越後和男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
越後 和男 Football pictogram.svg
名前
カタカナ エチゴ カズオ
ラテン文字 ECHIGO Kazuo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1965-12-28) 1965年12月28日(53歳)
出身地 三重県三重郡
身長 171cm
体重 66kg
選手情報
ポジション MF
利き足
ユース
三重県立四日市中央工業
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1984-1992 古河電気工業 108 (17)
1992-1995 ジェフユナイテッド市原 66 (10)
1996-1998 ブランメル仙台 58 (13)
1999 ベガルタ仙台 26 (0)
代表歴2
1986-1987  日本 6 (1)
監督歴
2007-2010 ジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズ
2011-2016 ベガルタ仙台ユース
2017-2018 マイナビベガルタ仙台レディース
2019- チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
1. 国内リーグ戦に限る。2009年9月6日現在。
2. 2009年9月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

越後 和男(えちご かずお、1965年12月28日 - )は、三重県三重郡出身の元サッカー選手、サッカー指導者。JFA 公認S級コーチ。 選手時代のポジションはミッドフィールダー

略歴[編集]

三重県立四日市中央工業から1984年に日本サッカーリーグ1部の古河電気工業サッカー部(現 ジェフユナイテッド市原・千葉)へ入部。2年目の1985年シーズンに9年ぶり2度目のリーグ優勝に貢献し、新人王を受賞した[1]。この活躍により日本代表に選出され、1987年のソウル五輪アジア予選を始め国際Aマッチ6試合に出場した。

その後も、後藤義一らと共に古河電工やJリーグ創世期のジェフ市原の中盤を支え、1996年からはジャパンフットボールリーグブランメル仙台(現 ベガルタ仙台)へ移籍した。

1999年限りで現役を引退し、指導者に転身。2004年までベガルタ仙台でコーチを務めた。またサッカー解説者としてマスメディアにも登場し、東京電力女子サッカー部マリーゼの応援番組『熱烈応援マリーゼくらぶ』(福島放送)への出演や、スカイパーフェクTV!のJリーグ中継で解説も担当した。

2006年にJFA 公認S級コーチライセンスを取得。2007年から2010年まで日本フットボールリーグジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズ監督(ジェフ千葉トップチームコーチも兼務)を務めた。

2011年から仙台のアカデミーのコーチに就任[2]。2016年までの6年間ユース監督を務め、就任前まで決勝トーナメント進出を果たせていなかった日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会では2012年にベスト8、2015年にはベスト4に進出した[3]。2017年からマイナビベガルタ仙台レディースの監督に就任すると発表された[2]。就任1年目はリーグ戦で4位と結果を残した[4]。2年目の2018年は9戦を終えて1勝3分5敗で順位も8位と低迷し[4]、6月5日に成績不振により監督を辞任した[5]。その後花巻東高校男子サッカー部のテクニカルコーチに就任[6]

ベガルタ仙台レディースを越後が率いていた際に台湾でのフレンドリーマッチに招待された事が縁となり、2019年1月19日より台湾女子代表監督に就任[7][8][9]

所属クラブ[編集]

指導者経歴[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1984 古河 JSL1部 4 2
1985 22 4
1986-87 15 0
1987-88 10 0
1988-89 20 3
1989-90 14 13 1 2 1
1990-91 9 11 4 0 0
1991-92 JR古河 13 3 1 0
1992 市原 - J - 9 2
1993 22 3 3 0 3 0 28 3
1994 33 7 2 0 2 0 37 7
1995 11 0 - 0 0 11 0
1996 B仙台 8 旧JFL 22 7 - 3 0 25 7
1997 9 2 3 1 0 0 12 3
1998 27 4 0 0 4 0 31 4
1999 仙台 J2 26 0 1 0 0 0 27 0
通算 日本 J 66 10 14 2
日本 J2 26 0 1 0 0 0 27 0
日本 JSL1部 108 17
日本 旧JFL 58 13 3 1 7 0 68 14
総通算 258 40

その他の公式戦

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 リーグ杯 天皇杯
皇后杯
2007 ジェフR JFL 9位 34 52 14 10 10 - 予選敗退
2008 15位 34 30 8 6 20 - 2回戦
2009 12位 34 41 9 14 11 - 2回戦
2010 16位 34 30 7 9 18 - 予選敗退
2017 仙台L なでしこ1部 4位 30 18 9 3 6 GL敗退 ベスト8
2018 8位 9 6 1 3 5 GL 3位 -
  • 2018年は第9節終了時点での成績

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 6試合 1得点(1986-1987)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1986 3 0 5 1 8 1
1987 3 1 8 0 11 1
通算 6 1 13 1 19 2

出典[編集]

  1. ^ 1985年JSL最終成績”. japan football results. 2013年9月6日閲覧。
  2. ^ a b c “マイナビベガルタ仙台レディース 越後和男監督、村上和弘ヘッドコーチ就任のお知らせ” (プレスリリース), ベガルタ仙台, (2016年11月15日), http://www.vegalta.co.jp/news/press_release/2016/11/post-4242.html 2016年11月16日閲覧。 
  3. ^ 小林健志 (2016年12月20日). “仙台ユースを強豪に育て上げた指揮官、越後和男の新たな挑戦”. サッカーダイジェストweb. http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=21338 2017年1月17日閲覧。 
  4. ^ a b “マイナビ仙台越後監督辞任 後任に千葉強化育成部長”. 日刊スポーツ. (2018年6月6日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/201806060000338.html 2018年6月6日閲覧。 
  5. ^ “マイナビベガルタ仙台レディース 越後和男監督 辞任のお知らせ” (プレスリリース), ベガルタ仙台, (2018年6月5日), http://www.vegalta.co.jp/news/press_release/2018/06/post-6051.html 2018年6月7日閲覧。 
  6. ^ 越後和男氏が花巻東高TC就任、柱谷TAと2枚看板 - 日刊スポーツ、2018年6月21日(2018年8月5日閲覧)
  7. ^ 李弘斌 (2019年1月19日). “執教資歷完整 越後和男率女足闖東奧資格賽” (中国語). 中國時報. 2019年1月19日閲覧。
  8. ^ 廖聿偉 (2018年1月30日). “足球》運彩盃日本大軍壓境 台灣女足嚴正以待” (中国語). 自由時報. 2019年1月19日閲覧。
  9. ^ 李弘斌 (2017年9月16日). “執仙台七夕社長返日 明春女足隊來台交流” (中国語). 中國時報. 2019年1月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]