勝矢寿延

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
勝矢 寿延 Football pictogram.svg
名前
愛称 ガッチャ
カタカナ カツヤ トシノブ
ラテン文字 KATSUYA Toshinobu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1961-09-02) 1961年9月2日(59歳)
出身地 長崎県
身長 175cm
体重 76kg
選手情報
ポジション DF
利き足
ユース
島原商業高校
1980-1983 大阪商業大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1984-1991 本田技研工業 140 (6)
1991-1992 日産自動車 20 (0)
1992-1993 横浜マリノス 25 (0)
1994-1997 ジュビロ磐田 99 (2)
1998 セレッソ大阪 14 (0)
代表歴2
1985-1993 日本の旗 日本 27 (0)
1989  日本 3 (0)
監督歴
2000 セレッソ大阪U-13
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 1993年10月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

勝矢 寿延(かつや としのぶ、1961年9月2日 - )は長崎県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはDF

人物[編集]

島原商業高校時代は全国高等学校サッカー選手権大会に出場している。大阪商業大学を経て、本田技研工業に入社。1985年に開催された1986 FIFAワールドカップ・アジア予選香港戦でAマッチ初出場を果たしたが[1]、1987年以降は代表を遠ざかた。1991年に日産自動車へ移籍した。ハンス・オフト監督就任後は代表に復帰、1992年のキリンカップ、アルゼンチン戦で約5年振りにAマッチ出場を果たし[1]、同年のアジアカップでも決勝のサウジアラビア戦を含む3試合に出場して優勝に貢献した。また1989 FIFAフットサル世界選手権フットサル日本代表として出場した。

1993年、Jリーグの開幕戦となったヴェルディ川崎戦にも先発出場[2]、同年7月17日にはJリーグオールスターサッカーに先発出場した[3]サッカー日本代表では、クラブと同じポジションでピッチに立つことが多かったが、1994 FIFAワールドカップ・アジア予選の最終予選では故障をしていた都並敏史の代役として第三戦の北朝鮮戦から左サイドバックで先発出場、以降本来のポジションではなく、左足でのプレーがほとんど出来なかったが、DF面で好プレーを見せて勝利に貢献した[4][5][6]。第4戦の韓国戦では再三オーバーラップも見せ、勝利に貢献、最終戦の対イラク戦(ドーハの悲劇)でもピッチに立っていた[7]

マリノスではレギュラークラスの選手であったが、1994年からジュビロ磐田に移籍、11月19日、シーズン最終節の鹿島アントラーズ戦でJリーグ初ゴールを決めた[8]。同年、2年連続となるJリーグオールスターサッカーのメンバーに選出されていたが、怪我のため出場出来なかった[9]

1998年にセレッソ大阪ではセンターバックでプレーしたのを最後に現役を引退。C大阪のチーム統括部でコーチなどを歴任。2007年5月に強化部スカウト総括責任者に就任。2013年12月、C大阪の強化部長に就任した[10]

2015年2月10日、C大阪のサッカースクールのスクールマスターに就任した[11]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1984 本田 8 JSL1部 16 1
1985 22 0
1986-87 19 1
1987-88 22 1 3 0
1988-89 18 0 1 0
1989-90 22 2 2 1
1990-91 21 1 4 0
1991-92 日産 26 20 0 3 0
1992 横浜M - J - 6 0 0 0 6 0
1993 25 0 0 0 1 0 26 0
1994 磐田 22 1 0 0 1 0 23 1
1995 35 1 - 0 0 35 1
1996 27 0 13 1 1 0 41 1
1997 26 15 0 4 0 2 0 21 0
1998 C大阪 15 14 0 0 0 0 0 14 0
通算 日本 J 138 2 23 1
日本 JSL1部 160 6
総通算 298 8

JSLオールスターサッカー 4回出場(1987年、1988年、1989年、1991年)


その他の公式戦

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 27試合 0得点(1985年 - 1993年)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1985 2 0 0 0 2 0
1986 4 0 3 0 7 0
1987 6 0 10 0 16 0
1988 0 0 0 0 0 0
1989 0 0 0 0 0 0
1990 0 0 0 0 0 0
1991 0 0 0 0 0 0
1992 9 0 5 0 14 0
1993 6 0 6 0 12 0
通算 27 0 24 0 51 0

指導歴[編集]

  • 1999年 - セレッソ大阪
    • 1999年:チーム統括部スカウト担当[11]
    • 2000年:U-13監督[11]
    • 2001年7月 - 12月:チーム統括部強化担当[11]
    • 2002年:チーム統括部チーフスポーツディレクター[11]
    • 2003年 - 2004年:チーム統括部テクニカルディレクター[11]
    • 2005年 - 2007年:トップチームコーチ[11]
    • 2007年5月 - 2013年:強化部スカウト統括責任者[11]
    • 2014年:強化部長[11]
    • 2015年2月 - :サッカースクール スクールマスター[11]

出典[編集]

  1. ^ a b 勝矢寿延”. jfootball. 2020年4月21日閲覧。
  2. ^ 93Jリーグサントリーシリーズ 第1節”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  3. ^ 93JリーグKodakオールスターサッカー”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  4. ^ 都並敏史が語るドーハの悲劇”. sportiva.shueisha. 2020年4月21日閲覧。
  5. ^ 今でも覚えているジャストミートの感触。「俺の中では完璧だった」【福田正博が語る“オフトジャパンの真実”EP4】”. www.legendsstadium.com. 2020年5月13日閲覧。
  6. ^ 93年のドーハ。DF勝矢寿延を奮い立たせたふたりとは? その4”. sportiva.shueisha. 2020年4月21日閲覧。
  7. ^ 93年のドーハ。DF勝矢寿延を奮い立たせたふたりとは? その5”. sportiva.shueisha. 2020年4月21日閲覧。
  8. ^ 勝矢寿延”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  9. ^ 週刊サッカーマガジン 1994年8月10日 no.466 p.6-7 ベースボールマガジン社
  10. ^ “勝矢寿延スカウト総括責任者 強化部長就任のお知らせ” (プレスリリース), セレッソ大阪, (2013年12月30日), https://www.cerezo.jp/news/2013-12-30-9/ 2020年4月29日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f g h i j “勝矢寿延氏 スクールマスター就任のお知らせ” (プレスリリース), セレッソ大阪, (2015年2月10日), https://www.cerezo.jp/news/2015-02-10-7/ 2020年4月29日閲覧。 

外部リンク[編集]