花巻東高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
花巻東高等学校
過去の名称 花巻商業高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人花巻学院
併合学校 富士短期大学付属花巻高等学校
谷村学院高等学校
校訓 感謝・報恩・奉仕・勤勉・進取
設立年月日 1956年
創立記念日 5月15日
創立者 徳永四郎・谷村貞治
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特別進学コース
スポーツコース
進学コース
ビジネスコース
学期 4学期制
高校コード 03514K
所在地 025-0066
岩手県花巻市松園町55-1
外部リンク 花巻東高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
花巻東高等学校の位置(岩手県内)
花巻東高等学校

花巻東高等学校(はなまきひがしこうとうがっこう, : Hanamaki Higashi High School)は、岩手県花巻市にある私立高等学校。通称「花東(はなとう)」。

沿革[編集]

花巻商業高等学校
  • 1954年 - 花巻商業専門学院創立
  • 1956年 - 花巻商業専門学院廃止。学校法人花巻学園認可。花巻商業高等学校開校(男女共学。全日制・定時制の課程・商業科)
  • 1957年 - 定時制を廃止。校舎を移転
  • 1962年 - 普通科を設置
  • 1975年 - 富士短期大学付属花巻高等学校に校名変更。
谷村学院高等学校
花巻東高等学校
  • 1981年 - 谷村学院高等学校と富士短期大学付属花巻高等学校の合併が決定
  • 1982年 - 上記2校が合併し、学校法人谷村学院花巻東高等学校が花巻市花城町に開校(男女共学。普通科、商業科、電子科)
  • 1996年 - 新校舎完成に伴い花巻市松園町へ移転
  • 1998年 - 学校法人名を谷村学院から花巻学院に改称。商業科、電子科を募集停止。普通科にコース制を制定
  • 2002年 - 特別進学コースを設置
  • 2006年 - 創立50周年記念式典が開催される
  • 2009年 - 花巻市よりスポーツ栄光賞を授与される。知事より野球部が県民栄誉賞を受賞
  • 2011年 - アスリート特進コースを設置。現コースを改編
  • 2016年 - 皇太子殿下行啓

設置課程[編集]

  • 全日制課程
    • 普通科
      • 特別進学コース
      • スポーツコース
      • 進学コース(2年次より文理選択)
      • ビジネスコース

学習の特色[編集]

進学指導設備が充実しており、代々木ゼミナール東進ハイスクール河合塾など、大手予備校通信衛星授業を受信して指導するなど、私学の特色を生かした学習を行っている。

部活動[編集]

体育会系部活動が盛んであり、体育推薦入学者の生徒が多数在籍している。

硬式野球部は高校野球界の名門として知られ、花巻商業時代も含め、2回・8回甲子園に出場している。

エース菊池雄星を擁した、2009年春の第81回選抜高等学校野球大会では岩手県勢初の選抜決勝進出を果たし、決勝戦で清峰に0-1で敗れたものの準優勝を果たした。その後同年8月に出場した第91回全国高等学校野球選手権大会には、岩手県代表としては90年ぶりのベスト4の成績を上げ、2013年8月の第95回全国高等学校野球選手権大会でもベスト4の成績を上げた。

サッカー部は2018年より元日本代表柱谷哲二がテクニカルアドバイザーに就任したのに続いて、マイナビベガルタ仙台レディースの監督だった越後和男がテクニカルコーチに就任して強化を図った[1]

その他、女子駅伝水泳部、女子ソフトボール部の活躍も目立っている。

運動部

  • 陸上競技部
  • 水泳部
  • 硬式野球部
  • 軟式野球部
  • ソフトテニス部
  • バレーボール部
  • 卓球部
  • バスケットボール部
  • バドミントン部
  • サッカー部
  • 柔道部
  • 剣道部
  • ソフトボール部
  • 弓道部
  • ラグビー部(平成27年度創部)

文化部

  • 美術部
  • 吹奏楽部
  • 家庭部
  • JRC部
  • 書道部
  • 茶道部
  • 囲碁将棋同好会
  • マルチメディア同好会

著名な出身者[編集]

菊池雄星(手前の投手)と大谷翔平(奥・左の走者)は、いずれも花巻東から日本プロ野球を経てメジャーリーグベースボール入りした。複数のメジャーリーガーを輩出した日本の高校は、PL学園東北などに次ぎ、花巻東が史上6校目である[2]。この写真が撮影された2019年6月8日は投手・菊池と打者・大谷の対決が3打数あり、大谷が2安打1本塁打を記録している[3]
野球
その他

アクセス[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]