柱谷哲二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柱谷 哲二 Football pictogram.svg
名前
愛称 闘将、テツ
カタカナ ハシラタニ テツジ
ラテン文字 HASHIRATANI Tetsuji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1964-07-15) 1964年7月15日(56歳)[1]
出身地 京都府京都市
身長 182cm
体重 70kg
選手情報
ポジション MF / DF
利き足 右足
ユース
1983-1986 国士舘大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1987-1992 日産自動車 97 (2)
1992-1998 ヴェルディ川崎 183 (13)
代表歴
1988-1995 日本の旗 日本 72 (6)
監督歴
2002 コンサドーレ札幌
2008 東京ヴェルディ
2011-2015 水戸ホーリーホック
2016 ガイナーレ鳥取
2017 ヴァンラーレ八戸
2018 ギラヴァンツ北九州
1. 国内リーグ戦に限る。2006年12月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

柱谷 哲二(はしらたに てつじ、1964年7月15日 - )は、京都府京都市出身の元日本代表サッカー選手、サッカー指導者・解説者。現役時代のポジションはディフェンダー、守備的ミッドフィールダー。同じく元サッカー選手、サッカー指導者の柱谷幸一は実兄。

出場時の多くはキャプテンとしての出場であり、チームを激しく鼓舞するその姿から「闘将」と呼ばれた[2]。現役引退後はJリーグ選手協会[3]及びJリーグ選手OB会それぞれの初代会長を務める[4]

来歴[編集]

選手として[編集]

日産自動車サッカー部ヴェルディ川崎日本代表等でセンターバック、守備的MFを務め長年活躍。日産では加茂周監督の下、「ボランチ」という言葉が日本国内に普及する以前に中盤の底の役割を確立し、1992年にはこのポジションの選手としては初となるJSL年間最優秀選手に選出された[5]

1992年からのオフトジャパン時代にはキャプテンに指名される[6]ラモス瑠偉と共に先発メンバーについての相談も受ける。両者が激しく対立した際にはその仲裁を務めた。

1998年のシーズン終了後、高年俸だったことと、チームの若返りを図る意図からV川崎から「0円提示」。現役続行の意思を表明していたが、他チームからオファーが来ずそのまま現役を引退した[7]

引退後[編集]

その後NHKなどで解説者を務めていた。

2002年岡田武史の後任としてコンサドーレ札幌監督に内定。前年に講習を受けていたS級ライセンス取得後に正式に就任となった。J1リーグ戦と ナビスコカップを含めた公式戦13試合で2勝と低迷し、2002 FIFAワールドカップ開催中の6月に解任された。札幌は16チーム中最下位でJ2リーグへ降格した。

2001年から2002年まで国士舘大学サッカー部のコーチに就任したが、天皇杯国見高校に敗れた。

2003年浦和レッドダイヤモンズのコーチに就任し、主にサテライトを中心に指導。

2005年にJ2・東京ヴェルディ1969のコーチに就任。2006年から監督を務めるラモス瑠偉をサポートし2年がかりでのJ1復帰を果たした。

2008年からラモスの監督退任に伴い東京Vの監督に就任。札幌時代以来、6年ぶりとなるJ1クラブの指揮を執ることになった。最終節の敗戦を受けて、18チーム中17位と降格が決定。シーズン終了後に監督を退任した。

2009年Jリーグ選手OB会初代会長に就任した[4]

2011年シーズンより、J2・水戸ホーリーホック監督に就任。2015年6月、成績不振により解任された[8]

2016年シーズンより、J3ガイナーレ鳥取監督に就任[9] したが、同シーズン限りでの退任が11月に発表された[10]

2017年シーズンより、JFLヴァンラーレ八戸監督に就任[11]。2017年11月、昇格を果たせなかったことなどを理由として八戸の監督を退任した[12]

2018年3月、花巻東高校サッカー部のテクニカルアドバイザーに就任[13]

同年6月20日、J3・ギラヴァンツ北九州の監督に就任[14]。11月2日、契約満了により北九州の監督を退任すると発表された[15]

エピソード[編集]

  • 横浜F・マリノスへのライバル心が強く、試合後の会見で「1993年Jリーグ開幕節で負けたときのことを今でも覚えている。その時の悔しさが少しでも晴れたのかと」とコメントしている[16]が、柱谷はJリーグ開幕前までは日産の選手であり、チームに溶け込むのに時間がかかったほどである[17]
  • 1994年W杯予選中に、選手、監督が瓦解しそうになるが、キャプテンとしてラモス瑠偉を始めチームメイトとの話し合いを重ね、チームを1つにまとめ上げた[18]
  • 2012年4月8日の千葉戦ではレフェリーの判定に対して納得がいかず、ペットボトルを叩きつけたことによって退席処分、1試合のベンチ入り禁止処分を受けている[19]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1987-88 日産 16 JSL1部 12 0 0 0
1988-89 22 0 5 0
1989-90 4 21 2 4 0
1990-91 5 20 0 4 0
1991-92 22 0 3 0
1992 V川崎 - J - 11 0 5 0 16 0
1993 31 3 1 0 2 0 34 3
1994 40 2 3 0 2 0 45 2
1995 46 5 - 2 0 48 5
1996 22 2 10 0 0 0 32 2
1997 5 16 0 3 0 2 0 21 0
1998 28 1 2 0 3 0 33 1
通算 日本 J 183 13 30 0 16 0 229 13
日本 JSL1部 97 2 16 0
総通算 186 0

その他の公式戦

個人タイトル[編集]

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 72試合 6得点[1]


日本代表国際Aマッチ
出場得点
1988 5 1
1989 10 0
1990 6 1
1991 2 1
1992 11 0
1993 14 2
1994 9 1
1995 15 0
通算 72 6

得点数[編集]

# 月日 開催地 対戦相手 スコア 試合概要
1 1988年 1月27日 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦ドバイ アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 1-1 国際親善試合
2 1990年 9月26日 中華人民共和国の旗 中国北京市 バングラデシュの旗 バングラデシュ 3-0 1990年アジア競技大会
3 1991年 6月2日 日本の旗 日本天童市 タイ王国の旗 タイ 1-0 キリンカップサッカー
4 1993年 4月15日 日本の旗 日本、東京 スリランカの旗 スリランカ 5-0 1994 FIFAワールドカップ・アジア予選
5 4月18日 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 2-0
6 1994年 10月5日 日本の旗 日本尾道市 ミャンマーの旗 ミャンマー 5-0 1994年アジア競技大会

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦 備考
順位 勝点 試合 Jリーグカップ 天皇杯
2002 J1 札幌 - 3 7 1 0 6 予選リーグ敗退 - 途中解任
2008 東京V 17位 37 34 10 7 17 予選リーグ敗退 4回戦敗退
2011 J2 水戸 17位 42 38 11 9 18 - ベスト16
2012 13位 56 42 15 11 16 - 3回戦敗退
2013 15位 55 42 14 13 15 - 3回戦敗退
2014 15位 50 42 12 14 16 - 3回戦敗退
2015 21位 13 17 3 4 10 - - 途中解任
2016 J3 鳥取 15位 30 30 8 6 16 - 2回戦敗退
2017 JFL 八戸 5位 51 30 15 6 9 - 3回戦敗退
2018 J3 北九州 - - 途中就任
J1通算 - - 41 11 7 23 - - -
J2通算 - - 177 55 51 75 - - -
J3通算 - - 30 8 6 16 - - -
JFL通算 - - 30 15 6 9 - - -
総通算 - - 248 74 70 114 - - -

書籍[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n “柱谷 哲二氏 来季監督就任のお知らせ” (プレスリリース), 水戸ホーリーホック, (2010年11月10日), http://www.mito-hollyhock.net/www/news/index.cgi?no=415 2013年6月29日閲覧。 
  2. ^ 元日本代表主将・柱谷哲二氏、花巻東高サッカー部アドバイザー就任/東北スポーツ”. SANSPO.COM (2018年3月4日). 2020年7月20日閲覧。
  3. ^ JPFAとは|歴史”. JPFA 日本プロサッカー選手会. 2020年7月20日閲覧。
  4. ^ a b JリーグOB会設立へ、会長は柱谷哲二氏”. 日刊スポーツ (2009年10月13日). 2020年7月20日閲覧。
  5. ^ 【日本代表ボランチの系譜】柱谷哲二から遠藤保仁まで。変移する“ハンドル”の理想形は「遠藤+今野」の資質を持つ人材?”. サッカーダイジェストWeb (2015年10月23日). 2020年7月20日閲覧。
  6. ^ 柱谷哲二の最重要ミッションは「監督と選手の仲を取り持つこと」だった”. web Sportiva (2020年1月30日). 2020年7月20日閲覧。
  7. ^ 「レジェンド!」「頼れる闘将」柱谷哲二氏がツイッターを始動!「現役時代から大好き」と往年のファンも反応”. サッカーダイジェスト (2020年4月12日). 2020年7月15日閲覧。
  8. ^ “柱谷 哲二監督 解任のお知らせ” (プレスリリース), 水戸ホーリーホック, (2015年6月7日), http://www.mito-hollyhock.net/?p=19098 2015年6月7日閲覧。 
  9. ^ “柱谷 哲二氏 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), ガイナーレ鳥取, (2015年12月13日), http://www.gainare.co.jp/news/detail/31728/ 2015年12月13日閲覧。 
  10. ^ “柱谷哲二監督 来季の契約について” (プレスリリース), ガイナーレ鳥取, (2016年11月1日), https://www.gainare.co.jp/news/detail/34807 2016年11月1日閲覧。 
  11. ^ “監督就任のお知らせ” (プレスリリース), ヴァンラーレ八戸, (2016年12月7日), http://www.vanraure.net/archives/567715 2016年12月7日閲覧。 
  12. ^ “柱谷哲二監督 退任のお知らせ” (プレスリリース), ヴァンラーレ八戸, (2017年11月22日), http://www.vanraure.net/archives/591466 2017年11月23日閲覧。 
  13. ^ 柱谷哲二氏、花巻東のテクニカルアドバイザーに就任 4日から指導開始”. デイリースポーツ (2018年3月2日). 2018年3月2日閲覧。
  14. ^ 柱谷 哲二 氏 監督就任のお知らせ”. ギラヴァンツ北九州 (2018年6月20日). 2018年6月20日閲覧。
  15. ^ “柱谷 哲二 監督 契約満了のお知らせ” (プレスリリース), ギラヴァンツ北九州, (2018年11月2日), https://www.giravanz.jp/news/p33352.html 2018年12月12日閲覧。 
  16. ^ J1:第10節 東京V vs 横浜FM”. J's Goal. 2013年6月30日閲覧。
  17. ^ [93年カルビーサッカーカードのNo.147より]
  18. ^ “日本代表を世界基準に向けさせた初の外国人監督 ハンス・オフト(上)” (プレスリリース), 賀川サッカーライブラリー, (2005年11月1日), http://library.footballjapan.jp/user/scripts/user/story.php?story_id=981 2017年11月12日閲覧。 
  19. ^ [水戸]柱谷監督「レフェリーに問題がある」 - サッカー専門新聞エル・ゴラッソweb版 BLOGOLA、2012年4月18日。(2012年4月22日時点のアーカイブ
  20. ^ 花巻東高サッカー部テクニカルアドバイザーとの兼任

外部リンク[編集]