第93回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 第93回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 2011年8月6日 - 8月20日
出場校 49校
参加校数 4014校
優勝校 日大三西東京、10年ぶり2回目)
試合数 48試合
開会式司会 小松田梓左(兵庫伊丹北高校
畑山崇浩(兵庫・小野高校
入場先導 山下将司(兵庫・兵庫高校
選手宣誓 石田翔太(石川金沢高校
始球式 斉藤弘樹(宮城気仙沼向洋高校
閉会式司会 前田なつみ(兵庫・小野高校)
森田翔吾(兵庫・龍野高校
総入場者数 848,000人(1日平均56,533人)
大会本塁打 27本塁打
 < 20102012 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第93回全国高等学校野球選手権大会(だい93かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、2011年8月6日から8月20日までの15日間にわたって阪神甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

キャッチフレーズは、「一瞬の夏、一生の記憶」。

出来事[編集]

東北地方太平洋沖地震の影響[編集]

  • 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)および東京電力福島第一原子力発電所などの各種発電所停止による急激な電力不足が懸念されることを考慮し、主催者は5月18日に臨時運営委員会を開催し、電気の消費ピークを迎える昼過ぎやナイターでの開催を極力控えるため、初日(従来どおり午前9時開会式開始)と決勝戦開催予定日を除き、第1試合開始を午前8時とすることを決定した。また決勝戦についても同様の理由で午前9時30分からの開始とする。夏の決勝戦が午前中に開催されるのは、夏の大会史上初となる(ただし選抜高等学校野球大会では、14年前の1997年第69回大会が雨天による中止・延期が長引き、さらに決勝戦当日午後の天気予報も降雨だったことなどを踏まえ、決勝戦を午前10時から開始した事例がある)[3]
  • 福島県下で被災の影響のために部員数が確保できなくなった高校のうち、相双地区の3校が合同チームを結成、「相双連合」として県大会参加が認められた[4](福島大会1回戦で敗退[5])。
  • 今回の開会式では震災で被災した岩手県の高田宮古工、宮城県の気仙沼向洋志津川、福島県の浪江小高工の3年生部員計6名が「がんばろう!日本」の横断幕を持って入場行進する[6] [7]。入場行進の先導役は1995年兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)で被災した兵庫高の生徒が務める。
  • 朝日新聞社が提供放送するテレビCMや場内などで流される大会歌「栄冠は君に輝く」については、被災地の高校の合唱部員を交えて収録した。テレビCMでは冒頭その収録の様子が数秒映された。

出場校[編集]

地区 地方大会 代表校 出場回数
北海道 北北海道 白樺学園 5年ぶり2回目
南北海道 北海 3年ぶり35回目
東北 青森 光星学院 8年ぶり5回目
岩手 花巻東 2年ぶり6回目
秋田 能代商 2年連続3回目
山形 鶴岡東 30年ぶり3回目
宮城 古川工 初出場
福島 聖光学院 5年連続8回目
関東 茨城 藤代 6年ぶり2回目
栃木 作新学院 2年ぶり7回目
群馬 健大高崎 初出場
埼玉 花咲徳栄 10年ぶり2回目
千葉 習志野 10年ぶり8回目
東東京 帝京 2年ぶり12回目
西東京 日大三 2年ぶり14回目
神奈川 横浜 3年ぶり14回目
山梨 山梨学院大付 2年ぶり5回目
東海 静岡 静岡 8年ぶり22回目
愛知 至学館 初出場
岐阜 関商工 初出場
三重 伊勢工 23年ぶり2回目
北信越 新潟 日本文理 2年ぶり6回目
長野 東京都市大塩尻 初出場
富山 新湊 12年ぶり5回目
石川 金沢 3年ぶり13回目
福井 福井商 2年連続21回目
地区 地方大会 代表校 出場回数
近畿 滋賀 八幡商 5年ぶり7回目
京都 龍谷大平安 2年ぶり31回目
大阪 東大阪大柏原 初出場
兵庫 東洋大姫路 5年ぶり12回目
奈良 智弁学園 3年ぶり16回目
和歌山 智弁和歌山 7年連続19回目
中国 岡山 関西 5年ぶり8回目
広島 如水館 2年ぶり7回目
鳥取 鳥取商 7年ぶり2回目
島根 開星 2年連続8回目
山口 柳井学園 初出場
四国 香川 英明 2年連続2回目
徳島 徳島商 4年ぶり23回目
愛媛 今治西 4年ぶり11回目
高知 明徳義塾 2年連続13回目
九州 福岡 九州国際大付 2年ぶり4回目
佐賀 唐津商 27年ぶり4回目
長崎 海星 9年ぶり16回目
熊本 専大玉名 初出場
大分 明豊 2年ぶり4回目
宮崎 日南学園 4年ぶり6回目
鹿児島 神村学園 4年ぶり2回目
沖縄 糸満 初出場

組み合わせ・試合結果[編集]

1回戦 - 3回戦[編集]

- 2回戦 3回戦
                   
 
8月10日(3)
 
 龍谷大平安 1
 新湊 4
 
8月15日(1)
 
 新湊 1
 東洋大姫路 11
 
8月11日(1)
 
 海星 0
 
 東洋大姫路 4
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
8月11日(2)
 
 光星学院 16
 専大玉名 1
 
8月15日(2)
 
 光星学院 6
 徳島商 5
 
8月11日(3)
 
 藤代 1
 
 徳島商 3
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
8月11日(4):延長12回
 
 関西 3x
 九州国際大付 2
 
8月15日(3)
 
 関西 7
 明豊 1
 
8月12日(1)
 
 東京都市大塩尻 3
 
 明豊 6
      
      
1回戦 2回戦 3回戦
                   
 
8月12日(2)
 
 智弁学園 2
 鶴岡東 1
 
8月15日(4)
 
 智弁学園 9
 横浜 4
 
8月12日(3):延長10回
 
 横浜 6x
8月6日(1)  
 健大高崎 5
 健大高崎 7     
 今治西 6     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月6日(2)
 金沢 4
8月12日(4)
 伊勢工 0
 金沢 4
8月6日(3):延長10回
 聖光学院 2
 聖光学院 5x
8月16日(1)
 日南学園 4
 金沢 1
8月7日(1)
 習志野 2
 静岡 1
8月13日(1)
 習志野 6
 習志野 9
8月7日(2)  
 明徳義塾 3
 明徳義塾 3x     
 北海 2     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月7日(3)
 花巻東 7
8月13日(2)
 帝京 8
 帝京 3
8月7日(4)
 八幡商 5
 八幡商 8
8月16日(2)
 山梨学院大付 1
 八幡商 3
8月8日(1)
 作新学院 6
 作新学院 11
8月13日(3)
 福井商 1
 作新学院 3
8月8日(2)  
 唐津商 2
 古川工 4     
 唐津商 9     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月8日(3):延長13回
 如水館 3x
8月13日(4):延長10回
 関商工 2
 如水館 7
8月8日(4)
 東大阪大柏原 4
 至学館 1
8月16日(3):延長12回
 東大阪大柏原 8
 如水館 3x
8月9日(1)
 能代商 2
 糸満 1
8月14日(1)
 英明 4
 英明 0
8月9日(2)  
 能代商 2
 神村学園 3     
 能代商 5     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月9日(3):延長11回
 鳥取商 2
8月14日(2):延長10回
 白樺学園 3
 白樺学園 7
8月9日(4)
 智弁和歌山 8x
 花咲徳栄 1
8月16日(4)
 智弁和歌山 11
 智弁和歌山 4
8月10日(1)
 日大三 6
 日本文理 3
8月14日(3)
 日大三 14
 日大三 11
8月10日(2)  
 開星 8
 開星 5     
 柳井学園 0     

準々決勝 - 決勝[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
8月18日(1)
 智弁学園 6
8月19日(1)
 作新学院 7
 作新学院 0
8月17日(1)
 光星学院 5
 東洋大姫路 1
8月20日
 光星学院 2
 光星学院 0
8月18日(2)
 日大三 11
 日大三 5
8月19日(2)
 習志野 0
 日大三 14
8月17日(2)  
 関西 4
 如水館 3     
 関西 8     

決勝戦スコア[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
光星学院 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 3
日大三 0 0 3 0 1 0 5 2 X 11 13 0
  1. (光) : 秋田、李 - 松本
  2. (日) : 吉永 - 鈴木
  3. 審判:球審…長谷川、塁審…日野・橘・窪田
  4. 試合時間:2時間

大会本塁打[編集]

  • 第1号:越田貴之(金沢)
  • 第2号:北川倫太郎(明徳義塾)
  • 第3号:白石智英(八幡商)
  • 第4号:佐藤竜一郎(作新学院)
  • 第5号:花本太紀(東大阪大柏原)
  • 第6号:山本隆大(智弁和歌山)
  • 第7号:畔上翔(日大三)
  • 第8号:高橋大樹(龍谷大平安)
  • 第9号:後藤田将矢(東洋大姫路)
  • 第10号:川上竜平(光星学院)
  • 第11号:川上竜平(光星学院)
  • 第12号:渡邊雄貴(関西)
  • 第13号:北川倫太郎(明徳義塾)
  • 第14号:松本剛(帝京)
  • 第15号:遠藤和哉(八幡商)
  • 第16号:小林航(白樺学園)
  • 第17号:佐々木駿(白樺学園)
  • 第18号:森大樹(開星)
  • 第19号:和田祥真(光星学院)
  • 第20号:遠藤和哉(八幡商)
  • 第21号:菅沼賢一(日大三)
  • 第22号:川上竜平(光星学院)
  • 第23号:菅沼賢一(日大三)
  • 第24号:渡邊雄貴(関西)
  • 第25号:高山俊(日大三)
  • 第26号:高山俊(日大三)
  • 第27号:鈴木貴弘(日大三)

主な出場選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 来夏の甲子園は8月6日開幕 大会運営委が決定”. 朝日新聞社 (2010年11月4日). 2011年1月18日閲覧。
  2. ^ 日大三、圧倒V! 史上4校目の全試合2桁安打で日本一 スポーツニッポン 2011年8月21日閲覧
  3. ^ 夏の高校野球決勝、午前9時半開始 節電対策 朝日新聞 2011年5月18日19時51分
  4. ^ 心は一つ 相双連合の挑戦 朝日新聞 2011年7月9日閲覧
  5. ^ 高校野球「相双連合」の夏終わる 福島大会で敗退 - 47NEWS 2011年7月31日閲覧
  6. ^ 「がんばろう」横断幕持ち行進 被災球児、高校野球開会式 - 47NEWS 2011年7月31日閲覧
  7. ^ この「がんばろう!日本」の横断幕は、バックネットの回転広告板にも随時表示され、選手のヘルメットにも地方大会を通じて同様のシールが貼られた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]