったが、監督業が多忙となり現在は閉店している。

2017年5月、岐阜県瑞穂市タンメン店「湯麺戸塚(たんめんとつか)」をオープンさせた[4]。2018年4月には各務原に2号店をオープンさせた。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1979 読売 14 JSL1部 9 2 3 1 2 1 14 4
1980 17 2 2 0 1 1 20 3
1981 18 3 1 0 5 0 24 3
1982 18 6 1 0 3 2 22 8
1983 7 18 6 3 3 3 3 24 12
1984 16 14 2 2 5 5 23 21
1985 22 4 4 2 1 0 27 6
1986-87 8 20 3 1 0 4 3 25 6
1987-88 18 0 0 0 4 3 22 3
1988-89 22 5 3 0 2 0 27 5
1989-90 18 8 4 0 4 0 26 8
1990-91 22 10 2 0 2 2 26 12
1991-92 21 4 5 0 3 0 29 4
1992 V川崎 - J - 10 0 3 0 13 0
1993 10 1 6 1 1 0 17 2
1994 7 0 - - 7 0
1994 46 旧JFL 17 4 1 0 0 0 18 4
1996 W小山 栃木2部A - 1 0
通算 日本 J 17 1 16 1 1 0 34 2
日本 JSL1部 239 67 31 8 39 20 309 95
日本 旧JFL 17 4 1 0 0 0 18 4
日本 栃木2部A - 1 0
総通算 273 72 48 9 41 20 362 101

その他の公式戦

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 18試合 3得点(1980-1985)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1980 4 0 2 0 6 0
1981 8 0 12 2 20 2
1982 4 3 6 0 10 3
1983 0 0 0 0 0 0
1984 0 0 0 0 0 0
1985 2 0 0 0 2 0
通算 18 3 20 2 38 5

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1982年6月2日 日本広島市 シンガポールの旗 シンガポール 2-0 勝利 ジャパンカップ
2 1982年7月18日 ルーマニアブカレスト ルーマニアの旗 ルーマニア 1-3 敗戦 親善試合
3 1982年11月23日 インドニューデリー 南イエメンの旗 南イエメン 3-1 勝利 アジア競技大会

出典[編集]

外部リンク[編集]