ゼムノビッチ・ズドラブコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ズドラヴコ・ゼムノヴィッチ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Zdravko Zemunović
キリル文字 Здравко Земуновић
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1954-03-26) 1954年3月26日(68歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
当項目参照
監督歴
カマタマーレ讃岐
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ズドラヴコ・ゼムノヴィッチ(Здравко Земуновић, Zdravko Zemunović, 1954年3月26日 - )は、セルビア (旧ユーゴスラビア)出身の元サッカー選手、サッカー指導者、サッカー解説者。Jリーグにおける登録名はゼムノビッチ・ズドラブコ

来歴[編集]

現役時代はFKテレオプティクFKチュカリチュキFK BSKバタイニツァ英語版でプレー。膝の故障もあって、1986年に32歳で引退する。

現役引退後、ベオグラード大学体育学部にてコーチングライセンスを取得。ユーゴスラビア1部リーグでは3つのクラブで監督を歴任し、全クラブで優勝、昇格を経験。

テレオプティクの監督時代にイビチャ・オシムと知り合い、親交を深めた。これは当時、彼が監督をしていたテレオプティクがオシムの指揮していたパルチザン・ベオグラードのサテライトチーム(Bチーム)であったためであり、その後パルチザン・ベオグラードのスタッフの一員としてオシムと共に1992年キリンカップで初来日している。

内戦の激化から夫人が日本への留学を希望したため、1995年に来日。鳥栖フューチャーズでアシスタントコーチを務めた後、主に千葉県でアマチュアチームで指導を行った。

1999年清水エスパルスのユース・ジュニアユース総監督に就任。翌2000年、清水のユース監督に就任し、枝村匠馬杉山浩太らを指導。スティーブ・ペリマンの監督解任により同年12月にトップチームの監督に就任。天皇杯ではいきなり準優勝し、2001年ゼロックス・スーパーカップも制覇した。また、2001年の天皇杯では優勝を果たした。

オズワルド・アルディレス以来のパスサッカー路線を堅持しつつフィジカルの強化を図り、当時DFだった戸田和幸をボランチにコンバートしてブレイクさせるなど独自色を出し、2001年は両ステージともに4位、天皇杯では優勝を果たすなど、翌年の躍進が期待された。特に三都主アレサンドロ市川大祐という攻撃的なウイングバックと強力なヘディングが持ち味のバロンを最大限に活かしたサイドアタック、スーパーサブとして横山貴之を再生し前シーズンの約2倍の62得点を上げた。

帰国後、当時セルビア・モンテネグロ・プルヴァ・リーガに所属するFKラド・ベオグラードで監督を務めた。2005年に再来日し、千葉県サッカー協会テクニカルアドバイザーとしてアマチュアの指導にあたっている。2012年には日本国籍外の者ではピエール・リトバルスキー張外龍金光浩チョウ貴裁尹晶煥金鍾成以来7人目のJFA 公認S級コーチのライセンスを取得。既に日本の永住ビザも取得しているという。

2006 FIFAワールドカップ日本代表が惨敗した時には、「ジーコの後任にふさわしいのは?」とのマスコミからの問いに、「外国人ならイビチャがベスト」と答えた。実際にオシムが日本代表監督に就任すると、今度はドラガン・ストイコビッチらと共に代表スタッフ入り濃厚と報道される。結局日本代表チームには加わることはなかったが、オシムのJリーグの試合視察時への同行や相談役として、チームの外から彼をサポートした。

2016年よりVONDS市原の監督に就任。12年ぶりの監督復帰となる[1]。2017年には関東サッカーリーグ1部優勝したものの、地域CL2017では3位に終わりJFL昇格を逃した。2018年11月、退任が発表された[2]

2019年1月21日、茨城県水戸市の少年クラブであるポルターラ水戸サッカークラブのテクニカルディレクターに就任[3]

2019年12月11日、J3に降格したFC岐阜の監督に就任[4]。2020年9月21日、休養する事が発表された[5]。9月25日、契約解除が発表された[6]

2021年2月12日、兵庫県相生学院高校サッカー部の監督に就任した[7]

2021年4月12日、カマタマーレ讃岐トップチームの監督に就任することが発表された[8]。11月3日、2021年シーズン終了後に退任することが発表された[9]

選手歴[編集]

指導歴[編集]

タイトル[編集]

清水エスパルス
VONDS市原

出典[編集]

  1. ^ “ゼムノビッチ・ズドラブコ氏 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), VONDS市原, (2015年12月17日), http://vonds.net/2015/12/17/6124/ 2016年2月21日閲覧。 
  2. ^ “ゼムノビッチ・ズドラブコ監督 退任のお知らせ” (プレスリリース), VONDS市原, (2018年11月1日), http://vonds.net/2018/11/01/26145/ 2019年1月2日閲覧。 
  3. ^ “ゼムノビッチ氏クラブテクニカルアドバイザー就任のお知らせ” (プレスリリース), ポルターラ水戸サッカークラブ, (2019年1月21日), http://www.portalamsc.com/article/detail.php/389/477954 2019年3月6日閲覧。 
  4. ^ “ゼムノビッチ ズドラブコ氏、FC岐阜監督就任のお知らせ” (プレスリリース), (2019年12月11日), https://www.fc-gifu.com/news_information/54463.html 2019年12月11日閲覧。 
  5. ^ “ゼムノビッチ監督 休養のお知らせ” (プレスリリース), FC岐阜, (2020年9月21日), https://www.fc-gifu.com/news_information/62415.html 2020年9月22日閲覧。 
  6. ^ “監督交代のお知らせ” (プレスリリース), FC岐阜, (2020年9月25日), https://www.fc-gifu.com/news_information/62538.html 2020年9月25日閲覧。 
  7. ^ 元清水エスパルス指揮官ゼムノビッチ、兵庫県の相生学院高校監督に就任!昨季はFC岐阜を率いる”. football-tribe.com. 2021年4月12日閲覧。
  8. ^ トップチーム】ゼムノビッチ ズドラブコ氏 トップチーム監督就任のお知らせ”. カマタマーレ讃岐公式. 2021年4月21日閲覧。
  9. ^ “【トップチーム】ゼムノビッチ ズドラブコ監督 シーズン終了をもって退任のお知らせ” (プレスリリース), カマタマーレ讃岐, (2021年11月3日), https://www.kamatamare.jp/news/?id=2036&item=TEAM 2021年11月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]