タンメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タンメンの一例

タンメン(湯麺)とは、主に関東地方で食されている日本料理である。 発祥、元祖は関東圏のタンメンである[1]

関東や横浜タンメンに似せた岐阜タンメンというものがあるが、こちらは辛みダレを加えることと、酢モヤシを付け加えることが特徴である。

概要[編集]

先に横切りにしたニンニクを叩いてすり潰してから炒め、その後モヤシキャベツニラキクラゲニンジンタマネギ豚肉などを 炒め、鶏がらを主とする(豚、鶏の混合スープの店も有る)スープを加えて強火で煮立たせ塩味で仕立て少し白濁(奶湯)する程度煮立たせ、野菜の旨味を抽出、それを茹でた麺に掛けた麺料理である。 アクセントには白胡椒より粗挽き黒胡椒を使う場合が多い。具材にトマトを用いたもの、味噌味のもの、ラー油を加えたものなどのバリエーションが存在する。

中華料理店やラーメン店で提供されることが多いが、一般にこれらとは異なる料理に分類される。

小売店においては、生麺とスープがセットになった製品や、インスタント麺を使ったカップ麺が販売されている。

ワンタン麺雲呑(広東など南方)饂飩(山東省、山西省、遼寧省など北方)麺)は、タンメンとは異なる麺料理である。また中国における湯麺たんめんは、現地では麺の字が小麦粉食材全般を指すことから、麺(麺条=細い麺の稲庭うどんに似た形状になったもの)料理のうちスープ麺(汁有り麺)であることを表す。横浜中華街の製麺所『東成軒製麺所』[2]には「タンメン」という名の麺が、製造販売されている。

脚注[編集]

  1. ^ 横濱一品香”. 2019年5月26日閲覧。
  2. ^ 東成軒製麺所

関連項目[編集]

  • 川崎競馬場 - タンメンを名物とする飲食店が多く入居している。
  • 横浜神奈川区反町の『八龍』も又歴史ある人気店である。
  • 蒙古タンメン中本 - 味噌味に仕立てたタンメンに特製の麻婆豆腐を乗せた「蒙古タンメン」を看板メニューとする店。麻婆豆腐のない「味噌タンメン」、本来の塩味な「塩タンメン」もある。

外部リンク[編集]